今日ふとサッシの枠のところに「上框」と書いたシールがあるのを見つけました。読み方と意味を教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

読み方は下に出ているとおり「うわがまち」です。


同じ物を「桟(さん)」とも言い「かみざん・しもざん」等々あります。

一般的な引き違い窓で説明しますと、サッシは枠(壁に付いた部分)と障子(ガラスなどが入っている稼働部分)で構成されています。

で、障子も内障子と外障子の2種類あります。
一見すると同じ物のようですが、寸法が異なります。
(Wは同じ場合がほとんどですが,Hは違う場合がほとんどです。)
さらに、気密を保つタイト材の付き方なども異なります。

この為これら障子の部材は間違って組むと本来の性能を発揮しないのです。

現在、住宅用のサッシの組み立ては殆ど手作業です。
小さなサッシ屋さんやガラス屋さんで組んでいることが多いです。
その為間違いがないようにわかりやすい目印が付いているんですね。(メーカーのラベルを目印にする場合が多いです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「上框」のシールは業務連絡だったんですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/16 21:39

「あがりかまち」とも読みます。

家への上がり口の所です。
近所の人が来て世間話をするときにちょっと腰掛けるのが、上がり框です。
    • good
    • 0

「框」は「かまち」と読みます。


戸・窓・障子などの周囲の枠のことで、
上に付くものを「上框」(かみがまち・うわがまち)
下に付くものを「下框」(しもがまち)と言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ということは、取付けの際の目印
なのでしょうか。

お礼日時:2001/05/15 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報