マンガでよめる痔のこと・薬のこと

最近改めて人間関係が薄れているという話を聞きました。

人間関係が薄れている理由を考えてみたのですが、やはり一番がネット世代だと思います。
よければ皆さんの意見を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

例えば、途上国では引っ越しをするとき


人脈を辿って車を持っている人から車を
借ります。
引っ越し業者など存在しませんから、そう
やるしか方法がありません。

そのためには、人間関係を濃厚にしておく
必要があります。
職探しも同じです。
人材派遣業やら、ハローワークやら、求人募集
なども存在しないからです。
一事が万事です。
人間関係を密にしておかないと生活ができません。

しかし、先進国では事情は全く異なります。
お金さえあれば、問題は解決します。
電話一本を、業者にすればそれで終わりです。
だから、人間関係など密にする必要はありません。
職探しもおなじです。

人間関係が薄れているのは、豊かさです。
だから先進国では孤独な人が増えるのです。
こういう傾向はネット以前から存在しました。
ネットはこの傾向に拍車を掛けただけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/08/18 09:38

インターネットと人間関係との関係性を考えれば、ネットはコミュニケーションの道具なのであり、むしろ世界中のネット愛好者を結びつける役目をしてきたのですから、それによって人間関係が薄れたというのは逆説のように思えます。


むしろ、ネット世代といわれるような現代の若者における(ネットとは直接関係のない)風潮が従来の人間関係を軽視している、あるいはわずらわしいと感じているということなので、そういったことが事実なら理由はネットとは無関係ということもありえるかもしれません。

人間は基本的に社会的な動物なのですから、人間関係を拒否して生きることはできません。はっきりいって日々の食べ物を得るにも不特定の他人の働きに依存しているのです。身近な生活必需品も自分で一から作れるものはほとんどないでしょう。そういった依存関係を享受しつつ普通に生きていながら人間関係を拒否することは矛盾であり、はっきりいって誰にもできないのです。そういったことを念頭に置けば、現状での若者を中心とした人間関係の希薄化は社会的には決して好ましいことではないと思われます。
一般的には人間の社会関係は血縁関係が基本になっていて、親子、兄弟、大家族、縁戚関係がありますが、文明化が進むにつれて核家族化が進行し、さらには個人主義が進行してひとりひとりがばらばらになってきたということでしょう。同様に生活の場のコミュニティにも核家族化、さらには個人化が進行しているということです。社会と技術の進歩でそういう暮らし方が(コストの低下を促し)可能になったということで、そのほうが気楽だ、自由が増す、という思想の変化、意識の変化がそれを助長してきたのだと思います。
結構なことなのですが、一面ではその傾向が行き着くところまで行った結果、社会コストの反転上昇がはじまり、孤老の増加、孤独死の増加、精神病の増加などの好ましくない弊害も増えています。人間は精神的にも他人とのつながり、関係性をなくしては生きられないのでしょう。
新しい人間関係とコミュニティの構築がひつようなのではないでしょうか。
    • good
    • 2

人間関係が薄れているということは、各人が独立しつつあることでもあります。

戦後教育の成果として人権や民主主義の進化の証でもあります。しかし、いじめや学級崩壊が日本社会の進化を妨害する要因になっています。将来、今の子供たちが、ニセ宗教やニセ革新団体に誘惑されないことを願うばかりです。
    • good
    • 1

インターネットや携帯メールなどの発達が人間関係が薄れた大きな要因だと考えている人も多いかも知れませんが、問題はそれほど単純ではないと思います。



例えばお菓子を買うこと一つにしても、50年前私が幼いころは近所の駄菓子屋に行って、店のおばさんに「雀の卵(菓子の名前)を5円がた(5円分の意味の方言)ちょうだい」と言わなければ買えませんでした。自分が欲しいものを欲しい分量だけ手に入れるためには、幼い子どもでも大人にわかるように話す必要があったということです。また店のおばさんは子どもの客でも常連であれば、どこの家の子どもであるか知っていました。

しかし今はこうした駄菓子屋はほとんど姿を消しました。子どもでもスーパーマーケットやコンビニエンスストアに行けば、お菓子をかごに入れてレジに持って行くだけで、ひと言も言葉を発しなくても菓子が買えます。それどころかネットで注文すれば店に足を運ぶ必要すらなくなりました。食べ物を買う場合に限らず、交通機関の切符を買うのも、音楽(昔ならレコード)を購入することも自宅にいながら可能です。一人暮らしの人の休日ならば、朝から晩までひと言も他人と話さなくても暮らせる時代になってしまいました。

また、子どもの暮らしも変わりました。私の子ども時代のように年齢の異なる子どもたちが、放課後などに屋外で集団で遊んでいるのを見かけることは、都市部ではほとんどなくなりました。年齢の異なる子どもたちの集団の中で、友達(人間)関係を作っていく(学ぶ)貴重な機会が少なくなっているのだと思います。子どものころからこれでは、身近な人間関係が昔に比べて希薄になるのも無理はないと考えます。

ただし、見方を変えれば、現代はインターネットや携帯メールなどの発達によって、(ネットワークにアクセスできる環境であれば)世界中の人との直接のコミュニケーションが可能になった歴史上初めての時代です。社会の変革の過渡期にあることは間違いなく、ネットの発展による個人のコミュニケーション能力の増大は、身近な人たちとの直接の会話が減った分を補って余りあるものになっているのかもしれないと思います。単純に人間関係が薄れた(希薄になった)のではなく、広い範囲に拡大した(拡散した)のだと考えれば、人間関係の総量というか、一人当たりの人間関係の濃度に人数をかけ合わせた積は変わらないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/08/19 09:45

 近代以前の社会では、人々は生まれた地域で一生を過ごすのが普通でした。

よく知っている者同士の付き合いなので、濃密で永続する人間関係が当然のこととされていました。

 近代社会では、職や住居の都合で、人々が流動するのが普通になりました。近代化、産業化、都市化と形態は様々ですが、近隣社会の古い人間関係が崩れ、隣はなにをする人か分からないという社会へと変わっていきました。

 人間関係の希薄化という現象は、この時期から指摘されています。決して最近になって顕著になったものではありません。また、ネットは、もともと人間関係をつくるスキルや意思が足りない人々の逃避先なので、ネットが無くなればもとに戻るというのではないでしょう。

 それはともかく、日本の場合、近隣社会に代って職場社会が新しい人間関係を作ってきました。企業や官庁は仕事を提供するだけでなく、終身雇用を通じた仲間意識を醸成し、近隣社会の役割を引き継いだわけです。

 しかし、厳しい国際競争のなかで生き残るために、こうした温情主義的な経営は捨て去られています。正規雇用を減らし、非正規でまかなうか生産現場を海外に移す戦略がその典型でしょう。今朝の新聞は、経営不振のシャープが2000人の希望退職をすると報じています。シャープは、従来、一度もリストラをしたことがない会社として評判でした。しかし韓国、台湾、中国との競争に勝ち残るためにはこうした古い温情主義は無用になりました。

 さらに介護保険の発足は、親子の関係だけでなく、近隣の見守り機能の弱体化を招きました。歴史上経験したことのない少子高齢化の進展が原因なので、介護保険がなくてもこの流れを食い止めることは不可能でしたが、ここでも人間関係の希薄化が認められます。

 それでは、将来はどうなるのか。おそらく血縁、地縁、社縁など古い縁や絆による人間関係の復活ではなく、市民による新しい人間関係の強化、具体的にはNPOや社会的企業の果たす役割の増大がカギになるのではないかと期待されています。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/08/19 09:46

ネットなんてネットがキライな人が作った説ですよ


私はいくら考えても「個人主義の拡大解釈」が原因だと思います

自由と権利を振りかざし誰に何を言ってもしても自由なんだ!権利なんだ!とほざく多くの人
国や政治や外交なんて関係ない
個人が最優先で全てだっていう考えが社会をじわじわ侵してきました
それにまだ気づかない、いや気づかないふりをし続けるならもう日本は終わりでしょうね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/08/19 09:46

昔ならせいぜい遠隔のやり取りは電話 電話も最初は親が出ちゃうから かしこまって挨拶を言ってから


本人へ・・・ こんな面倒なものなら学校で、職場で面と向かって話す
携帯電話なんか無かったから、急に予定を変更したりすることは罪悪だったので
時間も守り事前準備なんて当たり前すぎて、教えたり教わる必要もなかった
家にかえれば自分 学校いきゃあ他人との交流 ON・OFFがきっちりしていた。

今はどうだろう
便所だろうが風呂だろうが「今何してるの?」のメール プライベートを土足で上がりこまれたこの無粋さ
しかも、自分の都合で夜中だろうが早朝だろうが送りつけて、返事を返さないほうが悪いと
抜かしやがる、自分主義 王様主義のこの一方通行な会話でも交流でもなんでもない

そのうえSNSチラ見しただけでそいつの事全部わかったフリ
更に、人様の行動が気になって気になって仕方がないのか、飽きもせず毎日アクセス
こんなくっだらない 本当にどうでもいい事を、四六時中してるから、実際合っても会話がない
ねたがない、重要なことが思いつかない まあいいやコメントのこしとけばってね

いつでも指一本で連絡すりゃ俺に合わせて物事が進むと信じてやまないから
平気で遅刻 言い訳は電車が遅れた 渋滞で その時間混むのはわかっててやっている
そのうえ 書類忘れた ~がない まあメールで添付して送るのでいいですか?
どっちがクライアント様だと思ってるんだ?

こういうバカばかりに増えて爪の垢ほどしか「携帯電話なんて高々道具に過ぎない 自慢でもないし
子供のおもちゃ」なんて考えて、式礼をわきまえてるやつなんていなくなった。

そんな使い捨てのペラッペラなヤツばかりなので、金儲けために動いてもらって終わればポイ
そんなもん鼻紙見たいなもん
まあ何百人と付き合ってきた中には、珍しくマトモな頭のヤツがいるから、握っておく
そのためには礼は欠かさない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/08/19 09:44

対話不足から、きていると考えます。

電話。メ-ルも結構ですが、面と向かって話す機会が必要とかんがえています。が、現実は、時間がないと感じる次第です。 いろんな人と話すと思い機会があれば飛び込む。といったことができればと感じます。
あまりうまくは、いえないですが。これにて。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2012/08/18 09:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む

Q人間関係が希薄になってきているとはどういうことですか?

平成生まれです。
よく「昔(昭和後期)と比べて人間とのかかわりが希薄になっている」とか、「地域のコミュニティが機能していた」という昭和生まれの人の声を聞きます。原因としてネットなどがあげられ、引きこもりやニート、不登校を作る社会背景がよく問題にされますが、私は、人間関係が希薄になっていると感じたことは無く、なぜそのようなことが言われているのかわかりません。
もし、人間関係が希薄になりつつある状況に耐えられない人々が大勢いるのであれば、時代がどう流れたところで、希薄化する方向には向かわないと思うのです。
単に昔を美化しているようにも聞こえますし、人間関係が実際に希薄になっているのだとしたら、人々が互いに面倒な部分を少しずつ切り捨てているということだからいいのでは、と思ってしまいます。

人間関係が希薄になっているというのはどんなことですか。
また、なぜそのように考えるのか教えてください。
そのように思わない方は、理由も教えてください。

Aベストアンサー

昭和生まれです。

単に村社会や長屋や集合住宅からから、隣人も知れぬマンション化したり都市型社会に移ったりしたこととか・・・、
男も女も労働者として遅くまで社会で働き、
町会やPTA、昼間に機能している専業主婦同士のネットワークがすくなくなり、訪ねようにも昼間は家は誰もいてないとか。(地域間の社会性の低迷)
家族内の人数も減り、大家族から核家族化したこと。両親共働き化(家族間の社会性の低迷)
少子化により兄弟間による摩擦など。(兄弟間の社会性の低迷)
ちなみに今の出生率は1.37。昭和中期は4.54。

第二次ベビーブーム以降、日本人の絶対数が減ってきてるのですから
否が応でも人間関係が希薄化してきたと言うことでしょう。

一人遊びするにも今ではネットやゲームもあげられますが、
昔は家にそんなものもなく、、一人で家に篭るのも退屈でしかたがないもので娯楽も少なく外で皆と遊ぶしかなかったんです。
今では
リアルで人付き合いやコミュニケーションが取れなくても、ネットで自己表現もバーチャルな人間関係を作ることもできます。良し悪しは別として方向性が昔と違ってきているということでしょう。中には篭ってオンラインゲームばかりしてネットの友達で誕生日を祝ってもらってたりして、リアルで子供に友達が少ないと(リアルで充実して欲しいと)嘆いている親御さんもいます。

かといって昔がいいというと良い面もあったでしょうが、濃密な人間関係は鬱陶しい面もあったことはたしかです。物事には良い面も悪い面も付きまといます。地域のコミュニティが機能していたのもいいことでしょうが、周りが皆顔見知りの大人ばかりだと監視も行き届いて悪いこともおちおちできません。

希薄化した人間関係は人付き合いの煩わしさもなくなってきてるのだからいいというのもたしかですが、それに伴って失うものもあります。
何を失ったかは今を生きる若者にはどうでもいいことです。
昔を経験することはできませんからわからなくて当然です。話を聞いたりして推し量ることしかできません。
昔と違うんですから。今は今。昔は昔です。
だから質問者さんは人間関係が希薄だと感じなくてもいいと思います。
単に
昭和後期なら今で30歳ぐらい平成生まれなら今で20歳
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/kihon1/00/00.htm
昔(昭和後期)はおよそ1.25倍ほど人が多くて、否が応でもコミットする機会が多く人間関係も今よりちょっぴり濃密だったのかもしれません。小学校だって今では1クラスでも昔は4クラスもありました。

あえて人間関係の希薄さを言うのならコミュニケーション能力でしょうか。ネットなどの情報の豊富さなどインプットの量は昔に対して増しましたが、今では人口減、携帯メールやネット普及などで対人関係の中で実際にアウトプットする機会は減ってきています。でもそんなもの個人差もあるし、人の中で磨けばどうとでもなるものです。
別に最近の人がすべて希薄になっているとか、昭和の人がすべてが濃密な人間関係を送っていたというわけでもありません。

でも数年前の新聞の調査(http://sakura4987.exblog.jp/3616257/)でも人付き合いや人間関係が希薄になりつつあると思っている人は多いそうですよ。それが良い事か悪いことかわかりませんが。

時代が変わってきてるということでしょうか。

ご参考までに。

昭和生まれです。

単に村社会や長屋や集合住宅からから、隣人も知れぬマンション化したり都市型社会に移ったりしたこととか・・・、
男も女も労働者として遅くまで社会で働き、
町会やPTA、昼間に機能している専業主婦同士のネットワークがすくなくなり、訪ねようにも昼間は家は誰もいてないとか。(地域間の社会性の低迷)
家族内の人数も減り、大家族から核家族化したこと。両親共働き化(家族間の社会性の低迷)
少子化により兄弟間による摩擦など。(兄弟間の社会性の低迷)
ちなみに今の出生率は...続きを読む


人気Q&Aランキング