音楽をCDからCDにコピーした場合と、I チューンズで、ダウンロードした場合の音質は、同じでしょうか、違うのでしょうか。

ツタヤへ行かなくても、パソコンで検索してダウンロードしても音そのものは同じかな・・・解からないので、詳しいかた教えて下さいますか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

結論から言うと違います。


市販のCDに焼かれている形式でCDにコピーした場合は環境により音が異なります。またダウンロードしたファイルの音質は可逆圧縮か非可逆圧縮(mp3など)かにより異なります。可逆圧縮音源が最も音質がいいですが、この形式で販売しているサイトは多くはありません。可逆圧縮音源>CD音源≧コピーしたCD音源>非可逆圧縮音源といった感じだと思います。
    • good
    • 0

デジタル的なことと、耳で聴いたこと、を分けて考えましょう。



・デジタル的なこと
まず、「bps」という言葉を覚えましょう。bits per second の頭文字で、1秒間あたりのデータ量のことです。

市販の音楽CDは、1411.2kbpsです。
それに対し、現在、iTunes Storeで購入できる音楽ファイルは、256kbpsに圧縮されています。約 1/5.5です。

音楽CDをCD-Rにコピーする際は、1411.2kbpsレベルでも、256kbpsレベルでも、コピーできます。設定次第です。現在のiTunesの標準設定は256kbpsですから、何も設定を変えていなければ、iTunes Store から購入したのと(デジタル的には)同じ音質です。

説明を簡単にするために省きましたが、「bps」の他に、「音楽ファイルの形式」も調べてみて下さい。「MP3」「ACC」「WAV」「非可逆圧縮」「ロスレス」などでも検索するとよいでしょう。

・耳で聞くと
必ずしも、bpsの値の通りに優劣が決まるものでもありません。圧縮と言っても、なるべく音質を損ねないように圧縮しているのです。再生環境によっても判断が違ってきますし、各人の感じ方の違いにもよります。
実際、質問者さんは、元の音楽CDとコピーしたCD-Rとで違いを感じますか? 設定を変更していないiTunesで作成すると、データ的には 1/5.5になっているのですが・・。
    • good
    • 0

 CDそのものは良い音質ですが、コピーの仕方などで変わるのでどちらがとも言えません。

再生機器の性能によっては同じように感じる場合もあるかな。

 ある作品はダウンロード版が非常に音が悪いというのと、限られた人しか楽しめないのでCDを作り販売。音は良いものになったそうです。 
    • good
    • 0

いずれにしてもデジタルデータなので、ファイル形式が同じであれば音質も同じはずで、異なるファイル形式では微妙に音質に差が生まれる可能性があります。


もっとも、その差は普通の人が聞いて聞き分けられるようなレベルではないと思います。
それよりも、すごい高価いスピーカーで聴くか、数百円のイヤホンで聴くか、などのハード面での差異の方が大きいです。

もちろん、CDの売れ行きを期待するためにダウンロード版は敢えて音質を劣化させたバージョンで配信、とか、ダウンロード元が海賊版、とかされていた場合は、この限りではないですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング