AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

今年春に近所から貰った我が家のみょうがの開花時期が終わったようです。スーパーではまだ大きなみょうがを売っています。これはハウス栽培だなと想像します。仮にハウス栽培のみょうがが秋、更に冬も開花するとするならば、春開花、夏開花、秋開花、冬開花のように分けて苗を育てているのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

みょうがには露地で栽培して夏に収穫する夏ミョウガと秋に収穫する秋ミョウガがありますが春みょうがはありません。

春早く出荷されるミョウガはハウス内で栽培され電照することによって花芽を分化させます。みようがは植えてからすぐ収穫できるわけではなく植えてから1年間は株をを成長させるため収穫できません。みようがは寒さに弱いため冬場は収穫できませんし春早い栽培は高知県などの暖地に限られます
    • good
    • 1

食用に知られているのは、早生と普通だけです。


お植えになった品種により、炎暑に休んで秋に出る可能性はあります。
植え付け初年は発生が少ないものです。
冬・春用品種はないはずです。
長期出荷は、品種と温度・水管理でしょう。
    • good
    • 1

少なくとも苗で早生、奥手はありますよ。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収穫が終わった茗荷はどうすれば?

初めての茗荷の栽培で
結構たくさんの茗荷が採れました
それで、もう茗荷は切ってしまってもいいのでしょうか?
近所の人は既に切って跡形もありません
このままほおって置いてもいいのでしょうか?
それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

収穫後でも、邪魔でなければ霜で枯れるまでそのままにしておいてください。
これからの期間も、栄養を地下茎に貯めます。

もっとも、今刈り取ってもそれほどの悪影響はありません。
来年も育ちますし、花蕾(食べる所)も出ます。

なお、農家などプロは数年に一度地下茎を掘り出して株分けします。
数を増やすのが目的ではなく、地下茎が密集して育ちが悪くなるのを防ぐためです。
個人の家庭では、そこまではする必要も無いとは思いますが。

Qみょうがの花が咲いてしまいました(→o←)

職場(小学校)でみょうがが自生しているのですが、
ちょっと収穫を忘れていたら、あっという間に花が咲いてしまいました。

もったいないのでその花のついた先だけ取って、みじん切りにして
先ほど食べてしまったのですが、ひょっとしてダメだったのでしょうか?
また、毒があるとか、体に害があるとか(ジャガイモの芽のように)
そういったことってありますか???

あったらどうしよう~~~~~(ToT)

Aベストアンサー

こんばんは。
思わず笑ってしまいました。(^0^)
大丈夫ですよ~。ほんとうに茗荷ってあっと言う間に花が咲いてしまうんですよね(泣)
わたしもよく花の部分をとって食べていますよ。

ただちょっとしまりがなくなりますけど、味はかわりませんし・・・。

どうぞ、ご安心を!!

Qみょうがの株分けについて教えてください。

みょうがの株分けについて教えてください。
とらのすけと申します。

みょうがの株分けの時期と株分け方法を
詳しく教えて欲しいのですがよろしくお願いします。

サイトをいろいろみましたが3月がいいとか11月がいいとかまちまちですね
できれば画像も交えて説明いただけるとありがたいのですが
切り方がわからなくてこれから増やしていきたいのです。

場所は静岡、伊豆の熱海です。
昔は新婚旅行のメッカだと言いますが最近では土日は賑やかですが平日は閑散としております。

気候は温暖で冬でも私はセーターを着たことがありません
トレーナーで毎年済んでしまいます。いろいろサイトを見てみましたが
こちらのサイトで
質問も出来たのでお聞いたした次第です。
突然の問い合わせで失礼いたしますが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

どこから切るかじゃなくって、掘ると球根がありますからそれを植えておけばいいです。
葉が枯れてからでいいです、来年まで待つなら、3月でもいいかな。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Qミョウガの収穫法

ミョウガが好きでいままで何度か栽培にトライしたのですが、失敗しました。過乾燥が原因だったようです。この夏、たまたま一本だけ日陰のユキノシタの大鉢に植えたものが育ちました。
芽を収穫するとしたら、どのようにすればよいのでしょうか?全草を引っこ抜くのでしょうか?
また、たった一本なので、来年以後を楽しみにして今年は収穫しないほうがベターでしょうか?
詳しいかたがいらしたらお教えください!

Aベストアンサー

茗荷は日陰を好む植物で、一日のうち1時間~2時間程度しか日のあたらない湿度の高い場所を好みます。どのような環境で栽培したのかはわかりませんが、日当たり良好なプランターなどでは決して上手く育ちません。できれば他の植物の陰になるような日のあたりにくいところに植えてやればよく育ちます。

うちでは庭の物置の裏の日陰の場素に植えていますが、毎年新芽を摘んでいます。芽を摘むときは芽の部分だけを折るようにして摘み取ります。環境さえ良ければ1週間ほどでまた新しい芽が出ますので一つ株から2回~3回ほど摘み取れます。

日陰を好む植物ですので、直射日光が当たるような環境は厳禁で、半日陰で湿度が十分な状態においてやる必要があります。

Q肥料をまいて、どのくらい待てばいいのですか?

こんにちは
大抵の手引きには、苦土石灰・化成肥料・堆肥などを混和して、10日程度放置、とありますね。私は酸度をみながら苦土石灰・消石灰をやったりやらなかったりしてますので、「石灰類をやってない所はすぐ種まきや苗を植えてもいいんだろうか?」などと疑問がおこります。
あらためて、各資料類を土に混和してから、種まき・定植まで放置しておかなければいけない期間を教えてください。
1.消石灰
2.苦土石灰
3.化成肥料
4.有機肥料(化成のような粒々の市販品ですが有機100%のものです)
5.堆肥(雑草を乾燥、寸断、加水、積込みしておいた完熟のものです)
以上、それぞれ個別に種まきや定植するまでの待機日数を教えて下さい。
また、全種は一度に使いませんが肥料(化成か有機どちらか)と堆肥は必ず使い、石灰類は酸度により使用か不使用かです。
いままでは、一度にまいて耕起していましたが、組み合わせの良否もあるとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず注意しなければならないのは消石灰とアンモニア態の肥料を一緒に散布するとアンモニアガスが発生して植害を起こす事がありますから同時の施肥は避けてください。最初に消石灰を入れて耕運して7日ほどしてから化成肥料や単肥を入れてください特に硫安は注意が必要です。堆肥と石灰を一緒に入れても差し支えありません。苦土石灰の場合は気にする必要はありません。化成肥料は効き始めるまでに7日ほどかかりますが入れてからすぐに植えても差し支えありません。有機肥料の場合有機質を配合した配合肥料か有機質を発酵させたぼかし肥かで使い方は違いますぼかし肥の場合はすぐに植えても差し支えありませんが配合肥料で特に油かすが多い場合は施肥後に発酵が始まりガスで土壌中の酸素が不足して活着が悪くなる事があります。配合肥料の場合は施肥後10日以上開けて耕運してから定植した方が間違いありません。

Q家庭菜園「発酵鶏糞」の使い方

家庭菜園初心者です。

夏野菜の苗(きゅうり、なす、ミニトマト)をホームセンターで購入した際、
店員より肥料として鶏糞を勧められ、「土の中に混ぜて使えばよい」とだけ説明を
受けたのですが、使用方法について、インターネットで探してみたところ、
元肥として事前に土に混ぜ込んで準備する方法や、植え込みと同時に周辺に散布するなどの
方法があることを知りました。

10m2ほどの庭の内、約一畳ほどのスペースで、各苗を二株ずつ植えようと思っています。
既に苗が手元(袋に入れたまま)にあるので、後者の方法をとるしかないと思いますが、
散布の場所により、根への障害などの懸念が記されており、どうしようか迷っております。

また、散布した際の臭いの問題も散見されました。
パッケージには「減臭」とうたっておりますが、住宅街で使用するに耐えるレベルでしょうか。

製品は「発酵鶏ふん」(東京園芸資材販売)というものです。

また、上記の3種の苗を一緒に植えるうえでの注意点などもありましたら、
合わせてアドバイスをいただけたらと思います。

大変初歩的な問題だと思いますが、
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

家庭菜園初心者です。

夏野菜の苗(きゅうり、なす、ミニトマト)をホームセンターで購入した際、
店員より肥料として鶏糞を勧められ、「土の中に混ぜて使えばよい」とだけ説明を
受けたのですが、使用方法について、インターネットで探してみたところ、
元肥として事前に土に混ぜ込んで準備する方法や、植え込みと同時に周辺に散布するなどの
方法があることを知りました。

10m2ほどの庭の内、約一畳ほどのスペースで、各苗を二株ずつ植えようと思っています。
既に苗が手元(袋に入れたまま)にあるので、後者...続きを読む

Aベストアンサー

鶏糞も善し悪しがあって、ずっとそれだけ使えばいいというものでは無いということを一つ覚えて置いて下さい。
ずっと使い続けると土壌に悪影響を及ぼします。

無農薬で作るということでしょうから、そういうものより、落ち葉を腐葉土にした方がよほど効率はいいです。
お庭の片隅に落ち葉をもって腐葉土を作られる(虫の巣になります><)とか、山に入って土をもらう(許可もらった方が無難ですが)とかが良いかもしれません。
肥料の中にもそれなりに色々含まれていますから。

さて、臭いについてと使用方法ですが、散布する場合は臭いがより感じられると思います。混入はある程度押さえられます。
それでも、雨が降った後には多少の臭いがすると思います。
「混入」という方法ですので、根の近場に鶏糞が傷害を起こすほど有る、という事態には陥りにくいと思われます。きちんと混ぜれば大丈夫です。
鶏糞だけでなく、どんな肥料でも、根っこのそばにひっつけて置けば傷害がでます。人間も栄養取りすぎたら傷害でますよね・・・。

臭いはやはり、それなりに気になる部分はでてくると思いますが、大量に混入するわけではなく、植栽場所の周囲をしっかり掘りスコップで起こして、そこにしゃべるですくって、植えたい場所の30cmぐらいの円に1~2杯ぐらい入れるという方法であれば気になる臭いもさほどなく、かつ肥料としてはそれなりに使えると思います。
後、追肥の場合、こちらも臭いが気になるかもしれないですが、そういう場合は、茎から少し離れて、地面にシャベルで穴を開けて鶏糞を入れて、上から土をかぶせれば、蓋になりますので、臭い対策にはなろうかと思います。だた、根っこは見えないので、注意が必要です。近いと根っこ、遠いと意味がない。(葉っぱのあることろまで根っこがあると思ってもらえれば基本的には大丈夫です)

後、組み合わせですが、なんか、全部連作ができないものを買われている気がします・・・。同じ場所に翌年植えると病気がきて作れないと言われているものがあります。ちゃんとしたことを忘れてしまいましたが・・・。
連作を可能にする場合、深さを深く掘ってしっかり混ぜれば大丈夫です。あと、土壌に栄養が豊富とか、条件が必要です。うちは60cmは掘り返しているので連作傷害がおこったことはないです。

少々わかりにくい文面になってしまいましたが、やり方を工夫されれば大丈夫だと思います。

鶏糞も善し悪しがあって、ずっとそれだけ使えばいいというものでは無いということを一つ覚えて置いて下さい。
ずっと使い続けると土壌に悪影響を及ぼします。

無農薬で作るということでしょうから、そういうものより、落ち葉を腐葉土にした方がよほど効率はいいです。
お庭の片隅に落ち葉をもって腐葉土を作られる(虫の巣になります><)とか、山に入って土をもらう(許可もらった方が無難ですが)とかが良いかもしれません。
肥料の中にもそれなりに色々含まれていますから。

さて、臭いについてと使用方法で...続きを読む

Qミョウガに花が何年もつきません。どうしてでしょうか

職場の空地にミョウガが生えているから抜いて捨てる。と言われたので、捨てるくらいならば・・・と思い、家で地植えで育てています。
今年で7年目になり、かなり増えました。(多分地下茎で増えていると思います) が、一度も花らしいものはどこにもつきません。(地面からも、茎の先などの地上部からも)
植物図鑑などの写真と比べると、ミョウガに非常によく似ていますが、職場でミョウガだと言われた方も一緒にそこへ転勤しており、ミョウガの花がついているところは見られていないはずです。
植えてから一度も抜いていませんので地下茎がどうなっているかはわかりません。育て方が悪いので花がつかないのか、ミョウガではないのか判断に悩んでいます。
ミョウガの育て方が悪く花がつかないのであれば、花の付け方を。また、ミョウガではないのならば何の可能性があるのかアドバイスをいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

白やオレンジの綺麗な花を咲かせるジンジャーと食用のショウガは科は同じですが属が違い、花の形状も異なっていたと記憶しています。

食用のショウガは、小さい花を咲かせます。

ちなみに、みょうがもカルダモンもショウガも同じ科です。


みょうがの花は2cmくらいの小さいものが、地面に近いところに咲き、咲いてから1日過ぎれば枯れていきます。

そして、みょうがは放置しても問題なく花が咲き育っていきます(手入れ不要、年数経てば可食部は大きく育つようになります)。


葉っぱと根元の写真をアップしたほうが、確実な回答が付き易くなります。

Qミョウガの葉や茎は食べられないでしょうか?

うちにミョウガの群生があって、何ねも経つうちにどんどんと広がってしまっています。



たまに、花ができてミョウガが食べられますが、ほんの少しです。
これほど少ないなんて、場所がもったないような気がします。

ところで、葉っぱだけをみれば、ミョウガって、ショウガと区別がつかないくらい似ています。

http://leafstemroot.oldpandaspace.com/myouga/contents.html

見た目には、ミョウガもショウガも葉は同じで、よく、ショウガの新芽をそのまま酢漬けにして食べていますが、ミョウガでもあのようにはできないのでしょうか?

ショウガもミョウガも同じ頃に国内に入ってきて、似たような仲間のようです。

これがもし食べれたら、かなり、おいしい事態になるのですが、たべれないと、うちのミョウガ林はただのやぶとして、不毛な植木のままです。

だれか食べてみた方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

我が家の庭に沢山生えています。
みょうがの花芽だけでなく、春先の新芽の茎の白い部分も美味しく頂いています。

柿木の下で有り、半日陰に成って居ます。
みょうがの花芽が沢山出来るので、生のままやみそ汁の具、一度に食べきれない時は酢漬けにして短期間ではありますが保存できます。
白い花が咲いてしまったものは美味しくありませんので、花が咲く前に収穫してください。

花を沢山つけさせるには半日陰が良く、適宜根を掘り起こして間引きしてやると、新たに根が広がって沢山花芽を持つようです。
また、土も柔らかく根を深くしてやると、みょうがの花芽が大きく色も白い良い物が収穫できます。

他の食しかたとして、春先に出てくる新芽に被いをして日が当たらないようにすると、生姜のような辛さや刺激も無く、長い白くて柔らかな新芽がとても美味しく食べれます。
大量に収穫できれば酢漬けに出来ますし、生の新芽にマヨネーズを付けて食べるととても美味しいです。
同様に、土を柔らかくして根っこが深ければ、春先だけでなく白くて柔らかな部分を生姜の芽のように食べる事も可能です。
ただし、成長してしまった葉っぱは、とても食用には成りませんので諦めてください。

我が家の庭に沢山生えています。
みょうがの花芽だけでなく、春先の新芽の茎の白い部分も美味しく頂いています。

柿木の下で有り、半日陰に成って居ます。
みょうがの花芽が沢山出来るので、生のままやみそ汁の具、一度に食べきれない時は酢漬けにして短期間ではありますが保存できます。
白い花が咲いてしまったものは美味しくありませんので、花が咲く前に収穫してください。

花を沢山つけさせるには半日陰が良く、適宜根を掘り起こして間引きしてやると、新たに根が広がって沢山花芽を持つようです。
また、...続きを読む

Qミョウガの実ができません。

ミョウガの葉がぐんぐんと成長しているのですが、
肝心な実が出てきません。
どうしてでしょうか?
対策を教えてください。

Aベストアンサー

>肝心な実が出てきません

ということですから、芽(花芽)の出方はご存知ですね?
#1の方が言われる通り今生えている茎の周囲から生えてきます。
また、ある程度株が大きくならないと「花芽」もでません。
とにかく今は株の成長を助けてやってください。
それ次第です。

まず#2の方も言われてますが2種類有るのでどちらか?を確認ください。

お住まいがどこか不明なのですが、
夏ミョウガは通常7月下旬から8月中旬
9月~10月下旬のものを秋ミョウガと称します。

////
さて、どうしたら?の部分ですが
夏秋関係なく、丁度今(7月上旬)が花芽前の追肥の時期です
できれば、是非追肥を行なってください。
この追肥はかなり重要です。
化成肥料で結構ですので株の周囲にパラパラとまき
表面の土と混ぜこんでください。


そこまで順調であれば、心配は殆ど要らないと思います。
もうじきにおいしいミョウガがたべられますよ。 (たぶん←ちょっと不安)


*かくいう私は作っているくせにミョウガが嫌いだったりして、、(苦笑)

>肝心な実が出てきません

ということですから、芽(花芽)の出方はご存知ですね?
#1の方が言われる通り今生えている茎の周囲から生えてきます。
また、ある程度株が大きくならないと「花芽」もでません。
とにかく今は株の成長を助けてやってください。
それ次第です。

まず#2の方も言われてますが2種類有るのでどちらか?を確認ください。

お住まいがどこか不明なのですが、
夏ミョウガは通常7月下旬から8月中旬
9月~10月下旬のものを秋ミョウガと称します。

////
さて、どうしたら...続きを読む


人気Q&Aランキング