今度からの参院選挙制度の「非拘束名簿式」のことについて質問させて下さい。

去年の10月に「非拘束名簿式」の法案が可決されましたが、この時に野党の多くの反対にもかかわらず、与党はそれを押し切って可決させたような印象を持ちました。

「非拘束名簿式」だと何か今の与党に有利なことがあるのでしょうか。

「票の横流し」とか「選挙運動にお金がかかる」とかいう問題があるのは分かるのですが、決して「不平等」ではないと思います。そうだとしたらなぜ与党は「非拘束名簿式」を導入したのでしょうか。

1.「非拘束名簿式」だと与党に多くの票が集まる理由何かある。
2.前回の選挙であまりいい結果がでなかったので「選挙方法を変えれば良い結果が出るかもしれない」程度の理由。
3.「非拘束名簿式」を無理矢理可決したというのは私の間違い。
4.その他

どれかに該当しますでしょうか? 教えて下さい。お願いします。

A 回答 (2件)

 基本的に前に回答された方の答えでまちがいないと思いますが、少し補足したいと思います。

前の方の回答では、政党の名前よりもタレントの方が有権者が投票しやすいという理由になっているように思われますが、それならば、与党と同じように不信感を持たれている野党にも有利になるはずです。ならば、なぜ、与党の方が熱心に制度改革をすすめたのでしょう?
 非拘束名簿方式は事実上の旧全国区の復活であり、候補者は日本全国をまわって選挙運動を行わなくてはなりません。しかし、無名の候補がいきなり、選挙に出ても全国の有権者がいきなりその人に投票するはずはありません。そこで、選挙前から既に名前が売れているタレントか大きな組織を支持母体に持っている候補が有利になります。しかし、選挙というのはお金を使わずに出来る訳ではありません。選挙運動には運動員の手当てやポスターなどいろいろお金が必要です。自民党は政権与党ですから、利権と引き換えにいくらでもお金を集めることが出来ます。一方、野党は共産党を除いて党員も少なく、党組織は貧弱でお金を持っていません。自民党は候補者の選挙費用をいくらでも補助出来ますが、野党はそれが出来ません。あるタレントが選挙に出ようと思った時、一体どちらから立候補しようと思うでしょうか。現に、旧全国区時代、ほとんどのタレント議員は自民党から立候補していました。また、自民党は政策を展開する上でいろいろ便宜を図る見返りに様々な業界団体を味方につけることが出来ます。これに対して、野党は労働組合ぐらいしか支持団体を持っておらず、組織の上からも不利です。さらに、旧全国区では、一人の候補者がどんなに票を集めても、その人一人の得票にしかなりませんでしたが、今度の制度ではその候補者が所属している党の得票になるのです。まさに与党にとっては一石二鳥です。
 これまで、与党=自民党で話をすすめてきましたが、公明党にとっても悪い話ではありません。公明党は創価学会を支持団体に持っていますし、創価学会は学会の広告塔とするべくたくさんのタレントを擁しています。自民党と共に公明党もまた候補者と支持組織に事欠いていないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
自民党が非拘束名簿方式で
「タレントを多く出馬させることができ、票の横流しが他の党より多くできる」
「金がかかる選挙にすることで金を持っている自分達が有利になる」
等ということを知りませんでした。勉強不足でした。良い政治家を選ぶためにはもっと勉強しなければ行けないことを痛感しました。

お礼日時:2001/05/16 17:56

○ 政党離れが進んでおり、政党に対する不信感が強い。


○ 特に現在与党である「自民党」等への批判が強く、批判票が野党に流れるおそれがある。
○ 党名で票が集められないのであれば、人気のある候補者の名前で票を集めよう。

ということだったのではないか、と、野党などは見ているようです。
つまり、「自民党」がイヤな人でも、「(自民党が擁立した)小泉純三郎(例)」はイイという人がいるに違いない! この「小泉純三郎(例)」の票で他の自民党候補者も当選できれば万万歳、という流れですね。
たとえば、毎日新聞は下記URLのような解説を載せています。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/eye/debate/35/theme10. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
「自民党」のねらいは「票の横流し」だったのですね。

お礼日時:2001/05/16 17:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先進国と発展途上国の違いをわかりやすく説明して下さい

先進国と発展途上国の違いをわかりやすく説明して下さい

Aベストアンサー

他国より先に発展し、政治も経済も安定しているのが先進国で有り、それに追いつくべく頑張って居る国が、文字通り発展途上国。
残念ながら頑張り切れない国や、内紛などで政治も経済もまとまらない国は、発展途上とは言えない。

Q非拘束名簿方式の比例代表選挙で個人名投票がなかった場合は?

参議院選挙投票日まで後3日となりました。
 これまで新聞や総務省ホームページで公開されている選挙制度についての解説を読んでいても、ただ1つ判らないことがあったので質問させていただきます。

 非拘束名簿方式の比例代表制では基本的に個人名での投票が政党の得票として換算され、その得票総数に従って名簿記載者の得票順に当選が決まるとなっているのですが、では、投票が全て政党名だった場合はどうなるのでしょう?
 たとえば自民党の比例区立候補者が10名として、投票がその10名に対する個人名のものは1票もなく、全て「自民党」だった場合、今回から名簿順位がないということなので、名簿記載者の当選順位をどうやって決めるのか判りません。
 個人名にゼロ、なんてことはまず無いでしょうけど、得票数下位の場合、たとえばあるタレント候補が1人で全政党票をかき集めてしまい、議席配分は2なのに得票数2位以下が全てゼロ票だった場合、等はあり得ると思います。
 どなたかご存じの方、回答お願いします!
【ついでの質問】「民主党の大橋巨泉さんは選挙権がないのに立候補している」といったことを過去ログで質問されている人がいましたが、これは本当でしょうか?
選挙権のない人が選挙に立候補なんてできるのでしょうか? 巨泉さんは日本人のはずですが……

参議院選挙投票日まで後3日となりました。
 これまで新聞や総務省ホームページで公開されている選挙制度についての解説を読んでいても、ただ1つ判らないことがあったので質問させていただきます。

 非拘束名簿方式の比例代表制では基本的に個人名での投票が政党の得票として換算され、その得票総数に従って名簿記載者の得票順に当選が決まるとなっているのですが、では、投票が全て政党名だった場合はどうなるのでしょう?
 たとえば自民党の比例区立候補者が10名として、投票がその10名に対する個...続きを読む

Aベストアンサー

参議院比例代表選出議員の当選人については、公職選挙法第95条の3に規定されています。
長くなりますが引用します。

(参議院比例代表選出議員の選挙における当選人の数及び当選人となるべき順位並びに当選人)
第九十五条の三 参議院(比例代表選出)議員の選挙においては、各参議院名簿届出政党等の得票数(当該参議院名簿届出政党等に係る各参議院名簿登載者(当該選挙の期日において公職の候補者たる者に限る。第百三条第四項を除き、以下この章及び次章において同じ。)の得票数を含むものをいう。)を一から当該参議院名簿届出政党等に係る参議院名簿登載者の数に相当する数までの各整数で順次除して得たすべての商のうち、その数値の最も大きいものから順次に数えて当該選挙において選挙すべき議員の数に相当する数になるまでにある商で各参議院名簿届出政党等の得票数(当該参議院名簿届出政党等に係る各参議院名簿登載者の得票数を含むものをいう。)に係るものの個数をもつて、それぞれの参議院名簿届出政党等の当選人の数とする。
 2  前項の場合において、二以上の商が同一の数値であるため同項の規定によつてはそれぞれの参議院名簿届出政党等に係る当選人の数を定めることができないときは、それらの商のうち、当該選挙において選挙すべき議員の数に相当する数になるまでにあるべき商を、選挙会において、選挙長がくじで定める。
 3  各参議院名簿届出政党等の届出に係る参議院名簿において、参議院名簿登載者の間における当選人となるべき順位は、その得票数の最も多い者から順次に定める。この場合において、その得票数が同じである者があるときは、それらの者の間における当選人となるべき順位は、選挙会において、選挙長がくじで定める。
 4  参議院(比例代表選出)議員の選挙においては、各参議院名簿届出政党等の届出に係る参議院名簿登載者のうち、前項の規定により定められたそれらの者の間における当選人となるべき順位に従い、第一項及び第二項の規定により定められた当該参議院名簿届出政党等の当選人の数に相当する数の参議院名簿登載者を、当選人とする。

第1項はいわゆるドント式による政党別の当選者数の配分の規定です。
第3項にご注目ください。今回非拘束方式の導入に伴い設けられた規定ですが、「この場合」以下にあるとおり、得票数が同じ者についてはくじで当選人を確定させます。

ですから、例えばある政党で名簿に10名掲載されていたが、投票は全て政党名でなされ、この政党から5名当選ということになれば、10人の中からくじで5人を選びます。
また、ある政党で8名当選で、8位の得票数の人が2名いる場合は、2人の中からくじで8番目の当選者を選びます。

小規模の町村での議員選挙では、最下位の当選者の得票数が同数で、くじで決着をつけるというケースがたまにあります。まあ、学校の生徒会役員の選挙と同じくらいの票数で争うくらいの規模の町村ではそういうこともあるのでしょうが、参議院の比例代表でくじ引きという事態になれば、相当珍しいことだと思います。

参議院比例代表選出議員の当選人については、公職選挙法第95条の3に規定されています。
長くなりますが引用します。

(参議院比例代表選出議員の選挙における当選人の数及び当選人となるべき順位並びに当選人)
第九十五条の三 参議院(比例代表選出)議員の選挙においては、各参議院名簿届出政党等の得票数(当該参議院名簿届出政党等に係る各参議院名簿登載者(当該選挙の期日において公職の候補者たる者に限る。第百三条第四項を除き、以下この章及び次章において同じ。)の得票数を含むものをいう。...続きを読む

Q合同、合名 合資会社の違いについてわかりやすく・・・

合同、合名 合資会社の違いについてわかりやすく
教えてほしいのですが、お願いします。

Aベストアンサー

合名会社というのはすべての社員(出資者)が、その企業の活動において発生した負債について、会社の資産で足りなければ個人資産も提供して責任を負う会社です。(無限責任社員)
合資会社は合名会社と同様な無限責任社員と、出資金についてのみ責任を負う(個人資産まで提供して会社の負債に責任をもたない)有限責任社員の両方がいる会社です。
合同会社は全員が有限責任の会社ですが、株式会社と比べると出資者間の結び先が強く、どのような取り決めをしようと自由な会社です。

Q非拘束名簿式について

先日の参議院選挙。私自身初の投票に行き、投票をすると、学校で丸暗記した以上に、選挙のシステムが分かったような気がしました。ただ、そこで解決できない疑問が出てきたので質問します。

比例代表制の、非拘束名簿式というものについてです。この制度が実施されてからまだ間無しと聞きました。今回が2度目だとか。いつから実施されるようになって、そのキッカケや経緯みたいなものを知りたいなと思いました。

もう一つ、非拘束名簿式って事は、自民党と書けば、自民党の議席の割合が増えるわけですよね。仮に、自民党の政治家に対してだれも個人名で投票せず、自民党としか書かなかった場合(他の政党はとりあえず除く)、自民党からは誰が、もしくはどのような基準で選出されるのでしょうか?名簿がこちらには公開されないだけで、内部には名簿が存在してそれの順位によって決まるのでしょうか?

以上、自分自身もあまり理解できないような変な文章になっている事は承知ですが、どなたか回答をお願いします。

Aベストアンサー

>いつから実施されるようになって

確か三年前の参院選からだったと思います。
従来の拘束名簿方式よりより民意を反映できる制度と
いう事で導入されましたが、詳細な経緯は分かりません

>仮に、自民党の政治家に対してだれも個人名で投票せず

クジみたいです。
10人立候補して5議席獲得ですべて政党名の
場合は10人で5議席を巡ってくじ引きをします。
現実にはないでしょうけど

Q予備校と塾の違いをわかりやすく教えてください。あと社会人でも予備校や塾に入れますか?

予備校と塾の違いをわかりやすく教えてください。あと社会人でも予備校や塾に入れますか?

Aベストアンサー

塾は現役生だけが利用します。
予備校は浪人生が利用します。また、予備校でも現役生が利用する枠もある予備校もあります。

浪人生用には丸1日の授業が設定してあり、現役生用には夕方以降の授業が設定してあります。

社会人は予備校に通えると思います。

Q非拘束名簿式を分かりやすく教えてください

最近、政治・選挙に関心があります26歳の者ですが、今夏の参院選から実施される「非拘束名簿式」について教えてください。漠然と政党名、候補者名どちらでも記入できるんだという程度しか分かりません。政党、その政党の候補者が獲得した得票数を合算して、政党の議席数を決めて、その後ドント式によって当確者を決めるようですが、政党の議席数の決め方またドント式について、さらにはそれらも含めた「非拘束名簿式」について、何とか教えてください。

Aベストアンサー

 比例代表制の選挙には、拘束名簿式と非拘束名簿式があります。拘束名簿式は各政党が候補者に順位をつけて、その順位の順番に当選者を決めるやり方です。この場合、順位を決定するのは政党ですから、有権者は必ずしも意中の人を当選させることはできません。しかし、本来なら当選が難しい女性や学者などを上位においてこれまで声が反映されてこなかった人達を議会に送りこむというメリットがあります。
 一方、非拘束名簿式は政党が作った名簿の中から好きな候補を選んで投票したり、嫌いな候補者を抹消したりして投票することが出来ます。ヨーロッパなどでは、当選させたくない候補者を名簿の中から削除して投票することが出切る国もありますが、日本では非拘束名簿方式といっても、名簿の中の特定の候補者に投票するか、政党の名で投票するかしかありません。例えば、A党の名簿に「星一徹」という候補がいたとします。この場合、有権者は星一徹と書いてもいいし、A党という政党の名前を書いて投票してもいいのです。そして、各個人の投票と政党名で投ぜられた票を合わせて個々の政党の総得票とします。
 次に、各党の当選者の決定ですが、これはドント方式で決定します。ドント方式というのは、1から順に数で各党の得票を割っていき、商が大きい順に当選を決めて行くのです。例えば、A党が48万票・B党が20万票・C党が17万票・D党が15万票とします。そして、当選者が5人だったとします。すると、まず1で割ると、商はA党48万・B党20万・C党17万・D党15万となります。次に、2で割ると、A党24万・B党10万・C党8万5千・D党7万5千となります。これを大きい順にならばると48万(A)・24万(A)・20万(B)・17万(C)・15万(D)・・・となり、A2名・B・C・Dがそれぞれ1名当選となります。当選の顔ぶれは各党の名簿に記載された人物の中から個人票が多かった順に決められます。

 比例代表制の選挙には、拘束名簿式と非拘束名簿式があります。拘束名簿式は各政党が候補者に順位をつけて、その順位の順番に当選者を決めるやり方です。この場合、順位を決定するのは政党ですから、有権者は必ずしも意中の人を当選させることはできません。しかし、本来なら当選が難しい女性や学者などを上位においてこれまで声が反映されてこなかった人達を議会に送りこむというメリットがあります。
 一方、非拘束名簿式は政党が作った名簿の中から好きな候補を選んで投票したり、嫌いな候補者を抹消したり...続きを読む

Q博士と修士の違いをわかりやすく教えてください。

博士と修士の違いをわかりやすく教えてください。

それと、どちらも大学院を卒業しないとだめなものですか?

Aベストアンサー

下から並べますと

1。 アソシエーツ(大学に入ってから2年)

2。 学士(4年制の大学を卒業した時)バチェラーの訳

3。 修士(大学院大学で修士課程を終わり修士論文がパスした時、2年ぐらいが目安)マスターの訳

4。 博士(大学院大学の博士課程を終わり博士論文がパスした時、最低3年)ドクターの訳

 以上で12は、普通の大学、34は大学院大学です。4は、専門、所属大学、などで長さがいろいろあります。

 ご質問の

>>それと、どちらも大学院を卒業しないとだめなものですか?

 「卒業」という言葉は、普通の大学を出る時使い、大学院は、修士も博士も普通の大学(=4年制の学部)を卒業した「後」で行く所です。大学院を出るのは普通「卒業]と言わないと思います。   

Q非拘束名簿式比例代表制

「公職選挙法」が改正され、参議院比例代表選挙における候補者名簿が、当選順位を定めた「拘束名簿式」から順位を定めない「非拘束名簿式」に改められ、また、参議院の議員定数も改正された。

この、当選順位を定めるとか定めないって、どういう意味なんでしょうか?選挙結果が出る前から候補者の当選順位が決まってたら、選挙する意味がないんじゃ?と思うのですが・・・

Aベストアンサー

我が国の参議院選挙の場合、
「拘束名簿式」のときは、政党があらかじめ候補者に順位をつけた名簿を作成し、有権者は政党に投票を行いました。
各政党の得票数に応じて当選者数が決定すると、当選者数までの順位の候補者が当選、となりました。

現在の「非拘束名簿式」では、政党は順位をつけない名簿を作成し、有権者は名簿に掲載された候補者または政党に投票を行うこととなります。
政党に対する投票と当該政党の名簿に掲載された候補者に対する投票を合計したものが当該政党の得票数となります。
各政党の得票数によって当選者数が決定するところは「拘束名簿式」と同様ですが、政党の名簿から候補者を決定する方式が、拘束名簿式のようなあらかじめ決定された順位ではなく、候補者名での得票数の多い順に当選者数までの候補者が当選、となります。

Q日経平均先物と日経平均株価の違いをわかりやすく教えて下さい

どちらもほぼ同じような数値をしめしているようですが、
二つの違いをわかりやすく教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

日経平均株価とは、その時点での東証一部の代表的な225銘柄の平均株価です。
これを時系列に沿って並べていくことで、株式市場全体の値動きをあらわすことが出来るという指標です。
日経平均先物というのは、日経平均という株式商品を、将来の一定の期日に、現時点で取り決めた条件で取引をすることを約束する取引です。
満期日まで保有しなくても、途中で反対売買(最初に売りを行ったのであれば、買い)を行うことで、決済することが出来ます。
保有している株価変動のリスクを回避できるため、機関投資家がしばしば用いるということです。

たとえば、日経平均株価が1万円のときに日経平均先物を10億円買ったとして、
満期の日に日経平均株価が2万円になっていれば、日経平均先物の価値は20億円になって10億円の儲けになる、ということです。

……ちょっと判りにくいですかね。

日経平均株価は、株式指数の一種。
日経平均先物というのは、金融商品の一種なのだ、ということで。

参考URL:http://dowtrend.hp.infoseek.co.jp/sakimono/sakimono.html

日経平均株価とは、その時点での東証一部の代表的な225銘柄の平均株価です。
これを時系列に沿って並べていくことで、株式市場全体の値動きをあらわすことが出来るという指標です。
日経平均先物というのは、日経平均という株式商品を、将来の一定の期日に、現時点で取り決めた条件で取引をすることを約束する取引です。
満期日まで保有しなくても、途中で反対売買(最初に売りを行ったのであれば、買い)を行うことで、決済することが出来ます。
保有している株価変動のリスクを回避できるため、機関投資...続きを読む

Q衆議院・非拘束名簿式

2001年のあるサイトに次のように書かれていました。

“これまでの参議院比例代表選挙は、あらかじめ政党の側で
候補者の当選順位をきめておく方式(拘束名簿式)で、
有権者は政党名を記載して投票しました。
これに対し、新たに導入された非拘束名簿式は、名簿では
当選順位は決められておらず、有権者が候補者名または
政党名のいずれかを記載して投票する方式であるため、
有権者は当選させたい候補者を選ぶことができます。”

現在、衆議院議員の選挙制度も非拘束名簿式なんですよね?

小選挙区制とか、比例代表とか、選挙のことがいまいち
よく分からないので、教えてください。
分かりやすい子供向けのサイトなどあったら教えてください。

Aベストアンサー

衆議院の選挙制度について説明します。
衆議院の選挙制度は小選挙区・比例代表並立制です。
今の選挙制度の小選挙区・比例代表並立制は1994(平成6)年に改正されました。

小選挙区は300議席。比例区は180議席です。
小選挙区というのは、日本全国を300の選挙区に分けます。
1つの選挙区から一人の議員が当選するという仕組みです。

詳しく説明すると小選挙区の場合
OKWEB選挙区 投票数10000票
立候補者
Aさん 4000票
Bさん 3000票
Cさん 2000票
Dさん 1000票

の場合、Aさんが当選します。

1994年以前に実施されていた「中選挙区」と呼ばれるのは
1つの選挙区から三人当選すると言う仕組みです。
この場合、AさんBさんCさんが当選します。


比例区の説明をします。
日本全国を11の選挙区に分けます。
個人名ではなくて、政党名を記入します。
全体の投票数÷党の投票数を計算して議席数を決めます。


さて、ここからが衆議院選挙制度で説明が難しいところです。
最初に書きましたが「小選挙区・比例代表並立制」です。
この並立制について説明します。

小選挙区に立候補する人が、比例区の選挙名簿にも名前を載せられるという制度です。
Aさんは小選挙区で落選しました。
しかし、比例区で名簿の順番が一番だったので、当選しました。
これでおわかりでしょうか?

衆議院の選挙制度について説明します。
衆議院の選挙制度は小選挙区・比例代表並立制です。
今の選挙制度の小選挙区・比例代表並立制は1994(平成6)年に改正されました。

小選挙区は300議席。比例区は180議席です。
小選挙区というのは、日本全国を300の選挙区に分けます。
1つの選挙区から一人の議員が当選するという仕組みです。

詳しく説明すると小選挙区の場合
OKWEB選挙区 投票数10000票
立候補者
Aさん 4000票
Bさん 3000票
Cさん 2000票
Dさん 1000票

の場合、Aさんが当選します。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報