専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

日本政府は直近の竹島問題を国際司法裁判所に提訴する構えですが、先に同類問題のあった北方領土のケースでは国際司法裁判所に提訴しませんでした。

これらの外交問題対応の相違を対比すると後者では北方領土の領有権を日本は主張しなかった事を意味する事になって不法占拠中の某国の思う壺だと思います。

第2次世界大戦で日本が敗戦の折のドサクサに火事場泥棒宜しく北方領土を不法占拠した某国を日本政府は容認して北方領土の領有権を自ら放棄する積もりでしょうか?

日本の外交問題対応の不手際が云々されていますが、ここでは現在の政権によって戦後最大の不手際を露呈する気配が濃厚です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

北方領土は、大戦終結を目的としての『ヤルタ会談』で米・英・ソが、戦後処理に関する秘密裏の取り決めで、当時の国際連盟条約に反する『領土の問題』を決定していたからです。


1.日本による全占領地の返還。
2.ソ連の北方領土占領。
3.米の全日本の占領。日米講和後も、沖縄・小笠原の占領支配は続いた。

千島列島全域は、樺太との領土交換条約により、平和的に日本固有の領土となっていた。『ポツダム宣言』を受諾し、日米単独講和した時点で、日本政府はヤルタ協定を承認した(米に逆らえないから)。
ポツダム宣言受諾は、『宣言の内容に同意して敗戦を認める』と言う条件での敗戦同意であり、同宣言は国際連盟加盟の各国も、遵守が義務づけられる筈のものである。従って、ヤルタ協定は国際法上無効である。北方領土問題を四島返還論に矮小化したのは、歴代自民党政権の負け犬根性である。

竹島問題は、朝鮮半島の南北分裂・対立による朝鮮戦争停戦後のドサクサに、李承晩軍事独裁政権が、日本の合意もアメリカとの協議もへないで、日本海(韓国では東海)上に勝手に設定した『李承晩ライン』を国境線とするというもので、歴史的根拠が争われている。問題が明治政府による日韓併合にまで遡るので、最初の利用者は誰かという問題が焦点になる。日韓併合以前に韓国の領土だったとする根拠も明白でない。安全な船着き場もない孤島で、最初に燐鉱石を採取したり、ラッコ猟をしたのは島根県民であった。
日本は過去三回、国際司法裁判所に提訴したが、韓国が応じようとしなかった。日本船が接近すると銃撃を受ける危険な状態。アメリカが守ってくれないのだから、何のための安保条約なのやら。
以上ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました

お礼日時:2012/08/20 08:00

おっと済まねえ。

「提訴した」じゃなく「共同付託を旧ソ連に提案した」が正確だったな。

終わりのほうで気を抜いて、不正確なことを書いちまったよ。悪いが読み替えてくれっかい。
    • good
    • 0

強硬姿勢をどんだけ見せて大丈夫かってのと、敗訴する可能性がどんだけあんのかってのとを考えてんじゃねーかな。



竹島は、尖閣諸島の都有化や国有化っつー動きに触発されたって背景があるとはいえ、つまりは韓国から見りゃ領土問題について日本側にきな臭い動きがあるように見えたとはいえ、韓国の強硬姿勢が目に余るほどだったろ。日本政府に対抗手段として強硬姿勢を見せるべきって考えがあんじゃねーのかい。

加えて、韓国の実効支配も専ら軍事力頼みで住民の平穏な定住がねーだろ。国際司法裁判所で日本が敗訴する可能性はほぼゼロっつー見通しが立てられてるんだろうよ。

北方領土は、ロシアが実効支配した状態でのこう着が続いているだろ。均衡状態にあるともいえるしな。日本が急に強硬手段を採っても、国際理解が得られる状況にないと日本政府は判断してんじゃねーのかな。

それに、住民の平穏な定住が継続している。国際司法裁判所に限らず、第三者機関が現状を優先させて裁定することはありうるし現にままあるだろ。敗訴する可能性がゼロはねえって分析をしてるんじゃねーのかな。


国際理解を得られず敗訴する可能性も低くない手段をあえて選ばないことは、不手際じゃなくむしろ良い選択だと俺は思うなあ。かつて旧ソ連相手に北方領土について提訴したときとは、状況があまりにも違ってしまってるからよ。
    • good
    • 0

相手がロシアと韓国じゃ わけが違うよ

    • good
    • 0

日本はいま三つの領土問題を抱えています。

一国だけでも大変なのに三つなんて無茶です。
ここは三つのうち唯一の親日国であるロシアには譲歩し、プーチンさんが提唱している引き分け案を受けるべきです。
ロシアは軍事的には世界ナンバー2で味方になれば心強いです。ロシアだって中韓より本当は日本と組みたがっています。
中東だけに石油を依存すべきではありません。ホルムズ海峡は不安定です。しっかりとシベリアの石油を確保すべきです。
いつまでも四島にこだわれば日本は大きな損失を受けます。二島で手を打ち、親日国ロシアと手を握り、更に尖閣を東京都に名義変更したのち、沈静化させ中国とウィンウィンの関係を構築し、孤立した韓国にプレッシャーをかけるべきだと思います。
日本は徒に他国と喧嘩すべきではありません。韓国は向こうから慰安婦や竹島で喧嘩を売って来たので仕方なく受けます。こちらが喧嘩をふっかけたのではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました

お礼日時:2012/08/20 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング