ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ネットにて確認したところ、
「愛の手帳」に有効期限はありません。ただし、18歳に達した場合は、更新の判定を受けて、手帳を書き換えていただくことになっています。
18歳未満の方の場合は、3歳・6歳・12歳に年齢更新の判定を受けていただくことになっています。
と、うたってありました。
「有効期限はありません」 しかし、「更新の判定を受けてもらう」・・・?
どういう意味なのでしょうか。理解出来ません。
例えば、10歳で申請して手帳を取得した、として、12歳になったとき、さらに、18歳になったときに、
知的障害に値するか、もう一度審査する、ということなのでしょうか。つまり、10歳で手帳を取得出来ても、12歳で、手帳返却ということもありうる、ということでしょうか。
仮に更新手続きを無視した場合、どうなってしまうのでしょうか。
もし、分かる方がいらっしゃれば、教えて頂きたく、何卒、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

療育手帳制度は法令上の根拠はない通知行政の産物であり、国が定めた「療育手帳実施要綱」を基本として、各都道府県・指定都市がそれぞれ独自に要綱等を定めて交付していますので、再判定についても全国統一の運用ではありません。



もともとの国の要綱では、「(年齢に関係なく)2年ごとに再判定を実施するのを原則とする」とされていますが、これをそのまま実施したのでは、判定件数が膨大なものになってしまって、実務上、とても対応できないので、各自治体とも、年齢が上がるほどに、再判定までの期間を長くするというアレンジをして実施しています。

うちの県の場合だと、「6歳未満は毎年、6歳~12歳までは2年に1回、13歳~18歳は3年に1回、18歳~49歳は5年に1回又は10年に1回、50歳以上は再判定不要」といった感じですが、東京都や関東各県は、18歳又は20歳以降は全て再判定不要という扱いにしているようです。
(人口が多いので、とても成人の判定までしていられないということでしょう。)

次期判定予定日を過ぎた手帳も失効はしませんので、次期判定予定日を過ぎてから再判定を受けた場合でも、手帳の新規交付ではなく、継続扱いになります。

ただし、次期判定予定日を過ぎた手帳で各種割引きを受けることができるかどうかというのは、それぞれの交通機関等事業主体の裁量次第であり、割引きが受けられないという可能性は高いです。

再判定で、重度から非該当に変わるというような極端な変化は普通はないですが、軽度が非該当に変わるとか、重度が中度に変わるなど、1ランク程度の変動は、結構よくあります。
    • good
    • 2

支援学校教員です。



#1の方が的確な回答されているので、蛇足ですが。

行政の「障がい」に対する考え方として「生活していく上で、困難がある場合、それを『障がい』と呼び、支援していく」と言うのがあります。

ですので「知的障がい」の判定時にも、発達検査だけではなく、保護者からの聞き取りなどで「その人がどれだけ困っているか」を判定の基準にしています。

>10歳で申請して手帳を取得した、として、12歳になったとき、さらに18歳になったときに、知的障害に値するか、もう一度審査する、ということなのでしょうか。

「知的障碍かどうか」を見るのではなく「生活に困難があるかどうか」を見るのです。

>つまり、10歳で手帳を取得出来ても、12歳で、手帳返却ということもありうる、ということでしょうか。

大変素晴らしい療育を受け、本人も自分の長所を十分に伸ばせば、可能性はあります。

>仮に更新手続きを無視した場合、どうなってしまうのでしょうか。

今まで、更新手続きをされなかった人に会ったことがないので、推測ですが「手帳を失効する」のだと思います。つまり、その手帳では支援を受けれなくなってしまうということかと。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。行政の障がいに対する考え方・判断基準がわかりました。有難うございました。

お礼日時:2012/09/02 20:19

東京都愛の手帳交付要綱という東京都民生局長通達(昭和42年~)があって、それが根拠です。


東京都だけで通用するものです。内容は、ネット上では一般公開されてません。
そもそも療育手帳のいろいろなきまりごとは各都道府県でまちまちです。何と、法律(知的障害者福祉法)には一字一句も定義されてません。

東京都の場合、この要綱で知的障害児・者の等級区分を定めてます。
重いほうから順に、1度から4度まであります。
ちなみに、等級区分も都道府県によってまったく違い、おとなりの埼玉県だと、重いほうから順に、マルA、A、B、Cです。
また、国はもともと厚生事務次官通達というものでガイドライン(療育手帳制度要綱)を定めたんですが、重度のAとそれ以外のBに分けることしか定めてません。

東京都の場合、1度から4度までのどこかの級にいったんあてはまったら、その後はずっと愛の手帳を持てます。
知的障害は生まれつきの障害ですので、いきなり治るようなことがないからです。
つまり、そういった意味で有効期限がありません。

けれども、その重さというのは、周りからの療育や教育とか福祉とかによって変わる、という考え方がされてます。
要するに、周りからきちっとサポートを受けると、成長とともに本人ができることが少しずつ拡がってゆくっていう考え方です。

そのため、まず、就学前(6歳前)と児童(6歳から17歳)と成人(18歳以降)とで、等級区分の認定基準を少しずつ変えてます(詳細は公開されてません)。
その上で、もうちょっと細かく分けて、保育所などにあがれる3歳のとき、学齢になる6歳のとき、中学校にあがる12歳のとき、とそれぞれチェックしてます。
これが、更新の判定です。

ちなみに、成人(18歳以降)の基準は参考URLのとおりです。
しつこいようですが、東京都でしか通用しないものなので念のため。

ということで、成長とともに手帳の等級は変わり得るという考え方がされてるので、等級変更の可能性をチェックするために、それぞれの年齢のときに更新の判定をしてます。
手帳を取り上げる(返させる)ためのものではないですし、知的障害を否定するものでもないです。
そうではなくて、周りからのサポートをどれだけ受けてどれだけ社会に適応できるようになってるか、ということを調べて、より適切な等級に割り当て直します。
なので、等級が軽くなるばかりではなくて、もしも不適応を起こしてたら、逆に重くなることだってあります。

この手続きを無視したとしても、正直、実害はありません。
というのは、行政っていうのは申請主義といって、こちらから動かないとなんにもしてくれないからです。
でも、うるさいことを言われないかわりに、かえって不利になってしまうことがあります。
所得税や自動車税などの減免とか、障害児・者福祉のいろいろな手当とか、成人だったら障害年金とか、そういうこととも絡んでくるからです。
なので、結局、きまりごとどおりにやっていただくのが無難ということになります。

