今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ガーデニング未熟者です。
十分に花を咲かせるために最低限必要な鉢の大きさ(深さ、広さ)が分からず困ってます。

鉢のサイズに合わせて根を整理してやれば普通に育てられるのか?
それとも花芽がつく前の段階で、もう根がいっぱいになってしまうような植物なのか?(鉢を大きくするしかない)という判断ができません。

というのも、細長いプランターにラベンダーデンタータを植えてました。
隣に植える花が決まってなかったので、ポツンと1人で。
ある程度の大きさからびくともしなくなり、花芽も一向につかない。
しまいには元気がなくなり、掘り起こしたら、鉢の深さはまだ少し余裕があったものの、隣の空きスペースまでびっしりと根を伸ばしてました。
奥行きが細いために、そっち方向に根が伸ばせず窮屈で元気がなくなってきたのか?と。

広く浅く張るから、径が大きめの浅鉢
広く深く張るから、径が大きめの深鉢
まっすぐ深く張るから、径はそこそこの深鉢

いろんな花について、こういったことが書いてあるサイトをご存じないですか?
リストのようになっていると助かります。

もしくは・・・買った苗の根を見て判断がつくのであればポイントを教えて下さい。
細いのが絡み合ってるタイプ
細いのがホウキみたいにワサッとしてるタイプ
小枝みたいに太いのが何本か出てるタイプ
は、こういう根の張り方をする事が多い、といったポイントがあれば。


あともう一点。
寄せ植えの場合も、こんもりとたくさんの種類の花を植えてらっしゃる方がいますが
中で根が窮屈になってないのでしょうか?

まだまだ未熟なので、盛大な寄せ植えは考えてませんが
例えば根が広く張るもの同士を合わせてしまうと、地中で絡み合って、近いうちに枯れるのでは?

それとも、寄せ植えってワンシーズン咲いたら全部廃棄、くらいの覚悟でやってらっしゃるのでしょうか?
(一部だけ成長に合わせて途中で植え替え、というのが難しそうなので)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>十分に花を咲かせるために



一般的に植物は自分が窮地に達すれば花をつけます。
子孫を残すために頑張ります。

鉢植えであれば、根詰まりを起こさせる。
水を極限まで控えるなど。

突然成長が止まったとかなら、水のやりすぎで根腐れを
起こしたとか。質問の内容から、たぶん大きめの鉢に
植えてあったのでしょう。?
大きめの鉢で植物はぽつんとひとつですから、そんなに
鉢土も乾かないでしょう。
そこに毎日お決まりのように水をやるから根腐れを起こす。
鉢の大きさなどは、その植物の大きさとバランスが
とれていれば良いのですが。

>いろんな花について、こういったことが書いてあるサイト

これはご自分で育てている植物名を入力して
ご自分で検索してください。
但し、見つかったとしてもそこの説明通りには水やりは
しないでください。 水やり3年とも言いますが、
鉢土の乾き具合は、環境条件で大きく変わってきます。
ご自分で確かめて、「植物と話し合って」決めてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

水やりのメリハリについてはよく書かれてありますが
根詰まりを起こさせる、とは荒治療ですね!
翌年の春に新芽が出て来ない事態になりかねないので、見極めが難しそうですが。

ラベンダーは根は腐ってませんでした。
横幅は大きいけれど、奥行きは15cmくらいです。
空き地部分にまで根が張ってるとは思わず、そっち側はあまり水をやってませんでした。
多少染みてたとは思いますが。

花の名前で検索しても、一般的な育て方しか書いておらず(水やりとか日照とか)
意外と根の張り方については書いてないです。
個人のブログなどで、たまたま書いてあるのを発見したりしてますが
探し当てるのは運みたいなもので大変なので、どこかそういうサイトはないのかな?と思いまして。

お礼日時:2012/08/16 22:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の基礎を掘り起こす樹木は?

