出産前後の痔にはご注意!

今年22歳になる者(男)です。

中学から現在にいたるまでほぼ毎日私を苦しめている怒りの種、不安の種があるのですが、どうしてもそれを取り除きたいのです。
それは、中学の部活であったいじめの記憶です。
当時私は団体球技系の部活に入っていたのですが、そこの2、3名に嫌われたのか入部して2、3ヶ月してから陰湿ないじめを受けるようになりました。
当時自分は彼らに何か酷い事をしたでもなく、恐らく嫌った理由はただ嫌いだったとかそういうものだった思います。
とにかく当時は酷かった。
裏で私にパスを回すなとか、体触れたらものすごく卑劣な言葉を浴びせて来たり、私がシュートしたりするともの凄く不機嫌な顔をしたり。
普通ならそんな事されたら怒ればいいのですが、彼らが同級生の中で仕切っていたので、私は何も言う事は出来ませんでした。
私はそのスポーツが好きで好きで仕方なかったので始めたのですが、彼らの行動がエスカレートするにつれ自分は彼らの顔色を伺う以外に何も出来なくなって、結局部活には行ってはいたものの、練習はろくにさせてもらえないような状況に追いやられていました。

そしてさらに残念な事に、同級生のその一連の行動に加え、先輩の中にも理不尽に殴って来たり、ボールをぶつけて来たりする人がいたり、同級生の私に対する扱いを見ていた後輩数名には決して先輩にはしないような振る舞い(タメ口を筆頭にその他屈辱的な行為)をされて、もう当時私は本当に毎日地獄の様な日々を過ごさざるを得なくなっていました。

毎日家で一生懸命練習していたのですが、実際部活では何も出来ずにただ顔色を伺ってほとんど何もしないという選択肢しかとれませんでした。
本当に外部的圧力により報われない努力程むなしいものはありません。

そんな部活など普通なら辞めますが、いつかは楽しくスポーツが出来る日を夢みて辞めずに続けました。
ですが、その願いもむなしく引退まで続けたものの、残ったのは心に残った数多くの傷とスポーツに対するトラウマでした。いい思い出等1つもありません。
時は経ち、高校でそのスポーツをもう一度やろうと思って挑戦してみたのですが、体験入部の際当時のトラウマが蘇ってしまい結局入部する事は出来ませんでした。
それ以来、自分はこの中学のスポーツに対するトラウマ、心に受けた傷をずっと抱えて生きて来ました。
自分は部活というスポーツでこの様ないじめを受けたので、毎日どこかしらでやってるスポーツ番組や話を聞くとその度にその中学の事を思い出してしまうことが何度もありました。
「ああ。。。なんで俺はあんな奴らと一緒だったんだろう。。。」
「当時楽しく出来ていれば俺の人生は絶対に変わったのに。。。」
結果、もう無意識レベルで当時部活で私に陰湿な行為をしてきた人間達の事を思い出してしまうようになっていました。

もう7年も経つのに。。。。
最近は、オリンピックがある為にほぼ常に当時の記憶に苦しめられています。
「当時あんな事がなければ、楽しく今オリンピック見れてるのに」
こんな事もずっと考えています。
実は、少し前にふとした事から当時やっていたスポーツではないのですが、知り合い数名とあるスポーツをする事があったのですが、その時は心おきなくただ純粋にスポーツを楽しむ事が出来ました。
しかしその時にも「ああ。。。当時こうやってやれてたら、楽しく出来たし、団体で練習出来るという事は、団体でのプレーが上手くなる機会を得るという事だから、上手くなれただろうな。。。」みたいな事を考えてしまいました。

要は、もうずっと当時の記憶に苦しめられているのです。

スポーツをみる度にトラウマに苦しめられて、また当時の人間達の事を思い出して腹を立て、ストレスを感じ、時間を無駄にする。

こんな事を7年もやってきました。

もういい加減こんな事は止めたいのです。

もう当時のたった3年間の出来事にいつまでも苦しめられていたくありません。
そこで最近やっと気付いたのが、私は「割り切らないといけない」という事です。

延々こんな事をウジウジ考えていても何もならないし、ずっと苦しめられるだけ。
当時の人間の達に馬鹿にされて苦しめられている所を何度も何度も思い出して腹を立てても、本当に何もならない。

だから私はもう割り切りたいのです。
ただ、その割り切り方というのがいまいち分からないでいます。
スポーツも関わっているこの記憶を絶対に呼び起こさない様にする為の割り切り方というのは、スポーツがありふれているこの世の中ではなかなか見つからないのです。

自分は「割り切る」ということが出来ないと、もう自殺する以外にこの記憶に左右されない方法はありません。

そこで大変長くなりましたが皆様に質問です。

私はどうしたらこの7年前の記憶に振り回されずに生きて行く事が出来るでしょうか?

割り切り方を教えて頂きたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

団体球技って、人気の競技ですか?



全くの私の個人的な意見ですが、人気の競技をする人の中には、意地悪な人が多い印象があります。
特に小中学校の間は、運動神経も良く、体も大きく、発達が早い多いせいか、その競技が上手だと、我が物顔でふるまうお子さんが多かった記憶があります。
私は女性ですが、学生時代、その競技の部活に入っている男の子は嫌いでした。
中には優しい男の子もいましたが、9割方が生意気で意地悪な男の子だったような気がします。
性格が良い男の子は、部活の雰囲気になじめず、他の部活に替わっていきました。
私の息子が小中学校の時も、その競技には意地悪なお子さんが多かったです。
息子は早生まれで体も小さく発達も遅かったので、発達の良いお子さんたちには苛められましたよ。
息子も小学校時代はその競技が好きだったので、
「あんな奴らに絶対負けない」
と言って頑張っていましたが、結局辞めました。

息子は中学校では違う団体球技の部活に入って、楽しい3年間を送りましたが、学校で幅を利かせていたのは人気の競技の部活の生徒さんだったようです。
競技の性格から考えて、常に敵と味方の動向を察知しながら、自分がどうプレイすればよいのかを考えるのですから、人間関係に長けているのもうなずけます。
しかし、父兄の間では、
「○○部は性格の悪い子が多いから、気を付けないとね」
と言われていました。
生徒の間でも、クラス替えでその部活の生徒さんが多いクラスになると、男女とも、
「ついてない」
「はずれのクラス」
と愚痴っていたらしいです。

私にはこういう経験があるので、その人気の競技を見ていると、
「この選手も、小中学校ではいじめっ子だったのかなぁ」
と思ってしまいます。
正直なところ、あまり応援する気にはなれませんが、この競技はそういう強さが必要なのだと思います。

質問者様と似たような経験をした方は、案外多いと思います。
>実は、少し前にふとした事から当時やっていたスポーツではないのですが、知り合い数名とあるスポーツをする事があったのですが、その時は心おきなくただ純粋にスポーツを楽しむ事が出来ました。
これからは、そういうスポーツを楽しめばよいのではありませんか?
中学でやっていらした競技は、質問者様の性格に向かなかったのだと思います。
悪い環境の中、ずいぶん頑張ったのですね。
頑張りすぎたんです。
中学時代の苦い経験から学ぶべきは、環境や仲間、友達は選ぶもの、という事ではないでしょうか。
遠回りをしてしまったかもしれませんが、今、良い仲間に恵まれて、違うスポーツが楽しめるのですから良しとしませんか?
    • good
    • 0

何か、すべてをこの記憶のせいにしているような気がするのは私だけなのかな?



中学から高校に進学して以降は、人も周りも変わったのに何もせず、高校卒業後も何もせず、自分から変わろうという感じが何も見えません。

結局は、顔色を窺ってびくびくしていた自分が情けないだけだったのじゃないでしょうか?

私もいじめられた経験がありますが、その時は、体を鍛え勉強し、相手を圧倒する体力、学力で何も言わせなくし解決しました。
当時は中学で握力70キロほどになりましたけど、その後、高校では環境も変わったこともあり、楽しくやっていましたが。

結局は、自分で踏み出して行動しない限り、このコンプレックスは治りません。
当時の事を全てのせいにせず、見返すために何かを努力し相手を見返すほどになってから、やっと解放されると思います。

そういう努力何もをせずに、いつかどうにかなるだろうみたいな、他力本願で相手を見返すことができないレベルのままでは、何も解決しませんね。

厳しいですが、これが事実だと思います。
    • good
    • 0

私は社会に出てから上司にイジメられたクチですが、当時の私はクソ真面目で内罰的な性格をしていたので、仮にその上司と出会わなくても、いつかどこかでクズに利用されたり、イジメられたりしていたと思います。



(ちなみに私は柔道の有段者で、中学の頃は不良をブン投げて黙らせた事もあります。でも、鍛え上げた肉体と武道の技は、社会の枠組みには通用しませんでした)

確かにズタボロにされて全てを失う羽目になりましたが、その経験を教訓にして、他人を利用したり、イジメて喜ぶ様なクズはどこにでも居るという事実を学び、二度とコイツらには負けないと決心し、対抗するだけの手段と冷酷さを身に付ける事が出来たと実感した時、私の心の傷は癒えました。

あなたをイジメた連中への怒りの裏には、無力な自分に対する憤りもある筈です。そういった無力感や自己不信の方が、イジメそのものよりも大きな傷になっていると思うんですよ。

7年前の記憶に振り回されずに生きて行くには、当時の自分を超えるしかないと思います。過去を割り切るのではなく、糧にして断ち切るんです。このどーしようもない世の中を生き抜くには、それしかないと思います。
    • good
    • 0

う~ん、


 貴方のように、文章で詳しく表したものを初めてみましたが、現在の社会性は大変な事態であると言わざるを得ない。
 No-2さんの意思は強く、実質、己が自信を抱けるように、肉体から改造したものには敬服いたします。

 貴方の事情は大変参考になります。
 さて、この事に、全ての大人達が考える必要があると思いますが、現在の社会性では困難なようですね。

 虐めの発端は、愛情を発する事ができないところにあり、全ての大人達も、少なからず憎しみの心を抱いていると云える。その心が子供達に伝播しているといえるでしょう。

 No-2さんのような方達ばかりではない。

 公務員(教育者)のサラリーマン化が成せるものでしょう。
 道徳教育を行い、全ての地域住民が集まって解決する方法を見出さないといけない。
  警察を頼っている現在の社会性を改めなければならない。

 アドバイスには考えることもできない私にも、社会的な構造を変えないと、貴方のような被害者は絶えることがないように感じます。

 ごめんね、回答にはなりませんでした。しかし、私も一生懸命考えてみます。

 ありがとう。


 
    • good
    • 0

実はそのような辛い経験は貴重なものです。

すべてまぎれもない人生の一部で、絶対に交換することができないからです。胡散臭く聞こえるかもしれませんが、辛い記憶は人生の豊かさをうみだすもののひとつです。過去嫌なことであっても簡単にサッパリと割りきらずに、長い間に渡って思い出し、怒り、悔しがり、嫌な記憶を吟味して生きていくことも選択肢としてあります。また、(これは趣味の問題ですが)安穏と生きることが最も望ましいとは限らないです。
    • good
    • 0

高3の男です。



僕も質問者さんと同じくいじめをうけていました。

少し身の上話を挟んだ上で回答させてもらおうと思います。



僕の場合は中学に入学当初、付属小から上がってきたので珍しがられ
その中学の不良にいじめられ始めました。

最初はまだ耐えれました・・・が段々とエスカレートするのは当たり前の話。
最終的には集団で蹴られたり追いかけ回されたりトイレで暴行を受けたりひどいものでした。

僕は不登校になったのですが、そこで転機が訪れました。
親に勧められボクシングジムに通いだしたのです。

僕は勉強ばかりしていたので体は細くひ弱でした。そのため不良にも抵抗できませんでした。
しかしボクシングジムで体を鍛えはじめてからは不良のパンチも遅く見えるようになり中2になる頃には僕は学校にまた通い始めていました。

その後は不良に暴力を振るわれても全然怖くもなく逆に他の子が不良に暴力を振るわれていたらボクシングで鍛えた体を駆使しいじめられていた子を助けるようにまでなりました。



つまり
「僕は不良なんかには負けない。何人にいじめられようともいざ喧嘩になれば勝てる。」
と思うようになっていたわけです。

これは「自信」です。

もしかするとですが、質問者さんが昔のことをトラウマのように思い出してしまうのは自信がないのかも知れません(とゆうか僕はそうでした。)

なので騙されたと思って、空手でもボクシングでも構いません。
体を鍛えてみてはいかかですか?

「僕はこんなに強い、不良など怖くない。あいつらは自分より弱い」と思えれば
きっと質問者さんも過去の嫌な思いでを消せると思います。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

精神科に行って下さい。



ここで顔も分からない
第三者に相談して解決するような事なら、
あなたは7年間も悩んでいないはずです。

専門家の意見を聞くべきです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング