昨今の小動物の減少は言わずもがなですが、最近のミヤマクワガタの激減は著しいものがあると思います。全然見かけなくなりました。温暖化のせいでしょうか。当方標高2~300m付近です。

昔たくさん居たクワガタもどき的なやつとか、ギンヤンマとか、シマゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウなどの田んぼの常連がほとんど姿を消しています。

皆さまの付近ではいかがでしょうか?
情報をください。標高も合わせてお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

はじめまして。


私の良く行くポイントは「暑いぞ熊谷」でお馴染み埼玉県北西部の山林です。
平地では40℃に届きそうな気温を毎年記録しますが、山地まで足を運ぶと5℃位は低くなるものの、それでも30℃には成る所です。

そんな暑いところですがミヤマクワガタは取れます。標高2~300m付近はベストポジションとも呼べるところで、ミヤマとノコギリが混在していて両方取れるんです。

ですが、今年は尋常ではないくらいクワガタの大発生年でして、特にミヤマはイヤと言うくらい普通に見かけます。

逆にカブトなどのコガネムシ系がまったく姿を見せません。スズメバチも激減していて八月の下旬と言うのにミヤマクワガタとスジクワガタが樹液場を独占し、クロカナブンが申し訳無さそうに隅っこで樹液を吸っている状況です。

コガネ系の減少は年初めの旱魃や少雨で生息地が乾燥した為と予想できますが、クワガタの大発生は説明が付きません。元々沢沿いの材を好むミヤマクワガタは旱魃を乗り切ったのかもしれませんがその辺は謎なんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ミヤマクワガタの減少は温暖化のせいではなく、里山環境の変化という方が有力なのかもしれません。つまり熊谷は里山が昔のままを維持していたということです。

あるいは、熊谷の自然条件がミヤマクワガタに特にフィットしていた、という例外かもしれません。例えば、山の北側斜面があるため冷涼な部分があり、土壌に、ちょうどミヤマクワガタの好む根がたくさんあった、など。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/26 17:02

質問者様へ。

回答者に成って戴き有難うございます。
トカラの事は知りませんでした。昔は、鹿児島県の或る場所は、数年に一度、
カブトムシやクワガタが大発生するので虫取りには大人気と新聞に出るほどだったのに(+_+)。
今では木を切って持っていく人がいるそうですね。
酢酸エチルの件、勉強に成りました。アルコールなどで薄めて使うそうですが、殺虫剤か~。
話題や有名に成った場所はミヤマ処でなさそうですね。ミヤマで思い出しましたが、
高尾山でギネス級が取れたと新聞に大き目に近年出ましたが、おかげで登山者やお参りで無く、
虫取りが押し寄せて、環境が荒らされていると新聞に出ました。
新聞も、最初からそっとしておけば良いのにと思いました。
今回は勉強にとても成って良かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/26 16:52

お礼、有難うございました!!


山形、福島と出たので、私は新潟県。
申し訳ありません。新潟県でミヤマは見たことがありません。
とんでもない大物の大クワガタが出る場所。阿賀野川の近くとだけ書かせていただきます。
外灯処かジュースの自動販売機も見当たらない山と田んぼしかないド田舎。
大クワガタが取れなくても、これでどうだと言わんばかりにでかいノコギリクワガタが出るので、
とても山に入るのが楽しかったのですが、近年、熊が普通に居るんですよ!!
ひどい時は、幼稚園の通学路に出ます。山しかねえのに食糧不足??
熊なんぞ意識の外でしたのに・・・環境破壊が進んで山に食糧が無い??
質問者様も新潟県で虫取りする時は熊に気を付けて下さい。
話は変わりますが、私も30年前は恥ずかしい話、皆殺しのクズ野郎でした。
罪滅ぼしの為に此の25年は知り合いの業者からカブトとノコを買って(ミヤマは申し訳ない、高くて買えない)山に逃がしているのですが、書いたとおり逃がす場所に往生しています。
今、逃がしているのは、危険な場所。虫取りの時間に行くと、ランエボやモトクロスのバイクが爆音を
立ててブッ飛ばしてる(*_*)奴ら虫、関係無いから良い用心棒です。
酢酸エチルや花火を使うと二度とその木にはクワガタやカブトが着かないと話に聞いたような??
質問者様、本当の話を知ってますか??手の空いた時に補足をお願いします。
私はやりませんがテレビや雑誌にテクニックとして出ています心に引っかかっています。申し訳ない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インターネットが発達し、オオクワブームが到来し、カブト・クワガタ飼育情報が発達した1998年以前、私もカブトムシの飼育に四苦八苦していました。1年に1ペアの成虫、または2匹の幼虫を購入し、苦しみ続けてきました。それがwin98のおかげでインターネットが楽に見られるようになり、オオクワ大学などのサイトも閲覧出来、カブト・クワガタの謎が解けて行ったのです。また、吉田賢治の本や、ビークワなどの情報誌の登場も大きかったと思います。

酢酸エチルは標本を作るために採集個体をすぐに殺す毒ビンの薬品です。防腐処理と殺虫を兼ねた薬です。木のうろに投入したら中の個体は即死します。

花火はニオイさえ消えれば復活するかもしれませんが、どうでしょう。自然にとって良くは無いのは事実でしょうけどね。

ミヤマクワガタは新潟でも減っているということでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/23 00:36

すいませんナンバー4です。


後一言、付き合ってください。
ダダでさえクワガタの数が少ないのに、採取する人間のマナーの悪さが目立ちますね。
木を傷つけたり、穴から出すのに花火を使ったり、中には薬を使う人もいます。
これが最近の普通なのでしょうか??
私的には、綺麗にしておけば、また大物が来てくれると思うのですが。
地元では、穴場はもう無いですね。
何処へ行っても煙幕花火が木の洞の中に放置してあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無知な人が多いのでしょうね。木に傷をつけても樹液は出ません。爆竹も良くありませんね。まだ樹液の出ていない4月の樹液場に、すでにヒラタが居ることがあるのは、木のニオイのおかげでしょうけど、そのニオイを変えてしまうのですから。

あと、バナナトラップがずっと仕掛けっぱなしで「首つり自殺か?」みたいな雰囲気で見苦しいですね。

一番困るのは、樹液場のカブトクワガタを根こそぎ採って、全部殺してしまう人です。これが一番の迷惑ですね。1種類につき選りすぐりの1~2ペアで事足りるし、増やして森に返すのがエコってやつじゃないでしょうか。

トカラノコギリ採集禁止の話、ご存知ですか?
トカラノコギリはその美しさで、国内でもオオに次ぐ人気のクワだと思うのですがね。

いつかのビークワの冒頭記事にね、トカラノコ大量殺虫の写真が載ったのですよ。酢酸エチルの毒ビンに漬けたのでしょう。「こんなに採れた」と誇らしげに載せてましたよ。私はその時とても腹が立ったのです。なぜそんなに大量に殺す必要があるのかと。人間のくだらないエゴのために貴重なトカラノコが大量に殺されたのです。

採集禁止になるの、当たり前でしょ。無神経なマニアたち。ビークワでさえ、そんな状態なのですから。

横浜のマナーは特に悪いみたいですね。都会には行きたくないものです。

お礼日時:2012/08/22 00:20

初めまして、標高は??で申し訳ありません。

横浜市内の某ハイキングコースとゴルフ場の横が私の子供の
頃の主戦場でした。標高が普通でも7センチ近いミヤマ、7センチを超えるノコギリも温暖化前は取れました。子供の頃は、ヒラタクワガタや大クワガタの雑魚も取れました。
現在は、4月の終わりにはコクワガタがあまりの暑さに、冬眠から覚めて、歩いているのをよく見ます。
去年あたりから、クワガタ処か、花を見なくなりました。季節がずれてしまったのでしょうか??
したがって、ハナムグリが減りました。蝶も減りました。大ムラサキをそう言えば見ませんね。
クヌギの木の花も見なくなったし、樹液の匂いも最近薄くなった気がします。
最近、ペットショップで驚いたのが、コクワガタに値段が着いていてしかも売ってる!!
増えたのは、蚊と蠅と足長蜂とスズメバチだけです。そういえば、殿様バッタを最近見ない。
こんな処で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

横浜でオオクワガタ!
それは相当古いですね・・・
80年代以前の話では?

