【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

8月下旬、アイスランドのケフラヴィーク空港からコペンハーゲンを経由して日本に帰国します。成田到着後、伊丹に飛び、伊丹から京都の自宅までタクシーで帰る予定です。

質問したいのは、

1.おみやげ用のチョコレートは手荷物かスーツケースどちらにいれるべきか
2.成田から京都の自宅まではどのようにして運ぶべきか

の2点です。

自分なりに調べた限りではチョコレートはスーツケースに入れるのが無難のようですが、経由地によって状況が異なるようで……コペンハーゲンの場合はどうなのでしょうか?
また成田まで無事に到着したとして、残暑厳しい日本のことなので、京都の自宅まで保つかどうかが心配です。

無事に持ち帰るためにはクール宅急便などを利用したほうがよいのでしょうか? 空港内の宅配便サービスは数社あるようですが……初めての海外旅行からの帰国で勝手がわかりません。
お勧めの方法、宅配サービスなどアドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

機内持ち込みが禁止されている液体でもないしチョコレートぐらい、何をそんなに心配しているのかと思ったら、暑さで溶けるかもしれないってことですか。


書かれている旅程の中で、チョコレートが溶け出す温度(約28度)以上になりそうところはほとんどないと思います。空港の中も飛行機の中もタクシーの中も空調で温度管理されていますから。
でもスーツケースをタクシーのトランクに入れたら、自宅に着くまでに溶けることはあるかもしれませんね。手荷物にすればよろしいと思います。
もし最初から手荷物で運ぶには重すぎる量なら、スーツケースのすぐ取り出せる位置に入れておいて、伊丹でスーツケースを受け取ったらチョコレートだけ取り出して、手に持てばよいと思います。
凍らせて使う保冷剤(液体物なので必ずスーツケースに入れてください)と保冷バッグを持参して、帰りの荷造りをするときにチョコレートと一緒に梱包しておけば、より安心だと思います。(保冷剤は、利用するホテルの部屋に冷凍庫がないと使えませんが・・・)

私達も、夫がヨーロッパのチョコレートが大好きなので、季節問わず旅行へ行くたび何キロも大量に購入してきますが、スーツケースに入れても手荷物でもどちらでも、溶けて困ったような経験は一度もないです。

なお、「おみやげ用」とのこと。スーツケースに入れると、箱はつぶれたり歪んだりする可能性があります。預けたスーツケースは、それはもう乱暴に扱われますので。
それも覚えておいたうえで、どちらがよいか決めるとよいと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

チョコレートのパッケージはつぶれるようなものではないのでおっしゃるようにスーツケースに入れて、伊丹で取り出そうかと思います。

保冷剤や保冷バッグを利用することは私も考えたのですが、こちらでは需要がないのか見つけられそうにありません……伊丹付近で購入できるとよいのですが……空港内でそういうものって入手できるでしょうか?

お礼日時:2012/08/17 20:25

> いま現在アイスランドにいるんです! そしてこちらの時間で明日の朝、日本へ出発します。



ここ、回答するにあたってはとっても重要な情報でしたよー。。。
これほど簡単に手に入る日本とは違い、保冷剤や使い捨てカイロの類は、外国ではめったに手に入らないですね。
私もそれこそフランスのホテルのフロントで、持参した保冷剤を凍らせてもらうようにお願いしたときには、珍しかったのかとってもヘンな顔をされました。

さて、もう遅いかもしれませんが、もしかしたら外国では「薬局」で売られているかもしれません。
たまたま昨日見た外国映画のシーンで、殴られた顔の腫れを冷やすのに保冷剤のようなものが使われているのを見かけたんです。アイスランドの映画ではなかったので、製品自体存在するか分からないですが、薬品関連の製品だとドイツ製も多いから、あるかもしれないなぁと。
なお、成田や伊丹で探すなら、やはり私も、冷蔵が必要なお土産品の付属品に期待するのがよいかなぁと思います。
ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>ここ、回答するにあたってはとっても重要な情報でしたよー。。。

そうですよね、大前提として現在アイスランドにいる、という一文を入れたつもりだったのですが、推敲しているうちに消してしまったようで……迂闊でした。申し訳ありません。

薬局か!アイスノンのような熱さまし用のものならあったかもしれませんねー 今度、海外に行く機会があったら確認してみます(お財布の都合上なかなかいけそうにないですが……(^_^;)

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/25 00:19

#6です。

  「この回答へのお礼」を読みました。

>せっかくおいしいチョコレートなので出来るだけ風味を損なわず、無事に持って帰りたいのです。

優しいお気持ちはお察ししますが、携帯用ワインセラーのように温度管理が出来るような容器がないと、風味まではお持ち帰り無理なのではないですか。

そして、風味は、香りや味わいの事だそうですが。。。ワインなんかでも、現地で飲んで美味しいと思っても、帰国後飲んでみるとどこか違った感じがする事があります。
良く考えて見ると、風味には、現地の雰囲気もあるような気がするのですが。。。

成田空港で荷物を受け取り、クール宅急便にしても、航空機から空港のカルーセルまでは外気の影響を受けると思いますので、なかなか難しいような気がします。
趣味でオリーブオイルを研究している化学者が、風味を楽しむ飲食物は微妙なところがあるので取り扱いが難しいと言う趣旨の事言っていましたが、チョコレートにも、同様の事があるようですね。
でも、貴女の努力が感じられれば多少の変化があっても、お友達は貴女と同じようにチョコレートの美味しさを2次体験出来るような気がします。

思い付きでしかないのですが。。。
保冷剤!
空港で、海産物や肉など生ものを旅行者に販売しているお店があれば、保冷梱包しているかも知れません。
もしそういうお店が見つかれば、何かを買ってチョコレートも一緒に梱包しても合うという事も可能かも知れませんが。。。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

一昨日無事帰国しました。

確かに現地でいただくからこそのおいしさ、風味というのはありますね(笑)
おみやげというのはそういった「その場所ならでは」の雰囲気をおすそわけできるギフトがいいんだろうな、と思います。

他に生ものを買って同梱してもらうというのは新たな方法ですね!
残念ながら出発前に回答を拝見することができなかったのですが、そういう手もあったか……と感心しました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/25 00:13

たびたび失礼します。


保冷剤がなかなか手に入らない地域もあるんですね。
スーパーマーケットやデパ地下の食料品店で無料で配っているようなところも、ご近所にないですか?そちらでは、保冷はみんな氷でするんですか?
例えば、一度北海道から(別の県でもいいんですが)何か冷蔵or冷凍便扱いの生鮮食品を取り寄せすれば、たいてい保冷剤が入ってきますよ。昨日届いた生牡蠣にも入ってきてました。
できることなら差し上げたいぐらい、ウチには保冷剤がいっぱいあります。。。

チョコレートが液体物扱いされる件を夫に教えたら、夫にとっては重要事項なのであわてて調べていましたが、英語やドイツ語では全く情報がヒットしなかったそうです。
破棄させられた日本人がいたのは事実のようですが、もしかしたら、たまたま当たった係員に意地悪されただけだったのでは?という気がしてきました。
日本人を嫌っていて、そういう意地悪をするような人、フランスにはときどきいるのは事実ですから。。。それならばフランスの空港を乗継に使わなければ解決することですが、まだ気になるので、このあと、ここで質問立ててみようと思っています。
いろいろ勉強になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

すみません私の書き方が悪くて回答者の皆さんに誤解を与えてしまっているようなのですが、いま現在アイスランドにいるんです! そしてこちらの時間で明日の朝、日本へ出発します。

こちらで保冷剤を探してみたのですが、需要がないのか私の探し方が悪いのか見つけられませんでした……(^_^;) 夏でも気温30℃には届かないので保冷という考えがないのかもしれません。アウトドアのためのクーラーボックスみたいなのは発見したんですが保冷バッグは入手できず……。

係員さんによりけりって言うのはどこの国でもあるんですね(^_^;) 日本は一応職場のマニュアル遵守っていう意識があるのかなーと何となく思いますが、海外だといい意味でも悪い意味でもおおらかな部分があるのかもしれませんね。意地悪なひとやいいかげんなひとにあたらないよう祈ります。

お礼日時:2012/08/20 17:56

NO.3です。


溶けても冷蔵庫に入れればもとの形に戻りますという回答がありますが…
形は戻っても風味は戻りません!
チョコレートは溶けるとチョコレートに含まれる油脂分が変質して味が変わってしまいます。
おそらくそれをご存知だからこそ案じて質問されているのだと思いますが。
(おせっかいならごめんなさい)
保冷剤を現地で調達するのもいいですが、日本出発時から持って行き(預け荷物に入れる分には何の問題もありません)帰国前に宿泊している部屋の冷蔵庫のフリーザーやフロントにお願いして凍らせてもらえば良いと思いますよ。
貨物室ではヨーロッパからでもかなり持ちますし、伊丹までも何とかもってくれるのではないでしょうか。
伊丹で受け取った時の保冷状態をみて京都までをどうするは考えればよいと思います。
当方も京都ですので我が事のように思えてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。回答ありがとうございます。


私の書き方が悪くて回答者の皆さんに誤解を与えてしまっているようなのですが、いま現在アイスランドにいるんです! そしてこちらの時間で明日の朝、日本へ出発します。

こちらで保冷剤を探してみたのですが、需要がないのか私の探し方が悪いのか見つけられませんでした……(^_^;) 

夏の京都の暑さをご存知の方なら共感していただけると思うのですが、成田→京都の自宅までの道のりが心配なのでとりあえずスーツケースをピックアップでき次第、保冷できるようにしようかと考えています。

成田につくのは朝で、伊丹につくころにはもう夜になっているので多少涼しくなっていると淡い期待を抱いています(笑)

お礼日時:2012/08/20 17:26

既に、沢山回答がありましたが、まだ、オープンになっていたので。

。。

偶々、今日(8月18日)、イギリスからフランクフルト経由で帰って来た人から、チョコレートのお土産を貰いましたが、全く柔らかくもなっていませんでしたよ。
彼は、無造作にスーツケース中に入れて来ただけでしたが。。。

確かに、チョコレートの結晶温度は、タイプI~VIまであって、融点は、16℃~36℃あるようですし、風聞によると、チョコレート・メーカーは、その国の気候に合わせ融点の調節をしているとか。。。ですので、涼しい北欧から猛暑の日本では、ご心配かも知れませんが。。。
また、一番リスキーなのは、猛暑の成田空港で、国内便への荷物の詰め替えが炎天下で長時間掛った時かもしれませんが、効率の良い日本のことですから。。。??

以前、軟らかくなったチョコレートをお土産に貰った事がありますが、形が崩れてしまう程でなければ、帰国後冷蔵庫に入れれば元の形になりますよ。

そんなに手間を掛けなくても大丈夫のような気がしますが、如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんしばらくインターネットを使うことができず、お礼が遅れてしまいました。回答ありがとうございます

おっしゃる通りどちらかというとコペンハーゲンでの乗り換えのときよりも日本についてからの部分が心配で、どうしたものかなーと思い質問した次第です。成田で6時間待ちして伊丹へ飛ぶのでその間に保冷できるような支度をするか、成田からクール便で家へ送るか……と思案しています。

問題なのが、成田で一度ピックアップできるのかが現時点ではっきりしないんです(>_<) おそらくできるだろうとは思うのですが……。

せっかくおいしいチョコレートなので出来るだけ風味を損なわず、無事に持って帰りたいのです。
冷蔵庫で冷やしなおしたものも家族にならいいかなーと思うのですが、友人たちにあげるのにはちょっと気が引けるなと思いまして(^_^;)

お礼日時:2012/08/20 16:48

受託手荷物にするならば、保冷剤+保冷のソフトバッグを持参されては?


帰国前日からホテルの冷蔵庫に入れておけば保冷剤は凍ります。

飛行機の貨物室は結構冷たいようで、欧州から成田に帰国した時点で保冷剤は凍っていました。


..... 保冷剤がない場合、トランジット時にスーツケースは炎天下にさらされて(と思っています)中味が一気に溶けます。 (悲しい思い出有。)

保冷バッグはいらないかもしれませんが、少なくとも保冷剤は必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

保冷剤がどこかで入手できないかさがしてみます。

お礼日時:2012/08/18 06:31

No.2です。

No.3さんの情報、チョコレートが液体物扱いになるとは初耳でした。
シェンゲン協定だかEU加盟だかの国々ならみんな同じなのだと勝手に思っていましたが、飛行機のセキュリティチェックルールは空港によって違うのですね。
私の経験では、フランクフルトとウィーンとアテネの空港は、チョコレートは液体物扱いではなかったです。機内持ち込みしました。
フランスは確かに液体物扱いされる傾向が強いようですね。そのときの係員次第のところもあるようです。
ケフラヴィーク空港とコペンハーゲン(でもセキュリティゲートを通ります)の情報は探せなかったのですが、もしフランスの例のように破棄させられてしまったら悲しいですから、スーツケースに入れた方が安心だと思います。

ちなみに、日本発国際線では、チョコレートは液体物扱いはされていないようです。
http://www.mlit.go.jp/common/000015935.pdf (「対象外」のリストの方に載ってます。)
それから、ご存知かもしれませんが、日本国内線は液体持ち込み制限はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びの回答ありがとうございます!
ご助言頂いたようにスーツケースにいれることにします。

日本国内線なら液体持ち込み制限はないということ、忘れていたので付記していただいてよかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/17 20:46

フランスなどはチョコレートやクリームを使ったお菓子類チーズなどは液体扱いなので100ml以上のものは機内持ち込み不可なので預ける荷物に入れるしかありません。


それ以外の国ではどういう扱いかはわかりませんが、預け荷物に入れるのを避ける理由がないのならいずれにせよ預ける荷物にしたほうが無難かと思います。(預け荷物にチョコレートを入れてはダメな国はありませんから)
客室も貨物室も同様に与圧・温度調整はされておりチョコレートにダメージはありません。
贈答用にパッケージされたものなら箱が凹んだりしないようにパッキングに工夫してください。
成田からご自宅までどのくらい時間がかかるのかわかりませんが、空港からクール便発送、またコンビニで氷を調達(日本出発時に保冷バッグ持参:百均とかで購入)という手もあります。
参考までに溶けるとジェル状や水になる保冷剤は機内では液体物扱いですが、ドライアイスは溶けると消えるので液体扱いではありませんし、預け荷物にも入れることができます。
下記URLは成田の宅配便です。(各社クール便発送アリ)

参考URL:http://www.narita-airport.jp/jp/guide/service/li …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

フランスでは液体扱いになるんですね……!  

>預け荷物に入れるのを避ける理由がないのならいずれにせよ預ける荷物にしたほうが無難かと思います。(預け荷物にチョコレートを入れてはダメな国はありませんから)

たしか預け荷物に入れるのを避ける理由はないので、そのほうがいいような気がしてきました。パッケージもつぶれにくいものだし……。

参考URLのページは私も読んでいて数社を比較していたのですが、実はピックアップのタイミングを勘違いしておりまして、成田から伊丹まではピックアップがないのでスーツケースのものを出し入れできるのは伊丹についてからになります。せっかく成田の宅配便を調べていただいたのに申し訳ありません。


伊丹から宅配便で送るか、保冷剤などを入手して手荷物に移して持って帰るか検討したいと思います。

お礼日時:2012/08/17 20:36

基本的に手荷物でもスーツケースでも大丈夫ですよ。


手荷物に入れた場合はチョコの量が多いと、売るつもりか怪しまれることもありますが。
とりあえずスーツケースの方が持ち運びには便利でしょうね。
あとは空港の免税店で最後に買うという手もあります。

無事に持ち帰りたいなら、宅急便もありでしょうけど、そんなにすぐに溶けないと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはりスーツケースがいいんですね。
フライト中はともかく日本についてからがすこし心配ですが何か対策を考えます(^_^;)

お礼日時:2012/08/17 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお土産のチョコレートは預け荷物?手荷物?

今週日本に一時帰国するのでお土産にチョコレートを買ったのですが、これはトランクに入れないほうが良いのでしょうか?(温度の問題など)荷造りをしていて思わず考え込んでしまいました。そのほかにもお菓子類のお土産が多いのですが、出入国の検査などの問題はないのでしょうか??一人で国際線に乗るのは初めてなので空港での手続きや荷物が何だか心配になってしまいました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 ドイツ、スイス、アメリカ、グァムからチョコレートをスーツケースに入れてお土産に持って帰ったことがあります。チョコレートは重いから、いつもスーツケースの中に運んでいます。夏以外は日向に長時間スーツケースを置かなければ、暑さで溶けることは無いと思います。私の場合は、溶けたことはありません。
 前の方も書かれていますが、荷物室の方が寒いですから飛行機に乗っている時は、安心です。夏は日本の空港から自宅までに時間がかかると、そちらの方が心配だと思います。
 お菓子類のお土産が多いぐらいで、税関に止められることはまずありえません。高価な同じ製品を多く(10~20以上とか)持って入国しようとすると、ビジネスと間違えられますが、お菓子ではそんな心配も必要ないです。肉、植物,植物の種は検疫でかかるものもありますから、注意してください。
 すばらしい旅行になりますように。

Qチョコレートをお土産として持って帰りたい

こんにちわ。
ご存知の方いたら教えてください。
近々フランスに旅行に行きます。
そこで、チョコレートをお土産に買ってこようと思うのですが、
皆さんどのようにして日本に持って帰られるのでしょうか?
季節も夏なので溶けやすいとおもうのですが、
何か良い方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

機内持ち込みはしないほうが良いと思います。機内は温度調整されているので、すぐ溶けてしまうと思いますし、保冷剤も機内持ち込みできないからです。また機内冷蔵庫は付いている機体と付いていないものがあります。仮に付いていたとしても預かってもらえるかは微妙です。

保冷剤、保冷バッグを日本から持参し、それにチョコを入れてきっちり封をし、衣類などに包んでスーツケースの中に入れて預け荷物とするのが無難かなと思います。カーゴは機内と違って寒いですから。
私も食品を保冷バッグに入れて海外に持っていったことがありますが、厚めの保冷バッグなら保冷剤もあまり溶けることなく無事でした。保冷バッグによっては保冷剤が溶けてバッグ内に水滴が付くので、チョコをビニール袋などで覆ってから入れたほうがいいです。

Q夏、フランスからチョコやチーズは持ち帰りできますか

6月にフランスへ行きます。

チョコレートやチーズが好きなので日本へ持って帰りたいのですが、6月といえばフランスは暑いですよね?持って帰ってきた日本も暑いですよね~

トランクに詰めて帰ってきても大丈夫でしょうか?保冷剤は持っていこうと思うのですが・・・

あとバゲットや菓子パン、マカロンもジップロックに詰めて持ち帰りを検討しているのですが、いかがなものでしょうか?

どのようなことでも結構ですのでアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前6月頃パリのお土産に、日本に出店していないショコラの店で試食させてもらって気に入ったキャラメル・ヌガー・フルーツの四角いゼリーなどたくさん買いました。現地ではホテルまで晴天の中保冷剤などなしで持ち歩いても特に品質は問題なくとてもおいしくいただけました。預け入れのスーツケースに入れて帰国。日本に帰ってきておそらく空港から自宅までの間にすっかり劣化してしまいました。チョコレートは柔らかくなって隣のとくっつくし、キャラメルやヌガーも全体にとろけてしまい、冷蔵庫で冷やしなおしたら今度は固くなり最初の風味が飛んでしまいました。フルーツのゼリーも表面にまぶした砂糖が湿気を吸って味が落ちてしまいました。結局、無事にお土産として配れたのは日本でも買えるようなFAUCHONのクッキーや、スーパーで売っているスナック(これはこれでおいしい)、瓶詰め・缶詰類ぐらいでした。本当に食べてほしかったのはショコラの店のお菓子だったのですけどね…。

やはり、ヨーロッパの気候に合わせて現地消費用に作られている物はその場で食べるのが一番おいしいのだろうと思います。ベルギーやフランス原産のお菓子と同じブランド名でも、日本で売っているものはやはり日本の気候(ヨーロッパに比べて高温多湿)に合わせて変えているようで、味や食感が違うなぁと感じることが多いです。最初からお土産用に作っている、海外旅行の定番になっているものは、ベタでつまらないとはいえ世界のどの地域に持ち帰っても失敗が少ないというメリットはあるものなのだと痛感しました。

また、空港のセキュリティチェックが昔に比べると厳しくなっています。液体や柔らかい食べ物(チーズやバターも)を機内持ち込み荷物に入れて持ち帰ろうとすると、空港免税店で買った印のついているもの以外は没収される可能性があります(パリの空港でチーズやソーセージ?を大量に没収されている日本人女性を見ました)。また、日本への直行便ではなく海外のハブ空港で乗り継ぎの場合、最初の飛行機には乗れても、乗り継ぎの空港で没収される可能性もあります。ま、運次第というかどんな係員に当たるかが大きいですが…。あと、マカロンとかこわれやすいお菓子の持ち帰りはあまりおすすめしません。どんなに気をつけても厳しいと思います。そういったリスクも考えて、味が落ちるリスクも考えて、預け入れと持ち込みに分けるなどいろいろ工夫が必要でしょうね。

ただ、せっかく現地で食べて美味しかった物を持って帰りたい・食べさせてあげたいというのは当然の気持ちなので、いろいろ試してみるしかない!と思います。

以前6月頃パリのお土産に、日本に出店していないショコラの店で試食させてもらって気に入ったキャラメル・ヌガー・フルーツの四角いゼリーなどたくさん買いました。現地ではホテルまで晴天の中保冷剤などなしで持ち歩いても特に品質は問題なくとてもおいしくいただけました。預け入れのスーツケースに入れて帰国。日本に帰ってきておそらく空港から自宅までの間にすっかり劣化してしまいました。チョコレートは柔らかくなって隣のとくっつくし、キャラメルやヌガーも全体にとろけてしまい、冷蔵庫で冷やしなおし...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q機内持ち込みできる?できない?

来週西海岸へ行きます。
初めての海外旅行なので、わからないいことだらけです。

(1)以下のものを機内に持ち込もうとしておりますが、ダメなものはありますか?

 ・お菓子(かっぱエビせんやポテチの小袋、チョコなど)
 ・ニンテンドーDS
 ・携帯電話(music playerとして使用するつもり)
 ・歯磨きセット
 ・薬セット(かぜ薬・胃薬・オロナイン・目薬など)
 ・化粧道具一式(ローションなど含む)

(2)化粧道具の中に眉カットバサミと毛抜きをいつも入れているのですが、それは持ち込めないでしょうか?

(3)長時間のフライトはどうやって過ごせばストレスがかかりませんか?

いろいろと教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

○は機内に持ち込めるもの。×は機内に持ち込めないので、預け荷物の中に入れる。
・お菓子
  かっぱエビせん ○
  ポテチの小袋  ○
  チョコなど   ○
  カップヌードルなど、牛肉が使われているものは、アメリカに持ち込めません。
  成田(または関西)で出国手続き終了後、購入したミネラルウォーターやジュース、ゼリー状の
  お菓子などは、機内に持ち込めないので、全部食べたり、飲んでください。

・ニンテンドーDS ○
  但し、離陸後シートベルト着用サインが消えるまでの約10分間と、
  着陸前のシートベルト着用サイン点灯後約10分間、合計20分間は使用できません。
  iPod、デジタルカメラ、ビデオカメラなどの電子機器も、この規則が適用されます。
  地上の景色が撮れないのが残念です。レンズ付きカメラを使いましょう。

・携帯電話(music playerとして使用するつもり)
  機内には持ち込めます。でも、電源を入れることが出来ないので、music playerとして使用できないでしょう。
  「電波が出ないようにして音楽を聴いている」と説明しても、外観が携帯電話なので、たぶん無理。
  それと、飛行機を降りてから入国審査のブースを出るまでは、使用できません。
  iPodなどは使えます。

・歯磨きセット
  歯ブラシは○。でも、歯磨きペーストは×。粉の歯磨き粉なら○
  液体のモンダミンやリステリンも×
  歯磨きガムは○

・薬セット 
  かぜ薬・胃薬は、粉または錠剤なら○
  オロナイン・目薬は、ゼリー状と液体なので×

・化粧道具一式(ローションなど含む)
  ゼリー状のもの、または液体は×。

・眉カットバサミ×
 毛抜き    ○

離陸後1時間くらいすると食事になります。食後はひたすら寝てます。
着陸2時間前になると軽食が出ます。
また、軽食後はI-94Wという緑色の縦長の入国書類が配られます。飛行機を降りる前に記入しましょう。

フライト中は、エコノミー症候群(肺塞栓症)防止のため、CAさんが頻繁に飲み水を配っています。
アメリカ系の航空会社だと、頼めばジュースや水を持ってきてくれますが、ギャレーの所に
これらが置いてあって、好きに飲めます。

エコノミーの客室はフライト中、ずーと起きている人が多いですが、時差ボケ防止のため、
なるべく寝たほうが良いです。ビジネスクラスの客室は寝てる人が多い。

ギャレーの後ろの壁の席は、小さいお子様連れのお客様が居る時が多いです。
子供が泣くと眠れないので、僕はここから離れた席を指定しています。

飛行機の機種によっては、各席にテレビが付いていないので暇を持て余すこともあります。

○は機内に持ち込めるもの。×は機内に持ち込めないので、預け荷物の中に入れる。
・お菓子
  かっぱエビせん ○
  ポテチの小袋  ○
  チョコなど   ○
  カップヌードルなど、牛肉が使われているものは、アメリカに持ち込めません。
  成田(または関西)で出国手続き終了後、購入したミネラルウォーターやジュース、ゼリー状の
  お菓子などは、機内に持ち込めないので、全部食べたり、飲んでください。

・ニンテンドーDS ○
  但し、離陸後シートベルト着用サインが消えるまでの約1...続きを読む

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Q錠剤を機内持ち込みするには…

初の海外旅行をする予定です。

色々勉強中ではあるのですが、是非旅慣れた方に教えていただきたいことが。

私はとても心配性でして…少しでも遠出をする時は
バッグの中に常に痛み止め・正露丸・胃薬など3種類ぐらいを
持ち歩かないと落ち着きません。

普段は錠剤をサプリケースみたいなのに入れて持ち歩いていますが、
国際線の飛行機はそれをポンッと持ち込み用バッグに入れていても
大丈夫なのでしょうか?

液体の薬や処方箋ありの常備薬などについてはわかりやすい答えを
探し出すことが出来たのですが
ただ単にお守り代わりとして持ち歩いている分はどのようにしていたら
大丈夫なのでしょうか。

(1)3錠ずつぐらいをサプリケースに裸で入れている
(2)なので傍目から見たら何の薬かわからない状態。

薬局で購入したままの箱入り・瓶入りの状態では無いと
機内持ち込みは不可能なのか。

ご存じの方、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今まで数十回と海外に行きましたが、通常はポーチに痛み止め、風薬、胃薬、バンドエイド、下痢止め剤等をいれてスーツケースに入れますが、体調不良の時はバッグに入れて機内に持ち込みますが、一度も指摘されたことがありません。但し、質問されたときに回答ができるように薬の瓶と箱に入れたまま持ち込みます。ばらで持ち込むと説明するのに大変です。外国の出国審査時には日本語の判る係員がいますので説明すれば判ってくれると思います。

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qスーツケースにペットボトル!!

いつもお世話になっております。

過去のご質問も検索したのですが・・・
よく海外旅行に行く時にペットボトルをって
みなさん書かれてますよね。
飛行機の中で空気が乾燥して喉が乾くからと。
(いちいちキャビンアテンダント呼ぶのもなんですし)
それって持ち込みってことですよね。

今回の質問はちょっと異なります。

海外に行くとミネラルウォーターはあるんですけど
烏龍茶ってあんまり種類がないですし、
あっても値段が高かったりしますよね。
そこでスーツケースに何本か持ってったりした方っていらっしゃいますか??
タオルとかで巻いておけば衝撃も防げますし、
買ったばかりのだったら漏れも防げますよね。

過去のご回答でお茶パックを持って行く方もいらっしゃいましたが
水出しのって苦手で・・・

行き先はカンクンなんですけども・・・
ご経験者の方いらしたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは!
私はヨ-ロッパに住んでいたので、何十回もの日本との往復の度に
ペットボトルを持って行ってました。2リットルのペットをトランクに
いれてました。万が一の為にタオルにくるんでれば平気ですよ!
少し重くても、どうせ飲んでしまうので帰りは荷物にならないし
異国で飲むお茶の味は格別です!
最後に・・重いペットボトルはトランクに入れるときには、
タイヤの付いている下の場所に入れるといいですよ。
いいご旅行をなさって下さい。

Q飛行機で預ける手荷物はスーツケースでないとダメ?

海外旅行の経験は少ないのですが、今まで日数の少ない場合はスポーツバッグのようなかばんを使い、預けずに機内持ち込みにしていました。
しかし最近は液体の機内持ち込みが色々厳しくなったと聞きますので、いっそ預けてしまった方が楽かとも思います。ただ荷物がそんなに多くもないのでわざわざスーツケース(手持ちのはやや大きめ)を引きずっていくのも面倒で迷います。
そこでお聞きしたいのですが、スーツケースでも破損することもありうるという委託手荷物に、スポーツバッグ(ナイロン製のもの)で預けるのはやはり危険でしょうか?破れたり中身が壊れたりなど…。
経験者の方アドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私はスーツケース派ですが、ダンナさんは韓国旅行や国内出張あれば、コロコロ引っ張れるキャリーの足と、ナイロンスポーツBagが合体したようなもの(東急ハンズで買いました)を使っています。
ペットボトルや液体系を無造作に突っ込んで帰ってきますが、破損したことは今まで1度もありませんでしたよ(^^ゞ
もし、心配だったら大きなZIPロックに予め入れておいて(ドラッグストアなどで様々なサイズを見かけます)から預ければ、予防にもなるしよっぽど大丈夫だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング