以下の歌手で楽譜の中でこの音楽記号が多く使われてるとか、こんな歌い方とかするなどといった
特徴を挙げてください。楽譜買おうと思ったんですが、金銭的にあまり余裕がなかったので質問しました。誰か一人でもいいです。
動画とかあればURL貼付して頂けると有りがたいです。

アシュレイ・ディステイル
ヴァネッサ・ハジェンズ
マイリー・サイラス
デミ・ロバート
セレーナ・ゴメス
テイラー・スウィフト
ヒラリー・ダフ
アヴリル・ラヴィーン

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こちらこそ勘違いしたままで上から目線みたいな回答申し訳ないです。



僕個人の意見なので参考程度にして欲しいのですが、日本の音楽と海外の音楽の決定的な違いはリズムのとり方です。
日本の音楽の中でもわかり易い例はあって、宇多田ヒカルと倉木麻衣を比較するとわかりやすいと思います。

どちらもサウンド的には同じような(と言うと失礼ですが)ことをやっていますが、歌の乗り方が決定的に違うということがわかると思います。
倉木麻衣は演歌みたいに感じると思います。

海外の音楽は歌だけでなくて、周りの演奏もリズムのとり方が日本のそれとは大きくかけ離れているために、同じ曲を演奏しても違うものになったりします。
リズムで楽曲に抑揚をつけたりするんですね。
一方日本ではリズムによる抑揚をつけることが少なく、サウンドエンジニアやプロデューサーなどがその抑揚を「メトロノームからずれている」という理由によって、ProToolsなどで修正したりするために平坦でつまらない演奏が多くなりがちです。

リズムというものに対する概念が根本的に違うのだと思います。
    • good
    • 0

歌を真似するために楽譜を買うの?


それこそお金の無駄だと思うけど・・・

それともバンドで演奏するとか?
それならまだわかるけど。

なんに使うのかいまいちわからないからアドバイスのしようがないです。


音源すらないようですが、楽譜ってのは音を記号化しただけのものなので、音源が無いんだったら全く買う意味無いですよ。
音楽の良し悪しは楽譜には現しきれない小さな特徴で現れるもので、楽譜のとおりに演奏してどうにかなるものじゃないです。
ましてや歌なんかは楽譜がないとできないんだったら、そもそも音楽に向いてないです。耳が悪すぎます。


一応、質問に答えると、「歌手の名前 TAB」で検索すればギターコードなんかが、「歌手の名前 楽譜」で個人でやってるピアノの先生なんかが自分で起こした歌の楽譜があったりします。

音源などに関して言えば、youtubeやニコニコ動画にたくさんあると思うので、そちらで探してみてください。


そして金銭的に余裕ができたらこういった方法で手に入れた楽譜や音源はあとでちゃんと買ってあげてくださいね。

この回答への補足

なんか勘違いを与えてしまったようで、申し訳ありません。
別に歌がうまくなりたいとかそういうことじゃなくて、学校の研究課題として洋楽アーティストとJPOPアーティストの違い調べてただけなんです。
ちなみに音源はあり聴いてはいるものの、音楽知識は全くないのでより詳しく専門的に知りたくて質問しただけなんです。
Youtubeでいろんな曲を聞いてみたいと思います。
回答有難うございました。

補足日時:2012/08/29 19:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーンが来日してますけど
Mステ以外で出演するTV番組、わかりますか?

Aベストアンサー

アヴリル・ラヴィーンのスケージュルが載っている
サイトを見ますと、
5/14テレビ朝日系『ミュージックステーション』の生出演、
5/15TOKYO FM『コスモポップスベスト10』生出演などが出ていますが、
テレビ出演は今日の分しかわかりません。
下記のサイトをご覧下さい。
http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=1306

参考URL:http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=1306

Qヒラリー・ダフのミッキーマウスマーチ

ディズニーモバイルのCMでかかっている、ヒラリー・ダフのミッキーマウスマーチは、CD化などはされてないんでしょうか?
全部聞いてみたいのですが。。。

Aベストアンサー

今のところ未定のようです
ディズニーのHPでも聴けますが...
http://home.disney.co.jp/

Qアヴリル・ラヴィーンって曲を作るんでしょうか?

アヴリル・ラヴィーンって作曲もするんでしょうか?wikiにはシンガーソングライターと書いてありますが、彼女の曲全て彼女が書いた曲なのでしょうか?
曲のクレジットにも名前は出てきますが、曲と詩を限定していなくて、曲作りに携わった、という感じにも取れるような感じです。

一番気になっているのが彼女の代表作やシングルでかなり売れた曲です。
「コンプリケイテッド」やその他色々です。

何故そういう疑問が湧いたかといいますと、
最近になって3枚目の「best damn thing」を借りて聴いたのですが、
前2作と曲風がかなり変わったな、と思いました。
全部彼女が書いた曲だとするとそれはそれで色んなジャンルの曲を書けるとは才能だと思いますが、
本当はどうなのだろうと思いました。

教えてください。

Aベストアンサー

まずはじめにアルバム毎に作風が変わるのは、主にレーベルや
プロデューサーの意向です。
ファンの年齢層が上がったことを踏まえて、大人っぽい作品に
移行させたり、新たなファン層を獲得するために時代に合った
売れ線の音を探ったりと、セールス上の戦略はその時々に
よって変化していきます。

そして、Avrilのような歌手はあくまでもアイドルであって、
例えWikipediaなどでシンガー・ソング・ライターという括り方が
されていても、自分で一から曲を作り上げることはしていません。

質問者のご指摘通り、曲作りに自分も携わるといった程度の
部類です。

気にされているというComplicatedの作者についても
クレジットされているライター陣をチェックすれば、
アイドル歌手をメインにしたプロデューサー、コンポーザーが
名を連ねていることが分かります。

特に1stアルバムを手掛けたプロデューサー・チーム
「マトリックス」は、ブリトニー・スピアーズやヒラリー・ダフ、
クリスティーナ・アギレラといった女性アイドル歌手との
仕事で有名です。

ですから、プロデューサーを変え、ライティングチームを
変えることで作風が変わるだけの話です。
ちなみにThe Best Damn Thingのプロデュースは、
Katy PerryのI kissed a girlなどを手掛けたDr.Lukeです。
彼はマイリー・サイラスやバネッサ・ハジェンスといった
ディズニー・タレントを歌手としてデビューさせるなど
売れっ子中の売れっ子です。

まずはじめにアルバム毎に作風が変わるのは、主にレーベルや
プロデューサーの意向です。
ファンの年齢層が上がったことを踏まえて、大人っぽい作品に
移行させたり、新たなファン層を獲得するために時代に合った
売れ線の音を探ったりと、セールス上の戦略はその時々に
よって変化していきます。

そして、Avrilのような歌手はあくまでもアイドルであって、
例えWikipediaなどでシンガー・ソング・ライターという括り方が
されていても、自分で一から曲を作り上げることはしていません。

質問者のご...続きを読む

Qアヴリル・ラヴィーンの発音が聞き取れません

アヴリル・ラヴィーンの「Things I'll Never Say」についての質問です。

さびの部分「If I could ・・・」ですが、「バック」と言っているように聞こえます。
「If I could」がつながってそのように聞こえるのでしょうか?

この曲を聴くたびに気になります。
「私はこう聞こえる」「私はこう歌っている」などの意見でも構いませんので回答をお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
質問の意味を取り違えてとんちんかんな回答をしてしまいました。
CDを持っていないので公式サイトで聴いてみました。
http://www.avril-lavigne.com/indexframes.html
私は先に歌詞を見てしまったからかもしれませんが、「バック」ではなく「ふぁ~くせ~わなわ~ぬせ~」(If I could say what I want to say)と聞こえました。
「If」は強く発音しないので子音の「f」だけが次の「I」と繋がって「ふぁ~(い)」となり、次の「could(くっ)」と合わせて「ふぁ~く」に聞こえるんでしょうね。

参考URL:http://www.avril-lavigne.com/indexframes.html

Qロバート・フリップ&アンディ・サマーズ、ロバートフリップ&ブライアン・イーノ

ロバート・フリップ&アンディ・サマーズ、ロバートフリップ&ブライアン・イーノというユニットがあったようですが、それぞれどのような音楽をやっていたのでしょうか?
三人共、皆好きなギタリストなんですが、アクの強い彼らが組んで音楽を作るというイメージがわきません。
何となく、フリップが独裁してプログレになりそうな気はしますが・・・・・・。

Aベストアンサー

リアルタイム世代です。

フリップとイーノのアルバムというと、「No Pussyfooting」ですね。
レコードで持ってますが、はっきり言ってほとんど聞いてません。
あまりに、実験的なのです。
永遠とノイズが続く構成など、現在の音楽からは信じられないでしょう。
と言うか、音楽に聞こえません。とにかく、最後まで聞くのが苦痛でした。
当時は、実験的アルバムと評判は高かったですが、私は、全然ついて行けませんでした。

それ以来、フリップ関係は、クリムゾンしか聞きません。
といっても、新生クリムゾンの一枚目でさよならしましたが。

アンディ・サマーズとのアルバムについては、記憶が全然ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報