痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。

先日受けた健康診断でGOTとGPTが急激に上がりました。

GOPはこれまでは毎年17ぐらいでしたが、今年は97
GPTもこれまで12~20の間だったのが、今年は178でした。

コレステロールは十数年前からずっと高くて300ぐらいあります。

ちょうど妊娠して流産した直後だったので、なにか影響しているのでしょうか?
またそのため体重も昨年よりも3キロ程太りました。

病院で検査を受けてこようと思いますが、飲酒も2か月に1度するかどうかですので、
どうしてこんなにいきなり高くなったのか不思議で質問してみました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

GOTとGPTは、肝機能の数値。



肝機能に異常があったり、肝臓に負担がかかると上昇します。

例えば、肥満などで肝臓に脂肪が付くと、一気に上昇します。

例えば、薬を飲んだり、注射を打ったり、お酒を飲むと、肝臓が薬やお酒を分解し始めるので、肝臓に負担がかかります。

あと、風邪を引いたりすると、いきなり上昇する事もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

流産した後に子宮収縮剤を飲んでおり、その薬を調べると、副作用としてGOTとGPTの上昇があるとありました。
これが原因だと思いますが、一度再検査したいと思います。

薬のことを気づかせていただいてありがとうございました。

お礼日時:2012/08/25 06:42

栄養過多による脂肪肝の初期段階というイメージですね。

でも流産直後の一時的な現象かもしれません。私は専門の医者じゃありませんから。そこまでは分からない。それにしても300なんてコレステロールは異常です。よほど肉・えび・いか・かに・卵を食べているんでしょうね。ちょっと問題だな。自分の体のことなんだから、もっと関心を持たれては?これは児童虐待でなく自分虐待ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

流産後に飲んだ子宮収縮剤の影響のようです・・・。
ただ、やはりコレステロールが高いこと(遺伝性のものです)、体重の増加もあり、脂肪肝の初期段階であることにも間違いはないと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/25 06:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝機能検査の数値が突然異常値になりました。

毎年、健康診断を秋に受けています。その際、特に異常はありません。
この12月に献血をしました。その結果がGOT,GPTが100と125に急上昇しています。お酒も飲まないし、この2,3ヶ月間に特に大きな病気や怪我はしていません。
身体も疲れやすいこともなく、肌の色も特に変わりません。
普通に生活してます。食欲もあるし、ビリーのDVDをしても平気です。
何が原因なのでしょうか?
少し不安になってます。

Aベストアンサー

一月程度期間を開けもう一度検査してもらってください。
一時的に増減することは良くあります。
参考までに
http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa02a.html

QGOT、GPTの値が短期間に上がることはありますか?

7月30日の健康診断を受けたときの肝機能を表すGOT、GPTの数値がそれぞれ、18、27でした。
 それが9月になって血液検査をしたところ、GOT、GPTの値がそれぞれ、55、97に跳ね上がっていました。
 GOT、GPTの値というのはこんなに短期間に変化するものでしょうか?

 長年健康を保ち、過去の健康診断で要注意とされた項目はありません。
 酒飲の習慣はありませんし、最近体調がすぐれないとかいうこともありません。
 検査当日に熱があったということもありません。ただ寝不足でした。
 前日に食べた食事が大きく影響するということがあるのでしょうか?
 よろしくお願いします。
 ちなみに男性です。

Aベストアンサー

決して珍しいことではありません。

GOT・GPTは筋肉の中にも含まれているので、激しい運動をした時には上昇する場合もあります。

次回の検査で下がっていれば、特に問題ないと思います。1ヶ月後ぐらいに再検査してみましょう。

が、続けて高い場合は、ウィルス性肝炎のチェックなどをしておく方がいいと思います。必要以上に不安に考える必要は無いと思いますが、放置はいけません。

Q献血結果のALT(GPT)が急激に上がった

今月の16日に献血を行ったのですが、検査結果のALT(GPT)が急激に上がっており、「基準値からはずれているので医療機関での受信をお勧めします」と書かれていました。

具体的な結果なのですが
平成18年2月 ALT 15
平成18年7月 ALT 10
平成18年10月 ALT 15
平成19年10月 ALT 29
平成20年3月 ALT 97

このような結果になっています。
今のところ、体調に変化はありません。
年齢22歳 男子
身長174センチ
体重64キロです

ここ半年ほどの運動不足のせいで、体重が3キロほど増えたのですが、それが原因なんでしょうか・・。
医療機関で検査を受けた方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受診してください。
他の肝機能はまだ異常がないのですね。GOT,GOT,LDH等です。
まず考えられる疾患はアルコール性肝障害です。最近飲み過ぎていませんか。
次が薬剤性肝障害です。最近抗生物質とか、鎮痛剤を多用しませんでしたか。
昨年の10月以降に上昇していますので、ここ半年の生活習慣をかえりみてはいかがでしょうか。原因は意外と多くあります。
軽い疲労だけで上昇することは珍しいですが、無きにしも非ずです。
できれば受診して肝炎検査(HBS、HCV)も行うとより安心できると思います。
以上、何もなければしばらく仕事以外の時間は安静にするように努めてください。
肝障害が起こると500から1000という数値も珍しくはありませんが、激しいと入院加療が必要になります。しばらくは一か月に一回程度この数値がどう動くか変動をみてみてください。疲労とお酒、薬剤には十分気をつけましょう。
もうひとつ忘れていました。脂肪肝も多いですよ。超音波を受けてみてください。

Q肝臓病について(GOTとGPTが高いとき)

健康診断ではじめてGOTとGPTが高い結果がでました。
飲酒も喫煙もしないので、どうしたものかと思っています。
投薬しかないのでしょうか?
何かできる生活習慣や食事など教えて下さい。

Aベストアンサー

GOTとGPTだけが高いのでしょうか?まあ、集団検診の項目ですから、全体的にみてますので、今回のトランスアミナーゼ値の上昇は、肝細胞が何らかの原因で壊れている可能性が高いと理解できます。脂質の検査、コレステロールとか中性脂肪が高く、ウイルス性が否定されるなら脂肪肝が濃厚ですが、(エコーをとればほぼ確定できるでしょう)。他に薬や健康食品?などによる薬剤性肝障害、自己免疫性・・・などいくらか想像はされますが、情報が少なすぎますし、仮にここで、○×△とわかっても自分で治療はできませんので、まずは検診結果を持参して、病院の内科を受診してください。

QALT(GPT)が異常に高いのですが…

先日、献血を受け、その結果がハガキで送られてきました。見てみるとALT(GPT)が92IU/Lで、「医療機関での受診をおすすめします。」とのことでした。説明書きを見ると急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。とあります。そこで質問なんですが、
1.肝炎でまず考えたのが、B型・C型肝炎等のウイルス性肝炎なんですが、献血結果で送られており、「献血にご協力頂きありがとうございました」以外に特にコメントがないということはその可能性はないと考えてよいのでしょうか?
2.ALTの92という数値は検査に急を要するレベルなのでしょうか?ちなみに前回(H17.9月は26IU/L、H16.4は67IU/Lでした。)
3.肝炎・脂肪肝の症状はどのようなものでしょうか?
ちなみに他の項目の数値は
AST(GOT)が48IU/L
γ-GTPが78IU/L
総蛋白が7.1g/dL
ALBが5.0g/dL
コレステロールが223mg/dLです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に肝臓で分解されるんですが、処理をし切れずに肝臓にたまってしまったものを脂肪肝といいます。
例えるならば、脂肪という借金を肝臓(消費者)がためてしまうわけです。
ある程度まで消費者は借金を借金で返す、つまり自転車操業してでも生活できます。
このときは破滅への道を辿っていることに気付かないそうです。
しかし借金が雪だるま式に膨らむとついには破綻してしまいます。
この状態が肝臓で言うと肝硬変や肝癌という状態です。

脂肪肝は薬など使わなくても高タンパク低脂肪な食生活である程度改善できます。
脂肪肝と診断されても悲観なさらずに「重篤な病ではなく脂肪肝でよかった」位に思ってくださいね!

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に...続きを読む

Q激しい運動をする、もしくは激しい運動をしたあとは肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値があがるということはあるのでしょうか?

先日(:4/26)、に健康診断を受け、肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値が平均値よりも高いことがわかりました。以下のとおりです。

平均値      質問者の数値
AST(GOT) (35以下)   →48
ALT(GPT) (35以下)   →41

過去、3年間、検診を受けています(。過去の両者の平均値はGOT:25.5、GPT:31です)が、今回、初めて、上記のような高い数値が出てしまいました。“原因ではないか?”と思い当たるふしとして、検診の前日に、激しい運動をおこない、検診当日も疲れが残っていました。

激しい運動をする、もしくは激しい運動をしたあとは肝機能のAST(GOT)とALT(GPT)の数値があがるということはあるのでしょうか?

(※先の類似の質問に回答してくださった皆様がた。ありがとうございました。)

Aベストアンサー

◆よくお気づきになりました。

◆激しい運動の翌日などに筋肉痛や筋肉のだるさが残っている状態では、運動によって筋肉細胞が多少壊れてその修復が行われていることを示します。AST(GOT)やALT(GPT)は肝臓の細胞に含まれているので、肝臓の細胞が壊れた時に上昇し、肝機能障害の指標となります。

◆けれどもこのASTやALTは筋肉細胞にも含まれています。ですから、激しい運動によって筋肉の細胞が壊れると血液の中にASTやALTが出てきて数値が高くなります。壊れた細胞が肝臓か筋肉かを区別するためにはCKという物質を測定すればわかります(CKは筋肉細胞が壊れて上昇します)。ところが、CKは健康診断では測定しませんし、一般の内科診療でも測らないことが多いのです。

◆そのため、筋肉の障害(激しい運動、筋炎、筋肉の病気、筋肉の打撲、肉離れ)が「肝機能障害」と判断されてしまうことがしょっちゅうあります。

◆健康診断の前には激しい運動は厳禁です。異常値についてはもう一度、医療機関でCKとともに再検査してもらえばよいでしょう。

Q血液検査で急に肝機能が悪くなったことについて

先日血液検査でGOTが180,GPTが40,LDHが600と数値がとても高く、再検査をすることになりました。この数値だと肝機能障害の疑いがありますか?他の項目には異常がありませんでしたが、この3項目だけの異常でどのような病名が考えられるのでしょうか?1か月前に別の病院にかかった時の血液検査ではGOTが14,GPTが7,LDHが170と全く問題がない数値で、1ヶ月の間にこんなに変わってしまったのが不思議でなりません。それ以前の血液検査や献血でもこれらの項目はいつも低めで、一度もひっかかったことはありません。ちなみに、この1ヶ月の間に肝炎が疑われるような発熱や体調不良もなく、輸血や性交渉もありません。今回の血液検査の時に常用している痛み止め(アスピリン)をもしかしたら飲んでいたかもしれませんが薬の服用が影響することがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ドクターです。

通常量のアスピリンでは肝機能の異常との因果関係は考えにくいです。
感染以外でも肝機能の異常は起きるので精査されたほうがよろしいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング