個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

わたしの記憶では3兆円を超えると思いますが、いかがでしょうか。
さらに、これまでに彼らに与えた援助金の総額を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は日本を信用しているので匿名のネットの情報は否定的です。



有償6455億円
無償  47億円

です。

あと韓国の経済危機の時は準備はしたが実際はIMFや世界銀行で対応できています。
足りない時の予備的なもので発動されていない。



外務省 国別援助実績  1991年~1998年の実績 [3] 韓国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/jis …
引用******
有償資金協力6,455.27億円
無償資金協力47.24億円
内訳は、1997年版のODA白書参照、もしくはホームページ参照
http://www.mofa.go.jp/mofaj/b_v/odawp/index.htm))
********
    • good
    • 0

ほぼ100兆円です。


昔はODAなんて洒落た言い方はありませんでしたが、
    • good
    • 1

国から3兆円。

民間から2兆円。合計5兆円です。国債も買ってあげたのに、恩を仇で返す、人非人国家です。北朝鮮も韓国も、朝鮮人だから、考えは同じなんです。これらを支援した政府や、民間企業が、お人よしだったわけです。
朝鮮を助ける前に日本人を助けろ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【韓国に日本が援助してあげた金額】 何をして来た?

少し前から、頻繁に見るようになり、当方のようなモノでも、知る事に、なったのですが、【泣きついてきた韓国に日本が援助してあげた金額】と題したwebを、読んだのですが、【1965年 60兆円相当のインフラ整備費譲渡、 1965年 800億円+αを援助 日韓基本条約、 1983年 特別経済協力 4000億円支援、 1997年 韓国通貨危機 1兆円支援 、 2006年 ウォン高救済支援 2兆円支援(韓国高官は「日本の援助は迷惑だった」と不快感を表明)、 2008年 リーマンショック危機 3兆円支援 (韓国高官は、「日本は出し惜しみしている」と不快感を表明)。その他、2002日韓W杯スタジアム建設費融資300億円未返済。日本のIMF援助8400億円とその前の1兆4,000億円、さらに以降の1兆2000億円とODAの有利子負債の利子計約1070億ドル、約13兆円の負債に対して、韓国は未だ1円も返済していない。70兆円近くもお金をあげて援助して、さらに別口で13兆円も貸してあげて、これだけ配慮しても国連では「反省(お金)が足りない」】とあり、実に83兆円もの巨額の金額が、使い道も知らないアホ国家に流れていた事になるのですが、一体、韓国は、これほどの金を、一体何に使ったんでしょうか?見る限り、裕福そうにも見えませんし、国民が潤っているとも思えません。アッチコッチで、金も踏み倒し、悪意などサラサラなく、手抜きのインフラ工事も、直そうともしませんし、どっちかと言うと、追いかけ回され、金が無いので、ひたすら逃げる。とても金があるとは思えませんが、何一つ、形あるモノとして、残っているモノも無いのでしょうか?

少し前から、頻繁に見るようになり、当方のようなモノでも、知る事に、なったのですが、【泣きついてきた韓国に日本が援助してあげた金額】と題したwebを、読んだのですが、【1965年 60兆円相当のインフラ整備費譲渡、 1965年 800億円+αを援助 日韓基本条約、 1983年 特別経済協力 4000億円支援、 1997年 韓国通貨危機 1兆円支援 、 2006年 ウォン高救済支援 2兆円支援(韓国高官は「日本の援助は迷惑だった」と不快感を表明)、 2008年 リーマンショック危機 3兆円支援 (韓国高官は、「日本は出し惜しみし...続きを読む

Aベストアンサー

残っているものねぇ・・・

あえていうなら「韓国という国体そのもの」でしょうね。
戦後の賠償金その他はすべてインフラ整備に注ぎ込み、一応は独立国家といえるだけの状態にまで仕上げました。
が、外側だけしか整備せず、国民の教育等をおざなりにしたので、今のような歪な社会になってしまいました。

戦後どころか、戦前に日本が直接整備したインフラも残ってて、しかも現役です。
橋や道路やガス水道の多くは戦前日本製です。
ちなみに、北朝鮮に残してきた水力発電所や化学工場なども現役だそうです。
戦前の職人の仕事、半端じゃないですな。

Q日本が韓国に支払ったODAと賠償金の総額

ずばり何兆払ったのか教えてください。

Aベストアンサー

韓国の事について、かんじがいしている様なので、最初に言っておきますと韓国、北朝鮮は大日本帝国から分割され日本、台湾と同様に占領、独立した国です。また、第二次世界大戦では大日本帝国の一地域でしたので戦うどころか、枢軸国側で一緒に戦った同胞です、敗戦国です。それなので、賠償金を払う必要は、ありません。また、ODAですが、私が聞いた話では、約3兆円ということです。

Q韓国が返す気のない日本から借りたお金の額

ネットの掲示板を見ていると時々、わけの分からない回答に出くわします。
その1つが韓国が返す気がまったくないとされる日本からのお金です。
先日も64兆円さっさと返せという投稿を見かけました。
それも複数の箇所で。ということはそういう情報でもあるのでしょうか。

64兆円はさすがに現実離れしていますが、噂は一向に後を絶ちません。
日韓W杯のスタジアム建設も日本に泣きついて来たといいます。
なのにW杯では日本を貶める行動ばかり。本当なら非常に不愉快です。

一方で、借りた金はしっかりと返している。そんなの妄想だという意見も目にします。
そんなこんなで実態がよく分かっていないわけです。
韓国が返す気のない日本から借りたお金というのは存在するのでしょうか。
あるとすれば、それはODAのようなものなのでしょうか。
もし金額まで分かれば、お願いします。

Aベストアンサー

>一番上の資料だと韓国の借りた累計は1兆円にも届いてないようですが?

 すいません。韓国の場合はこのような累計です。
 借款のほかに無償供与、資産放棄も含めですね。

 1965年の韓国と日本と日韓基本条約で
 無償金3億ドル・有償金2億ドル・民間借款3億ドル以上(当時1ドル=約360円。現在価格では合計4兆5千億円相当を供与
 後は韓国独立に伴って遺棄せざるを得なかった在韓日本資産(GHQ調査で52.5億ドル、大蔵省調査で軍事資産を除き計53億ドル)
 これだけで現在価格45兆円ほどです
 後国際協力銀行とかを含め最大に計算して60兆という数字になります

>それにしてもスタジアム建設の話は本当なのでしょうか?
 はい

最初に手を挙げたのは日本で、それを知った韓国があわてて手を挙げた。
立候補は他になく、日韓の一騎打ちになった。

開催国決定は当初、1996年6月1日のFIFA臨時理事会で会長、副会長を含む理事21人の投票によって決定される予定だった。しかし、時期を同じくしてFIFA会長選挙を控え、一貫して日本を推していたFIFAのアヴェランジェ会長の会長派と欧州のFIFA理事派の勢力が次期会長職を巡って対立し始める。そして、アヴェランジェ会長の会長続投を阻止しようと反会長派の欧州理事たちは日本と韓国の共同開催(日韓共催)を強く推進したが、南米の会長派はあくまでも日本による単独開催を支持した為にアフリカの理事らの動向が投票を左右することとなった。ただ、こうした状況の中で次第に日韓共催案が現実味を帯び始める事となる。

直前になって欧州理事らが、欧州の各国サッカーリーグに選手を受け入れてもらう立場にあるアフリカ理事の票を押え多数派となった。その為、開催国を決定する投票日前日の定例理事会前に行われたパーティー会場でアフリカ理事らとの歓談から趨勢を悟ったアヴェランジェ会長は定例理事会で日韓両国による共同開催案を自ら提案、満場一致の拍手の賛成決議で定例理事会は幕を閉じた。結局、投票を待たずして1996年5月30日FIFA理事会は「ワールドカップは単独開催」という規則を無視し、FIFA事務局長のジョセフ・ゼップ・ブラッターの名でホテルで投票を待つ日本招致委員会に対し日韓共催を打診する文書を送り、欧州アフリカ理事らの動向を掴めなかった日本は想定外となる共同開催決定に苦渋の決断で受け入れを表明。翌日の5月31日には、FIFAと開催国に決定した日本と韓国による共同開催決定の会見が開かれた。ちなみに、もしも日本が共同開催の受け入れを拒否した場合は「韓国の単独開催」か「開催地決定の延長」、「中国での開催」などといった諸案があった。

結局、決着はアヴェランジェ会長・南米派と反会長・欧州派のFIFA内部の政治的対立の産物でもあったが、アヴェランジェ会長は名誉ある退席を選んだが、アヴェランジェ会長は程なくしてFIFAの会長職から引退する形で退いた。また、当ワールドカップ組織委員会委員長には、FIFA副会長の鄭夢準大韓サッカー協会会長が就任した。

その後、1997年後半に韓国はアジア通貨危機に巻き込まれてデフォルト寸前の不況に陥り、国際通貨基金 (IMF) の管理下に入った。IMF経由の日本を中心とした金融支援やIMFによる米国式経済の導入によって大量の失業者を生みながらも経済はV字回復した為に最後まで日本単独開催には至らなかった。しかし、経済回復は対米輸出に頼った状態であった為に2001年のアメリカ同時多発テロ事件で韓国経済がまたも失速し、試合会場となるスタジアム建設が滞る事態となった。結局、開催1年前を切って既に観戦ツアーやチケットの販売が始まっていた事や韓国での開催が韓国経済を上向きにさせるとの見解に立った日本政府からの融資(輸銀融資30億ドル)を受けて、韓国でのスタジアム建設は続けられて日韓共催はようやく実現した。

 まず日韓開催決定し、その後金融危機で韓国が金がなくなり日本から金を借りてスタジアムを完成させた、の順です

>一番上の資料だと韓国の借りた累計は1兆円にも届いてないようですが?

 すいません。韓国の場合はこのような累計です。
 借款のほかに無償供与、資産放棄も含めですね。

 1965年の韓国と日本と日韓基本条約で
 無償金3億ドル・有償金2億ドル・民間借款3億ドル以上(当時1ドル=約360円。現在価格では合計4兆5千億円相当を供与
 後は韓国独立に伴って遺棄せざるを得なかった在韓日本資産(GHQ調査で52.5億ドル、大蔵省調査で軍事資産を除き計53億ドル)
 これだけで現在価格45兆円ほどです
 後国際協力銀...続きを読む


人気Q&Aランキング