AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

題名通り コーナーにRがある正方形の 中心点からの距離の計算式を教えてください。

正方形の角のところは わかるのですけど 途中のRの場所の計算がわからなくて困ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

正方形の一辺の長さを2a(>R)、


正方形の中心点の座標をG(0,0)、
正方形の4つの頂点を時計回りにA,B,C,D、
線分GA,GB,GC,GDと各コーナーのRとの交点を順にH,I,J,Kとすると

>中心点Gからの距離Lの計算式
L=GH=GI=GJ=GK
 =R+(a-R)√2

となります。
    • good
    • 0

全然意味が分かりません。


Rは文字? 正方形の4隅にあるんですか?
中心点とは、どこの中心?
図に表すことはできますか?

もっと説明が欲しいです。

この回答への補足

どうもすみません 絵を貼り付ける方法を調べます。

正方形の四隅の角が 円形に削られていまして(機械製図用語で R=円の半径の意味です)
たとえば R10だとしたら 四隅から 縦横10mmずつ移動したところから円弧を描く。

ここでいう 中心点は正方形の中心点です。

もうしわけありません

補足日時:2012/08/15 15:16
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。絵を用意しましたのでいったん締め切ります。

お礼日時:2012/08/15 15:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRの計算式を教えてください。

下記の図面のR部分の計算をおしえてください。

Aベストアンサー

図にある曲線が円弧出るとしたときの曲率半径のことですか。
その前提で答えます。

中心Oから円弧の弦に下ろした垂線の足をH,円弧の端点の一つをAとするとピタゴラスの定理から
OA^2=OH^2+AH^2
となります。

OA=R,OH=R-200,AH=500を入れると

R^2=(R-200)^2+500^2

この方程式を解けばRが得られます。


人気Q&Aランキング