ハナムグリも居ませんね。ハナムグリが居ないというのは、タダごととは思えないのですが・・・
蝶も居ませんね。オオムラサキは2000年代に入ってから滅多に見ませんね。
コクワも激減しましたね。異常、としか言いようがないと思います。

スズメバチは減りませんね。順応性が高いのでしょうね。

横浜ではトノサマバッタも減りましたか。あれは、場所によってはまだ居ますけどね。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/22 00:02

nande11jiさんの解答は良く参考にさせて頂いています。



私の住居周辺は住宅地で生活の中で甲虫を意識できる環境では無いのですが、採取には出かけます。

ミヤマの場合、福島と山形に行くのですが山形は特に変化を感じません。
主に標高300mを中心に前後100m位の場所で採取しています。
(自宅からかなり遠い為、確実に状況のいい日を見計らって赴いています。数は想定通りに採取出来ているので特に環境の影響を感じません)

福島はもう10年ほど通っていますが、「激減」は大げさかもしれませんが、確実に減っています。
どちらもオオクワを中心に採集に行くのですが、当然のミヤマ・ノコ・アカカシ・コクワさらに標高が高めのヒメオオも採取対象として回ってます。
街灯採取で600mから山奥の樹液採取で1200m位?まで見てます。

通い始めの頃は、有望な街灯などで無くともかなり採取出来ており、またヒメオオ狙いで山奥に入っても有望そうな木を揺らすとバラバラとクワが落ちて来ましたので、採集に苦労する事はありませんでした。
特にミヤマはヒメオオ狙いで山奥に入った時など、場荒れを防ぐために、見つけてもスルーでした。

ここ3~4年はちょっと状況が変わり、街灯回りだと有望な街灯を中心にルートを組まないと効率良く採集できる状況ではないですね。4~5年位前までは他の採集者とバッティングする事も多く、今より採取環境は厳しかったんですが・・・

山奥はもっと厳しいです。樹液に来るミヤマを見かけるのが「激減」しました。
4年位前に地元の方と現地で話をしたのですが、「今年はまったく取れない」と嘆いておりました。が、それから改善した様子もありません。(昨年は震災の影響で危なくて山奥には行ってません。今年も山奥の奥までは行けてません)

ひとつ言い訳しておきますが、条件のいい日は山形へ遠征するので福島はそれ以外の日となっていますので、割り引いて考えてもらっても良いかもしれません。

温暖化の影響は測りえるものは有りませんが、各地の採集者との情報交換では、開発や乱獲、病気(虫にでは無く森での)発生も危惧されていて、複数の要因が絡んで環境を変えているのでは無いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東北山形に変化なし、という部分はもっとも興味のある部分です。福島と山形の違いから、ミヤマクワガタ減少の原因を特定出来るかも知れません。ただ、山形標高200m~400m、福島標高600m~1200mというのでは、推理が複雑になりすぎて信憑性に欠けるかもしれません。

むしろ福島の条件の方が冷涼のように感じますね。ということは、ミヤマクワガタの減少は、北上中であるとの見方が出来るかもしれません。「雌雄の出会いの少なさ」が北上しているという見方です。中国地方標高2~300mでは、2002年頃からミヤマクワガタの数は激減し始め、量産地と呼ばれていた私の地元では2004年にはほとんど見られなくなり、今年に関しては樹液場に来たミヤマクワガタは未だゼロです。

いまだかつて、今日ほどミヤマクワガタが居なかったことがあるでしょうか。いつだったか忘れましたが、富士から雪が消えたというニュースもありました。

実は当方中国地方です。やはり、小動物減少は全国規模だったと言えるでしょう。実は3日ほど、一般道で富士五湖まで行きました。未来の別荘の下調べにね(なんちゃって)。トンボに関しては全国的に居なかったですね。帰りに兵庫の山道を通ったのですが、千種町という山間部のローソンの明かりには、まだ小虫がけっこうたかっており、トイレには大きなオサムシが居ました。

未だ低地、温暖地から「まだ居る」という投稿はありません。もはや低地、温暖地のミヤマクワガタは激減したと見るのが妥当なのかもしれません。元々線が細く淘汰され易いクワガタですから、地球の気候変動が現れやすい種なのかもしれません。そのうち絶滅危惧種の仲間入りを果たすかも知れませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/18 12:23

神戸では道路も新しく作られ、山の麓を切り開いてマンションが立って昆虫はいないですね。



マンションが立ったら山中にあった池も干上がってアメンボやゲンゴロウも…

蝉もヒメハルゼミ、チッチゼミは居なくなりました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宅地開発も小動物減少の原因となり得ると思ってきました。ただ、それだけでは説明のつかない現象が全国で起きている気がしてならないのです。というのも、宅地開発がほとんど進展していない地域でも、小動物減少は起こっているからです。私は用水路のコンクリート化が里山生態系を破壊した要因の一つではないかと考えております。もうひとつには森林の放置があります。森林の放置によって土中バクテリアの種類が変わったのではないか、と。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/14 23:44

職場で今季2匹捕まえました。

もちろんどちらも雄です。
本当かどうかは確認していませんが、ミヤマは2000~3000円で買い取ってもらえるって同僚が言っていました。
ホントかな??

とはいえ、職場は人里離れた山の中にあります。周囲は主に松林です。
自宅からは車で10分ちょっとなんだけどね(汗)
標高は、恐らく500~600mくらいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

5~600mにはまだ居るのかも知れません。

ミヤマクワガタの値段が2000円を超えるのは体長が70mmを超えてからだと思います。同僚さんの採集個体が70mmを超えることはあまりないと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/14 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミヤマクワガタの寿命

昨年の7月にインターネットで購入した、島根県産のミヤマクワガタ(メス)なんですが、
神戸市で飼育中です。まだ生きています。
最短でも7ヶ月は経過しています。
冬眠しない品種なので、日中はたまにゴソゴソしています。
皆さん、ミヤマクワガタの寿命はどれくらいなのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答させて頂きます。

ミヤマクワガタは寿命の短いクワガタをいう認識が強いようですが
それは自然化の中での話です。
飼育温度は他のクワガタに比べて5℃ほど低い設定温度での飼育が
ベストです。
なので飼育環境により寿命にも変化が出てくるようです。

GOOGLEで「ミヤマクワガタ 寿命」と検索すれば色々な情報が
出てくるので参考にしてみて下さい。

長生きすることはとても素敵な事なので、これからも大切にしてあげて
下さい。

Q小クワガタが冬眠に入ったようです。冬眠中はエサ、水何もあげなくてよいのでしょうか? また、いつごろ目

小クワガタが冬眠に入ったようです。冬眠中はエサ、水何もあげなくてよいのでしょうか?
また、いつごろ目覚めるのでしょうか?
時々、生存確認のためのぞいたりしていますがやめた方がいいですか?

Aベストアンサー

ぷくりさん こんにちは。

乾燥しないように時々霧吹きは必要です。
マット表面を確認しましょう。

冬眠から覚めない限りは餌も不要ですが
冬でも置き場所によって気温が上がってしまう場合は
目覚めてしまいますのでゼリーを1~2個置いておいた
方が良いでしょう。

15℃以下、5℃~10℃くらいが理想ですね。

気温が上がる心配(暖房等)のない場所でしたらゼリーは不要です。

様子見は問題ないです。

ガタガタと強い衝撃等を与えなければ冬眠中なのか目覚めて
しまったかの確認はした方が良いでしょう。

4月~5月頃(地域にもよります)、気温が15℃以上になってくると
目覚めます。

飼育楽しんでください。

Qノコギリクワガタに産卵させるのは難しいですか?

ノコギリクワガタに産卵させるのは
難しいですか?

オオクワガタでは全くダメでした。

ノコギリクワガタも難しいのですか?
何かコツはありますか?

Aベストアンサー

>ノコギリクワガタに産卵させるのは難しいですか?
まったく難しくありません。
しかし。オオクワガタも難しくないので、なにか根本的な間違いがあるのかもしれません。
また、そのオオクワガタの生殖器官に問題があったのかもしれません。
最近はネット上に詳しい説明が出ているので参考にされれば良いと思います。
http://www.enjoy-breeding.com/aboutnoko80.html

オオクワガタとノコギリクワガタの産卵セットの違いは、産卵木の硬さです。
オオクワガタは硬い目を好み、幼虫は産卵木に芯があっても平気でかじってトンネルを掘っていきます。
しかし、ノコギリクワガタは、非常に柔らかい産卵木を好みます。一晩水に沈め、つんつるてんに皮をむき6時間ほど陰干しして、強く握ると水がにじみ出して来るようなスポンジに近いような産卵木が良いのです。
埋め込みマットは、オオクワガタは産卵木にしか産まないので、どんなものでも良いのですが、ノコギリクワガタは、産卵木が気に入らないときにはマットにも産むので、「クワガタ幼虫飼育用」とうたったマットで埋めるほうが幼虫の取れる確実性が増します。
産卵木は底から2センチほど堅詰めしたマットの上に置き、更にマットを投入して完全に埋没させます。
ノコギリクワガタのメスが野外最終のものであれば、上記の産卵セットに入れればすぐに産卵します。
ノコギリクワガタは、羽化したあとも蛹室の中で寝返りを打ちながら、約一年間を過ごすものも居ます。
同じ産卵から飼育しても、羽化したその年の夏に活動するものと、翌シーズンに活動するものが居ます。

>ノコギリクワガタに産卵させるのは難しいですか?
まったく難しくありません。
しかし。オオクワガタも難しくないので、なにか根本的な間違いがあるのかもしれません。
また、そのオオクワガタの生殖器官に問題があったのかもしれません。
最近はネット上に詳しい説明が出ているので参考にされれば良いと思います。
http://www.enjoy-breeding.com/aboutnoko80.html

オオクワガタとノコギリクワガタの産卵セットの違いは、産卵木の硬さです。
オオクワガタは硬い目を好み、幼虫は産卵木に芯があっても平気でか...続きを読む

Q羽化したてのクワガタ。何クワガタかわかりません。 詳しい方、ぜひ教えてください!

羽化したてのクワガタ。何クワガタかわかりません。
詳しい方、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

これだけ豪快に赤褐色が強く、ずんぐりした形の個体は「ノコギリクワガタ」と思います。

Qミヤマクワガタの新成虫について質問です。

今日私の父が仕事で山へ行って、ミヤマクワガタを捕まえてきました。
一応ケースに木と飼育マットと入れて、霧吹きをして玄関に置いています。
でもこの管理法が適切かわからないですし、どうすればいいかわかりません‼
どなたか適切な管理を教えてください‼お願いします‼
ちなみにミヤマクワガタは♀で41mmです。

Aベストアンサー

>私の父が仕事で山へ行って、ミヤマクワガタを捕まえてきました。

朽木を割られたのでしょうか?
新成虫なら、大き目のケースにクワガタ成虫飼育用のマットを硬い目に半分詰めて、成虫を入れてまたマットを上からかけて、できるだけ外気温の変化を受けないようにすればよいです。5月になったら出てくるので、ゼリーを与えればよいです。それまでは餌を与える必要はありません。

それから、可能性としては、ミヤマでなくヒラタクワガタの可能性もあります。というのは、ミヤマの寿命は短いですが、黒い色のクワガタムシは、3年から5年生きるので、越冬に入る直前の成虫であり、新成虫ではない可能性が高いです。この場合も、冬場の飼育方法としては同じようなものですが、新成虫であれば餌は不要ですが、そうでない場合は、室内に飼育ケースを置いた場合は冬眠しないので、ゼリーが必要です。あまりたくさんは食べませんが。そのメスをマットに埋めたら、表面にゼリーを一個転がして様子を見るとよいです。新成虫ならマットから出てくることはありませんが、そうでない場合はゼリーを食べに出てくることが多いです。

Qクワガタが卵を産んだら… 家で飼っているクワガタが卵を8個産みました。しかし、幼虫になる前に土をあけ

クワガタが卵を産んだら…
家で飼っているクワガタが卵を8個産みました。しかし、幼虫になる前に土をあけてしまいました。
その場合、再度プラケースに土を入れ、その中に卵を入れれば良いのでしょうか?
別の方法はありますでしょうか?
詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

>再度プラケースに土を入れ、その中に卵を入れれば良いのでしょうか?

これで大丈夫です。
ケースに土を入れて卵をそれぞれ間隔取って入れましょう。
卵の上からぱらぱらと土をかけて乾燥しないように水分は欠かさずに。
上から押し付けたりしないように。

自然と孵化して幼虫が出てきます。

クワガタの種類によるし、飼育環境(温度他)によりますが、
孵化した幼虫はマット飼育にするか菌糸飼育にするか。

とりあえずは上記の様にすれば孵化するでしょう。

Qミヤマクワガタの減少

昨今の小動物の減少は言わずもがなですが、最近のミヤマクワガタの激減は著しいものがあると思います。全然見かけなくなりました。温暖化のせいでしょうか。当方標高2~300m付近です。

昔たくさん居たクワガタもどき的なやつとか、ギンヤンマとか、シマゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウなどの田んぼの常連がほとんど姿を消しています。

皆さまの付近ではいかがでしょうか?
情報をください。標高も合わせてお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私の良く行くポイントは「暑いぞ熊谷」でお馴染み埼玉県北西部の山林です。
平地では40℃に届きそうな気温を毎年記録しますが、山地まで足を運ぶと5℃位は低くなるものの、それでも30℃には成る所です。

そんな暑いところですがミヤマクワガタは取れます。標高2~300m付近はベストポジションとも呼べるところで、ミヤマとノコギリが混在していて両方取れるんです。

ですが、今年は尋常ではないくらいクワガタの大発生年でして、特にミヤマはイヤと言うくらい普通に見かけます。

逆にカブトなどのコガネムシ系がまったく姿を見せません。スズメバチも激減していて八月の下旬と言うのにミヤマクワガタとスジクワガタが樹液場を独占し、クロカナブンが申し訳無さそうに隅っこで樹液を吸っている状況です。

コガネ系の減少は年初めの旱魃や少雨で生息地が乾燥した為と予想できますが、クワガタの大発生は説明が付きません。元々沢沿いの材を好むミヤマクワガタは旱魃を乗り切ったのかもしれませんがその辺は謎なんです。

Qオオクワ温度管理に小動物の

オオクワの幼虫の温度管理につかうヒーターは、小動物やハムスターのやつ使えますか? また、どんなやつがいいですか? 容量的には大きい段ボールや発砲スチロールくらいで

Aベストアンサー

>小動物やハムスターのやつ使えますか?
新規に購入するのなら、ハムスター用よりも、昆虫飼育用の「ピタリ適温」のほうがよいと思います。
ハムスター用のケース下敷きタイプ(床暖房タイプ)は見掛けは違いますが、昆虫用ピタ適と同じものです。値段は昆虫用のほうが安いです。
使い方は、ピタ適を置いてダンボール箱を置き、ダンボール箱の底に温度計を置いて20度~23度になるかどうかを確認してから飼育ボトルを並べます。
発泡スチロールケースは、温度を遮断するので使えません。なおピタリ適温はケースの中に入れてはいけません。温度が高くなりすぎて、菌糸ビンの中身は干からびてきますし、幼虫も死亡します。
当然のことながらピタ適の上に直接菌糸ビンを置くなどはとんでもないことです。
ピタ適の表面温度は45度くらいになりますし、温度調整装置はありませんから、表面温度を下げることはできません。低い温度がほしいときは、飼育ケースの下に新聞紙やダンボールを挟んで温度を適切にさえぎる必要があります。クワガタの幼虫は、温度が低くて死ぬことはありませんが、上がり過ぎて死なしてしまうケースは多いです。それから、上げたままだと幼虫が蛹にならずにセミ化する危険があるので、冬場に短期間温度を下げて「冬」を感じさせ、その後再び温度を上げて「春」を感じさせて蛹化させます。しかし、秋に孵化した幼虫は二年越しになるので、「冬」を感じさせるのは、一年以上先の話となります。2013年の秋に孵化した幼虫が成虫として活動するのは、2015年の夏になります。飼育温度が高いと菌糸ビンの劣化が激しかったり、下げたときにはキノコが出るなどして、なかなか難しいです。5月に産卵した場合のほうが失敗率は低いです。

>小動物やハムスターのやつ使えますか?
新規に購入するのなら、ハムスター用よりも、昆虫飼育用の「ピタリ適温」のほうがよいと思います。
ハムスター用のケース下敷きタイプ(床暖房タイプ)は見掛けは違いますが、昆虫用ピタ適と同じものです。値段は昆虫用のほうが安いです。
使い方は、ピタ適を置いてダンボール箱を置き、ダンボール箱の底に温度計を置いて20度~23度になるかどうかを確認してから飼育ボトルを並べます。
発泡スチロールケースは、温度を遮断するので使えません。なおピタリ適温はケースの...続きを読む

Qノコギリクワガタ幼虫 2年目突入 マット交換は?

ノコギリクワガタ幼虫 2年目突入 マット交換は?

昨年10月より育てているノコギリクワガタの幼虫ですが、今年2匹が羽化しましたが
残り19匹は今年羽化せず幼虫のまま2年目に突入しました。(1匹づつ 常温飼育)
容器の外から確認出来ないものも含めます。

そこで質問なんですが、2年目突入にあたりマット交換はすべきでしょうか?
このまま放置しておくべきでしょうか? 3齢になっている事を考えると
下手に空間を破壊するのは良くない気もしますが…

また容器の外側から確認出来ないのも気になるのですが、掘り返したりしない方が
やはりいいですよね?

Aベストアンサー

私の経験から、一言。

「ノコギリクワガタ」幼虫飼育について・・

材割採集で、ノコギリクワガタ「2令幼虫×3」(後に全て♂と判る)を採集した訳ですが、
後は、質問者さまと同じく「常温飼育」していました。

数回の「ビン交換」をして結局、「8月頃」全て同じ頃に羽化して、
そのまま蛹室の中で冬を越し翌年(初夏)までに全て、自力で蛹室から出てきました。

常温飼育は2年1越型が多いようです。

 ※ その年、遅めに羽化したものは、蛹室の中で冬を越します。


>昨年10月より育てているノコギリクワガタの幼虫ですが、今年2匹が羽化しましたが
>残り19匹は今年羽化せず幼虫のまま2年目に突入しました。(1匹づつ 常温飼育)

 「今年2匹が羽化」
 この個体は直ぐに出してしまったのでしょうか?

 ノコギリクワガタに関しては、
 羽化後そのままにして蛹室から自力で出るまで待った方良いです。

 大体、翌年の初夏までに自力で出るはずです。
 その後、夏場に数ヶ月活動するのが一般的です。


>そこで質問なんですが、2年目突入にあたりマット交換はすべきでしょうか?
>このまま放置しておくべきでしょうか? 3齢になっている事を考えると
>下手に空間を破壊するのは良くない気もしますが…

 3齢であるのは、判っているのですね・・

 3齢でも3齢中期(幼虫が黄色っぽくなる前)までは「ビン交換」可能です。
 (3齢中期までは発酵マットを良く食べます。注:冬期を除いて・・)

 3齢後期(幼虫が黄色っぽくなる)以降は、交換しないでください。
  なぜか・・
  3齢後期は「発酵マット」は殆ど食べません。
  余程の事がない限りそのまま、
  翌年、初夏までに成虫になった個体が蛹室から自力で出てくるまでです・・
 
 ポイントは・・
 3齢でも「中期」「後期」のどちらかで扱いが変ります。
 
 但し、
 幼虫によっては・・
 既に「飼育ビン」のほぼ中心に、蛹室を作っているものも存在するかもしれません・・
 (この様な「飼育ビン」が1番困りますね・・)
 取りあえず・・
 幼虫が確認出来ないものは、「そのままで」放置で良いです。
 蛹室を壊すより良いですから・・・

 確実に、
 ・現在「3齢中期」前のものと判るものを「ビン交換」すれば良いです。
 ・現在「3齢後期」のものは交換しないで良いです。

私の経験から、一言。

「ノコギリクワガタ」幼虫飼育について・・

材割採集で、ノコギリクワガタ「2令幼虫×3」(後に全て♂と判る)を採集した訳ですが、
後は、質問者さまと同じく「常温飼育」していました。

数回の「ビン交換」をして結局、「8月頃」全て同じ頃に羽化して、
そのまま蛹室の中で冬を越し翌年(初夏)までに全て、自力で蛹室から出てきました。

常温飼育は2年1越型が多いようです。

 ※ その年、遅めに羽化したものは、蛹室の中で冬を越します。


>昨年10月より育てているノコギリクワガ...続きを読む

Qカブトムシに小動物用の床材

カブトムシがたくさんいます。
水槽にオガクズを入れて、ゼリーを与えています。
オガクズが湿っていて、細かい虫がいます。
オガクズを入れ替えたほうがいいかと思うんですが、
家に小動物用の床材(ソフトタイプ・松のチップだと思います)があります。
それを使っても大丈夫でしょうか?
床材は湿った方がいいのですか?
ホームセンターでカブトムシ用の土みたいなのを発見しましたが、
匂いが嫌で買いませんでした。
繁殖等考えてなく2~3日後、他の方に譲渡予定です。

Aベストアンサー

こんばんは。
私は何年も小動物用のパインチップを使用していますよ。
というより、成虫管理はパインチップしか使用していません。
人様にお届けするのに匂いで不快な思いをして頂きたくない為、ミントの香りが付いたスポンジ片の入ったものを主に使用してますが、極端に寿命が短くなるとかいうトラブルもないですね。
厳密に言えば生体にとって良い事ではないのかもしれませんが…。

パインチップと同じくダニが沸きにくいとされる針葉樹マットという物もありますが、結局は形状が違うだけで内容は同じですし、それならパインチップの方がコストパフォーマンスに優れるかと思います。
ストレスがあるかは虫語が話せないので分かりませんが、問題なく管理出来ています。
今のところ虫から苦情らしい苦情は来ていませんね。
ただ、パインチップは針葉樹だからダニが湧かないと言う方がいますが、それは間違いです。

また、「カブトムシ用の土みたいなもの」とは何でしょう。
それは幼虫飼育用じゃないですか?
もちろん幼虫飼育用でも成虫管理に使用出来ますが、匂いが嫌だったという事は再発酵でもしてたんですかね。
それとも何やらワケ分からない腐葉土的な物でしょうか。
ホームセンターは専門家が管理していないので、管理もずさんな場合が多いし、取扱いメーカーも微妙な事が多いですね。
新しく購入しなくてもパインチップで充分ですし、譲渡後は相手方が対処すると思います。

あと気になるのは「細かい虫」という点ですが、ダニなのかトビムシなのかコバエ等の幼虫(蛆)なのか…
出来れば生体も洗浄したいところですが、丁寧に洗浄したつもりでも残っていますから難しいですね。
コバエの幼虫ならコバエが入らないように対処しておかないと、譲渡先で繁殖してしまう事がありますので要注意です。
もしコバエであれば、通気は確保しつつ乾燥防止も兼ねて、蓋の間に何か挟み込んだ方が良いですね。
私はコバエシャッター等の専用ケースじゃない場合、新聞紙の上に三角コーナー用の穴あきビニールを重ねて挟み込んでいます。

それは良いとして、数日で手放される御予定でしたら綺麗に洗浄したケースにパインチップを敷き、転倒防止で何か掴める物(木片など)とゼリーを入れておけば良いですよ。
空気中の湿度だけでは心許ないので、霧吹き等で適度に加水して下さい(排泄物やゼリーの水分でやがてまた水分過多になってきます)。

可能でしたら1頭ずつ個別に管理された方が生体の為に良いですね。
無駄に交尾や争いが増え、消耗が激しくなりますので。


最後に大切な事を書き忘れるところでした。。
パインチップでも建築廃材を再利用したと思える物があります。
変に色がついてる(茶や緑)物は防蟻剤が付着している可能性がありますので、使用を避けて下さい。


長々となってしまいましたがご参考までに…。

こんばんは。
私は何年も小動物用のパインチップを使用していますよ。
というより、成虫管理はパインチップしか使用していません。
人様にお届けするのに匂いで不快な思いをして頂きたくない為、ミントの香りが付いたスポンジ片の入ったものを主に使用してますが、極端に寿命が短くなるとかいうトラブルもないですね。
厳密に言えば生体にとって良い事ではないのかもしれませんが…。

パインチップと同じくダニが沸きにくいとされる針葉樹マットという物もありますが、結局は形状が違うだけで内容は同じですし、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報