マンガでよめる痔のこと・薬のこと

医療保険の加入を検討中です。
尿酸値が高く、薬を飲んでいます。薬で平常値まで下がりました。

保険加入するのに

いくつかの保険会社を手がけている大手の総合保険会社(保険見直し本舗・保険相談センターなど)

で申し込むのと

いくつか手がけているけれども、個人でやっているような小さいな総合保険会社で申し込むのとでは

大手のほうが、加入審査が緩いということは有り得るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(Q)大手のほうが、加入審査が緩いということは有り得るのでしょうか?


(A)そういうことはありません。
審査をするのは、保険会社の審査部門で、
個人代理店・総合代理店に関係なく、公平に審査されます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。 
親切な小さい代理店でお願いすることにします。

お礼日時:2012/08/21 13:35

NO1の方が書いているように代理店によっての違いはありません。


しかし保険会社によって基準が違うのでA生命保険会社ではダメだったけどB生命保険会社では契約できたということはあります。
指摘時の尿酸値、現在の尿酸値、服用中のお薬、発作の有無などを漏れなく告知することが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 
親切な小さい代理店でお願いすることにします。

5年も前のことはうろ覚えなのですが、なんとかがんばって書いてみます。

お礼日時:2012/08/21 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痛風の告知でオリックス生命に加入を断られました

オリックス生命に、定期死亡保険(ブリッジ)の申し込みを却下されました。

私は45歳で痛風のため、あらかじめ電話で相談したところ、痛風でも程度によっては加入できるとのことだったので、申し込みをしました。
しかし、一週間以上後で、断りの郵便が届きました。

27歳のとき痛風の痛みが生じましたが、ここ10年以上痛風発作はありません。
薬はウラリットとユリノームという一般的なものです。
手元に残っている尿酸値の記録では、平成19年から7.0、3.7、4.4、7.0、3.9、5.0、4.2、5.4、6.0、3.9、4.9という数字です。
7.0という高めの数値もありますが、平成21年以降は低めで安定しています。
最後の数字は一か月前のもので、すべてオリックス生命に伝えました。

尿酸値をおさえる薬を飲んでいますが、それ以外はタバコも吸わず、血圧も体重も標準です。
同世代の中では超健康体と自負しているだけに、一体、何がダメなのか分かりません。

どなたか詳しい方、どうして却下されたと思われますか。
また、痛風は何がどう評価されるのか、ポイントを教えてください。

オリックス生命に、定期死亡保険(ブリッジ)の申し込みを却下されました。

私は45歳で痛風のため、あらかじめ電話で相談したところ、痛風でも程度によっては加入できるとのことだったので、申し込みをしました。
しかし、一週間以上後で、断りの郵便が届きました。

27歳のとき痛風の痛みが生じましたが、ここ10年以上痛風発作はありません。
薬はウラリットとユリノームという一般的なものです。
手元に残っている尿酸値の記録では、平成19年から7.0、3.7、4.4、7.0、3.9、5.0、4.2、5.4、6.0、3.9、4.9...続きを読む

Aベストアンサー

申し込み却下のポイントが、2点あります。

1.オリックス生命は、通販サイトから申し込まれましたか?通販というのは安い分、告知審査が厳しい会社が多いです。
つまり、入れる可能性は100%か0%ですので、まさに程度が0%に近い水準になると、却下にならざるお得ない、ということでしょう。

2.保険の種類によって、審査の基準が違います。
一般的には、死亡保険金額が高くても掛け金が安い定期保険は、一番審査が厳しいです。次に終身保険、養老保険です。
通常、定期保険は、お子さんがいる世帯主が入るのが大半ですが。定期保険が必要なのでしょうか?経済的に誰かを援助する必要のない…例えば独身は必要ありません。
掛け金が安いのに、受け取る保険金は高い。例えば、一ヶ月だけ5000円の掛け金を払って、亡くなって2000万円受け取れるとしたら…。病気があれば、この保険金が支払われる可能性(亡くなる可能性)も高いですから、保険会社は慎重になりますよね。
補足として、医療系も厳しいですよ。入院◯◯円とか、がんになったら◯◯円など、支払われる可能性が高いので。


もちろん、保険会社によって基準は違いますが、保険料が上がったり、死亡保険金が3年削減されたり、条件をつけることで入れる会社があります。ようはイエス、ノーではない枠を設けている、ということです。
そちらへ相談されたらいかがでしょうか?

くれぐれも漢字名ではなく、カタカナやひらがなの生命保険会社をオススメします。

申し込み却下のポイントが、2点あります。

1.オリックス生命は、通販サイトから申し込まれましたか?通販というのは安い分、告知審査が厳しい会社が多いです。
つまり、入れる可能性は100%か0%ですので、まさに程度が0%に近い水準になると、却下にならざるお得ない、ということでしょう。

2.保険の種類によって、審査の基準が違います。
一般的には、死亡保険金額が高くても掛け金が安い定期保険は、一番審査が厳しいです。次に終身保険、養老保険です。
通常、定期保険は、お子さんがいる世帯主が入るの...続きを読む

Q生命保険保険について

尿酸値とコレステロール値が高いと生命保険に加入出来ないのでしょうか?

全てしっかり薬で管理調整しており、健康診断の結果は全て基準値内です(全てA判定)
高血圧でもなく糖尿病でもなく、現在加入中の生命保険には加入できています。

生命保険の中には高血圧、糖尿病はOKでも尿酸値、コレステロール値(全てしっかり薬で管理)が高いどダメな保険は多いのでしょうか?

このような保険歌詞は初めてです。他に持病は全くありません。

何かリスクを考えているのでしょうか?

皆様方の御意見をお聞かせ頂けたらと思います。

Aベストアンサー

No1です

緩和型なら可能だと思います、大きな死亡保障はないですが...

一般生命保険も2.3社、診査と契約申込みをしてみると良いですよ

保険会社により違いますから ^_^

一週間程度で結果が出ますから、条件が付く場合は、どんな条件か連絡が来ます

嫌なら契約取消も出来ますし、保険料を支払った場合、戻ります

私の経験上、一般生命保険で、何らかの条件は付く可能性はありますが、加入出来ると思います

ギリギリOK!みたいな結果もあります

お断りや保険料割増(主に体重オーバー、喘息) は低いですよ

Q保険加入の際の告知義務について

主人の生命保険の加入を検討していますが、去年痛風を発症しています。
2度ほど病院に行っただけで、定期的に通院したり薬を服用したりはしていないのですが、
やはり告知しないと駄目ですか?
また、中性脂肪値やコレステロール値も高いのですが、
その値によっては保険に加入できないということもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
昨年の痛風(高尿酸血症)による通院、定期健診での高脂血症再検査等の指摘については、もちろん告知しなければなりません。
いずれも、保険契約締結にあたり重要な事象であり、告知をしなかった場合には告知義務違反に該当し、保険金の不支給や最悪契約解除ということもあります。
面倒ですが、病気の大小にかかわらず、告知はありのままに全て行うことが原則です。

まず、痛風の通院歴のある場合は割増保険料という特別条件が適用されます。保険会社によって違いますが、通常は治療後5年以内は適用ですので、ご主人の場合もおそらく割増保険料の適用でしょう。

高脂血症の場合は、質問者様のおっしゃるとおり、コレステロール値や中性脂肪値等の程度により、割増保険料という特別条件が付いたり、割増金の程度も変わってきます。その条件適用の基準ですが、保険医学の基準は一般にややゆとりを持っているといっていいでしょう。定期健診で指摘を受ける値であっても、保険では無条件というケースもあるのです。

結論として、「定期健診の診断書の提出」による診査扱いの保険に加入することがベストですね。
特に、コレステロール値、中性脂肪値、尿酸値等、できるだけ詳細にわたる検査がある方が良いですね。
たぶん痛風の定期通院の必要が無いのだから、尿酸値は基準内に収まっているのでしょう。そして、血液データも基準より少し超えているだけであれば、最も低いランクの割増保険料の特別条件適用にて契約できる可能性もあるでしょう。

こんにちは
昨年の痛風(高尿酸血症)による通院、定期健診での高脂血症再検査等の指摘については、もちろん告知しなければなりません。
いずれも、保険契約締結にあたり重要な事象であり、告知をしなかった場合には告知義務違反に該当し、保険金の不支給や最悪契約解除ということもあります。
面倒ですが、病気の大小にかかわらず、告知はありのままに全て行うことが原則です。

まず、痛風の通院歴のある場合は割増保険料という特別条件が適用されます。保険会社によって違いますが、通常は治療後5年以内...続きを読む

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q告知義務を無視してしまうと、どうバレてしまうの?

こんにちは。
下の質問の続きです。
保険契約に告知義務があるので、正直に肝炎であることを告知しましたが、
告知せずに生保に加入することは可能ではあります。

もちろん告知義務違反となるのは分かりますが、
いつどんなときに発覚するのでしょうか?
保険金支払の時に過去のことまで、こと細かく調べ上げるのでしょうか?

バレないから契約したいとは思いませんが、
どうしてそんなことがわかるんだろうと思ったので
どなたかいろいろご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑い深くなり、契約する客よりも、身内の保険募集人を疑う様になりました。

確かに、生損保合体、外資の躍進、保険販売のコンサルティング化で、所謂昔ながらの生保外交で中々数字を挙げるのは難しく、コンプライアンスに抵触しても、保険を売ろうという輩が増えているのです。

macchan72さんにも、違う会社が「大丈夫です」と言うかもしれませんが、果たして本当に必要な時にその人はもう会社にいないでしょう。

現在、外資や国内生保の一部にもコンサルティング営業をしている部署がありますが、彼らは保険金を届けるところまで担当しますので、保険監査にも契約者に替って交渉、実際に一銭でも多くお金を取ってきます。ある意味で代理店よりも信頼ができます。

それから、告知義務違反を約款で2年といっていますが、この限りでは無いことが注釈や補足に必ず書いてあります。

現在は医療機関の「カルテ開示」が叫ばれ、一部法案化されようとしていますが、こうなると、保険会社は益々情報収集がやりやすくなります。
民間診療所なら「患者のプライバシーを開示できない」と、きっぱり断る事が殆どですが、中堅クラスから大病院になってくると、関係者は誰でもカルテを見ることができてしまいます。この点ね併せて考えなければいけない大きな問題だと思いませんか?

ちょっと論旨が外れてしまいましたが、要は保険会社は保険金はなるべく少なく払いたいと考えているという事を是非覚えておいてください。

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑...続きを読む

Q農協のJA共済は・・・

親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の満期返戻金もかなり高いレベルで民間にはまず負けない。」とのことです。

友人が言っているのは本当なのでしょうか?
JA共済は、そもそも農協の存在、位置付けどうなんでしょうか?
生保、年金、貯蓄で入っている方はなぜ是と決断したのですか?
民間生保を選んだ方にも反論があればお教えください。
またほかにオススメがありますか?

試しにJA自動車共済(保険)には加入しましたが、今のところ事故もトラブルもなく共済(保険)を利用していませんので分からないところが多いです。金額は他社の損保と比べて安かったです。
参考までにその友人は旧友で、全く私には保険勧誘をムリにしてきません。お客さん(JA会員さんなど)への話を聞いていて自分から勝手に検討しているところです。

親族が千代田生命で、貯蓄の計画が狂ってしまいました。
そんなこともあり私も保険の勉強をしているところです。

友人が農協のライフアドバイザーという保険関係の仕事をしているということもあり、生命保険、年金、貯蓄の面でJA共済を検討しています。
友人の話では・・・
「国内基準、国際基準ともに安全度や健全経営度が高く民間の保険会社と比べても評価が高い。半分は国の機関だし、郵政省の簡保かそれ以上に安全。日本が沈没でもしない限り大丈夫。生保の補償も厚く、年金も安心確実で高額、貯蓄の...続きを読む

Aベストアンサー

tyounさんへ 追加回答です。
うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです。
保険関係は生命・建物・自動車すべてメインはJA共済です。
自動車事故も何度か経験しましたが、対応に問題なかったです。
自動車事故の休日夜間対応がフリーダイヤル受付のみなのも弱いと思います。
保険関係で何かあったら、管轄のJAへ電話すれば担当者が訪問して
対応してもらってます。

私は終身共済に加入していますが、他社と決定的な違いは
  1.JA共済は全期型で払込終了まで比較すると掛け金が他社の更新型に
   くらべ200万円位安かった。
   (他社のセールレディ(おばさん)はうちでは全期型はないといった。)
  2.払込終了時に特約掛金が他社は全納払のみであったがJA共済は
   年払いを選択できた。
このこともありJA共済をえらびました。
しかしJAの職員と仲良くなると、いろんな物を売りにきます。
今日は5月発売の新茶を注文にきた。母が予約していた。

tyounさんへ 追加回答です。
うちはJAの組合員でもあるので親の代からJA共済です。
自分が加入するにあたって他社と比較検討しましたが、JA共済が特に
劣っている点はみつけられませんでした。
前にも書きましたが、JAの職員だからといって共済の知識を全て持ち合わせて
いるかとういとそうではないです。
生命の入院給付が疾病で10日以上でないと支給されないのが弱点かも。
商品開発が他社に比べて遅いようです。(介護給付とか)
疾病入院は4月加入から5日以上入院で支給されるらしいです...続きを読む

Q告知義務について

昨年加入した生命保険について、
加入時の告知事項に少し不安な点がありますので、
お知恵を貸してください。

「過去5年以内に、7日以上にわたり
医師の診察・検査・治療・投薬を
受けたことがありますか?」という質問があり、
「いいえ」と答えたうえで契約をしました。

その時は深く考えることなく「いいえ」と答えたのですが、
最近告知義務違反で保険金が下りないケースが多いことを知り、
改めて過去5年間を思い出してみたところ、

・心療内科で一時的に2、3回診察を受け、 
 特に病名はつかなかったが
 2~3ヶ月程度の投薬を受けたことがある

・眼科で定期的にコンタクト使用のための
 検査を受け、7日間分以上の点眼薬の投与を
 たびたび受けている

・7日間以上にわたり歯科治療を受けた

・風邪で7日間分の投薬をたびたび受けている

ことを思い出しました。

加えて、

・当時、7日間以上整骨院に通っていた
 (一度別の会社で申し込んだ時に、
  医師ではないけど一応その旨告知したら
  契約できなかったことがあったので
  これはあえて書かなかった)

という事実もあります。

これは、告知義務違反として、
今後問題となる可能性があるでしょうか。
もし違反だとしたら、
一度その旨申告して解約し、
新たに契約をしなおしたほうが良いのでしょうか。

契約の当時はこんなささいなことは
告知の必要はないとばかり思っていましたが、
直接給付の原因とならなくても、
虚偽の告知があっただけで「詐欺」となると聞き、
不安になっています。
一体、保険金支払い時には
どのような調査がされるのか想像もつきませんし。

ご回答お待ちしております。
よろしくお願い申し上げます。

昨年加入した生命保険について、
加入時の告知事項に少し不安な点がありますので、
お知恵を貸してください。

「過去5年以内に、7日以上にわたり
医師の診察・検査・治療・投薬を
受けたことがありますか?」という質問があり、
「いいえ」と答えたうえで契約をしました。

その時は深く考えることなく「いいえ」と答えたのですが、
最近告知義務違反で保険金が下りないケースが多いことを知り、
改めて過去5年間を思い出してみたところ、

・心療内科で一時的に2、3回診察を受け、 
 特に...続きを読む

Aベストアンサー

正しい判断をして頂きたく根拠を呈示します。運用には会社ごとに差があるとしても、許認可業界である保険業界ではある程度共通の常識がありますので。不告知して加入した契約を後から告知訂正して事なきを得た方もいらっしゃいますから善後策を考えていきましょう。
↓参考URL

まず貴方の告知行動について整理します。
>その時は深く考えることなく「いいえ」と答えた
>改めて過去5年間を思い出したところ
>一度別の会社で申し込んだ時に~あえて書かなかった

残念ながら行為そのものは過失または故意による告知義務違反と看做されても抗弁できないと推察されます。
つまり「改めて考えたら思い出せたのに、何でその時は深く考えなかったの?」ということです。また「あえて書かなかった」というのは「認識があったのに積極的に不告知を犯した」という故意認定を免れません。

告知義務違反に関する判例は数多くありますが、特に有名な判例から引用します。
「(略)これを告げると被告(保険会社)は通常の形態での原告の保険契約申込を承諾しないであろうとの考えのもと健康状態、受診状況につき被告からのその点についての質問に対して、なんら問題なく健康であると評価される回答の仕方をして虚偽の事実を告げ(略)被告を欺罔して契約させようとの意図を認めざるをえず、その行為は詐欺の評価をくだすほかない」
※札幌地裁 昭和58年9月30日

生命保険加入において「健康状態の告知が重要である」というのは社会的常識である以上、これに反する行為が認められた場合、擁護される可能性は低いと理解すべきでしょう。例えるなら、スピード違反をしている運転者は沢山いるなか貴方が取り締まりに捕まった時に「他にもいるじゃない!だから私を処罰するのはおかしい!」と言っても無罪放免されないのと同じです。

>こんなささいなことは告知の必要はないとばかり思っていた

判断をするのは保険を引き受けする保険会社であり、貴方ではありません。今回の経験を教訓にして良識ある社会人になって下さい。

では次に善後策を考えます。
貴方が加入された商品が何なのか分からないので即断は出来ませんが、医療保険系の商品であればやはり現状のままでは危険だと思われます。

>心療内科で一時的に2、3回診察を受け特に病名はつかなかったが2~3ヶ月程度の投薬を受けたことがある

医師が薬剤を処方する際は必ずカルテに何らかの「診断名」が記載されます。病名診断もせずに処方するのは違反になるからです。いちいち患者に説明するのは合理的でないとの判断でわざわざ患者に告知しないケースもあると聞いておりますので、この心療内科に行って「診断名」が何だったのか確認してください。
その上で後述の対策をとりましょう。

なお業界人のなかには「この病院に二度と行かなければ問題ない」という意見もあるかと思いますが、将来どんなことがあるかはコントロールできませんから私は反対です。

>眼科で定期的にコンタクト使用のための検査を受け、7日間分以上の点眼薬の投与をたびたび受けている

視力矯正のためのコンタクト使用であれば、これはきちんと告知しても問題なく保険加入できると判断されます。但し角膜疾患のためにコンタクトを処方される場合もありますので、このあたりもしっかり確認してください。

>7日間以上にわたり歯科治療を受けた

虫歯や矯正程度であれば告知の必要なしとしている会社も多いです。もちろん告知したとしても加入には支障ありません。ただし口腔外科での治療や「口腔外科を受診するように薦められている」ような場合は告知しなくてはなりません。

>風邪で7日間分の投薬をたびたび受けている

診断が「風邪」や普通感冒というだけなら告知しても加入には問題ないことが多いです。
しかし「風邪と思っていた症状が実は肺炎の前兆だった」というように、風邪症状といえども侮れない場合もあり得ますのできちんと医師から診断名を確認してもらってください。

>当時、7日間以上整骨院に通っていた

原因は何だったんですかねぇ?
交通事故の後遺症治療のため医師の診断に基づいて整骨院に通っていたのか、たんに腰痛で自発的に通っていたのか。後者のような場合であれば、告知しなくても良かったのかも知れません。何故なら整骨院とは一般的に柔道整復師法に基づく施術所であり、医師法に定められた医療機関とは別だからです。多くの保険会社の告知書には「医師による診察、検査、治療、投薬」という質問事項になっていますので、そもそも質問に該当しないからと考えられるからです。
ただし「腰痛と思っていたのが実は重大な内臓疾患の前兆だった」ということも考えられますし、いくつかの判例では「告知書に記載されている以外でも、それを知ったならば保険会社がその条件では引受しなかったであろう事実」も告知すべき重要事項とされていますので確約は出来ません。
私見では実態に照らせば「整骨院」をわざわざ告知するというのは公平性を欠く場合もあると考えますので告知しない行為も容認され得ると思いますが。

以上のような詳細を良く確認して頂いてから、加入生保に告知の訂正を申し出てください。担当者が信頼できる人なら担当者にまずご相談されると良いと思います。

参考までに告知義務違反についての説明を添えます。
ときどき「2年経過すれば告知義務違反にならない」という流言を耳にすることがありますが、これは嘘です。

普通保険約款の告知義務違反の条項では「保険会社が告知義務違反を理由に解除できない場合」として

●会社が知っていたときor過失により知らなかったとき
●会社がその事実を知ってから1ヶ月を経過したとき
●責任開始から2年を超えて有効継続したとき
としています。(※簡略化。また会社により表現相違あり)

この3項を勘違いして「2年バレなければ大丈夫」という風説が流布しているようですが契約から2年間に支払事由があればアウトになります。また告知義務違反の発覚を恐れて2年の間にワザと請求しない行為を故意と判断し契約を無効とした判例もありますので、2年我慢して請求しないというのもアウト。

長文になったので整理します。
●まずは既往歴を良く確認してください
●そのうえで告知の訂正を試みてください
●保険会社からの結果を待ってください

今回のことを教訓にして今後は正しい行動をして下さるようお願いします。
なお生保一般については社団法人生命保険協会でも相談に応じてもらえます。
http://www.seiho.or.jp

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=944396

正しい判断をして頂きたく根拠を呈示します。運用には会社ごとに差があるとしても、許認可業界である保険業界ではある程度共通の常識がありますので。不告知して加入した契約を後から告知訂正して事なきを得た方もいらっしゃいますから善後策を考えていきましょう。
↓参考URL

まず貴方の告知行動について整理します。
>その時は深く考えることなく「いいえ」と答えた
>改めて過去5年間を思い出したところ
>一度別の会社で申し込んだ時に~あえて書かなかった

残念ながら行為そのものは過失または故...続きを読む

Q保険加入の際の告知義務について。健診で「高脂血症」と出ましたが病気確定なのでしょうか。

私(35歳・女性)は現在、共済の医療保険(1年ごとの自動更新・掛け捨て・保障は60才迄)と、民間のがん保険(終身払い)に入っています。
共済をそろそろ見直そうと思っていたのですが、今年1月に受けた夫の会社の主婦健診の結果が、昨日私のもとに届きました。

(1)総コレステロール値が227(基準値150~219)であったため、「高コレステロール血症です。動物性脂肪を控えましょう。」
という健診結果と、
(2)「便潜血反応が確認されたため、精密検査を受けてください」
という健診結果が記載されていました。

(2)に関しては、近く近所の病院に検査してもらいに行く予定です。

ただここで不安になったのですが、↑の健診結果は「発覚した病気(=病気であることが確定)」なのでしょうか?
もし、私の病気が確定したのなら、保険加入の際の告知義務のとき正直に告知するため、入れる保険がものすごく限られてくるか、もしくは月々の掛金が割高になってしまうのだろうかということです。

もし、↑の健診結果は「まだ病名ではない」のならば、病院に行って病名が確定する前に、医療保険に加入し、その際に「医師に病気の診断を受けたことはありません」と言いぬけられるのでは、とずるっこい考えが浮かんでしまいます。
そのように言い抜けて、無事保険に加入後、あらためて病院の精密検査を受ける・・・といった方法をとったほうがいいのか、もしくはそういう考えが無意味なのか、がわかりません。

わかりにくい長い説明(しかもせこい考え)で申し訳ありませんが、アドバイスいただけると助かります。
どうぞよろしくお願いします。

私(35歳・女性)は現在、共済の医療保険(1年ごとの自動更新・掛け捨て・保障は60才迄)と、民間のがん保険(終身払い)に入っています。
共済をそろそろ見直そうと思っていたのですが、今年1月に受けた夫の会社の主婦健診の結果が、昨日私のもとに届きました。

(1)総コレステロール値が227(基準値150~219)であったため、「高コレステロール血症です。動物性脂肪を控えましょう。」
という健診結果と、
(2)「便潜血反応が確認されたため、精密検査を受けてください」
という健診結果が記載されていま...続きを読む

Aベストアンサー

正しい判断をして頂きたく根拠を述べます。

民間生保も共済も「被保険者間の公平性を重視する」という点では同じですので、その公平性を担保するための「告知の扱い」についても似通っています。

例として全労災「こくみん共済」の告知書から抜粋しますと
「過去2年以内に健康診断(略)を受けて異常(要再検査・要精密検査・要治療を含みます)を指摘されたことがあるか」と記載されています。

20020903maxさんの場合これに当てはまりますよね?
ここでは「病気の確定診断をされているかどうか」は問うていません。なぜなら前述のとおり加入者間の公平性を保つためには「医者には掛かっていないけど明らかにリスクがある」という告知も篩にかけなくてはならないからです。

>まだ病名ではない」のならば、病院に行って病名が確定する前に、医療保険に加入し、その際に「医師に病気の診断を受けたことはありません」と言いぬけられるのでは、とずるっこい考えが浮かんでしまいます。

これをやると「故意の告知義務違反」です。発覚したら共済も生保も強制解除になりますよ。ときどき「生保は厳しいけど共済なら大丈夫」などという虚言を巻き散らす人がたまに居ますが「割安な掛け金で組合員の相互扶助を」という共済の趣旨にも反しますからダメです。

民間生保にて告知義務違反をして強制解除された被保険者の裁判が有りますので引用します↓
「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※被保険者が敗訴しています
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より

正々堂々と行きましょう。
そうなると現段階(指摘を受けたが精密検査は未受診)では加入は厳しいと推察します。ちなみに「便潜血反応」で考えられるリスクは軽い方は「痔」重い方は「大腸ガン・直腸ガン」です。高コレステロール血症は将来的に脳卒中・心筋梗塞を始めとした成人病の予備軍です。

まずは保険に使おうと思っていた予算を用いて精密検査・体調管理に専念し、1年後ぐらいを目標に「キレイな身体」になってから申込される方が良い結果につながると思います。

くれぐれも告知義務違反はしないで下さい。発覚して強制解除・保険金不払いに遭った悲劇を沢山見てきていますので。

(認可)共済に関するご相談は社団法人日本共済協会でも応じてももらえます↓

参考URL:http://www.jcia.or.jp/index.html

正しい判断をして頂きたく根拠を述べます。

民間生保も共済も「被保険者間の公平性を重視する」という点では同じですので、その公平性を担保するための「告知の扱い」についても似通っています。

例として全労災「こくみん共済」の告知書から抜粋しますと
「過去2年以内に健康診断(略)を受けて異常(要再検査・要精密検査・要治療を含みます)を指摘されたことがあるか」と記載されています。

20020903maxさんの場合これに当てはまりますよね?
ここでは「病気の確定診断をされているかどうか」は問...続きを読む

Q団体信用生命保険審査について

はじめまして。現在住宅購入を検討している者です。
住宅ローンを組むにあたり、団体信用生命保険の審査において気がかりなことがあります。私は、3年前に痛風の発作を起こしており、それから現在に至るまで、3ヶ月に一度病院に通い、尿酸値の生成を抑制する薬をもらっています。現在は数値も安定しており、何ら健康状態については普通の人と変わりません。痛風(高尿酸血症)はどの程度審査に影響があるのでしょうか?わかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、独立系のFPです。

#2様が正解です。

>痛風(高尿酸血症)はどの程度審査に影響があるのでしょうか?
 団信は死亡に繋がらない病気等には比較的甘いのは事実です。

 くれぐれもお体を大切にされ、夢・希望が叶うよう応援しています。

Q高尿酸値の薬はずっと飲み続けなければならない?

1年ほど前に、血液検査で、尿酸値がやや高かったため
「フェブリク」という薬を処方されました。

その後、尿酸値は下がり、検査は正常値なのですが
薬は処方され続けています。

どのぐらいの数値になったら処方は止まるのでしょうか?

できれば飲みたくなくて、医師にもそのように訴えましたが
ずっと処方が続いています。

Aベストアンサー

(Q)どのぐらいの数値になったら処方は止まるのでしょうか?
(A)目安は、6mg/dl以下です。
しかも、それが一時的ではなく、継続することが重要です。

ついでに言えば、このような病気は、糖尿病の初期段階と同じで、
初期段階では自覚症状に乏しく、なかなか治療が継続しません。
しかし、いったん、痛風と言う症状が出てしまうと、
今度は引き返し不能です。
高尿酸血症や痛風は、心臓・血管系の病気の原因とされており、
コントロールをすることがとても重要なのですよ。

しかし、先に述べたように、なかなか治療が継続しません。
数値が良くなると、薬を止めて、元の生活に戻る、
戻ってしばらくすると、健康診断などで引っ掛かって、
また、治療をする……
数値が良くなると、また、通院をやめてしまう……
痛風の激痛で診察を受けてはじめて、この重大性を知る
というパターンがなくならないのですよ。
質問者様がそのようなタイプの患者なのか、
ちゃんとコントロールできて、定期的に通院してくれる患者なのか、
それを見極める事は、難しいことです。
ならば、薬を処方し続けて、コントロールをしよう……
というのが医師の考え方の一つなのです。
質問者様の主治医がそのような考えの先生なのかどうか、
それもわかりません。

いずれにしても、ことは、将来の命に関わる問題なので、
とても重大な問題なのですよ。
主治医と十分に話し合ってください。

(Q)どのぐらいの数値になったら処方は止まるのでしょうか?
(A)目安は、6mg/dl以下です。
しかも、それが一時的ではなく、継続することが重要です。

ついでに言えば、このような病気は、糖尿病の初期段階と同じで、
初期段階では自覚症状に乏しく、なかなか治療が継続しません。
しかし、いったん、痛風と言う症状が出てしまうと、
今度は引き返し不能です。
高尿酸血症や痛風は、心臓・血管系の病気の原因とされており、
コントロールをすることがとても重要なのですよ。

しかし、先に述べたように、なか...続きを読む


人気Q&Aランキング