よく家の周りに樹木を植えると根で基礎が掘り起こされて家が傾くと聴きます

しかし、樹木も種類があり根が細かったり浅かったりと思います

その反面、実際に家の基礎を動かすほどの樹木ってあるのかと思い投稿しました

単純に考えてクスノキや杉など大きくなる樹木が駄目なのだろうと思いますが素人考えですし

詳しい方がいましたらお知らせ下さい

Aベストアンサー

樹木が植えられている場所にもよりますが、家屋と樹木が近くに植えてある
場合は根によって基礎が浮き上がったり、場合によっては基礎を壊す危険も
十分に考えられます。

樹木の種類には家の庭向きから街路樹向き、公園や神社等に向いている種類
もあります。ほとんどの人は後の事を考えず、見た目重視で庭に樹木を植え
られています。そのため根が張り過ぎて何らかの支障をきたしてしまうので
す。人によって好みはさまざまですが、植える時は生長して大きくなった時
の事を考えて、植えるようにした方がいいかと思います。

一般的に多く植えられている松ですが、これは根の張りが強いので、場合に
よっては家屋の基礎まで入り込む事は十分に考えられます。
あまり家庭では植える人が少ないのですが、ケヤキやクスノキ等も根の張り
が強いです。背丈が高いので、どうしても根を広く張らないと強風で倒れて
しまいます。そのため根を四方八方に張ってしまうのです。

樹木には直根性とホフク性の2種類があります。直根性の樹木は地中深くに
根を張ります。ホフク性の樹木は地中深く根を張らずに、横根を張ります。
大きく分ければこの2種類でしょうかね。

ヤマモモは横に広く根を張りますが、家屋から離れた場所なら問題がありま
せん。モチノキも同じです。生長しても3m以下の樹木でも横根を張る種類
はありますが、極端に基礎を壊すほど威力がある根を張る事はありません。
要は家屋の近くに樹木を植える時は、出来るだけ低木にし、家屋から離れる
にしたがって背丈が高くなる樹木を植えることが基本です。

それと中低木や高木に限らず、ガス、水道、雨水の配水管、下水管等が埋め
られている時は、絶対に樹木は植えない事です。
生長したら根が近くまで張り出しますから、後で配管を移動させる事になる
と余計な経費を出費する事になります。

樹木が植えられている場所にもよりますが、家屋と樹木が近くに植えてある
場合は根によって基礎が浮き上がったり、場合によっては基礎を壊す危険も
十分に考えられます。

樹木の種類には家の庭向きから街路樹向き、公園や神社等に向いている種類
もあります。ほとんどの人は後の事を考えず、見た目重視で庭に樹木を植え
られています。そのため根が張り過ぎて何らかの支障をきたしてしまうので
す。人によって好みはさまざまですが、植える時は生長して大きくなった時
の事を考えて、植えるようにした方がいいか...続きを読む

Q深く根をはる植物

家の敷地内に崖があり、雨のたびにがけ崩れが心配です。
深く根をはる植物を植えようと思っています。背の高い木はわりと埋まっているのですが、背の低い植物で、土の露出している部分を埋めたいと思っています。背の高い植物、そして低い植物ともに、根を深く、広く張る種類を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。専門家ではないのですが、良かったら参考にして下さい。
 背の高い木ではブナの木はどうでしょうか。以前崖崩れの映像をニュースで見た事があるのですが、杉や檜などの木がズルズルっと土ごと流されてました。それを見るとそんなに深く根が張ってない印象を受けました。ブナ等の木を切って、杉や檜をばっかり植えるので土砂災害が多いとも聞いた事があります。ブナの木が売られているかは分かりませんが。
http://www.bunawouerukai.jp/bunatte/02_buna.html
 背の低い植物としては、道路の法面なんかを覆っている植物で、わざわざ業者が植えているのは、根が張るのではないかと検索してみましたらヒメダイワレソウという花が法面に適しているそうです。またチガヤという植物も土壌の保全に適しているようです。
http://www.nakajima-kikai.com/tabid/615/Default.aspx
http://www.skr.mlit.go.jp/yongi/syokusei/kaisetsu/chigaya_himejyon/
 根深いかは分かりませんが、一度生えるとやっかいなスギナも地下茎でドンドンはびこりますし、ミントもすごいです。
 ご参考までに。

 こんにちは。専門家ではないのですが、良かったら参考にして下さい。
 背の高い木ではブナの木はどうでしょうか。以前崖崩れの映像をニュースで見た事があるのですが、杉や檜などの木がズルズルっと土ごと流されてました。それを見るとそんなに深く根が張ってない印象を受けました。ブナ等の木を切って、杉や檜をばっかり植えるので土砂災害が多いとも聞いた事があります。ブナの木が売られているかは分かりませんが。
http://www.bunawouerukai.jp/bunatte/02_buna.html
 背の低い植物としては、道路の法...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q花壇の土の入れ替え方

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。
掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。

既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、
また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。

また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。
あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。
7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。
かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。

手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、
大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、
そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。
堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。

一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。

底の方の小石は排水のために故意に入れています。
あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。
情況から見れば良心的な施工だと思います。

植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。
季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。

また、土は必ず酸性に変わってきます。
消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。
これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。(ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる...続きを読む

Qオルトランの人体への影響

 10数年前のパソ通時代さるフォーラムでも話題に上がっていたオルトランの人体への影響ですが、当時から漠然と薬害を理解していたに過ぎませんでした。

 最近の汚染米の問題からメタミドホスがにわかに世間に知れるようになり、農薬のオルトラン主成分のアフトラキシンが体内でメタミドホスへ変化することがおぼろげながら理解出来るようになりました。
 http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-105.html

 これまでもオルトラン粒状を、家庭菜園で野菜の播種後の発芽後に焼香程度土壌表面に使用していますが、近隣の菜園ではキャベツの青虫駆除として直接この粒状を散布しているのも見かけます。

 数年前オルトランメーカーに、この直接散布での人体への影響を質問したことがあります。回答は「悪影響があれば国が認める訳がありません」でした。

 実際オルトランが本当にどれほどの影響があるのか、その真実を知りたくアドバイスをお願いするものです。

Aベストアンサー

100%影響がないとはいえませんね。

じぶんはずいぶん前に使いましたがよく喉がへんな感じになってました。それ以来使ってません。

影響がないといってもそれは現時点での話しということですよね。未来永劫影響がないとはいえないのではないですか。なんせ農薬の技術から”科学兵器”が作られたりしていますからね。

だから害虫退治はニームオイル。病気には木酢液などをいまは使っています。

Qオルトランの効果、使用法?

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより飛び散らないような感じがするんで、効果は多いでしょうか?(スプレーはほとんど、空中に捨ててしまうイメージがあるんですが、、、?)

※あと、既に、きんもくせいなどは、完全に新芽がゼロの状態までひどく、葉巻虫にやられました(こんな状態で駆除をして意味はあるでしょうか?夏にむけて、まだ、新芽はでてくるんでしょうか?)。

レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。

あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか?

あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか?

すいません、宜しく、ご教示ください。

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより...続きを読む

Aベストアンサー

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。
スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。

オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります
から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし
まう事もあります。

薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ
て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。
樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が
出来ないと法律で厳しく制限されています。

薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用
します。ダインは一種の糊です。
散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま
すから、気にしないで散布して下さい。

オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム
手袋を着用して作業をして下さい。
原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨
が降る時は延期をします。
散布時間は朝か夕方の何れかに行います。

もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。
葉が全て食われても散布は行って下さい。ハマキムシの肉眼では見えない幼虫
が潜んでいます。

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。...続きを読む

Q庭の土壌改良方法

昨年家を新築しました。
建てた場所というのが元々は水田で、その上に1.5~2.0メートルほど土を入れた「埋立地」のような感じです。(埋め立てたのは自治体)
 家を建てるにあたり、道路と敷地が同じ高さだったので30cmほど山土を入れましたが、これがまた性質が悪いのです。雨が降ればグズグズ、乾けばカチカチでどう見てもガーデニングには向いていません。

 庭の部分は3m×20mで、うなぎの寝床状態です。昨年秋に庭を均して西洋芝の種を蒔き、本を見ながら水遣りと肥料と刈り込みを行ってきましたが、なかなか横に展開せず微妙にマダラ模様です(^^ゞ 
(芝の間からのぞいている地面の部分にコケが生えてくる始末です。)

最近、土壌改良に効果があるというので500倍に希釈した木酢液を撒いていますが、今のところ目に見えた効果は表れていません。
 あいている場所に植えた他の樹木も、根が張っていないのかあまり生長していません。HB101も使っていますが、根っこに固い土を掘り進むだけの力を与えきれていないようです(T_T)

 土を総入れ替えるのは大変そうですので、何かいい知恵がありましたら教えてください。

昨年家を新築しました。
建てた場所というのが元々は水田で、その上に1.5~2.0メートルほど土を入れた「埋立地」のような感じです。(埋め立てたのは自治体)
 家を建てるにあたり、道路と敷地が同じ高さだったので30cmほど山土を入れましたが、これがまた性質が悪いのです。雨が降ればグズグズ、乾けばカチカチでどう見てもガーデニングには向いていません。

 庭の部分は3m×20mで、うなぎの寝床状態です。昨年秋に庭を均して西洋芝の種を蒔き、本を見ながら水遣りと肥料と刈り込みを行ってき...続きを読む

Aベストアンサー

亀レスになりますが、根本的なところで思い違いされているようなので・・・

造園学では、砂と粘土の比率により、土を5種類に分類します。
>雨が降ればグズグズ、乾けばカチカチ
という性質から類推すると、この土は「埴土」に分類される土と思われます。
この土は、砂の割合が極端に少ないため、通気性・透水性がほとんどないため、
通常の植物の育成に「不適である」と分類されています。
これは、物理的な性質であり、木酢液やHB101などの薬品では改善できません。
ー根も酸素が必要ですから、通気性のない土には、植物は根がはれません。-

この土の改良は、一にも二にも土の内部に小さな空隙を作ることー団粒化ーです。
なぜ畑を耕すか?それは土壌の団粒化のためなんです。
砂や有機質の添加もミミズの育成も、目的は土の団粒化促進です。

通常砂をまぜて、空隙を確保するのですが、結構大変な作業になります。
素人でも簡単なのは、多孔質の素材を漉きこむ事ですね。
ホームセンターで、パーライトかパーミュキュライトを購入して、
土がグズグズのときに、まぜてみてください。
炭でもかまいません。
ー面積から考えて、最低でも数百L必要になると思いますが、価格的には
20L袋と木酢液1本と大差ないでしょう。-

有機肥料ー堆肥ー替わりに、米ぬかやモミガラを利用する方法もあります。
近くの農家やお米屋さんに、相談してみてはいかがでしょう。

参考URL:http://www.udinet.com/udihtm/hayawakari/isyotaihi/isyotaihi.htm

亀レスになりますが、根本的なところで思い違いされているようなので・・・

造園学では、砂と粘土の比率により、土を5種類に分類します。
>雨が降ればグズグズ、乾けばカチカチ
という性質から類推すると、この土は「埴土」に分類される土と思われます。
この土は、砂の割合が極端に少ないため、通気性・透水性がほとんどないため、
通常の植物の育成に「不適である」と分類されています。
これは、物理的な性質であり、木酢液やHB101などの薬品では改善できません。
ー根も酸素が必要ですから、通気...続きを読む

Q大きくなりすぎたミモザの木を小さくしたい!

3年ほど前ミモザの苗を植えました。 あっという間に成長し、いまでは2階のベランダに届いてしまいました。 庭の端に植えたため、隣家の車に葉や花がらなどが落ちかなり迷惑をかけてしまっています。
台風のときなど風が強いとかなり揺さぶられて隣の車に倒れたらどうしよう?!など不安になります。

いままでも何度も剪定はしてきましたが、もうすこし低くしたいのです。主幹を切った場合、枝は再生しますか? また、ミモザの寿命は短いと何かで見たのですが、何年くらいもつのでしょうか?

Aベストアンサー

 すごい成長力ですね。生育は旺盛と聞いていましたが、南東北の地元ではあまり見かけない樹木です。(ニセアカシアはあります。) ・・が栽培してみたい樹種のひとつですね。
 さて剪定の件ですが、結論から言いますと構いません。 ただし今の時期は駄目。
<その理由>
1.高温多湿であるため強剪定により幹焼けで最悪枯れないという保障はありません。(急激な環境変化は植物には大変なストレスになります。)

2.花芽が出来上がっているのでもう少し肉眼でもわかる程度に大きくなってから、花芽を確認しながらやるほうが来年の為です。(夏場に花芽は形成されます。)

>主幹を切った場 合、枝は再生しますか?
  問題ないでしょう。 かなりの生命力そして萌芽力があります。 他の樹木で言えばサンゴジュ以上かもしれません。 注意すべきことは切り口を保護剤で養生してくださいね。 剪定時期は休眠期か開花後です。(休眠期は花芽を確認しながらやりましょう。)
 
 

Q鉢植ライラックが咲かない(東京)

こんにちわ、よろしくお願いします。

東京23区内でベランダにて鉢植えのライラックを
4年ほど育てています。
とても元気なのですが、1~2度花をつけたきり、
咲かなくなってしまいました。
葉は元気です。

根に熱が伝わらないように10cmくらいのレンガの
上に置いています。
日光は良く当たる方だと思います。風通しもそれほど
問題ないと思うのですが、やはり暑い東京では無理が
あるのでしょうか?

ライラックが好きなので、何とかしたいと思って
おります。
何かアドバイスがありましたら教えてください!!(^O^)

Aベストアンサー

鉢の大きさや、ライラックの大きさが書かれていませんが、
植えかえはされていますか?
根の張る植物なので、2年に一度位は、植えかえが必要らしいです。

私@千葉が育てているライラックは、今年で6年になりますが、
毎年5~10房くらいは咲かせてくれます。
2年ごとに大きな鉢に植えかえ(スタート時直径30センチ位の
プランター、2年後にはホームセンターでやっと見つけた特大鉢、
今は1メートル四方くらいのコンテナです。これは、
さすがにまだ植えかえせずに済みそうです)
植え替えた年は(夏に花芽ができる=前年の花芽を作る時期には
根詰まり状態の為?)あまり咲きませんが、その翌年には
沢山咲きますので、やはり根の張り具合と花付きは関連があるような気がします。

夏場に、どうしても乾き気味になったりするのも、花芽形成に悪影響を与えているかもしれませんね。
照り返しを防ぐ為に、周囲がコンクリートだったら、木製スノコやウッドデッキパネルを敷き詰める、
などの工夫も有効だと思います。(コンクリート張りの
アパートの庭ですが、この工夫で元気に育つ植物がぐんと増えました。)

ライラック、花が開き始めると、周囲に甘い香りが漂って、素敵ですよね。
来年こそは、キレイに咲きますように・・・・!

なお、植えかえ適期は落葉中の初春ですが、根鉢を崩さず
そっと鉢増しするだけなら、今の季節でも大丈夫だと思います。

鉢の大きさや、ライラックの大きさが書かれていませんが、
植えかえはされていますか?
根の張る植物なので、2年に一度位は、植えかえが必要らしいです。

私@千葉が育てているライラックは、今年で6年になりますが、
毎年5~10房くらいは咲かせてくれます。
2年ごとに大きな鉢に植えかえ(スタート時直径30センチ位の
プランター、2年後にはホームセンターでやっと見つけた特大鉢、
今は1メートル四方くらいのコンテナです。これは、
さすがにまだ植えかえせずに済みそうです)
植え替えた...続きを読む

Q植え替えで鉢から抜けない(悩。

大型の観葉植物を植え返しようとしたら、根が張って全然抜けません。何か良い方法はないでしょうか?
また、土に混ざっている根(のクズ)は新しい植え替え鉢に混入させてもいいものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

大型の植物って何ですか?私は根が詰まってなかなか抜けないもの(ランなど)は、鉢が素焼き鉢だったら外から叩いて割ってます。植物の種類にもよりますが、生育旺盛で、どんどん成長するものは、鉢も根詰まりをおこすので、あまり肥料を与えないよう加減する必要があるようです。鉢がプラスチックだと割ることはできないので、一人に鉢をしっかり押さえてもらって、一人が力ずくで引っ張って何とか抜いてます(ちょっと大変ですが)。
何年も植え替えないままだと、土が固まって抜けないし、鉢だと限定された土量なので、数年経てば土の栄養分もなくなってしまいます。ですから、観葉植物でも2年に1回は植え替えをしています。それから、たまに土を割り箸などでつついてほぐすように、常に土が固まらないようにするといいと思います。

植え替えについては、2通りあります。
(1)土を全て新しい土のいい入れ替える植え替え
(2)鉢を一回り大きくする鉢増し

(1)は、鉢からとったら、土は鉢の形のまま固まってますが(根鉢)、この土を全て取り除いてしまわずに、2/3を取り、あとは根につけたまま、新しい土と一緒に植えます。多少の根クズなら混入させてかまいません。
ただし、根が傷んで根腐れしているようなら、痛んだ根は切って整理あして、根にくっついた全ての土を取り除いて、新しい土に植え替えます。
(2)の鉢増しは、取った根鉢は土は取らずにそのまま一回り大きな鉢に入れ、新しい土を回りに入れます。根の成長範囲が広くなるので、今までより大きく成長させたい場合は、鉢増しです。

大型らしいので大変でしょうが、自分で手を掛けた植物は、必ず持ち主の誠意に応えてくれます。頑張ってください。

こんにちは。

大型の植物って何ですか?私は根が詰まってなかなか抜けないもの(ランなど)は、鉢が素焼き鉢だったら外から叩いて割ってます。植物の種類にもよりますが、生育旺盛で、どんどん成長するものは、鉢も根詰まりをおこすので、あまり肥料を与えないよう加減する必要があるようです。鉢がプラスチックだと割ることはできないので、一人に鉢をしっかり押さえてもらって、一人が力ずくで引っ張って何とか抜いてます(ちょっと大変ですが)。
何年も植え替えないままだと、土が固まって抜けないし、鉢...続きを読む


人気Q&Aランキング