以下、蛇足です。
ほかの都道府県ではまた別に、同様のきまりごとがあります。
さらに、その都道府県の中に政令指定都市とか中核市っていうのがあると、都道府県とはまた違う取り扱いがされていて、とてもややこしくなってます。
たとえば、おとなりの埼玉県だと、さいたま市が政令指定都市(都道府県同様の権限が与えられてる市)ですし、川越市が中核市(政令指定都市よりもちっちゃいけれど、一定の権限が与えられてる市)なので、埼玉県とは別にきまりごとがあります。

参考URL:http://www.city.minato.tokyo.jp/kenko/fukushi/sh …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き、有難うございます。
「東京都の場合、1度から4度までのどこかの級にいったんあてはまったら、その後はずっと愛の手帳を持てます。」と、「成長とともに手帳の等級は変わり得るという考え方がされてる。」では、多少相容れないものがありますが、、、例えば、4度で愛の手帳を持っていても、更新の際、非該当になってしまうことがあるのでしょうか、それとも、東京都の場合、4度あっても取得すれば、一生ずっと、愛の手帳を持っていることが、出来るのでしょうか。

お礼日時:2012/09/02 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q療育手帳の成人判定について教えてください

療育手帳の成人判定を受けられた方、またはご家族の方にご質問です
私は8歳のときに療育手帳の判定を受け4度(C2)、合併症なしと判定されました。
親が隠していたため、結婚前まで知らず、古い手帳のままですごしていました。ふとした経緯で知り、手帳の再交付を受けて現在の夫と結婚し、現在は専業主婦です。
現在通っている精神科の医師よりてんかんがあること、また現在の状況が変わる(重くなる可能性が高い)調べてもらうように進められて、年明けに判定を受けます。
その際に必ず保護者がついてくるようにいわれました。(私の場合は夫のみ)
夫は私の障害を理解してくれています。
成人判定の際に、保護者に聞かれることがあるようですが、どのようなことを聞かれるのでしょうか?
夫は正確に答えたいとかんがえてくれているので、聞かれそうなことをできれは知りたいといっています。
失礼な質問かとは思いますが、教えてください。

Aベストアンサー

成人であること、てんかんの既往症があることから、
療育手帳のほかに精神障害者保健福祉手帳の交付対象にもなりますが、
そちらのほうは、精神科医から説明を受けましたか?

てんかんは、療育手帳の交付では考慮されないのです。
「精神障害者」という言葉に抵抗を感じられるとは思いますが、
制度上やむを得ない現実ですから、それはご理解いただければと思います。

したがって、てんかんの状態次第では、
療育手帳ではなく、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けるように
すすめられる可能性が大きいかもしれません。

一方、療育手帳の成人判定(再判定)のほうですが、
一般に、20歳前に療育手帳の判定を受けて既に手帳を持つこと、
一定以上の知的障害の状態がいまも認められること、
というのが最低要件で、
てんかん以外の「何らかの知的障害の存在」が調査されるはずです。
社会性であったり、日常的な金銭管理であったり、
仕事が可能な状態であるかどうか、といったことなどです。

一般には、幼少のときに療育手帳の交付を受けると、
その後、障害がなくなることは考えられないので、
成人後も、引き続き療育手帳は有効と見なされます。
(つまり、療育手帳も精神障害者保健福祉手帳も同時に持てます。)

しかしながら、法的には児童に照準をあてた制度ですから、
先ほども記したとおり、
精神障害者保健福祉手帳や身体障害者手帳などの
成人のための制度の利用を考えてゆく、という方向になると思います。

いずれにしても、
てんかんの軽重、頻度・時間的な長さ、服薬・通院の有無はもちろん、
もともとの療育手帳の交付を受けたときの経過、
過去および現在の生活の状況、知的障害や社会性の程度、
日常生活上で知的障害のために何らかのサポート(家族以外から)を
必要とするか否か‥‥
などといったことを、事前にまとめておいたほうが良いでしょう。
 

成人であること、てんかんの既往症があることから、
療育手帳のほかに精神障害者保健福祉手帳の交付対象にもなりますが、
そちらのほうは、精神科医から説明を受けましたか?

てんかんは、療育手帳の交付では考慮されないのです。
「精神障害者」という言葉に抵抗を感じられるとは思いますが、
制度上やむを得ない現実ですから、それはご理解いただければと思います。

したがって、てんかんの状態次第では、
療育手帳ではなく、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けるように
すすめられる可能性が大き...続きを読む

Q療育手帳の再認定で、返却はありえますか?

検索も試みたのですが わかりませんでしたので、
よろしくお願いします。

B2の療育手帳を持った子ども(広汎性発達障害)
がいます。

当時、私(親)も、よく理解していなく、
手元に何も 判定の根拠の書類などがないのですが、
すれすれで交付されたようです。

その後、いい先生がたにご指導いただき、
心理的にも かなり、落ち着き、できることも増え、
会話も 双方向になっています。

再認定が2年ごとにあるのですが、
もし、再判定の結果、すれすれの少しだけ上のスコアだったら、手帳は、返さなくてはいけないのでしょうか?

障害があることは事実で、障害自体が治らないのに、手帳は返すということはありえるのでしょうか?

療育手帳を 返した人がいる、と聞いたことがある方はいらっしゃいますか??

Aベストアンサー

療育手帳は全国共通の制度ではなく、各都道府県が各々個別に運用しています。
言い替えると、国の法律(知的障害者福祉法や児童福祉法など)の中では何一つ定義されていませんし、また、知的障害の定義も、国の法律の中には示されていません。
このため、障害の区分(どこからどこまでを○級とする、といった定め)などは都道府県によって完全にまちまちですし、認定の基準も異なります。
たとえば、私がかかわってきた埼玉県では、重いほうから順にマルA、A、B、Cという順番になっています。
つまり、B2とかB1というのは無いわけですね。
ということは、「B2の療育手帳」について質問された場合、「これこれこうなる」という共通の答えはありえない、ということにもなるのです。
さらにやっかいなことに、同じ都道府県内で同じB2の人であっても、認定にかかわる判定員の主観や判定手法などで、再判定時の検査値(いわゆるIQ)が大きく変わってきてしまう、ということも起こります。
これは、それだけ「知的障害というものが曖昧な基準に基づいている」ということをも意味しており、国が法律で共通基準を作りたがらない理由の1つだと考えられています。

肝心の再判定についてですが、ある県では甘めに認定するのに、また別の県ではかなり厳しく見る、ということが頻繁に起こります。
ただ、だからと言って、再判定の結果、IQが規定のラインを満たさなかったからと言って機械的に療育手帳を返却させる、ということは、あまりありえないと思っていただいて結構です。
これは、質問者の方がおっしゃっていることそのものが理由で、「障害を持つことは事実である」「障害自体は不変である」ということによります。

それでも残念なことに、返却を求められる可能性はゼロではありません。実際に、療育手帳の返却を求められる方はいらっしゃいます。
行政の融通が利かな過ぎる、たいへんな悪例ですね…。
しかし、これは非常に稀な例ですから、一般的にはあまり心配をしないでも大丈夫ですよ。くれぐれも念のため。
なお、再判定に疑問を感じた場合には「判定をもう1度やり直してもらえませんか」と申し出ることが可能です。

療育手帳は全国共通の制度ではなく、各都道府県が各々個別に運用しています。
言い替えると、国の法律(知的障害者福祉法や児童福祉法など)の中では何一つ定義されていませんし、また、知的障害の定義も、国の法律の中には示されていません。
このため、障害の区分(どこからどこまでを○級とする、といった定め)などは都道府県によって完全にまちまちですし、認定の基準も異なります。
たとえば、私がかかわってきた埼玉県では、重いほうから順にマルA、A、B、Cという順番になっています。
つまり、B2...続きを読む

Q特別児童扶養手当と療育手帳の有無

5歳の発達障害児(公立保育園通園中)を持つ親です。現状は知的障害(2~3歳程度)、言語障害(有意な言葉は3語程度)、軽度な自閉症の可能性もあり、と複数の医療、福祉施設から診断を受けています。
このような状況は特別児童扶養手当の受給資格対象になるのでしょうか?また療育手帳の取得の有無は関係ないということですが、取得しておいた方がよいのでしょうか?(身体障害は無いので、たぶんB1級になると思います)
受給資格のボーダーラインの場合、役所担当者の裁量、医師の診断書の書き方で結果が違うという噂を聞き、心配しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元・障害児者福祉行政の関係者です。
まず、療育手帳(知的障害児・者)から触れますね。
療育手帳は、実は、法律(知的障害者福祉法や児童福祉法等)で定められたものではありません(したがって、何ら法律上には定めがありません。)。厚生労働省通知「療育手帳制度の実施について」に基づいて、都道府県の裁量によって交付されるものです。
そのため、障害等級区分や呼称、判定基準等が都道府県によってかなり異なります。
たとえば、私の県(埼玉県)では、重いほうから順に、マルA、A、B、Cと呼びます。順に、最重度、重度、中度、軽度に相当します。

知的障害児に対する特別児童扶養手当(以下、「特児」とします。)は、上記の再重度、重度、中度に相当する場合に支給されます。
法律上、療育手帳が交付されているか否かは無関係です。
もっとも、原則として知的障害者更生相談所(いわゆる都道府県立の障害者リハビリテーションセンターのことです。)での判定に基づいて特児の支給の是非を判断しますし、判定方法が療育手帳と共通している(但し、特児のほうが判定基準がかなり厳しい!)ので、このとき療育手帳が取得できるなら取得しておいたほうが良いと思います。
ちなみに、療育手帳は比較的簡単に交付されます。
一方、特児については、標準化された所定の発達検査(一般に、WISC-3や田中・鈴木ビネー知能検査等)によって判定されたIQ(知能指数)が45未満(注:50未満ではなく、45未満です。シビアになりました。)でなければ、まず該当しません。
なお、成人(20歳以上)では、特児に相当するものとして特別障害者手当というものがありますが、知的障害者の場合、最重度でかつ常時特別な介助・介護を要する者(強度行動障害等)にしか支給されません。

特児には1級と2級があります。
手元にある行政資料によると、1級が月5万2千円強、2級が月3万5千円強(金額が変わっているかもしれませんので、念のため。)。
8月(4・5・6・7月分)、11月(8・9・10・11月分)、4月(12・1・2・3月分)に、郵便局(記憶違いかもしれませんが、確か銀行はダメだったと思います。ご存知の方、補足をお願いいたします。)に振り込まれます。

気をつけなければならないのは、特児は障害児本人に大して支給されるものではない、ということです。「20歳未満の重度障害児(注:特児支給法で定める障害児)を養育している父・母又は保護者」に対して支給されるのです(これに対して、特別障害者手当は障害者本人に対して支給されます。)。
そのため、父・母又は保護者のある年(1~12月)の所得が一定額を上回る場合には、その翌年度分(注:特児では年度が8月分からスタートします。)の特児が支給停止になります。

後段、ボーダーライン云々の部分についてですが、これは全くそのとおりです(--;)。
特に、医師による診断書によって大きく左右されます。
たとえば、東京都内ですと、都立梅ヶ丘病院(児童精神科専門病院)や国立精神神経センター武蔵病院(発達障害専門外来があります。)の児童精神科専門医にかかるとガラリと違ってくる、とよく耳にします。

療育手帳さえあれば、所得税・住民税の障害者控除(但し、最重度・重度では特別障害者控除と言い、控除額<税額の軽減度>が大きくなります。)の対象になります。
そのほか、最重度・重度の場合に限って、自動車税・自動車取得税・軽自動車税が減免されますし、JR旅客運賃が半額(介助者も)になります。有料道路通行料も半額です。
なお、JR旅客運賃については、12歳未満で中度・軽度の人が介助者付添で利用する場合には、介助者の定期券代が半額になります(意外と知られていません。)。
言い替えると、中度・軽度の場合には、障害者控除以外のメリットはあまりないのが実情です。

場合によっては、@niftyの障害児教育フォーラムも参考になります。

元・障害児者福祉行政の関係者です。
まず、療育手帳(知的障害児・者)から触れますね。
療育手帳は、実は、法律(知的障害者福祉法や児童福祉法等)で定められたものではありません(したがって、何ら法律上には定めがありません。)。厚生労働省通知「療育手帳制度の実施について」に基づいて、都道府県の裁量によって交付されるものです。
そのため、障害等級区分や呼称、判定基準等が都道府県によってかなり異なります。
たとえば、私の県(埼玉県)では、重いほうから順に、マルA、A、B、Cと呼びま...続きを読む

Q東京都立永福学園について

40才の会社員(東京都内在住)です。息子は広汎性発達障害です。(現在中1)
最近、愛の手帳(知的障害者がもらえる手帳)の申請をしましたが、IQテストで基準の75点をわずかに上回り、77点のため、取得出来ませんでした。(普通児ならば、100~110点点ぐらいです)
まだ先の話とおっしゃる方もおられるかもしれませんが、、将来は、東京都立永福学園に何としても入学させたいです。(本人の希望も考えねばなりませんが、、、)
入学倍率は約2倍とのことですが、入学するためには、どのようなことをすればすればよろしいのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

大事なご子息の将来の事、大変ご心配のことと思います。

基本的なことを何点か確認させていただきます。

1 東京都の「愛の手帳」は根拠法令である「東京都愛の手帳交付要綱」によれば知能テストや発達検査で算出されるIQやDQのみで判断されるのではなく、対人関係などの社会適応能力、いわゆる「問題行動」等も加味されることになっています。ただ「愛の手帳」は希望に基づいて、知的障害児者を対象に交付されるものであり、知的障害は知能が低いことに重点を置いた概念ですから、IQ等によって把握される知能の高低以外の要因のウエイトが低いのは事実です。

2 IQ等はその方の絶対的能力を表すものではなく、実年齢に対するその方の知的能力の割合(指数)か同年齢集団の中でのその方の順位(偏差値)です。従ってその方の能力が向上したとしても、あるいは横ばいであったとしても、IQ等が低下することも、逆に上がることもあります。そのような上下は特に児童期では珍しくありません。ご子息のような広汎性発達障害や注意障害を合併している方の場合には、その傾向の改善によって(見かけ上の)IQが顕著に上昇する例も見られます。

3 従って、「愛の手帳」該当・非該当の理由の大きな根拠がIQにあるとしても、77という微妙な数字であるとすれば、数年後同様の理由で非該当になるとは限らないと言うことです。逆にご子息のコミュニケーション能力や注意集中が改善し、あるいは知的能力を司る中枢神経系の成熟が進んでますます非該当域に入っていくと言う事態もありえます。それは本来、ご本人にとってもご家族にとっても喜ばしいことだと思います。

4 1年後2年後を目安に再判定を受け、その点の確認をされるのがいいと思います。

5 想像するに、永福学園では卒業後の就労を目指して、技術指導だけではない広義の職業指導に重点が置かれるのだろうと思います。その場合の就労とは「愛の手帳」所持を前提とした障害者雇用をさしていると思われます。

6 従って永福学園在籍中に障害者雇用を前提とした就労が内定しているにもかかわらず、結局「愛の手帳」を取得できないという事態が最も難しい、避けるべき状況と言うことになります。

7 永福学園出願時までに手帳を取得できていないとすれば、どのレベルで非該当になったのかと、ご子息の成長の今後の見通しについて、信頼できる専門家、ご本人、ご家族で十分相談された上で、永福学園に出願されるかどうか決めていただきたいと思います。出願時、医療機関等の「知的障害と思われる」旨の意見書等を添付したとしても、だから手帳を取得できるとは限らないという点にご留意下さい。

8 永福学園という方向性は、よくよく調べお考えの上での選択とは思いますが、手帳取得が順調に進まない事態も視野にいれ、次善の選択も一応練っておく必要もあるように思います。居住地区との関係もあるかと思いますが、ご本人の適性とその学校との適合が第一と思います。

9 ご質問の趣旨とは少しそれましたが、あえて言えば「4」「7」が私としてのお答えです。

大事なご子息の将来の事、大変ご心配のことと思います。

基本的なことを何点か確認させていただきます。

1 東京都の「愛の手帳」は根拠法令である「東京都愛の手帳交付要綱」によれば知能テストや発達検査で算出されるIQやDQのみで判断されるのではなく、対人関係などの社会適応能力、いわゆる「問題行動」等も加味されることになっています。ただ「愛の手帳」は希望に基づいて、知的障害児者を対象に交付されるものであり、知的障害は知能が低いことに重点を置いた概念ですから、IQ等によって把握され...続きを読む

Q特別児童扶養手当が途中でストップ?

現在、3歳になる息子の精神遅滞により特別児童扶養手当を受給しております。
申請をしたのはちょうど1年ほど前で、その時は確かにほかの子に比べて著しく言語に遅れがあり、行動も含めてすべてが遅いなと自分も思ってましたので、夫婦で励ましながら受け入れて何とかやっていきました。

2か月に1回、「中等度の精神遅滞」と認定し診断書を書いてもらった医師に診てもらっていたのですが、いつになっても「まぁ様子を見ましょう」と言われ続けていました。

その間、保育園に入り、市からの援助により専属の加配の先生を付けてもらい、療育センターも週に1日訪問し、毎日を過ごす中で息子の成長が加速度的に速くなっていきました。

そうした中で、療育センターに時々来られるお爺さん先生(何千人と知能検査をやってこられた方で、知的検査のプロだそうです。)は「私にとって、知的障害のお子さんには見えない。この1年間を通してみてきたが、私の中ではもう判断を下している。息子さんは障害ではない」と言ってくださいました。
2歳児検診の時には「再検査」を言われていたのですが、3歳児検診の時には「うん、健康的に育ってるね」と言われました。
通っている保育園の先生からも最近、「他のお子さんと比べて著しく発達が遅れているようには見えないからもう一度診察してもらってみては?」と言われてます。
つまり、当初の医師以外からは「健常児」と判断されているのです。

それはそれでとても喜ばしいことなのですが、うちら夫婦には別の問題を抱えています。
妻は精神障害を患っており、ショックな出来事に耐えうる状況にありません。(1年前に子どもが精神遅滞と診断されたときは自分が有給を使い切ってそばにいて支えました)
万が一、妻が健常児だと期待を持ってしまった後に、再度医師に「やっぱり障害がある」と言われた時に同様のショックが起きます。
そのため、安易に「どうですか?」と聞きづらい状況にあります。
この1年間もほかの方々から、健常児では?と言われた時も自分は妻に「お前は余計な期待を持たなくていい」と冷たい言葉を言い続けてきました。

何より、診断当初から医者に対してのさまざまな不信感を持っていたこともあるので、今回もし「やっぱり健常児でした」といわれたとすると、腹立たしくて仕方がありません。
そのうえ、健常児であればあと1年間継続してもらえる特別児童扶養手当がもらえなくなる気がするのです。
医者のその診断一つに振り回されたら自分は怒りを抑える自信がありません。
慰謝料などもらえないのなら、もらえるものだけでも貰ってやりたいと悪い考えも浮かんでしまうのです。

仮に、5月に「健常児」診断が出た場合、即座に受給はストップするのでしょうか?
また、医者に対して何か不満を言うことはできないのでしょうか?

自分勝手なことで申し訳ないのですが、子供も妻も十分苦しんできました。それを傍で見てきて、一番苦しんでない自分が支えようと必死になってきました。
それがこんな状況になってきて、本来ならうれしいことなのに、今は怒りがこみ上げてしまうのです。

現在、3歳になる息子の精神遅滞により特別児童扶養手当を受給しております。
申請をしたのはちょうど1年ほど前で、その時は確かにほかの子に比べて著しく言語に遅れがあり、行動も含めてすべてが遅いなと自分も思ってましたので、夫婦で励ましながら受け入れて何とかやっていきました。

2か月に1回、「中等度の精神遅滞」と認定し診断書を書いてもらった医師に診てもらっていたのですが、いつになっても「まぁ様子を見ましょう」と言われ続けていました。

その間、保育園に入り、市からの援助により専属の加...続きを読む

Aベストアンサー

回答2でも書かれてますけど、特別児童扶養手当は有期認定です。期限があるのがあたり前です。
ただし、身体障害者手帳で再認定年月日の記載がある場合は、再認定年月日までが期限です。
また、療育手帳のときは、再判定年月日までが期限です。

なので、再認定の時期の特別児童扶養手当専用の診断書のほかに、身体障害者手帳や療育手帳専用の診断書を出したときにも、結果として、特別児童扶養手当がストップする場合があります。
通常、診断書の診断日(身体障害者手帳の再認定日、又は療育手帳の再判定日)の翌月分から、減額改定又は資格喪失(要は支給がストップ)になります。
回答2は、ちょっと説明不足ですね。

たとえば、有期認定で平成23年7月までの期限だったとします。
で、診断書の診断日が5月27日だったとしましょう。
特別児童扶養手当の再認定の審査の結果、1級から2級に下がったときは、7月を待たずに、6月分から減額です。
また、1級・2級から非該当になっちゃったときは、7月を待たずに、6月分からストップです。

ということは、もし、5月の日付で再認定・再判定の診断書が書かれたとすると、特別児童扶養手当の審査の結果でストップするとすると、翌6月分から止まります。
参考URLに細かく出てますよ。栃木県のものですけど、特別児童扶養手当は国の制度なので、ほかの県でも同様です。

ところで。
奥さんのことは、正直、手当のこととか診断のこととかとは、別問題ではないですかね?
あなたがちゃんと奥さんと向かい合って冷静・的確に伝えてないだけだと思うんですよ。感情的になっちゃったりしてませんか?(わざと冷たく言っちゃったり)
それに、まだ起こってもないショックをあれこれと悪いほうに想像しちゃってても、しょうがない気がするんですけど。

あと、医者に対する不信感はわからないでもないんですけど、でも、ほかの方も書いてると思うんですけど、やっぱり、子どもの成長や発達はポジティブにとらえて喜んだほうがいいと思いますよ。
医者に振り回されてわけでもなくって、むしろ、親御さんの心に迷いがあったり、手当をもらえることに甘えたい気持ち(たとえば、親御さんが仕事がうまくいかなくなって失業したりしたときなんかも)とかがあったりする、っていう場合もありますし。あなただけがそうだ、というわけじゃなくって、誰もそういう可能性があるもんです。
なので、もうちょっと親御さんがしっかりしないでどうします? 奥さんのせいとか医者のせいにしちゃいかんと思うんですけど。

参考URL:http://www.pref.tochigi.lg.jp/shogai/ssgr/100512/all.pdf

回答2でも書かれてますけど、特別児童扶養手当は有期認定です。期限があるのがあたり前です。
ただし、身体障害者手帳で再認定年月日の記載がある場合は、再認定年月日までが期限です。
また、療育手帳のときは、再判定年月日までが期限です。

なので、再認定の時期の特別児童扶養手当専用の診断書のほかに、身体障害者手帳や療育手帳専用の診断書を出したときにも、結果として、特別児童扶養手当がストップする場合があります。
通常、診断書の診断日(身体障害者手帳の再認定日、又は療育手帳の再判定日)の翌...続きを読む

Q障害者の施設入所の倍率や負担額を教えてください

結婚4年目の嫁の立場の者です。
夫の弟に知的障害があります。

今後夫の両親が弟さんの面倒を見れなくなった場合
私たちが面倒を見る必要があるのでしょうか。
施設にという話は夫と話しているのですが
そもそも入れるのか、お金が必要なのかがわかりません。
市役所なので聞きたいのですが曖昧なことしかわからなかったので
実際の現状を知る方がいればお聞きしたいです。

夫にも義理の両親にも弟さんの障害の詳細は教えてもらっていないので、
私にわかる範囲で弟さんの状態を書くしかないのですが
以下のような障害です。
・障害者手帳を持っていて公共料金は割引や全額免除がある
・知的障害のある人たちの働く作業場に所属している
(本人が行きたがらないことが多くあまり行っていない様子ですが)
・知能は小学生低学年らしい。漢字は読めません。
・普通に話すことはできる
・些細なことで日に何度か癇癪を起こし、暴れる。物を壊すことも多々あり
・トイレを自分ですることはできるが頻繁に失敗する。自分で掃除はできない
(自分で掃除できる知能はあると思いますが親がすべてやっています)
・盗み癖などで近所で何度か問題を起こしている

また、義理の両親の経済状態は以下です。
・義理の父親 定年後再雇用。年収300ほど。義理の母 専業主婦。共に65歳
・定年直前に新築を購入しローン生活中
・退職金はほぼ使い、貯金もあまりない状態だがお金使いが荒い習慣を変えられないらしい
・自分たちに介護が必要になったら施設にいれてくれと言われているが施設入所に必要なお金は貯蓄していない

このような状態です。

私たちは今幼い子供が2人いてこれからもお金がかかるため余裕がありません。
また、弟さんを引き取ることになった場合、
身の回りのことが一人でできない&子供へ危害を与える可能性がある
(子供が乗ったベビーカーを田んぼに落としかけたり、走る子供の足にオモチャの車を走らせる遊びをされたり、子供を自分でお風呂に入れると言い出したりこわいことがありました)
ので、私は仕事をやめ彼の世話をしなければなりません。
自分の人生を夫の弟さんの介護のために犠牲にしたくない、というのが本音です。

弟さんが施設に入らなければならなくなったら私たちの家の近くにする、ということを義理の母と弟さんに言われたので心配になりました。

結婚4年目の嫁の立場の者です。
夫の弟に知的障害があります。

今後夫の両親が弟さんの面倒を見れなくなった場合
私たちが面倒を見る必要があるのでしょうか。
施設にという話は夫と話しているのですが
そもそも入れるのか、お金が必要なのかがわかりません。
市役所なので聞きたいのですが曖昧なことしかわからなかったので
実際の現状を知る方がいればお聞きしたいです。

夫にも義理の両親にも弟さんの障害の詳細は教えてもらっていないので、
私にわかる範囲で弟さんの状態を書くしかないのですが
以下のよう...続きを読む

Aベストアンサー

補足ありがとうございます

現在、通われているのがどういう形態(社会福祉法人・NPO等)授産施設になるのか作業所かわかりませんが、ご参考になればと思い、再度回答させて頂きます
(色々、実際と違うかもしれませんが、失礼します)

恐らく、障害はB判定なのではないかと思います


で、作業所であれば、利用料負担もあれば微々たるものの報酬(月もしくは年単位ですが数千円)があるところもあります


また、私の勤務していた施設は通所部門(日中のみ通う、希望があればショートステイ(宿泊)も出来る)でも、実費(食事やお散歩に行くのでジュースを買うお小遣い)含めて、そんなにかかった記憶がないです…
(私は事務職で、費用を保護者や市町村に請求する書類を見ていましたが、通所者本人(保護者)負担)が毎月そんなに高額だった?という印象です…入所ならまだわかりますけど…)


情報が義家族に行くのが不安ならば、障害福祉課に相談の際、予めその旨伝えてご相談下さい

本来ご本人(義弟)の状況がわかった方がいいのは確かですが、守秘義務がありますのでご安心下さい

また、パソコン・インターネット環境がおありなら、義家族のお住まいの地域(都道府県や市区町村)+知的障害者入所施設や障害者地域支援センターで検索してみて下さい

ホームページからメールや電話で相談出来るところもあります
(私の勤務していた法人は支援センターもありました)

他の回答者さんの回答にもありましたがショートステイの活用から慣らしておくのは大事だと思います
(義両親が入院や法要等、どうしても不在になることも増えてくる可能性も)

実際、親子に限らず、兄弟等、親族が障害基礎年金を当てにして(使って)いざというとき困ったというケースも見ています…


まずは、金銭面の現状確認、施設への入所希望を出しておくにつきます

各所とも、相談にはお金がかからないはずです


質問者さん一人で抱え込まないでくださいね?

小さいお子さんがいらっしゃるのであれば、同居して危害が加えられたら(身体、精神、性的含め)と考えるのは当たり前のことです
自分と自分の家族を守りたいのもワガママではありません

「きょうだい児」なんて言葉もあるくらいなのに、失礼ですが、ご主人含め義家族は危機感がない気がします…

文字制限があるので、上手く伝えられていないかもしれませんが、まずは確認・相談を!

補足ありがとうございます

現在、通われているのがどういう形態(社会福祉法人・NPO等)授産施設になるのか作業所かわかりませんが、ご参考になればと思い、再度回答させて頂きます
(色々、実際と違うかもしれませんが、失礼します)

恐らく、障害はB判定なのではないかと思います


で、作業所であれば、利用料負担もあれば微々たるものの報酬(月もしくは年単位ですが数千円)があるところもあります


また、私の勤務していた施設は通所部門(日中のみ通う、希望があればショートステイ(宿泊)も出来る)...続きを読む

Q療育手帳をもらうと障害者年金も支給されますか?

知的障害者で療育手帳B判定を持ってる場合、申請すると障害者年金は支給されますか?
支給されるならB判定でどれくらいの額が支給されますか?
またどれくらいの収入があると減額されますか?教えて下さい。
そのような情報のHPもあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

本人が20歳になってからもらう障害基礎年金の場合は世帯所得で無く
本人所得が減額の基準なので、特別児童扶養手当とは異なり世帯の中に高所得者が居ようと障害者本人の所得が基準以下なら支給されます。

尚、手帳に載っている判定は知的障害者福祉法(この場合)
障害基礎年金の法律は「国民年金法」と言う法律なので2つの等級が一致しない事がまれにあります。

「国民年金障害等級表」

http://www15.ocn.ne.jp/~n-mizuho/siryou/toukyu.html

「支給停止所得ライン」

http://www.shougainenkin.com/1_3_04seigen.html

Q療育手帳非該当→審査請求したい。関連して、年金について。

精神科通院歴9年目の者です。
様々な病院を転々としましたが、今現在かかっているA病院で「広汎性発達障害(IQ54)」「適応障害」、同じくセカンドオピニオンで通っているB病院で「統合失調症」と診断されました。
障害年金、障害厚生年金を2級で受給、同じく手帳も2級で取得済みです。
(平成16年11月にB病院で統合失調症として年金の診断書を書いてもらいました。)
つい最近、55日間の閉鎖病棟でのA病院での入院生活を経験して、「IQが低いため、療育手帳の申請ができるよ」と言われ、申請したのですが、療育手帳非該当通知が来ました。
知的障害と認められないため、と書いてありました。
A病院の元主治医(他病院へご栄転なさいました)が書いてくださった入院証明書に、「精神発達遅滞」として私の生年月日(生来性である)となっており、それを児童相談所で見せましたが、結果がこれでした。
この決定について不服があるときは、決定があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に県知事に対して審査請求することができます、と書いてありますが、これにはお金がかかるのでしょうか?
また、非該当が該当に変更になる可能性は本当にあるのでしょうか?
手続きはどうしたら良いですか?
(9月5日に決定があったことを知ったので、なるべく急いで申請したいです。)
審査請求をするに当たって、A病院にそのことはバレますか?
また、精神障害に加えて知的障害でも年金の診断書を書いて貰えるそうなのですが、年金額が増える(2級→1級になる)可能性はありますか?
可能性があるなら、申請したいと思っております。
加えて、甲状腺手術後の半回神経麻痺で身体障害者手帳がとれたのですが(まだ市役所に行っていないので何級かは不明ですが、提出した診断書には、「3級程度に相当する」と書いてありました。)音声・言語障害は3級か4級しかないそうで、3級か4級でも精神・知的障害と共に障害年金が上がる可能性はありますか?
いろいろ聞いて恐縮ですが、ご教授のほど、よろしくお願いいたします。
参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3239353.html

精神科通院歴9年目の者です。
様々な病院を転々としましたが、今現在かかっているA病院で「広汎性発達障害(IQ54)」「適応障害」、同じくセカンドオピニオンで通っているB病院で「統合失調症」と診断されました。
障害年金、障害厚生年金を2級で受給、同じく手帳も2級で取得済みです。
(平成16年11月にB病院で統合失調症として年金の診断書を書いてもらいました。)
つい最近、55日間の閉鎖病棟でのA病院での入院生活を経験して、「IQが低いため、療育手帳の申請ができるよ」と言われ、申請...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
回答すべき内容が多いので、以下、簡単にまとめます。

■ 広汎性発達障害、適応障害
○ IQが54でも、原則として「療育手帳不該当」になってしまいます。
○ このとき、IQの数値は、純粋な知的障害とは違い、障害の状態を反映したものではない、とされてしまいます。
(純粋な知的障害‥‥広汎性発達障害、適応障害、精神障害のいずれにも該当せず、ただ単に精神発達遅滞だけであること)
○ 学説的にも、広汎性発達障害や適応障害、学習障害(LD)の場合には、IQの数値が不当に低く算出されてしまうことが確認されています。
(そのため、IQの数値だけで「知的障害」と認定することはしません。)
○ 知的障害児・者施設職員だった経験上、IQ54の知的障害の方が、これほど複雑で意味の通ずる文章を書けることは、まずありません。
○ したがって、「知的障害とは認められない」という認定は、しごく妥当なものです。
○ つまり、ただ単にIQの数値だけで「療育手帳不該当」に対して抗議する(不服審査請求をする)、ということはできません。
○ 不服審査請求をしたとしても、あなたの例では、療育手帳の交付が認定されることはまずないと思います。

■ 不服審査請求
○ 役所への手続き自体には、一切お金はかかりません。
○ 但し、診断書を初めとするすべての書類は、最初からそっくりすべて作成し直してもらったりする必要が生じます。
○ 同時に、不服を申し立てる根拠となるものをきちんと揃えなければいけません(別の専門家の見解などや法令、判例<裁判の例>などを含めて。)。非常に手間ひまがかかりますよ。
○ 役所は、あなたがいままでにかかった病院などに診察経過などを確認したりする必要がありますので、不服審査請求をすることは知られてしまいます。

■ 現在の障害年金の級が上がる可能性はあるか?
○ 知的障害関係は、まず認められないと思います。
○ 療育手帳の基準よりも、障害年金における知的障害の基準のほうがずっと厳しいためです。
○ したがって、知的障害による障害年金を受けられる可能性(年金の級が上がる可能性)は、まずありません。療育手帳が交付されていない場合は、ほとんど無理だと考えて下さい。
○ 半回神経麻痺による音声・言語障害についても全く同様で、身体障害者手帳の基準よりも、障害年金における基準のほうがずっと厳しくなっています。
○ 断言はできませんが、音声・言語障害が加味されて障害年金の級が上がる、という可能性はあまり考えられません。但し、申請そのものはできます。

こんにちは。
回答すべき内容が多いので、以下、簡単にまとめます。

■ 広汎性発達障害、適応障害
○ IQが54でも、原則として「療育手帳不該当」になってしまいます。
○ このとき、IQの数値は、純粋な知的障害とは違い、障害の状態を反映したものではない、とされてしまいます。
(純粋な知的障害‥‥広汎性発達障害、適応障害、精神障害のいずれにも該当せず、ただ単に精神発達遅滞だけであること)
○ 学説的にも、広汎性発達障害や適応障害、学習障害(LD)の場合には、IQの数値が不当に低く算...続きを読む

Q障害年金で無職なのに国民健康保険を支払うこと。

私は現在、精神障害者2級で無職で自立支援で病院に2500円を基本として支払っています。

無職で年金額は年間79万円ぐらいです。

でも区役所の調査書類に、昨年、「家族に食べさせてもらっていた」と書類に書いたところ、
毎月、国民健康保険料が、2300円か2800円引かれています。
びっくりします。医療費は3割負担で、ほかの病院にも通院しているので、年金だけでは赤字で苦しいです。

ときどき、母親が70歳で年金を受給していますが、私の医療費が足りないので、私のために借金をして、それが膨らんでいっています。とても不安です。

なぜ収入がないのに、障害年金から、国民健康保険料が、月に2300円か2800円も引かれなければならないのですか。区役所に抗議したほうがいいですか。

こんなに夜遅くなっても、将来が不安で眠くなりません。

ご存知の方、教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってないということ)の人だったら、障害年金をもらえるようになったときから、障害年金を受けられることを役所に届けるだけで、免除されます。
質問者さんは、そうやって法定免除になってはいませんか?

一方、国民年金保険料というのは、質問者さんの所得だけじゃなくて、家族全体(世帯)の所得を見て決まります。
市区町村によって計算式は違うものの、ざっくり言って、(1)所得割(世帯の所得に応じて計算する)、(2)資産割(世帯の資産[持ち家とか土地とか]に応じて計算する)、(3)均等割(その国民健康保険に入っている人1人あたりいくら、として平等に負担する額)、(4)平等割(1世帯あたりいくら、として平等に負担する額)という4つの部分の合計で成ってます。
要は、質問者さんの障害年金は非課税所得だけれども、ほかの家族の課税所得とか資産があったりすれば国民健康保険料は生じるし、みんなで平等に負担するしくみだからやっぱり国民健康保険料はどうしても生じてしまう、っていうしくみになっています。

こういうしくみになってますけれど、でも、質問者さんが障害年金を受けてて無職なんだ、っていうことはちゃんと反映して、その結果で国民健康保険料を計算してますよ。
なので、正直、障害年金を受けてない人なんかとくらべたら、ずっと保険料は低くなってます。
均等割と平等割の部分を「減額」する、っていうしくみで、全国共通のしくみ。国民年金保険料でいう法定免除に相当するものです。
なお、それでも生活がしんどい、というときは、市区町村によって基準がばらばらなんですけれど、さらに減らしてもらえることもあります。こっちは「減免」といいます。
いろいろ心配なら、「減額」や「減免」のことを市区町村に確認したほうがいいでしょう。
ただ、どっちにしても、ちゃんとしくみを理解しないでぎゃあぎゃあ抗議しても、はっきり言ってお門違いになってくるので、そこは勘違いしないでくださいね。

そのほか、市区町村に重度障害者の医療費減免制度はないですか?
自立支援医療(精神通院)とはまた別で、障害者手帳(身体、精神、知的のどれか)を持ってれば、どの科・病院でも医療費自己負担分が軽減される、っていうしくみです。
もしこれが利用できれば、精神科以外の通院の医療費が軽くなると思います。
これまた市区町村によって基準はばらばらですけれど、精神の人も利用できることが多いので、ちゃんと問い合わせて説明をしてもらって、もし利用できるなら利用したほうがいいと思います。

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってない...続きを読む

QWISCIII・田中ビネー、両方受けた事がある方…

いつもありがとうございます。

この数か月の間に、小学校1年生の息子がWISCIII、田中ビネーを受けてきました。

一応現段階(テスト結果説明時)には、発達障害の可能性は低いとの事でした。

が、気になる事があり、質問させてください。




まず、国立の病院にて、WISCIII検査を受けました。

気分屋の息子なので、しっかりテストを受けられるのか不安でしたが、終始楽しく受けることが出来たようです。



そして、数か月後、教育委員会にて、田中ビネー(V)を受けました。

同じく気分屋なので心配していたのですが、まぁ、とりあえず一通りやったと聞きました。

が、息子はテストが終わり、私の元へ戻るなり「すっごいつまらなかった」と一言。

(WISCIIIの時は「楽しかったよ」とルンルンで第一声だったのですが…)




と、こんな状況の差もあるのですが、IQが全然違いました。

+-15以内なら問題ない。

田中ビネーのほうが10程高くなる。

↑は昔の話で、実際は田中ビネーのほうが低くなる

等、様々な情報が飛び交っていて、どれを信じたらいいのか分かりません。



後から受けた、教育委員会の担当者に「IQの差が大きいのですが…」と疑問をぶつけましたが、「そういう事もたまにあります。でも、どちらのIQも、通常級で良い数値なので問題ないですよ」と。

(教育委員会は、特別支援級や通級の必要性の為だけのテストなのでしょうね)



ちなみに、下記の数値は完全に適当ですが、

WISCIII・・・IQ160

田中ビネー・・IQ135


と言った具合に、平均値の100をどちらも超えては居ますが、25も違いました。

しかも、田中ビネーのほうが低かったです。


どうしてなのでしょうか?

こういう事はあるのでしょうか?



こうなった場合、どちらが信憑性があるのでしょうか?



何かご存知の方、教えてください。




また、もしご存知でしたら教えていただきたいのですが…

田中ビネーの10歳級の6項目(73~78)

・絵の解釈(B)
・話の記憶(A)
・ボール探し
・数的思考
・文の完成
・積み木の数(A)

のうち、【感情を読みとる力】【咄嗟に考える力】に該当するのはどれでしょうか?


書面では結果を頂けず、メモを取ってきたのですが、

担当者の話をメモを上手くとれず、この疑問だけが残っており、このためだけに教育委員会に電話するのもどうなのか…と思い、ご存知の方が居たら教えていただけると助かります。


よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

この数か月の間に、小学校1年生の息子がWISCIII、田中ビネーを受けてきました。

一応現段階(テスト結果説明時)には、発達障害の可能性は低いとの事でした。

が、気になる事があり、質問させてください。




まず、国立の病院にて、WISCIII検査を受けました。

気分屋の息子なので、しっかりテストを受けられるのか不安でしたが、終始楽しく受けることが出来たようです。



そして、数か月後、教育委員会にて、田中ビネー(V)を受けました。

同じく気分屋なので心配してい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

検査の内容が違えば、結果の数値に差が出てくるのは当たり前だと思います。
そして、同じ検査であっても、場所が違う、検査する人が違う、環境が違うとか些細なことで、結果に影響がでることがあります。
そして、こういうもので差が大きく出る場合にいわれるのが、
どんな場所でもできるか、人が変わっても出来るかというのも能力のうちであるといわれるのです。
お子さんは環境の変化に弱い部分があるのかもしれません。
疑問におもわれるならば開示請求をするというのがいいのではありませんか?
行政相談されてみてはどうでしょうか?手続きを踏めば、結果の開示はしてもらえるのではないかとおもいます。

ただ、数値が開いたということですが、どちらに信憑性があるかというよりは、この数字に差が出るところこそ弱い部分なのだという理解が必要だと思います。
落ち着いているとか、普段に近い状況でないといけない部分があるのかもしれません。

あなたは検査の結果にどのような不満をもたれているのでしょうか?
発達に問題がある場合は、数値に注目するよりも、生活していく中で、困難とおもわれる部分をうまく補って理解を深めていく、というのが大切です。
どうしても、疑問が残る場合は、ある程度時間を置いて、検査されるといいと思います。

小学生でこのような検査をうけるということは、なにか心配なことがあるからですよね。
だとしたら、心配な点について、考えて、わかりやすく手助けし、興味の幅を広げてあげるのが、親の役割だと思います。
今、普通学級に在籍して、問題ないということなのですよね。
ならば、大変な部分もあるかもしれませんが、担任とも相談して、どうしたらお子さんが安定して、学校生活を送れるか考えてあげることがいいとおもいますよ。

こんにちは

検査の内容が違えば、結果の数値に差が出てくるのは当たり前だと思います。
そして、同じ検査であっても、場所が違う、検査する人が違う、環境が違うとか些細なことで、結果に影響がでることがあります。
そして、こういうもので差が大きく出る場合にいわれるのが、
どんな場所でもできるか、人が変わっても出来るかというのも能力のうちであるといわれるのです。
お子さんは環境の変化に弱い部分があるのかもしれません。
疑問におもわれるならば開示請求をするというのがいいのではありませんか?
...続きを読む


人気Q&Aランキング