質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

B'z松本孝弘氏のギターには、ギターのボディにピックが数枚取り付けられています、←多分わかる人ならこの説明でわかるはず☆

(1)あのピックホルダーはどのような構造になっているのか
(2)市販されているのか

教えてください

A 回答 (1件)

松本は両面テープで貼っていたはずですよ。


ライブ用のギターは毎日ピカピカに磨かないと、照明で手垢が目立ちますから、ローディーが磨いて貼り替えてチューニングしているんでしょう。なにしろ本数が多いですから。
個人で張りっぱなしにすると、糊残りして塗装が禿げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/15 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB'zのコピーをするためのギター

B'zの松本孝弘さんが好きで、ギターを買ってコピーしたいのですが、どんなギターを買えばいいか迷っています。
自分なりに調べたのですが、GIBSONのシグネイチャー・モデルは高くて手が出せないし、EPIPHONEから出ている廉価モデルはヘッドのデザインが違うし……。
こんな僕にオススメのギターをおしえてください。

Aベストアンサー

No.1、No.2 です。

だいぶん絞られてきましたね(笑)。


>TOKAIのLS98Sはどうかなと思っています。

十分にアリだと思います。
ただし、これはPUがシングルコイルのP-90タイプなので、
ハムのレスポールとは音質が多少違ってきます。
後でハムに交換することもできないので、
音の好みを十分に確認した上でご判断ください。

ちなみに、ハムタイプのレスポールなら、将来的にダンカンや
ディマジオなどの音の良いPUに交換したり、ハムPUサイズの
P90的なPUを載せたりして、色々グレードアップを楽しめる
というメリットもあります。

Gibsonレスポールの音にはなりませんが、まったく遜色のない
良質な音色は実現可能ですよ。


>TOKAI ALS50S

このへんの機種は無しだと思います。
ボディにバスウッドなどが使われています。
レスポールの特徴音は、やはりマホガニーだと考えますので、
あまりお勧めできません。


>BURNY RLG-55P

これもP90タイプですね。PUについては、Tokai と同様です。

BURNYのこのクラスはアリだと思いますが、海外生産品は
特に当たり外れが激しいので、問題ない個体を見極める眼力が
求められます。

フレットの微妙な高さのバラツキや細部の仕上げ、ビビリ音等、色々
注意が必要ですね。
生音の鳴り具合も十分に確認しましょう。
(まあ、国産品が絶対安心とも言えないので、同じことですが)。

このような注意点に気を付けたら、十分に使えるギターが見つかる
と思います。
このクラスは PU のグレードが低いので、近いうちにグレードアップ
することを前提にしておいた方がいいと思います。

No.1、No.2 です。

だいぶん絞られてきましたね(笑)。


>TOKAIのLS98Sはどうかなと思っています。

十分にアリだと思います。
ただし、これはPUがシングルコイルのP-90タイプなので、
ハムのレスポールとは音質が多少違ってきます。
後でハムに交換することもできないので、
音の好みを十分に確認した上でご判断ください。

ちなみに、ハムタイプのレスポールなら、将来的にダンカンや
ディマジオなどの音の良いPUに交換したり、ハムPUサイズの
P90的なPUを載せたりして、色々グレードアップを楽しめる
という...続きを読む

QzoomでB'zのサウンド

最近、エフェクター(ZOOM G2)を買いました。

私が目的としてるのは、B'zの松本さんのギターサウンドに近づくことです。

それと、出そうとしている音は、「愛のバクダン」の時の音、「SUPER LOVE SONG」のときの音です。

zoom g2でどちらかの曲でもいいので近づける限りのことはしたいです。

G2ユーザーの方でわかる人がいらっしゃいましたらセッティングについてアドバイスをいただけると幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

さて、それじゃぁやってみますか。

前提条件としてギターのPUはハムバッカーであること、そして室内で練習する時のセッティングを想定します。つまりあまりボリュームをあげられない状況です。本来エレキギターはアンプである程度音量をあげてはじめて本来の音がでるものです。音量をしぼることによってトーンがあまくなり輪郭がぼやけ、こもった感じになります。この状態を前提に音作りしてみます。(ギターやアンプの特性などは比較的出にくいです。今回はかえって好都合。ヘッドフォンでも音はしぼります。多くの若者が音楽で耳をつぶします。音楽好きなら耳をいたわりましょう。)

まずギターはリアPUでボリューム、トーンとも目一杯あげます。
次にアンプはドライブチャンネルがついていてもこれを使用せず、まったく歪みのない、あくまでもクリーンなサウンドに設定します。音量は周囲に迷惑をかけない程度にしぼります。ハムバッカーなので余計にもこもこしますがアンプのトーンは高音を上げて低音をややしぼることで補正してやります。ヘッドフォン使用もこのままでOK。アンプにさしてもG2直でもかまいません。(G2側のエコライザーも同様にする為)

これから作る音はザラザラ感が少なく艶やかで伸びのあるナチュラルなディストーションサウンドです。トレブリーなメタルとはちょっと異なります。和音でもつぶれず分散のよい響きをもち、歪んでいるわりには軽やかでポップな曲でも使用可能。もともとはクリーム時代のクラプトンの流れを受け次の世代ヴァンヘイレンやゲイリームーア、最終的にはニールショーン(ジャーニー)やTOTOのルカサーあたりがエフェクト併用で確立したと記憶します。松本さんはさらにデジタルな要素を加え、バランスよくまとまった音になっていると思います。目標はそこです。

ポイントですが、80年代当時、心地よい歪みを作るエフェクターセッティングの定番としてドライバー自体のゲインをやや抑え、ドライブユニットの前(コンプ)で出力を持ち上げて突っ込む、というのがありました。マルチは基本デジタルなのでコンパクトエフェクターのような顕著な効果は出ませんが、ほんの少しでも雰囲気をだせれば・・といったところです。
G2のエコライザーは3バンドにしてベース抑え目、ミドル中くらい、トレブル上げます。これはアンプと同じ考えで同様のセッティング。基本トーンはこれを守り、松本さんらしさはブースターで中音域を少しブーストすることで表現してみます。

さらにB’zのCDではギターが何本も多重録音されています。1本で再現しようとしても薄っぺらな感じは避けられません。そこですこしだけコーラス入れます。「なんでやねん!」と聞こえてきそうですが、音量をしぼってくもったトーンをクリアにする効果もあり、案外にいけます。ただし、やり過ぎてこれが前にでると別物(高中ブルーラグーン)になるので要注意。
あとは隠し味のショートディレイ、と気持ちだけのリバーブ(ルーム)。

具体的設定値は下記の通り。
あくまで参考例です。

ツマミは4つ。一番左がタイプ、その右側にツマミ1、2、3。
タイプをPLAYからひとつ右にひねって(1)、次が(2)と順番にセットします。

タイプ、ツマミ1、ツマミ2、ツマミ3
(1)CP、2、FS、60
(2)bS、2、1、80
(3)nr、10、なし、なし
(4)bG、75、9、35
(5)Eq、5、7、12
(6)Cb、dy、0、なし
(7)CH、40、25、45
(8)dL、50、10、5~10
(9)rn、15、10、10~15


音質を決定しているのは(4)のドライバーと(6)のキャビネット&マイク。
アレンジするなら(2)のブースター(ツマミ1は2→3でもOK)、(5)のイコライザー。
歪みを増したい場合は(4)のドライバーのツマミ1をあげる。
残響音が気になるなら(8)(9)のツマミ3をしぼる。またはどちらかOFF。
(7)のコーラス抑えるならツマミ3をしぼるまたはOFF。
(3)のノイズリダクションは音質に影響なし。

アンプのマスターボリュームで音量をしぼりきれない場合はG2のPLAY状態で一番右のツマミでしぼる。

まったくゼロから作るのは大変でしょうから、とりあえずこれをベースにいろいろ触ってみてください。
どこを触ればどうなるか、やってみて徐々に使いこなせるようになるものです。

がんばって下さい。

さて、それじゃぁやってみますか。

前提条件としてギターのPUはハムバッカーであること、そして室内で練習する時のセッティングを想定します。つまりあまりボリュームをあげられない状況です。本来エレキギターはアンプである程度音量をあげてはじめて本来の音がでるものです。音量をしぼることによってトーンがあまくなり輪郭がぼやけ、こもった感じになります。この状態を前提に音作りしてみます。(ギターやアンプの特性などは比較的出にくいです。今回はかえって好都合。ヘッドフォンでも音はしぼります...続きを読む

QB'zの音作り

B'zの音作り

質問させていただきます。こちらのサイトでもいくつか同じような質問がいくつか出てますが・・・
現在B'zの曲をギターで練習していますが、なかなかうまく音作りが出来ません。インターネットなどで調べてみると『アンプはクリーン』で
『ミドルは大きめ』とよく書いてあるのですがしっくりきません。
つまみのレベルやセッティングを教えていただきたいと思い投稿させていただきました。
ちなみにエフェクターは『ZOOMのG2.1Nu』、
アンプは『voxのpathfinder 10』を使っています。
ギターは『IbanezのRG350EX』を使っています。


私の中でイメージしているのは
(1)ディストーションが効いているヘビーな音
(2)クランチ気味の音
(3)クリーンな音
このようなサウンドを使い分けながら演奏したいのですが・・・
現在はアンプをオーバードライブチャンネルに設定してマルチで記憶させた音をパッチペダルで切り替えているのですが、ネットの書き込み等を見ると基本的にはアンプはクリーンでと書いてあるのでその設定を知りたいと思い質問させていただきました。
もちろん自分でも色々試してみたんですが、特にヘビーなサウンドが今までより軽くて音伸びも短くなるのですが・・・(これは当然そうなってしまうのでしょうか?)アンプをクリーンチャンネルにしてヘビーな歪みを作るにはどうのように設定すれば良いのでしょうか??




よろしくお願いします。

B'zの音作り

質問させていただきます。こちらのサイトでもいくつか同じような質問がいくつか出てますが・・・
現在B'zの曲をギターで練習していますが、なかなかうまく音作りが出来ません。インターネットなどで調べてみると『アンプはクリーン』で
『ミドルは大きめ』とよく書いてあるのですがしっくりきません。
つまみのレベルやセッティングを教えていただきたいと思い投稿させていただきました。
ちなみにエフェクターは『ZOOMのG2.1Nu』、
アンプは『voxのpathfinder 10』を使っています。
ギターは『Iban...続きを読む

Aベストアンサー

1. アンプダイレクトで貴方の基本音色設定をする。(マルチのバイパスモードでも良い)
pathfinder 10 使用ならその条件の基で、6.5"という不利な条件ながら挑む事です。
ギターアンプのスピーカーユニットは出音音色を決定付ける最重要部品ですから得られる音色傾向はそのスピーカーユニットの音色にもゆだねられています。
Bassで適度な太さ(多過ぎないこと)、Tlebleで適度な色付け(多過ぎないこと)
これだけの事ですからいずれ出来る様になります。(極めて重要なセンスで慣れれば異なるアンプに直面した場合もそのアンプで得られる自分の音色に瞬時に会わせ込めます)

2. マルチをギターとアンプのギターインプット間に接続する。(バイパスモード解除でも良い)
B'zのごく短い得意フレーズを繰り返し弾きながらプリセット音色をチェックし候補を幾つか選び各々のパラメーターを調整しそれぞれの最良を得る。

以上の努力を行えば機材等の制限はあるものの達成感が得られます。
PUセレクター位置、ピッキングポイント、ピック厚み。弦種・ゲージ等も工夫して下さい。
(アンプスタンド等でアンプを斜めにしてスピーカーに対面し音決めします)

「深み」を得るには得られるアンプを使うしかありません。

1. アンプダイレクトで貴方の基本音色設定をする。(マルチのバイパスモードでも良い)
pathfinder 10 使用ならその条件の基で、6.5"という不利な条件ながら挑む事です。
ギターアンプのスピーカーユニットは出音音色を決定付ける最重要部品ですから得られる音色傾向はそのスピーカーユニットの音色にもゆだねられています。
Bassで適度な太さ(多過ぎないこと)、Tlebleで適度な色付け(多過ぎないこと)
これだけの事ですからいずれ出来る様になります。(極めて重要なセンスで慣れれば異なるアンプに直面した場...続きを読む


人気Q&Aランキング