AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

クリアーの場合5日~1週間乾燥したのちに研磨すると思うのですが
ウレタンクリアーの場合どの程度乾燥して研磨した方が良いのでしょうか?

あとウレタンクリアーが一部塗装が少なかったためにあまり艶が無いのですが、
ウレタンクリアーは2度は吹き付けはできない様で、普通のクリアーを重ね塗りしても問題ないでしょうか?

A 回答 (1件)

ウレタンは2液の化学反応で硬化するので


揮発するラッカーとは異なり、1日もおけば研磨しても大丈夫です

ウレタンにウレタンを重ね塗りする場合は
最初のウレタンが硬化している場合でも、足付けをすれば重ね塗りは大丈夫です

逆にウレタンにラッカーを重ね塗りは、悲惨な結果となります
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクリルラッカーの上に2液性ウレタンクリヤー

自転車を塗装するのですが、缶スプレーのアクリルラッカーの上に2液性ウレタンクリヤーは塗っても大丈夫でしょうか?皺が出来たり、剥がれたりしないでしょうか?2液性ウレタンクリアーが一本物置にあるのを発見したので使えればと思い質問させて頂きました。ホームセンターでアクリルラッカーとラッカースプレーとで価格が倍近く差がありますが違いは何ですか?とりあえずアクリルラッカーを買ってみたけど疑問に思いました。

Aベストアンサー

大丈夫ですよ。

ちなみにウレタンの上に厚めラッカーを塗るとウレタンがべろんべろんに剥がれますんで注意。

アクリルラッカーは単なるペンキと同じようなもので、塗膜強度も低く、厚めに塗るとわかりますが、乾いても割とぷにぷにしてて、完全硬化後もそれほど固くはありませんし、爪でも傷がつきます。

ウレタンは車の表装にも使われますが、塗膜強度がかなり固く、爪などでは簡単に傷もつきません。効果時間も早い(と言ってもスプレーだと難しいですが)ので厚塗りも可能です。

ウレタンとアクリルラッカーは材質から違いますので仕方ないかと。
エアーガン・エアブラシがあれば液をまとめ買いという手がありますが、ウレタンの場合はラッカーよりもかなり手間がかかるので、手軽にやるなら結局スプレーが一番だと思いますよ。

ウレタン塗料の利用例としては車の塗装が一番わかりやすいですが、他にバイクのヘルメットやスピーカー(木製で表面がつやつやして固いタイプ)に良く使われます。

私は自作スピーカーなどでウレタンクリアをよく使いますが、水性のべとつきやラッカーの塗膜の弱さを目にするとウレタンが手放せなくなりますね。

全部ウレタンにすると高いので私も下地の色はアクリルにして、上塗りクリアのみウレタンクリアという手をよく使います。

大丈夫ですよ。

ちなみにウレタンの上に厚めラッカーを塗るとウレタンがべろんべろんに剥がれますんで注意。

アクリルラッカーは単なるペンキと同じようなもので、塗膜強度も低く、厚めに塗るとわかりますが、乾いても割とぷにぷにしてて、完全硬化後もそれほど固くはありませんし、爪でも傷がつきます。

ウレタンは車の表装にも使われますが、塗膜強度がかなり固く、爪などでは簡単に傷もつきません。効果時間も早い(と言ってもスプレーだと難しいですが)ので厚塗りも可能です。

ウレタンとアクリルラッカ...続きを読む

Q二液性ウレタンクリアーについて

 バイク全塗装中です。 自宅周りではスプレーはちょっと。 で 会社に持って行って
昼休みや終業後にいろいろやっています。

一昨日 テールカウルやサイドカバーの本塗り終了。 タンクの本塗りは 天気の良くなるあさって以降にでも。

で 先ほどからいろいろネットサーフしていたところ ウレタンクリアーは 本塗り後、時間待たないで塗った方が良い。 なんて口コミがちらほらと。 フロントフェンダーは四日くらい経ってます。

短い時間で 色も三色ほど使っているので それぞれの本塗りが終わるまで一週間位でしょうか(木曜あたり)。  本塗り後 けっこう時間経ってしまいますが どうなんでしょうか。

もう一つ。 ジェネレータカバー(アルミ)コケキズ補修後に 耐熱黒塗装 ウレタンクリアーで大丈夫でしょうか

Aベストアンサー

本塗のカラー塗装は、市販の缶スプレー?それとも2液ウレタン塗料のガン吹き?

前者の市販缶スプレーなら、ラッカー系統の塗料だから、1週間程度経過しても問題なし。
何故なら、市販缶スプレーは、塗料に含まれている溶剤・シンナー成分が蒸発して塗膜を形成するから。
溶剤成分が、1週間程度のゆっくりした時間をかけて完全に抜けきる性質があるんですよ。
その間に、溶剤が抜けた分だけ少しづつ塗膜が収縮して、ピンッと張るから。
この溶剤が抜けないと、固い強い塗膜にはならないの。

で、2液ウレタンクリアは、市販缶スプレーとは成分中の溶剤の系統が異なるんですよ。
なので、缶スプレーの溶剤成分が多く残った上に、ウレタンクリアを重ねると溶剤成分が反発して、ウレタンクリアの乾燥後に、表面に細かなひび割れを発生させたり、いわゆる“縮み”と言う現象を起こすことがあるんですよ。
何れのケースが発生しても、結果は1から塗り直しっちゅうことになる分けです。

「あまり間を置かずにウレタンクリアを塗った方が良い」と言うのは、同じ系統同士の塗料の場合ですよ。
その場合は、お互いが同系の塗料だから、カラー塗装膜とクリア膜が互いが融合するように密着するから、2層の塗膜が一つの塗膜として完成するわけなんですな。

それと、どの塗料を使用しても言えるのは、時間や日数を空けると、先に塗った塗膜上に不純物が乗っかってしまいやすいと言うこと。
それが、鉄粉や細かな砂ボコリ、ワックス成分の粉等、見た目には分かり難い極小の不純物だったりするわけ。これらが乗ったままだと、クリアのハジキが出たりするの。
なので、本塗装のカラー塗装の上にクリアを塗る際は必ず脱脂洗浄をすることが必須なんですな。

日数が経過している塗膜の上にウレタンクリアをを塗る場合は、#1000~#1200程度の耐水ペーパーで軽く研磨してから、シッカリ水洗いして脱脂。その後にウレタンクリアを塗れば良いです。これで、ウレタンクリアの食い付きが良くなる。
注意:上記はあくまでソリッドカラーへの対応。メタリックパール塗装にはペーパー研磨しないこと。下手に研磨すると、ペーパーキズがクリア塗っても消えない。メタリックやパールの粒子とペーパーの研磨粒子がこすれ合うことで、塗膜表面が黒ずんで濁った感じになることが殆ど。
ソリッドカラーの場合は、ペーパーキズはクリアを塗れば消えるし、色合いも濁った様にはならない。

ジェネレーターカバー(アルミ)に、耐熱黒+ウレタンクリア:
これはNGですね。塗料の仕様が全く異質なので止めておきなさいな。
下手すると、耐熱塗料の塗膜にウレタンクリアの溶剤が浸透して、耐熱性のないヘロヘロの塗膜になりますよ。
耐熱塗料ってのはシリコン系塗料だから、乾燥後に120~140℃で連続40分程度の焼き入れしないとダメな塗料なんですよ。これは、塗料のメーカーによって多少違うんですけどね。
焼き入れ中は、塗膜表面から白い薄煙状のガスが出るんですよ。焼き入れが完了すると、固い強い耐熱塗膜が出来ます。
焼き入れが出来ていないと、熱がかかるといつまで経ってもぶよぶよした塗膜で、指紋や汚れが付きやすい。
汚れ落としに、パーツクリーナーなんか使うと、速攻で塗膜がドロドロに溶けて悲惨な状況になりますな。
なので、ツヤありにしたいなら、耐熱温度が低めのツヤあり耐熱塗料(200℃~300℃)を塗るだけにして、きちんと焼き入れしておいた方が無難。
クリア塗るなら、耐熱塗料と同じメーカーの耐熱クリアにするべき。

蛇足ながら、ウレタンクリアの耐熱性は140℃が上限と考えておけば良いかな。

本塗のカラー塗装は、市販の缶スプレー?それとも2液ウレタン塗料のガン吹き?

前者の市販缶スプレーなら、ラッカー系統の塗料だから、1週間程度経過しても問題なし。
何故なら、市販缶スプレーは、塗料に含まれている溶剤・シンナー成分が蒸発して塗膜を形成するから。
溶剤成分が、1週間程度のゆっくりした時間をかけて完全に抜けきる性質があるんですよ。
その間に、溶剤が抜けた分だけ少しづつ塗膜が収縮して、ピンッと張るから。
この溶剤が抜けないと、固い強い塗膜にはならないの。

で、2液ウレタンク...続きを読む

Q車へのウレタンクリアー上塗りについて

飛び石によるサビでボンネット自家塗装しました。(ソフト99のカラー、クリアー使用)
屋外での素人塗装の割にはつやつや鏡面仕上がりになり自分的には満足してたのですが、今更ウレタンクリアーの存在を知ってしまい、今のアクリル塗装だけではまたすぐ飛び石にやられるのでできればウレタンクリアーでボンネットを上塗りしたいです。
しかし鏡面に磨き終わった今の状況からウレタンクリアを塗る場合はどのように塗ればいいでしょうか?
自分なりに何パターンか考えてみたのですが、どのやり方が手間と効果のバランスがいい方法をご教授願います。

1.塗ったのを全部剥がして全部最初からやり直しす
2.このまま足付けだけしてウレタンクリアーを上塗り
(ちなみに色はブラックメタリックなんですがこの場合は今のアクリルクリアーをペーパーかけて足付けして、ウレタンクリアーをふいても艶はでるのでしょうか?白濁しないでしょうか?)
3.脱脂→ミッチャクロン→ウレタンクリアー
4.今回はそのままで、もし塗装が剥げたら色塗りからやり直す
5.その他おすすめの方法があれば教えてください

よろしくお願いします。

飛び石によるサビでボンネット自家塗装しました。(ソフト99のカラー、クリアー使用)
屋外での素人塗装の割にはつやつや鏡面仕上がりになり自分的には満足してたのですが、今更ウレタンクリアーの存在を知ってしまい、今のアクリル塗装だけではまたすぐ飛び石にやられるのでできればウレタンクリアーでボンネットを上塗りしたいです。
しかし鏡面に磨き終わった今の状況からウレタンクリアを塗る場合はどのように塗ればいいでしょうか?
自分なりに何パターンか考えてみたのですが、どのやり方が手間と効果のバ...続きを読む

Aベストアンサー

やるなら2.でいいと思います。
私も部分補修をしたことが有りますが傷より外は純正塗装に足つけしてクリア(ウレタンではなくてアクリル)を吹きました。
これで目論見通り足付けの白濁は消えました。

ただやっぱ4.がいいですね。
なぜなら純正塗装は焼付塗装なのでウレタンより上等です。
それを傷つけてサビさせるくらいだからウレタンで塗りなおしても焼け石に水なのでは?

あとウレタンが下層を溶かすリスクも有ります。
ウレタンも半分くらいは溶剤なので…
ちゃんとした自動車用を謳ってる塗料なら比較的強いと思いますがホムセンで売ってる一番安い塗料などは結構溶けたりします。

手間とリスクを考えて傷ついたら次回またやれば?というのが率直な感想です。

5.趣旨にあってるかかどうか判りませんがラッピングと言って装飾用のフィルムで外装を覆う方法もあります。
値段は…結構しますね。
http://www.preciouz.com/?p=236

剥がせば元通りになるのが強み(?)です。

Qプラサフの上にパテ盛りは出来ますか?

どうぞ よろしくお願いします。

車の下回りに削り傷をつけてしまいました。
自分でパテ埋めして塗装しても目立たない箇所なので
自分で塗装しようと思います。

やった事があるので、仕上がりの程度などはわかっています。

質門したいのは、プラサフを塗った上に再度パテ盛りをするのは可能かという件です。

パテ作業に数日かけたいと思っていますが、
車を修理作業中でも通勤に使いたいので、
雨対策として、パテの上にプラサフを吹いておきたいです。

後日にプラサフを脱脂したら剥離しなくてもパテ盛りしても大丈夫なのでしょうか。

材料はsoft99の厚づけパテ、薄づけパテ、ボデーペンホワイトプラサフを使います。

Aベストアンサー

大丈夫です。

「プラサフ」は「プライマー&サフェーサー」です。

プライマーは下地と上塗り双方の密着性を上げるものなので、上に塗料で無くパテが載っても大丈夫です。

サフェーサーは「平坦化」「均一化」「目止め」の目的なのでパテに関して特に関与しません。

作業前に脱脂を予定しているという事なのであとは心配ないかと。

「プライマー」単体では物によっては上塗り施工期間に制限があるものもあるので、今後また作業をする機会に入手する際はご注意を。


人気Q&Aランキング