OCN光で最大124,800円おトク!

SEとかシステム開発者とかと交渉をする時、コツなどはあるでしょうか?
巷では「SEのための交渉術」みたいな本はありますが、SEと交渉する人間の立場に立った本やサイトがない気がします。SEとかに比べて、開発してもらう側は

○技術的なことが分からない。要望を出して「技術的に難しい」「その開発期間では難しい」とか言われたとき、それ以上突っ込んで交渉するのが困難ではないか。
○価格が、どの程度なら適正なのか、どの程度なら安いのかなど、基準が分からない。

など、立場の弱い面が多い気がします。ひいてはそれは、SEの言い分ばかり飲まされることにもつながるのではないかと思うのですが、SEにただ従順になってばかりでなく渡り合って行くコツなど、何かないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

フリーランスのシステムエンジニアーです。


こんばんは。


> ○技術的なことが分からない。要望を出して「技術的に難しい」「その開発期間では難しい」とか言われたとき、それ以上突っ込んで交渉するのが困難ではないか。

納得できる理由を求めてください。
技術的なことがわからなくても、たとえ話であったりとか、パソコンが世の中に浸透している昨今で、ホームコンピューティング(自宅でLANにつなぐとか、年賀状を作るとかいったたぐいの話)やホームページからのネットショッピングなどの知識でわかるように説明してくれます。もし、相手からの返答が「どうしても」とか「こういうもんです」という返答であるならば、交渉以前に、議論が成立していない。
あるべき論で恐縮ですが、システムは顧客とベンダーが一体となって作るものだと思いますよ。

> ○価格が、どの程度なら適正なのか、どの程度なら安いのかなど、基準が分からない。

コンペできないのであれば、これまでのシステムの金額との比較が有効ではないですか?これを作るのにこれだけだったのに、今回はこんなにかかるの?といった聞き方で。システム、ないしはソフトウェアーの見積もりには根拠があります。それをちゃんと説明してもらいましょう。
あと、いわゆる、原価管理を勉強なさってみてください。

> など、立場の弱い面が多い気がします。ひいてはそれは、SEの言い分ばかり飲まされることにもつながるのではないかと思うのですが、SEにただ従順になってばかりでなく渡り合って行くコツなど、何かないでしょうか?

お金を出すほうが立場は強いですよ。^_^;
顧客が納得しないなら、その見積もりは了承してもらえないということですから。

意固地になってはいけないですが、納得できる理由を説明してもらうこと。
ただし、他の方もおっしゃっているように、無理な値下げや、無理な工期は、空中分解したり、だれか、うつ病になったりして、品質の低下、ひいては、会社の不利益にもつながります。ここらへんのトレードオフを考えて、システムエンジニアーとの普通の議論をしてみてください。


がんばってください。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。専門用語とか、技術的な壁の話とかばかりして、顧客が納得・理解できない話に持ち込むSEは、やっぱり駄目でしょうね。価格交渉にしても、身近なところから糸口を探してみます。
無理は言い過ぎないにしても、金を出すのだから、立場はこちらが上であり、少なくともSEに先生気取りされる筋合いはないのだという態度で臨みたいですね。

お礼日時:2012/08/16 21:49

一つ目の◯について


 「・・・・難しい」などの抽象的な回答に対しては、実現するための具体的な回答を要求します。理解できなければ、さらに具体化するか別の表現を要求します。また、相手が納得できる回答ができないSEが作るシステムは使い物になりません。

二つ目の丸について
 機能別に予算を立てておくことが前提です。これは、御社の業務として掛けられるコストを積み上げます。
 見積りが予算以下でない場合に、予算内にするためには開発範囲をどうするのかを提案させます。この場合は、リスクも併せて提示してもらいます。

発注側の立場が弱いと感ずるのは、コンピュータでやっていることが見えないからだと思います。それはSEが見える様にする能力がないからです。普通のビジネスであれば、見える様にしてお客様と折衝しますね。見えないものは見える様に、分からないものは分かるようにできなければ、システム化はオボ付きません。強気で行きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>相手が納得できる回答ができないSEが作るシステムは使い物になりません。
>発注側の立場が弱いと感ずるのは、コンピュータでやっていることが見えないからだと思います。それはSEが見える様にする能力がないからです。普通のビジネスであれば、見える様にしてお客様と折衝しますね。見えないものは見える様に、分からないものは分かるようにできなければ、システム化はオボ付きません。強気で行きましょう。


このくらい、毅然とした態度でSEとは接しないといけないですね。No.4の方にも言いましたが、どうもこの辺、うちに来るSEは意識が正しくないようで。妥協はしないように、こちらが客なのだという立場で行きたいですね。

お礼日時:2012/08/16 21:22

元SEの隠居爺です。


発注側はお金を出す側ですから、普通はSEより立場が強いです。
予算、納期が決まっているのでしょうから、技術論にあまり深入りしないで、予算の金額でやる方法がないのかを検討させたらよいのです。
機能不足をちょっと我慢したり、少しだけ手間がかかる代替え手段にしたり、いろいろ工夫すれば、案外に安く開発できるものです。
それを、発注側が理解できなようなカタカナ用語を連発して説明するようなSEだと、ちょっと困ったSEですね。
分からないカタカナ用語があったら、すかさず説明を求めましょう。
SEは技術的には発注側より優位ですけど、業務的には分かっていないところがありますから、不必要な機能とか、過大な業務仕様で見積もっていることがよくあります。
発注側が分かる言葉で、しつこいくらいにSEに業務仕様などの説明を求めましょう。

私は、そういうお客様にSEとして鍛えてもらいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>SEは技術的には発注側より優位ですけど、業務的には分かっていないところがありますから、不必要な機能とか、過大な業務仕様で見積もっていることがよくあります。

これは本当、ありますねえ。というか、うちの職場に来てるSEは、専門知識があるからと先生気取りで態度がデカいですね。カタカナ専門用語も無神経に使うし、ちょっと質問攻めとかしてみた方が良さそうですね。

お礼日時:2012/08/16 21:20

現役SEです。



まずはあなたがこれから交渉を行い、開発されるであろうものについて、重要度を整理すると良いと思います。
上の役職の方や、システムを実際に利用(または提供)する社員の方から色々要望などがでていると思いますが、それを一旦整理するのです。

たとえば、
・必ず指定した形で実現しなければならないこと
・実現方法は問わないが実現しなければならないこと
・最悪、その機能がなくても業務(または本来目的とするもの)は実行可能なこと
・必ずしも必要ではないが、あれば便利だろうと思うこと
といった形で考えてみてはいかがでしょうか。


要望を伝える際に、上記がなるべく切り分けてあれば、システム構成等について必要以上の提案もしなくて済みますし、見積の精度も上がります。

社内SEの方ではないので無理強いはできませんが、技術の内容や価格を中心に考えると、トラブルの発生率は格段に上がります。
価格については他の会社の価格と比較するのではなく、費用対効果としてどうかをまず考えてください。


また、SEとのやりとりとしては、
「技術的に難しい」 ⇒ 他にどのような形なら(やりたいことを)実現できるのか?できないことは何なのか?
「その開発期間では難しい」⇒ その開発期間ではどこまで実現できるのか?
といった形で進めると前進すると思います。


今回は複数会社への見積を依頼はないとのことですが、今後もしそのようなことがあれば、以下ご参考ください。

No.1の方のやり方を否定するつもりはありませんが、
>こちらは、「おたく高いよ!」とか「よそではもっと短期間でやれるそうだよ」って言うだけで、再提案を持ってくると思います。
と「言われただけ」で再提案を持ってくるような開発会社は、要求分析も見積も大雑把であろうと思います。
複数会社との交渉時は、何故「安い」のか、何故「短期間でやれるのか」を聞き出して、相手に対して伝えて再見積を依頼すると良いでしょう。

特にオリジナルなものを開発する場合は、商品を仕入れて売るのとは違います。
(量産車でなく1点物のスポーツカーを作るようなものです)
分析や目指す製品のレベルが異なる場合がありますので、あまりに無茶な要求をすると逆に相手に理解が低いと見透かされることもあります。

無理な値切りや工期圧縮を行えば、必ず品質の低下につながります。
最初に書いた切り分けができていれば、「XXの機能は今回は見送る分安く」「「XXはこのような代替案で工期圧縮を」と、具体的な提案ができます。


あくまで開発者側からの視点ですので、見当違いなことがありましたらご容赦ください。

質問者さんのプロジェクトが成功することをお祈り申し上げます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり、こちらの要望などを整理して、根気良く交渉することに尽きそうですね。

お礼日時:2012/08/16 21:18

社内SEはいないのでしょうか?


社内システムなどの開発を外部へ依頼する場合には社内SEが主導で行うのが普通です。
SEと交渉ができるのは同じSEだけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>社内SEはいないのでしょうか?

現状、いないと言っていいですね・・・。んで、SEとの交渉も、管理部門のどっか(本当に「どっか」です)がその場その場で行うという感じで、ロクに分からないまま交渉しSEの言い分を飲まされている感じですね。社内SEまで行かずとも、システムの交渉が出来る専門人材が必要そうです。

お礼日時:2012/08/16 00:29

確かに専門家の言うことが理解できなかったり、言い分を飲まされてしまう可能性はあります。



それをできるだけ無くし、適正な提案内容にさせるには、競合させるしかありません。

複数の開発会社に対して同じ提案依頼書(RFPと言います)を渡して提案をしてもらうのです。

複数社に依頼していると伝えればお互いに競争意識ができるので、滅多な提案は持ってこれないと思います。

こちらは、「おたく高いよ!」とか「よそではもっと短期間でやれるそうだよ」って言うだけで、再提案を持ってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、具体的に他所と比較してみるのは効果的でしょうね。
・・・と、回答していただいておいて失礼ですが、どうも私の職場では、それは難しそうなんです。一つのシステム開発会社と依存関係が強くて。ただ、やっぱり第三者に見てもらったり比べたりするのが良いんでしょうね。

お礼日時:2012/08/16 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基幹システムの改修費用の交渉について

恐れ入ります。

当社で利用している基幹システムがあるのですが、担当している開発会社様にいくつかの機能改修を依頼したところ、今までよりかなり高い改修費用で見積もりが来ました。
びっくりして確認したところ、開発会社側で当社のシステムに熟知していたエンジニアが退職したことにより違うエンジニアが対応することになったためだそうです。また、今まではその熟知したエンジニアが特別価格で改修をしてくれていたが、今後はその会社標準の改修費用になるということでした。

私(及び当社)としてはそんな開発会社側の都合、及びエンジニアのスキルで費用が変わるというのは納得がいかないということで向こうに返して再見積りを依頼してます。

お聞きしたいのは、
・システム改修において、こうした開発会社側のエンジニアのスキルで費用が変わるというのは普通な話なのでしょうか?
・この件で念のため開発会社との契約内容も確認したほうがいいかと思いましたが、契約書には普通、改修費用の基準について記載があるものなのでしょうか?
・このような場合に備えて、改修費用についてやシステム開発の契約について分かりやすい説明があるサイトがあれば教えてください。

すみません、当方システム担当になってまだ間もないので、一人時??というところから勉強しているレベルです。

的外れな内容等あったら申し訳ありません。
また、不足した情報がありましたら追加いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

恐れ入ります。

当社で利用している基幹システムがあるのですが、担当している開発会社様にいくつかの機能改修を依頼したところ、今までよりかなり高い改修費用で見積もりが来ました。
びっくりして確認したところ、開発会社側で当社のシステムに熟知していたエンジニアが退職したことにより違うエンジニアが対応することになったためだそうです。また、今まではその熟知したエンジニアが特別価格で改修をしてくれていたが、今後はその会社標準の改修費用になるということでした。

私(及び当社)としてはそんな...続きを読む

Aベストアンサー

No4だけではあまり参考にならないと思うのでちょっと追加です。

今回改修するポイントが複数あり、かつ見積もりは一括でいくらともらっている場合には、個々の改修するポイントごとの費用を確認してください。

その上で、この改修にはそこまでかからないのではないかと改修するポイントごとに交渉するなり、費用の割に効果の低い改修ポイントがあったら「そこはやらない」として、そこの部分の費用をカットしてください。

Q仕様書?設計書?要件定義書?

仕様書・設計書・要件定義書、これらの違いがいまいちパっとしないのですが、どう言う違いがあるとかんがえたらよいのでしょうか?

要件定義書は顧客の要求をまとめたもので、それに基づき作成するものが仕様書と理解していますが、仕様書と設計書の違いとはどのような違いでしょうか?
境界の目安がわかればおしえていただけるでしょうか?
また、システム設計書と外部設計書の違いもいまいちわかりません。

教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

要件定義書は、顧客の要望をまとめたものです。ヒアリングをしながら開発側が作っていってあげるケースが多いですが、顧客が作る場合もあります。乱暴な言い方をすれば、できるかできないかはおいといて、とにかく顧客の「こうしてほしい、こういうのがほしい」をまとめたものです。
仕様書は、要件定義書に基づいて(他の情報や調査結果も使いますが)システムがどういう稼動環境下でどのような機能を具備するかを定義したものです。費用や時間、背反する要件などを詰めていって、結局、「こういうのを作ります」をまとめたものです。
設計書は、仕様書に記載されたものを、具体的にどう作るかを記述したものです。きちんとした顧客ならちゃんとチェックしますが、主に作り手が必要とするものです。
システム設計と外部設計は、開発するシステムの内と外ですね。外部設計書は、そのシステムが外部とどういう関係をもつかを記したものです。どのような業務の流れの中で、どのように使われ、他のどういったシステムと連携をとるのかということです。ここをきちんと詰めておかないと実業務で役に立たないシステムになってしまいかねません。
…と「読んで字の如く」的な説明をしてしまいましたが、お役にたてたでしょうか。
なお、shikakuhonpoさんのご指摘の通り、実際には会社によって定義が違うので、毎回、きちんと確認し、関係者間で定義を明確にしておかないとトラブルになりかねないので注意してください。

要件定義書は、顧客の要望をまとめたものです。ヒアリングをしながら開発側が作っていってあげるケースが多いですが、顧客が作る場合もあります。乱暴な言い方をすれば、できるかできないかはおいといて、とにかく顧客の「こうしてほしい、こういうのがほしい」をまとめたものです。
仕様書は、要件定義書に基づいて(他の情報や調査結果も使いますが)システムがどういう稼動環境下でどのような機能を具備するかを定義したものです。費用や時間、背反する要件などを詰めていって、結局、「こういうのを作ります...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Qベンダー、SIer、システム開発会社、ソフトハウスの違いを教えて!

ベンダー、システムインテグレータ(SIer)、システム開発会社、ソフトハウスの違いがよく分かりません。教えてください!

たとえばマイクロソフトはどれに当たるのかなど、
有名企業を例に挙げていただくとイメージしやすいかと思います。

Aベストアンサー

# 有名大手は規模が大きすぎて部門/グループ会社ごとに別の側面を持ってます。
# 質問者さんがその会社のどの情報を持っているか(いないか)で
# 例に挙げた企業のイメージがまったく異なりますので、
# かえって誤解させる可能性が高いと思います。
#
# 一般には単にIT企業として有名だが、SIer部門も業界では有名で、
# ソフトウェアベンダ部門も一部に有名で、ハード部門からサービス部門からいろいろ持ってて、
# ソフトハウスなグループ会社もあり、違う会社もあり…。


(ソフトウェア)ベンダー≒ソフトハウス
システムインテグレータ(SIer)≒システム開発会社

ソフトハウスってのは一般にソフトウェア開発専門/メイン(自社製品/受託)の会社。

「○○ベンダ」は○○の提供元のことで、多くのソフトウェアベンダは
自社開発したソフトウェア製品を販売してる(この場合、見方を変えればソフトハウスの一種ともいえる)
まぁ他社製品の販売だけの販売代理店もベンダの一種ですが。

システム開発会社はシステムインテグレータ(SIer)と同義かと。
「お客様のシステム」を設計して開発して支援するのがお仕事。
ソフトウェアは本来そのための部品であって、通常は
ハードウェアやサポート等を含めたソリューションを提供する。

# 有名大手は規模が大きすぎて部門/グループ会社ごとに別の側面を持ってます。
# 質問者さんがその会社のどの情報を持っているか(いないか)で
# 例に挙げた企業のイメージがまったく異なりますので、
# かえって誤解させる可能性が高いと思います。
#
# 一般には単にIT企業として有名だが、SIer部門も業界では有名で、
# ソフトウェアベンダ部門も一部に有名で、ハード部門からサービス部門からいろいろ持ってて、
# ソフトハウスなグループ会社もあり、違う会社もあり…。


(ソフトウェア)ベンダー≒ソ...続きを読む

Q打ち合わせ相手に弊社まで来てもらう際の例文

ビジネスメールの例文で質問です。
打ち合わせ(商談)のアポを取り付ける段階で、
相手に弊社まで足を運んでもらって打ち合わせを行う、という場合に、
「ご多忙の中わざわざ足を運んでいただいて大変恐縮です」という旨を述べたくて、
ネットで例文を探していますが、なかなかしっくり来るものがありません。

良い言い回しはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

人事で採用や教育研修など実務を担当してきた者に過ぎません。

ビジネスマナーなどの研修も行ってきましたが、さすがにそこまで事例としてあげたことはありませんでした。

相手方に対する足を運ぶことと、多忙というポイントであれば、さらにシンプルな方が賢明かと思います。
仮に本体はabsolute1780さんが先方の会社に訪問するのが筋だと仮定した場合ですが。

「本来弊い社が訪問させていただくところ、ご多忙にも関わらずご足労いただき、誠に恐縮でございます…」

上記が大正解とは思いませんが、「ご足労」という表現もあります。

参考程度にでもなれば幸いです。

QSE単価の妥当性について。

SE単価の妥当性について。
ある都市の地方公務員をしているものです。
来年度にシステム改修をしようかと考えています。(開発期間は3ヶ月程度)
予算要求するために現在のシステム開発業者に見積書をとりました。(随契予定)
この見積書に記載されているSE単価の妥当性を客観的に説明できる方法をどなたか
教えていただけますと助かります。
(例・○○積算表に記載されている単価よりも見積書の単価のほうが低ければ
要求金額は妥当であるなど。)

Aベストアンサー

SE会社の労働分配率を60%とし、その会社のSE稼働率を8/12とします。

SE氏の平均給与を月給50万円としたばあい、退職金が無い会社の場合、会社の人件費は
50万円x115%x12カ月=690万円
となります。
ここで115%の15%は会社が負担する厚生年金、健康保険、雇用保険です。
ボーナスのある会社、退職金のある会社に発注しようとする場合は、
690x1.2x1.1=911万円。
1.2は年間に2.4カ月分のボーナス支給。
1.1は360カ月勤務して36ヶ月分の退職金。

次に労働分配率が60%ですから、911万円の人件費を支出するために必要な金額は、
911÷60%=1518万円となります。

最後にこの会社の年間稼働率(課金率)を8/12としましたので、
年間1518万円を8か月で請求しなくてはなりません。
1518万円/8か月=189.8万円

月額で約190万円が妥当なSE単価となります。

なお、労働分配率は地元の小さな会社であれば70%以上の場合もありますし、東京に本社を構えた全国規模のSE会社の場合であれば、労働パイ率は50%を切ることもあります。納税者負担の軽減をかんがえると地場の中小・零細会社に発注す努力をしてください。

また、年間稼働率は、もし発注のプロジェクト期間が12カ月以上であるばあいには、短期的に12/12=100%の稼働率になることもありますので、交渉条件となります。今回は3カ月だけの稼働ですので、8/12程度の稼働率をみるのが妥当でしょう。

ご参考になればと思い、、、、。

SE会社の労働分配率を60%とし、その会社のSE稼働率を8/12とします。

SE氏の平均給与を月給50万円としたばあい、退職金が無い会社の場合、会社の人件費は
50万円x115%x12カ月=690万円
となります。
ここで115%の15%は会社が負担する厚生年金、健康保険、雇用保険です。
ボーナスのある会社、退職金のある会社に発注しようとする場合は、
690x1.2x1.1=911万円。
1.2は年間に2.4カ月分のボーナス支給。
1.1は360カ月勤務して36ヶ月分の退職金。

次に労働分配率が60%ですから、911万円の人件費を支出するため...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q派遣プログラマーの月単価はいくらぐらいなのでしょうか

とあるソフト開発会社から派遣されている者です。実務経験は満2年強ほどです。ウチの会社が私を派遣することによって、派遣先の会社からいくら貰っているのか、気になるようになりました。しかし、なかなか聞く機会も勇気もありません。派遣プログラマーの一般的な単価はいくらぐらいなのでしょうか。知っておられる方いらっしゃいましたら、どうか教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地域(東高西低)習得言語や会社の力関係、仕事内容によって変化しますが、我が社の近辺は駆け出しのPGで@35万~ですね。これ以下では、諸経費や交通費を考えた場合にアシが出ますので…。

質問者の方は2年強なのでSE作業に携われるとも思えませんし、べら棒な金額になり得ないと考えます。かと言ってぺーぺーのような安い金額ではないと思います。勘で@50万±10万辺りではないでしょうか?

過去に東京で有名メーカーのシステム開発の算出根拠となる単価を聞いた事があります。PG=@100万、SE=@130万でした。正直、そんな金額でメーカーにシステム依頼をしている顧客が可哀想になりました…。

QIT業界の営業とSEならどっちが良いと思いますか?

文系の大学生です。
IT業界の営業とSEで迷っています。明日までに決めなければなりません。
SEの場合ほとんど上流の仕事をするそうです。
業界は流通や製造や金融など幅広くあって、どこかに配属されます。
営業はシステムを売り込むんだと思います。

どっちが良いと思いますか?
つらさ、楽しさ、将来の自分の価値、などで判断したいと思っています。
実際に営業かSEやってる方、アドバイスください

Aベストアンサー

どっちが良いという以前に、どちらならあなたがやれるか・やりたいかを考えるべきではないですか?

SEで上流の仕事というのは会社によっても違うでしょうが、システムを構築・設計する仕事でしょう。
当然、プログラミングの知識も必要ですし、機器構成の知識も必要。
営業が聞いてきたクライアントの要件を、噛み砕いてシステム設計できなければなりません。
できるんですか?やりたいんですか?

営業も自社製品を売り込むだけでは無く、クライアントの要件がカスタマイズで可能なのか、すべてをオリジナルで作るべきなのかある程度は判断できなければなりません。
でも、必要があれば技術者に確認すれば良いだけの話。
コミュニケーション能力が重視されるでしょうね。
できるんですか?やりたいんですか?

やり甲斐をどこに見つけるか、は人によって違うでしょうが、興味の無い仕事に長く勤めるのは辛いですよ。

Q業務アプリ系は何を含まれるですか?

私はウェブプログラマーですが、会社での小さいなセーリングシステムが自分で設計し、開発したんですが。
最近は転職サイトに回って、「ウェブ系の業務アプリ系プログラマ」という単語がでて、そのなかの「業務アプリ系」の意味はよくわからないです。
この「業務アプリ系」はいったい何の意味ですか?
あとは、何のスキルを持ってたら、この「業務アプリ系」という仕事をやってできるんですか?

私はいつも一人で開発ですから、ASP.NET-C# も3年続けましたけど、こういう単語はよくわからないです、わかっている方はぜひ教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金融機関系(銀行や証券)のシステムの場合ですが、
仕事の内容は「インフラ」「業務アプリ」「運用」
に分かれています。

「インフラ」:ネットワーク、DB、マシン構成の決定
「業務アプリ」:プログラム開発
「運用」:システムの運用・保守


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング