ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

人類の生産力発展の画期としての革命を設定する場合、次のような区分ができるでしょうか。

第一の革命=狩猟・採集から牧畜・栽培へ(原始)

第二の革命=石器・青銅器から鉄器の使用へ(古代)

第三の革命=道具から機械へ(近代)~いわゆる産業革命~

第四の革命=機械・工業から情報へ~いわゆる第三の波~

*第二と第三の間に、道具や農具などの発展(中世・近世)がくるかもしれません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 回答でなく、感想です。



 確かに、設定が大雑把で曖昧ですけれども、質問を面白く拝見しました。

 それぞれの時代や時期、そして想定している地域の、社会体制や経済の変化などについて、質問者の念頭にある事柄について教えて頂ければ、もっと面白く興味深くなるように思いました。

 いろいろな回答と応答を楽しみにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやいや、もうやめとこうと思いました。
ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2012/08/18 09:55

 まったく用をなさない。


 はじめに「画期としての革命」とはどんなことなのか分からない。
 第二の革命~第四の革命の部分はいわば道具の変化についていっているのに、第一の革命のところは違う。
 第四の革命と称する情報は突然出てきたものではない。狩猟採取のときから情報は常に必要欠くべからざるものだった。

 第一の革命→捕りっぱなし、作りっぱなしが、蓄積・再生産へのつながる筋が見えない。
 第二の革命→そりゃ戦争では鉄は必要だけど、普段の生活では青銅器でも使い物になるはず。なぜ変わっていったか、あるいは必然があったのかの視点がない。そもそもこれは革命か?
 第三の革命→要はマスプロダクションだよね。なぜマスプロが有用だったんだろう?市場かな?通貨はどういう動きをしていた?どういった情報に価値があったか?(そういやロイターのような通信社はこのあたりかな)
 第四の革命→いまの(いろいろ見方はあると思うが)不況と関係あるのか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鉄は、ヒッタイトの台頭、ヤマト王権の成立、など、世界の歴史のいろんな所で重要な働きをしています。他の素材とは飛躍的に違う性質を持っています。
しかし、多くの疑問が出てしまうのですね。残念。

お礼日時:2012/08/18 09:54

 「形ある道具」を基準とするならば、質問者の設定する「第一の革命」から「第三の革命」までは本質的に変わらないでしょうね。


 「第一の革命」の中でも狩猟・採集経済と牧畜・栽培経済との間には、人間が移動することと定住することの段階的違いもあります。この意味では一括りにすることは困難であろうと考えられます。
 「第二の革命」、これは道具の「素材の変化」であり「石器や木器・骨格器から金属器への変化」として考古学や歴史学で説明されています。経済学分野で扱うならば「生産力の増大化」と説明されています。
 そして「第四の革命」。これはそれまでの二つとは質を異にします。それ以前が「形ある物」が主役だった人間の経済活動に対し、「形のない物」が経済活動において大きなウェイトを占めるようになる、こうした考え方(アルビン・トフラーの『第三の波』に代表される)は1980年代初頭のアメリカに姿を現し始めます。
 けれどこうした形も元を辿れば「経済学」で説明される「貨幣(または通貨)」の概念の形を拝借した説明であるともいえます。金属片や肖像画が印刷された紙、それ自体には意味がありませんが、そこに「信用との付加価値」を与えることでそれが「使用価値」と「交換価値」を持つ貨幣に変化する。
 この様な観点から言えば、質問者の設定するシェーマは定立し得ないと申し上げさせていただきます。「情報」だけがあってもそれだけでは「物を作る」ことはできず「作った物を売買して利益を得る」ことはできません。また何よりも「人は情報を食べて生きる」ことのできない生物ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり無理でしたか。残念。

お礼日時:2012/08/18 00:38

まず、「狩猟・採集から牧畜・栽培」というほど単純ではありません。

(これが「牧畜・農耕」なら別ですが)
狩猟の時期にも「栽培」が行われていることがあります。
また、牧畜の時期にすでに金属器が使われることもあります。
「機械」も産業革命以前に存在します。

ちょっと区切り方が荒すぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「狩猟・採集から牧畜・農耕」のつもりで書いていました。栽培では語弊がありますね。失礼しました。
ちょっと荒かったですかね。
ところで、産業革命以前の機械とは何ですか?

お礼日時:2012/08/18 00:36

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB% …

アルビン・トフラーは
農業革命
産業革命
脱産業社会
の 3つに立っている

史家によって、革命の数はいくつでも 任意
あとは 他人が納得できるかどうかです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ちょっと、第一次産業の革命→第二次産業の革命→第三次産業の革命(ここはちょっと違うかな)、と言っているみたいですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/08/18 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング