先日も大阪で落雷による死亡事故が有りましたが、昨日小浜湾で遊漁船でイカ釣りをしたのですが、
雷、一時的な降雨、遠くの陸地での落雷がみえたりの天気でしたが、海上での小型船に落雷は有りますか? 釣り中なのでカーボンロッドも使用してます。ニュース等で船上での落雷による事故などの記事を見た覚えが無いので質問します、解答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>海上での小型船に落雷は有りますか?



船に落ちた落雷事故というのは聞いたことがありませんが、
海水面に落ちて、海水浴客が死亡したという事故は
聞いたことがあります。

落ちる時はどこにでも落ちるので、
カーボンロッドならゴルフ場のクラブよろしく
落ちやすいと思われます。

漁船や釣り人に落雷例もたくさんみつかりました。
http://www.aobaya.jp/rakuraijiko.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

一夫多妻制の国では、アフリカのケニアがそうらしいです。
「私の夫はマサイ戦士」という作品を読むと、今の一夫多妻制がどんなものなのか、少しだけ、わかります。
日本人女性が、マサイの戦士と結婚した話を、軽いタッチで書いています。

Q落雷を観測する機器はどんなもの?

電力会社が落雷情報を提供しているサイトがありますが、雲間雷/対地雷をどのように観測しているのでしょうか?
http://www0.thunder.ne.jp/cgi-bin/main.cgi?area=2&type=3&zoom=4

まさか24時間、人が見張っているとは思えませんから、位置まで含めて正確に観測できる機器があると思います。
それがどんなものなのかどなたかお知りでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

東京電力はレーダー(たぶんドップラーレーダー)
http://www.sankosha.co.jp/product_n/kisyo/kansoku/
ですが、北陸電力は、センサーとLLSを使用とあります。
http://www.rikuden.co.jp/hopes/guide.htm

LLS等は、ここからどうぞ。
http://www.sankosha.co.jp/product_n/kisyo/rakurai/

Q海上に架ける橋はどうやって造る?

今日、瀬戸大橋を通ってふと思ったのですが。
海上に架かっている橋ってどうやって造られるんでしょうか。単純に言うと、橋の「足」になる部分の造り方が知りたいのです。海の上の部分はニュースで見たり、実際自分の目でみたりするので、だいたいわかりますが、問題は海の下での作業です。土台を作るのにコンクリートみたいなの使ったりするのかな。。コンクリートって海中の中で固まるんですかね(笑)しかも、すっごく深い海の中。人の手での作業にも限界があると思います。
それと、橋の足の部分は海の底から造り始めて橋に向かって造るのでしょうか。それとも橋の足の付け根から造り始めてどんどん海底に向かって造るのでしょうか。
単純な回答でも、複雑な回答でも結構です。お待ちしておりますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょうどこの参考URLに、瀬戸大橋のできる過程が書いてあります。この前半が知りたい部分だと思いますが。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~watanabetakaodesu/OOKUBOJINNNOJYOU.HTM

Q海上での気温

海上での気温は陸に比べてどうなんでしょうか。

海上と言っても正確には船上という意味です。海の方が照り返しが陸に比べて小さい気がするので、たとえ赤道直下でも陸上の中国やインドみたいなことにはならないような気がしているのですが、、、

Aベストアンサー

水の方が地面より比熱が大きいので、海上は同じ様な気候帯の陸地に比べて、最高気温は低くなりやすく最低気温は高くなりやすいです。

Q空自の救難隊と海上保安官

海上保安庁のレスキューと航空自衛隊の救難隊がありどちらも同じような遭難現場に出動しますが、どちらの方がレベルが上ですか?

Aベストアンサー

組織的な違いがあるので比較は困難です。

航空自衛隊は根本的に「コンバットレスキュー」目的です。
戦争で空中脱出した乗員を他の部隊と協同で救援する任務があります。
幸い実戦経験はありませんが命を賭して救援に向うことも想定されています。

海保は、まず自らも無事で帰ることが主任務です。

もう一つこれらの組織の違いとしては、海保は必ず基地から出て基地に帰還します。
自衛隊は、基地から離れた場所に展開してそこから救難活動ができます。
いざとなれば、宿舎、炊事など全て自前でまかなうことが基本です。

海保は警察と同じ文民ですので、自衛隊とは比べられません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報