gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

法線方向からの輝度と均等拡散面上の照度との関係の式を教えてください。

gooドクター

A 回答 (1件)

こんにちは。



均等拡散面上ですと、光源からの法線入射の面積が十分大きい場合とそうでない場合とで、輝度と照度との比例関係が全く異なります。

光束 = 光度×光源の立体角
 単位は、lm = cd・sr

輝度は = 光度/面積
 単位は、cd/m^2 (法線入射の場合は、m^2は光源面積と拡散面面積と同じ)

照度 = 光束/拡散面上面積
 単位は、lx = lm/m^2 (m^2は拡散面面積)

よって、
照度 = 光度×光源の立体角/面積 = 輝度×光源の立体角
これが、入射面積が微小の場合の関係式です。
(正確には、 輝度 = d照度/d光源の立体角)
照射面積が微小な場合は、法線入射とはいえ、光源の立体角を考慮しないと照度はゼロになってしまいます。

入射面積が十分大きいときには、
光源の立体角 = 拡散面上立体角 = 2π
と考えて良いので、
照度 = 輝度×2π
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございます!
助かりました!

お礼日時:2012/08/17 15:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング