はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

していたのですか?仮にいないのなら、そのずっとまえでいいので誰か統一していなかったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

織田信長、豊臣秀吉の時代は安土桃山時代で、その前は室町時代、で室町幕府を足利尊氏が京都に開いたので一応、天下人というのかな?しかし、この人はいろんな守護に恩賞を与えすぎて自分の力はそれほどなかった。


その前は、少しだけ後醍醐天皇の親政時代もありました。その前は北条氏の執権時代、更にその前は源頼朝が切り開いた武家政治の時代です。
という訳ではっきりとこの人と言えるのは源頼朝というところでしょうか。アトはその時々の権力争いの繰り返しだったみたいですね。中世の妖怪というやつです。
    • good
    • 7

最初に日本を統一国家として統治したのは神武天皇…というのは伝説ですが、飛鳥時代に大和朝廷がだいたい日本全国を統治しました。

ただ、この頃の日本というのは関東地方までで、東北や北海道は実質的に蝦夷が支配する別国家ですね。

ところが平安時代になって、だんだん朝廷の統治権が弱まってきて、実質的な統治権を握ったのが鎌倉幕府です。その後室町幕府変わりますが、内輪もめの戦をしたりしているうちに各地でみんなか好き勝手するようになってしまいます。

その中で尾張の織田信長が自分の周辺の国を固めて、京都に上って勢力を誇る。そのあとを引き継いだ豊臣秀吉が、だいたいの反対勢力を滅ぼすか同盟関係を結んで最終的に天下を統一する。秀吉が死んだ後、徳川家康が政治的・軍事的に動いて実質的に後継者としての地位を得た。こんな感じでしょうか。
    • good
    • 3

秀吉以前に明確に天下統一をしたと言える人はいない!

    • good
    • 0

「天下統一」日本史上そうした構想を持っていた人物すら、それほどいなかったと思います。


 信長以前ですと…聖徳太子・天武天皇・源頼朝が成功者といえるんじゃないでしょうか。
 失敗者では、平将門・平清盛・足利尊氏あたりだと思います。
 新井白石曰く「今日、国郡多く領せし大名といはるる程の人、みなこれ信長の下に身を起きざるはなし」
 徳川時代にもそれを否定することが、出来なかったようです。後継者として、秀吉、家康がいますが、信長というパイオニアがあってのことで、二人は、追随者に過ぎないと思います。
 信長の「天下統一」構想は、成功性及び後世の影響から見て、極めて大きかったのは事実でしょう。
    • good
    • 0

概ね、皆さんの回答どおりなのですが、足利尊氏が室町幕府を立てたとき、後醍醐天皇と対立し、それがため朝廷が京都(北朝)と吉野(南朝)に分かれた時代がありました。

(いわゆる南北朝時代)
尊氏が征夷大将軍に任命されたのは、この北朝によるものであり、南朝側はこれを承認していなかったと記憶しております。
そういう意味で、真に織田信長の前に統一を果たしたのは、この南北朝を解消した室町幕府3代将軍であり、尊氏の孫に当たる足利義満ではないかと思います。
    • good
    • 2

厳密に言えば、織田信長は日本を統一していません。

まだ伊達、上杉、毛利、長曽我部、島津などの大名がいました。これらを制圧または支配下に入れて日本を統一したのは、豊臣(羽柴)秀吉です。

秀吉の前に日本を統一して、幕府を立てたのは足利尊氏です。彼は室町幕府の創始者(1338年)で、最後の将軍義昭が信長に追放される(1573年)まで続きました。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~muromach/
    • good
    • 1

そもそも織田信長は統一を果たしていませんよ。


豊臣秀吉が統一を成し遂げました。
当時は戦国時代です。
室町幕府の力なく誰も統一してないから戦国になるわけです。
信長が誰かに取って代わったわけではありません。
ちなみに室町幕府の創始者は足利尊氏です。
    • good
    • 0

誰も統一していなかったから織田信長の名前が有名になったのです。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川家康が天下統一したというけれど・・・

本当は豊臣秀吉もしてるじゃん


織田信長は統一する前に死んでしまったので確かにしてないけど、秀吉は明らかにしてるじゃん!

死んだ後に関が原だし、秀吉本人からしたら今後の跡目争いが心配だったかどうかは別として天下取りは完了してるじゃないですか!

本人が生きている間には本人には絶対そういう意識があったと思うし、当時の人々もそう思ってたに違いないですよ

死んだ後政権が変わってるからダメというなら徳川だって270年後に変わってるしダメというコトになります

生きてる間が全てでしょううがぁ!!

納得出来ません

だから正解は、鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス。と鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス、の二つになるんです


でも、なぜこの三人のうち家康だけが天下をとったみたいに言われるのでしょう?

納得行きません

「長生き」の話しではなく天下とりのはなしなんですこれわ!

Aベストアンサー

織田が突き 羽柴がこねる天下餅…
って歌知りませんか 最後に家康が奪っちゃうやつですね

豊臣秀吉だってちゃんと天下人って言われてるでしょ
それで満足です

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q「天下統一」とはどういうことを言うのか

歴史の本を読んでいると「天下統一」という言葉がよく出てきますが、これはどういう事を言うのでしょうか。
日本の歴史で「天下統一」をした人は誰なのでしょうか。
また、徳川家は江戸幕府を開いた時点で「天下統一」をしたといえるのでしょうか。それとも大阪の陣で豊臣氏を滅ぼした時点で「天下統一」をしたということになるのでしょうか。
あるいは「天下統一」の明確な定義など無いのでしょうか。

勉強不足であまり歴史に詳しくない私ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
『天下統一』は武家による政治に対して使われます。つまり戦による武力争いの結果頂点にのぼりつめた場合に天下統一という言葉を使い、その人を『天下人(てんがびと)』とか『天下様(てんがさま)』なんていう呼称もあります。

足利尊氏、源頼朝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康はまぎれもなく天下統一をした人々です。通常は天下人を倒すことによって、新たな天下人が生まれます。

徳川家康の天下統一は『関が原』か『大阪夏の陣』かということに関しては、形式的には関が原、実質的には大阪夏の陣っていう感じじゃないでしょうか。

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q徳川幕府の最大の名君・暗君は誰?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7

徳川幕府において、最大の名君と言えば誰でしょうか?
幕府の礎を築いた徳川家康。
その百年後に享保改革を行ない、幕府財政を立て直した吉宗。
おそらくこの2人が筆頭に挙がるでしょう。

では、最大の暗君とは?
「お犬様」を保護する「生類憐れみの令」という偏狭な動物愛護法を
国民に
押し付けた綱吉。
子供を53人も産むというムチャをして幕府の財政を疲弊させた家斉。
鳥羽伏見戦において敵前逃亡をした慶喜。

皆さんの考える徳川幕府における最大の名君・暗君は誰ですか?
それぞれ挙げてください。

Aベストアンサー

何をもって名君と言うか。   ここでは幕府の為の名君でなく日本国民の為としての、名君を取り上げて見ましょう。
「そうせい公」であっても国民が豊になり、喜ぶ時代であったなら名君です。   もう一つ、時代の変化を読み取り、その方へ舵をとれば、たとえその時代に成功しなくとも、国民にとつては名君でしょう。

家康  は勿論。   前者の轍を踏まず、新体制を作り長い泰平の世を作る。
家光  家康の蓄財を惜しげもなく費消し、経済の活況の基とした。
綱吉  元禄の盛況を国民は謳歌した。   「お犬様」の失敗はあっても。
吉宗  経済の停滞から革新を夢見た。   失敗続きでも挑戦の意欲は評価できます。
家治  田沼意次の登用。   意次は時代の変化を正確に見ていましたが、改革を急ぎすぎました。   功をあせったと言うのか、じっくり布石をして、次の世代に渡すべきでした。   残念です。
   そのあとの改革はまるで、時代の逆行です。  新井白石も経済に強い関心がありましたが、具体策なく日本の金銀海外流出を、防げませんでした。
慶喜  幕府閉幕の決断です。

何をもって名君と言うか。   ここでは幕府の為の名君でなく日本国民の為としての、名君を取り上げて見ましょう。
「そうせい公」であっても国民が豊になり、喜ぶ時代であったなら名君です。   もう一つ、時代の変化を読み取り、その方へ舵をとれば、たとえその時代に成功しなくとも、国民にとつては名君でしょう。

家康  は勿論。   前者の轍を踏まず、新体制を作り長い泰平の世を作る。
家光  家康の蓄財を惜しげもなく費消し、経済の活況の基とした。
綱吉  元禄の盛況を国民は謳歌した。...続きを読む

Q何で日本は戦国時代に植民地にされなかったんですか?

大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

すいません、もう一つ。

幕末の黒船来航の時は外圧に負けて開港させられ、不平等条約まで結ばされましたが、他のアジア諸国のように植民地にまではされなかったのはなぜなんですか?

私はまるで歴史ド素人なので恥ずかしい質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

イスパニア(現スペイン)とポルトガルは当時、世界で植民地獲得競争を繰り広げていた。

1539 年には、ポルトガル国王ジョアン三世の要請を受けて、キリスト教イエズス会のF.ザヴィエルらがアジアでの布教を始めた。目的は植民地支配である。最初から武力を行使すると味方に多数の犠牲者が出るので、先ず先兵として宗教者を送り込み、現地の人々の心を支配しておけば、植民地支配が容易になる、という目論見でした。この方法は成功しました。ザヴィエルらは、日本においても布教を行うべく1549年に来日し、布教を始めました。

ザヴィエルらが日本へ来て知ったのは、ほかのアジア諸国の人民に比べて日本の人民は教養が高く、さらに戦が強いことでした。

1467年に始まった応仁の乱以後、日本国内は乱れに乱れ、内乱時代(戦国時代)でした。戦国の時代は、武器の発達が進みます。さらに武士たちの武闘能力も向上し、剣術や砲術の力が向上します。戦国時代の日本は、世界で最強の軍事大国だったという学者もいます。

そうした事情を知ったザヴィエルらキリスト教関係者が、本国の王へ「日本を植民地にするのは非常に困難です」といった報告をしたものと思われます。

織田信長はキリスト教を公認しましたが、豊臣秀吉はキリスト教を禁止し、キリスト教関係者を国外追放しました。イスパニア王フェリペ二世の日本征服の野望を知ったからです。

徳川政権もキリスト教を禁止しました。その上、鎖国しました。西洋人は日本を征服するチャンスを失ったのです。


>幕末の黒船来航の時は外圧に負けて開港させられ、不平等条約まで結ばされましたが、他のアジア諸国のように植民地にまではされなかったのはなぜなんですか?

日本も植民地にされ、列強によって分割される危険がありました。それを避けられたのは、

(1)人民の教養が高かったから。西洋の外交官は、江戸の町の本屋の店頭で、女や子供が立ち読みするのを見て、日本は植民地にすることはできないとあきらめました。多くの人が文章を読めたのです。(日本よりも西洋の方が文盲率が高かった。)

(1)武士階級が支配していたからです。清(中国)は科挙に合格した文官が支配する国でした。西洋列強の手が隣国に及んできても危険を感じませんでした。しかし日本の支配層は武官(武士)ですから、清が英国との戦争で負けて香港を割譲したことを知り、さっそく日本もやばいぞと危機感を抱きました。武士の仕事は戦争ですから、国の危機には敏感なのです。

(2)徳川幕府の外交が巧みだったからです。大政奉還と王政復古の直後の慶応3年12月16日(1868年1月10日)、15代将軍徳川慶喜が大坂城に6カ国の公使を招いて接見し、「朝廷は王政復古を宣言したが、朝廷側に内部事情があり、依然として徳川幕府が主権者である」と説明し、政権承認の確認を求め、さらに内政不干渉を約束させました。欧米諸国の目にも、この段階では、三職をトップとする新政府の実力は甚だ脆弱であり、国際社会の承認に値する政権とは見えなかったはずです。しかし徳川慶喜が各国に内政不干渉の約束を取り付けた結果、その後の内戦(戊辰戦争)では外国の介入を招きませんでした。慶喜の側近に国際法を理解していた人材が豊富だったからこその成果と言えます。徳川幕府の大手柄と思います。

>大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

イスパニア(現スペイン)とポルトガルは当時、世界で植民地獲得競争を繰り広げていた。

1539 年には、ポルトガル国王ジョアン三世の要請を受けて、キリスト教イエズス会のF.ザヴィエルらがアジアでの布教を始めた。目的は植民地支配である。最初から武力を行使すると味方に多数の犠牲者が出るので、先ず先兵として宗教者を送り込み、現地の人々の心を支配しておけば、植民地...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qそもそも日本はいつ始まった。

NYの学生です。日本について発表をすることになりました。日本っていつから始まったんでしょう?私自身の持っている断片的な知識では、「三浦半島に人が初めて住み始めた。最も古いヒトの足跡は約2万5千年前である」「619年施行の”飛鳥浄御原令”から、この国土は日本と呼ばれるようになった」っていうのがあるんですが、「一番初めの、そもそもの日本と言うのはこのように始まりました」と正しく言うにはどのように言えばいいでしょうか。どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 日本ができる、というのは、会社ができる、というのは性格が異なりますので、けっきょくそんな「起源点」はどこの国の歴史にも存在しません。要するに好きなところを区切って使うしかないのです。

(1)日本という島ができた
 500万年前くらい。

(2)この国土に人が住み始めた
 1万3000年前から1万2000年前くらい。

(3)確実な年号をもって文献に日本らしい国の様子が初出する
 239年(卑弥呼が魏に遣いせしむ)。

(4)大和朝廷によってはじめて日本に広域政権ができる
 4世紀後期ごろ。

(5)日本という国号の初出
 645年(日本書紀所収の詔勅)。

(6)明治維新(王政復古の大号令)
 1867年。現在まで継続する政権が誕生した。

(7)明治憲法の制定
 1890年。(6)をさらに法制的につきつめればこちらを重視する見方もありうる。

(8)終戦の日
 1945年。8月15日を境に革命が起り主権のありかが天皇から国民に移行したという学説が憲法学においては現在では有力なので(8月15日革命説)、これを採用することもできる。

(9)現行憲法の制定
 1947年。

そのほか政治的に大きな出来事(大化の改新、飛鳥遷都、奈良遷都、平安遷都、鎌倉幕府の成立、室町幕府の成立、江戸幕府の成立)のたいていは「ここで日本がはじまった」というふうにこじつけられます。ぜんぶ正しくて、ぜんぶ間違い。

 日本ができる、というのは、会社ができる、というのは性格が異なりますので、けっきょくそんな「起源点」はどこの国の歴史にも存在しません。要するに好きなところを区切って使うしかないのです。

(1)日本という島ができた
 500万年前くらい。

(2)この国土に人が住み始めた
 1万3000年前から1万2000年前くらい。

(3)確実な年号をもって文献に日本らしい国の様子が初出する
 239年(卑弥呼が魏に遣いせしむ)。

(4)大和朝廷によってはじめて日本に広域政権ができる
 4世紀後期ごろ。

(5)...続きを読む

Q家族4人 食費7万 おかしいですか?

主人が家計管理しています。話をしていて、「食費が家族4人一ヶ月6万って贅沢だよな。節約していない」とよくいわれます。そうでしょうか?
子供6歳と3歳は男の子だから?よく食べますし、私も食事でひもじい思いはさせたくありません。今時、生鮭切り身4切れ600円くらいするし・・一日2000円以内と心がけてますが・・むしろ増やしたいくらい。過食で肥満児でもなくあばら骨がみえてるくらいですがよくたべるんです!私も痩せてるし。お菓子だって1人50円と決めてます。米・主人のビールは別です。私って贅沢なんでしょうか?ちなみにココは横浜市です。物価は高くもないですが安くも無いかな・・。牛乳1本178~198ってとこです。安いとき158円です。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も横浜在住です。

>主人が家計管理しています。話をしていて、「食費が家族4人一ヶ月6万って贅沢だよな。節約していない」とよくいわれます。

これって管理とは言わないのでは??
単に文句つけているだけだと思います。

「管理」というからには、「ここをこうしろ、ああしろ」というレベルまでしてもらわないと・・・。

と、いうことで1週間分(1ヶ月だと見る気もなくなりそうなので)のレシートをだんなさんにつきつけて、「どこを減らせばいい?」と、聞いてみたらどうでしょう?


人気Q&Aランキング