これからの季節に親子でハイキング! >>

傷害罪の刑事告訴状が警察により受理されたのですが、その後の流れについて教えて頂けないでしょうか?具体的な流れについての説明と共に、それに要する時間なども教えて頂きたいのですが・・・。宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

その後ですが


1)容疑者の人定確認
2)逮捕状請求
3)逮捕状執行
4)取り調べ開始
5)身柄供に送検
6)勾留請求10日
7)延長請求10日
8)検察官が起訴(略式起訴の場合あり)
9)刑事裁判開始
10)判決(執行猶予・懲役刑)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

有難うございました。大変参考になりました。宜しければ、起訴、不起訴の決定までにどれくらいの期間がかかるのかとか、被疑者が被害者に対して起訴状の取り下げを頼めるのはいつの時点までなのかと言ったことについてもお答え頂きたいのですが。

お礼日時:2012/08/29 16:27

それは、親告罪についてです。



傷害罪は、親告罪ではありませんから一旦受理された告訴は、取り消しができません。

相談者の貼り付けた内容は、きちんと親告罪と明記されています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答頂き有難うございます。その後も検索を続けましたところ、法律相談事例集データベースには「一、起訴前弁護について
1、窃盗や傷害、強盗など個人的法益を害する犯罪の場合、当然、被害者が存在することになります。このような犯罪の場合、起訴前弁護としてなすべきこととして最も重要なことは、被害者に対して謝罪し、被害を弁償することです。事案にもよりますが、比較的軽微な犯罪であり、かつ初犯であるような場合には、被害者の方に誠意を持って謝罪をし、被害を弁償して示談に応じていただければ(被害届け・告訴状などを取り下げていただくことが出来れば)、不起訴処分となることも考えられます。起訴後であっても示談をすることは可能ですが、起訴されている以上、無罪とならない限りは、仮に執行猶予が付いたとしても前科はついてしまうことになります。もっとも、示談の有無は情状に大きく影響を与えるものですから、起訴後においても示談が重要であることにかわりはありません。
2、また、強姦・強制わいせつ・器物損壊などの親告罪(起訴するためには被害者等からの告訴状の提出が必要となる犯罪)については、示談が成立し、告訴状を取り下げていただくことが出来れば、起訴されることはなくなります。」とありました。
また、メールで弁護士さんに質問したところ「傷害罪の告訴を取り下げること自体は、問題なく行えます。問題は告訴を取り下げても、親告罪でない以上、警察・検察が捜査や控訴提起をする
ことがかのうだということです。」と言うような回答を頂きました。問題は解決しました。有難うございます。

お礼日時:2012/08/30 07:14

>例えば、検察が被疑者に対して略式裁判についての説明をした時点などでも可能なのでしょうか?また、公判に>至った場合でも可能なのでしょうか?


一旦だされた告訴は、取り下げができません。
先に書きましたが、この犯罪は親告罪ではありませんから、警察官が認知した時点で事件となります。
できるとすれば、被害者と示談を成立させて「嘆願状」を出してもらう程度でしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答頂き有難うございます。しかし、私の認識とは違っておりましたので、「告訴・告発状の書き方」http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/kokuso.html を検索したところ、刑事告訴状237の1に「
公訴の提起(起訴)があるまでは取り消せる。それ以後の取消は無効。」とありました。そして、更に240には「告訴及びその取消は、告訴権者から委任された代理人によってもなすことが出来る。」とありました。この件に関しては、勘違いなされているのではないでしょうか?

お礼日時:2012/08/29 23:02

>起訴、不起訴の決定までにどれくらいの期間がかかるのかとか


起訴は、勾留決定時から20日までにされますが、最初の10日目又は20日目になります。

>被疑者が被害者に対して起訴状の取り下げを頼めるのはいつの時点までなのか
起訴状は、被害者ではなく「検察官」が裁判所へ出すものですから被害者には関係ありません。
また、傷害罪は親告罪(被害者が告訴しないと犯罪成立しない罪)ではありませんから司法警察員が、事件を認知した時点で事件認定されますので、告訴取り下げということもできません。

ですから、一旦告訴されれば事件認定がされますから、取り下げはできません。
(傷害)
第204条 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
上記が、傷害罪の条文ですが、最大で15年と言う懲役がある犯罪となりますから、軽い犯罪ではありません。

一旦事件認定がされれば、逮捕後取り調べで勾留され、起訴猶予もありません。
初犯で、少年時代にも傷害や暴行罪での補導歴がなく、被害者との示談が出来ていた場合でも起訴されます。
検察官の判断で、略式起訴(罰金刑のみ)となる場合もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になりました。精通されているご様子ですので、もう一つお願いできないでしょうか。と言うのは、告訴状と書くべきところを誤って起訴状と書いてしまいました。被害者が提出した告訴状の取り下げを、被疑者もしくは被告人(起訴された時点で呼び方が被疑者から変わるそうですので)が被害者に依頼することはいつの時点まで可能なのでしょうか?例えば、検察が被疑者に対して略式裁判についての説明をした時点などでも可能なのでしょうか?また、公判に至った場合でも可能なのでしょうか?宜しくお願い申し上げます。

お礼日時:2012/08/29 19:50

受理されてるなら「任せる」が正解。


捜査の予定・進行具合 教えてどうするの?
捜査の意味無くなりますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答頂き有難うございました。言葉足らずで誤解を招いてしまったことを申し訳なく感じております。私の疑問は、もう一人の回答者の方にお答え頂いた事や、その方への私の更なる質問などでした。

お礼日時:2012/08/29 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑事告訴されたら捜査はいつ始まるの。

約2年前に刑事告訴されたと言われ、弁護士を立てて告訴上を出した警察に確認したところ、告訴上は受理されたと言われました。その後いわれのない誹謗中傷が多々あり、名誉毀損など対抗処置をしようと考えているのですが、告訴に伴う捜査が約2年立っても始まりません。こちらの弁護士は法廷で争う為に資料も証人も整えているのですが、刑事告訴の捜査が開始されるのはかなり時間が掛かるのでしょうか?時間がかかる場合には逆にこちらから相手方に何か出来る事はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

刑事告訴から捜査の開始は、基本的には素人の考える以上に時間が
かかります。事案の重さにもよりますが1年以上たってから捜査を
開始することあります。もちろん重大事案は優先的に捜査されますが。

2年もたってなにもないということは、基本的に意味のない告訴だ
ったということでしょう。ですのであまり大きく考える必要はありま
せん。
 こちらからできることは、無実の罪を証明する資料をそろえておけ
ばそれで足りると思います。
 相手を別罪で訴えるのはまた別の話です。

Q告訴を専門家に依頼すると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

告訴を専門家に依頼すると、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

聞くところによると、警察では一般人が告訴しようとしても、なかなか受理してもらえないと聞きます。
そこで、専門家に頼もうと思うのですが、弁護士は高そうです。
行政書士でもやってもらえるのでしょうか?

ご存じの方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

警察への告訴状作成や提出は行政書士でも可能です。
費用は、弁護士の場合の相場は5万円~ですが、行政書士の場合、それより安いケースが多いようです。
私の場合、ネットで検索して、全国対応で対応してもらえる行政書士を見つけて依頼しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://century-office.asia/kokuso03.html

費用は3万円ほどだったと思います。
メールだけで対応してもらえるので、ネットショッピング感覚でしたよ。

Q刑事告訴すると宣言されています

私ではないのですが、身内が身に覚えのない内容で会社から刑事告訴すると言われています。
社内で発覚した使途不明金の窃盗容疑だそうです。
すでに本社では被害届を提出し、警察が介入しているそうです。

本人はやっていないと言っています。
社内の事情聴取でも一貫して「お金は知らない」「自分は取っていない」と言ったそうです。

しかし、その支店で使途不明金が出ているのは事実であり、状況証拠(マッチングしない帳簿や金庫の管理体制など)から見て身内しかいないというのが会社の見解であり、警察もそのように言っていると社内の事情聴取の際に言われています。
即刻告訴の予定だったが事情聴取時に「私がやりました」と言えば内々で処理したが、言わなかったので告訴しますとのことです。

また、告訴されたら身柄拘束の上、家宅捜索が入り、親兄弟関係者のところへも捜査に入る事になると言われています。
本人は幼い家族と引き離されると大変参っており、いま出せるお金で告訴を待ってもらいたい。身に覚えはなくても支払うので告訴しないで欲しいと考えているようです。

そこで質問なのですが。

1)身に覚えがないのに現段階(告訴はまだしてないそうです)でお金を渡すことは有効でしょうか?

2)会社と警察がクロだと言っている状況下でひっくり返す事は可能なのでしょうか?
帳簿や資料などは見せられたそうですが、あまりの出来事に詳細までは把握出来なかったそうです。

3)「どうやったら告訴をしないでもらえるか」という問いに対し、「お金さえ戻ってくれば丸く収めるんだけど」と言われたそうなのですが、身に覚えがなくても支払いに応じた方が賢明でしょうか?

4)告訴されるとその後の就職に影響はありますか?
告訴してもしなくてもクビは確定だそうです。
本人は片親の為、身柄拘束されると幼い家族が困るし、就職出来ないと困ると言っています。
お金はないのでどう工面するのかはまだ考えられないが、支払ってしまいたいと考えています。

あまりに気が動転しすぎて正当な判断が出来ない状態になっています。
大変急いでいるので、早めの回答をお願いしたいです。
よろしくお願いいたします。

私ではないのですが、身内が身に覚えのない内容で会社から刑事告訴すると言われています。
社内で発覚した使途不明金の窃盗容疑だそうです。
すでに本社では被害届を提出し、警察が介入しているそうです。

本人はやっていないと言っています。
社内の事情聴取でも一貫して「お金は知らない」「自分は取っていない」と言ったそうです。

しかし、その支店で使途不明金が出ているのは事実であり、状況証拠(マッチングしない帳簿や金庫の管理体制など)から見て身内しかいないというのが会社の見解であり、警察もそ...続きを読む

Aベストアンサー

>警察もそのように言っていると
嘘です。伝聞証拠であり採用できませんw
通常、正式な捜査中にその内容を漏らす事はありません。証言などに影響を与え証拠能力が低くなってしまいます。
もちろん、下っ端で口が軽い奴なら無くはないでしょうけど。

身柄拘束は逮捕ですから、それなりの金額、逃亡、証拠隠滅の恐れがなければできません。
帳簿が一致しない程度では当人と断定するにはほど遠いでしょう。
だから、まだ告訴できていないのです。
即刻告訴の予定がどうして被害届に留まっているのですか?証拠が甘いからです。
現状では打つ手はあまりありません。実際に当人が告訴されないと要は重要参考人レベルなのであたふたする必要はありません。もちろん、弁護士は探しておくべきですが。
お金を払うなどもちろん必要ないし、やぶ蛇になりかねないというのもその通りだと思います。
後ろめたいから金でごまかそうとしているとも解釈可能です。

容疑が薄いのみ解雇なら不当解雇です。逆に会社を訴えられます(刑事事件ではありません)
逮捕されたら就職活動自体ができませんから、そんな事を今から心配しても意味ありません。
告訴だけでは有罪ではありませんが、それが漏れた場合は影響が皆無という事はないでしょう。
といって、推定無罪なのですから表向きは関係ありません。

身に覚えが無いなら潔白を主張しましょう。今はごまかせても、今後、ずっと後悔しかねません。
もちろん、刑事裁判となれば心身とも疲れ切ります。それでも地球は回る・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%A2%85%E4%BA%8B%E4%BB%B6
実際にやったのなら潔くあきらめましょう。

>警察もそのように言っていると
嘘です。伝聞証拠であり採用できませんw
通常、正式な捜査中にその内容を漏らす事はありません。証言などに影響を与え証拠能力が低くなってしまいます。
もちろん、下っ端で口が軽い奴なら無くはないでしょうけど。

身柄拘束は逮捕ですから、それなりの金額、逃亡、証拠隠滅の恐れがなければできません。
帳簿が一致しない程度では当人と断定するにはほど遠いでしょう。
だから、まだ告訴できていないのです。
即刻告訴の予定がどうして被害届に留まっているのですか?証拠が甘...続きを読む

Q暴力・傷害事件で相手を告訴するには何が必要ですか?

暴力・傷害事件で相手を告訴するには、
目撃証人、病院の治療領収書など、何か
必要ですか?

------------------------
相手に殴られるという暴行を受けました。
体に見えるほどの傷は受けませんでしたが、
法的に相手に訴えたいと考えています。

警察に「暴行を受けた」のみで、逮捕等などに進展しますか?何か他に必要なものがありますか?

Aベストアンサー

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜査が義務づけられません。よって、ついでの時に調べてくれる程度となってしまうことにもなりかねません。
告訴状を受理した場合は、刑事訴訟法上正式に捜査が義務づけられますので、事も大きくなりますが確実です。
しかし、警察も捜査が義務づけられるので、なかなか告訴を受け付けようとはしてくれませんので、強行に告訴を主張して、写しに受理印を押してもらう必要があります。
出来れば弁護士、司法書士、行政書士等に告訴状を作成してもらって提出すると尚良いと思われます。
(Net上にも行政書士のHP等で書式がたくさんあるので、自分で作成してもかまいません)
相手を厳罰に処罰して欲しいのであれば、被害者調書に必ずその旨を記入してもらってください。
相手が警察に呼ばれたら、おそらく相手から示談交渉の申し入れがありますので、あなたの考えを主張すれば良いと思います。
相手に厳罰を望んでいるのであれば。示談しないことです。金銭で解決してあげるのであれば、示談に応じてあげれば、多少罪も軽くなり、状況によっては不起訴になります。

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜...続きを読む

Q告訴を受理しない警察(検察)を動かすには??

難しい質問かもしれませんが本当に困っているので聞いてください。
一応法学部出身ですが実務はよく分かりません。

以前知り合いの女性とけんかになり一方的に怪我を負わされ傷が何箇所か残ったのですが、その後傷害の罪で告訴しようにも警察は頑として被害届にしてほしいと受理しませんし、何度被害を届けても調書すらとらず捜査も半年ほど全く進んでいません。告訴状を何度も出しても被害届にしてほしいといわれ返還されます。公安委員会に何度電話しても告訴は受理してもらえません。

そこで検察に告訴状を出しても「警察処理相当」ということで何度も返還されてきました。死人が出なければ動かないくらいの対応でした。

弁護士に相談もしましたが、傷害は何箇所か残っていますが軽い傷なので警察も内輪のことだと思ってあんまり動かないと思いますと言われるのです。

そこで私は、傷害が軽い傷なら人に暴行を加えて怪我を負わせても罪に問われないのか?女性なら許されるのか?と疑問に思うわけです。包丁を突きつけられ殺すと脅迫もされました。

警察や検察にも色々事情はあるのでしょうが、刑事訴訟法は守っていただきたいですし、女性だからといってもきちんと構成要件に該当しているのですから平等に法を適用してもらって、告訴を受理して、明文の規定に従って起訴するかどうか検討してもらいたいのですが・・・。

こういう場合、どうすればいいでしょうか?

難しい質問かもしれませんが本当に困っているので聞いてください。
一応法学部出身ですが実務はよく分かりません。

以前知り合いの女性とけんかになり一方的に怪我を負わされ傷が何箇所か残ったのですが、その後傷害の罪で告訴しようにも警察は頑として被害届にしてほしいと受理しませんし、何度被害を届けても調書すらとらず捜査も半年ほど全く進んでいません。告訴状を何度も出しても被害届にしてほしいといわれ返還されます。公安委員会に何度電話しても告訴は受理してもらえません。

そこで検察に告訴...続きを読む

Aベストアンサー

>告訴状を内容証明で出そうと思います。
>告訴状はどのように書けばよろしいでしょうか?

告訴状と記載し、
後は事件の経緯を記載。
最後に絶対記入する言葉は「この者を法律に基づいて厳重に処罰して頂きたい」という言葉を載せること。

被害届と告訴状の違いは、この「この者を・・・」があるかどうか。
でも警察署内の大きな違いはある。
被害届だと、その警察署の課(刑事課とかの課)のみの管理。
告訴状だと警察署全体の管理。

被害届だと担当刑事の判断で事件性ないと思って動かないからといって怒るところはなし。
が、告訴状だと、一応、操作の形式を取り、事件性ないという判断をしないといけないとされている。刑事が動かない場合、被害者がクレームを入れる権利が少し増すような違いがある。

5年前の記憶じゃが、もし違っておったら申し訳ない。
こういうことに詳しいHPや本などで確認してもらえると助かるし、
また弁護士に、告訴状の書き方を習うのも良いと思うが。。。
また、法化大学院出身の弁護士さんだと、文章代筆を引き受けてくれることもあるので、頼んでみたらどうであろうか。

幸運を祈ってます。
大きく揉めるよりも、早く気持ちの整理もでき、解決すると良いですね

>告訴状を内容証明で出そうと思います。
>告訴状はどのように書けばよろしいでしょうか?

告訴状と記載し、
後は事件の経緯を記載。
最後に絶対記入する言葉は「この者を法律に基づいて厳重に処罰して頂きたい」という言葉を載せること。

被害届と告訴状の違いは、この「この者を・・・」があるかどうか。
でも警察署内の大きな違いはある。
被害届だと、その警察署の課(刑事課とかの課)のみの管理。
告訴状だと警察署全体の管理。

被害届だと担当刑事の判断で事件性ないと思って動かないから...続きを読む

Q被害者が告訴を取下げた後でも刑事罰が罰せられることはあるのですか?

酔っ払ってふとしたはずみに、相手を殴ってしまい怪我をさせてしまいました。その場で警察に連れて行かれ、調書と指紋、写真を撮られました。相手が先に手を出したと思うのですが、なにせひどく酔っており(相手はしらふ)向こうは顔に怪我、こちらは無傷、という状況でした。
相手は、頚椎捻挫と眼球の白目の部分が変色する後遺症が残りました。刑事告訴をしており、告訴を取下げてほしければ、という脅し文句でかなりの額を請求してきました。こちらとしては、何とか傷害罪で前科がつくのを避けたくて、相手の言う金額で示談する方向に向かっております。

質問と言うのは、1)示談が成立して相手が告訴を取下げた後でも、検事に呼ばれ罰金刑などの刑を受けることはあるのでしょうか? 検事に示談書と示談金の領収書を見せても刑罰をうけることはあるのでしょうか?
2)その場合に備えて、示談書に「告訴取下げた後で、刑事罰を受けた場合にはこの示談は成立しない、又はその場合の示談金は○○万円になる」 などの文言を入れることが出来るのでしょうか? 
どうか、この分野の専門の方お知恵をお貸しください。お願いいたします。

酔っ払ってふとしたはずみに、相手を殴ってしまい怪我をさせてしまいました。その場で警察に連れて行かれ、調書と指紋、写真を撮られました。相手が先に手を出したと思うのですが、なにせひどく酔っており(相手はしらふ)向こうは顔に怪我、こちらは無傷、という状況でした。
相手は、頚椎捻挫と眼球の白目の部分が変色する後遺症が残りました。刑事告訴をしており、告訴を取下げてほしければ、という脅し文句でかなりの額を請求してきました。こちらとしては、何とか傷害罪で前科がつくのを避けたくて、相手の...続きを読む

Aベストアンサー

1.過失傷害罪か傷害罪か争いがあるようですが、酔った上での喧嘩は傷害罪にあたります。従って、告訴や示談の有無に関わらず起訴される可能性はあり、基本的にNo.3の方の回答が正しいと思います。

2.ところで、相手方が告訴の取下げと引換えに不相当な示談金を要求している場合、程度によっては、相手方が恐喝罪となる可能性があります。そういう意味で、実は「おあいこ」ですから、相手方の要求を鵜呑みにするのではなく、弁護士を解した適当な解決をお勧めします。

3.細かい補足
・告訴の取下げは、起訴前にのみ可能であり、検事聴取等は関係ありません。もっとも、(今回は違いますが)親告罪の場合は、告訴が取下げられれば、一般には捜査・取調も行えないと解されており、検事聴取も行われないはずです。
・非親告罪においても「告訴」は可能です。「告訴」とは訴追を求める意思表示であり、「被害届」は単なる被害事実の報告に過ぎないのであり、非親告罪であっても両者は区別されます。

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q告訴状提出から起訴まで期間が空いている。 単純な事かもしれませんが何で?

今更  なのですが・・友人から聞かれて私も疑問に思って、ここで質問させて頂きます。
昨年 4月に友人が強制わいせつ罪にて弁護士より警察に告訴状を提出しました。
加害者は拘留されてない (罪を認めた)
実況見分は6月中旬

ところが起訴状に記載されている日にちは9月下旬となってます。

何でこんなに期間が空いて、または時間が係ってしまうんでしょうか?

ここでの色んな質問等から判断すると逮捕状が出てから20日位となっている様なので・・・
単純に何で?なのですが・・・
警察からは何も教えてもらえない  との事だそうです。

裁判は10月から始まっているようです。

そこで、又 ご教授頂きたいのですが・・
この、加害者  裁判始まってから 『全面否認』で争って来ている模様で。
しかしながら、ちゃんとした目撃者も有って その方の証人出廷も済んでいるそうですが・・被害者出廷も済んでます。
この加害者には20年程前に起こした前科があるようです。

検事さん曰く、後は裁判所の判断次第との事。
友人の依頼している弁護士は実刑の可能性あり  ですが今の流れだと控訴して来るかも知れない  らしいです。

こう言った流れで 加害者は実刑にならない?
初めは認めていて在宅起訴されており裁判では否認って・・

こんなのアリ?って思うんですが・・・
今までの判例  色々調べたんですが このケースに当てはまるのに
中々見つけられずにいます。

確かに後は裁判所次第でしょうが、まだ1審の裁判  終わってない状況です。

何だか不完全燃焼状態がずーっと続いていて・・この先の展開が見えればと思って質問させて頂きます。
何方か、詳しい方居られましたら・・どうぞ、宜しくお願いします。。
質問での不足分等は補足します。

友人は早く終わらせたい  当たり前ですが・・どんな終わり方なんでしょうか?

今更  なのですが・・友人から聞かれて私も疑問に思って、ここで質問させて頂きます。
昨年 4月に友人が強制わいせつ罪にて弁護士より警察に告訴状を提出しました。
加害者は拘留されてない (罪を認めた)
実況見分は6月中旬

ところが起訴状に記載されている日にちは9月下旬となってます。

何でこんなに期間が空いて、または時間が係ってしまうんでしょうか?

ここでの色んな質問等から判断すると逮捕状が出てから20日位となっている様なので・・・
単純に何で?なのですが・・・
警察か...続きを読む

Aベストアンサー

1.20日程度というのは、逮捕をした場合の被疑者の拘束期間の制限から来るものです(逮捕してから勾留請求まで最大で72時間、勾留が原則10日+延長1回で最大20日).勾留期間中に起訴するためには、この期間内に基本的な捜査を終えて起訴する必要がありますが、勾留の必要がない事案であれば、起訴するに足る証拠が集まった時点で起訴することになります.
 具体的な事案が分かりませんが、それほど重大な事件ではなく、逃亡や証拠隠滅の恐れもないのでしょうね.
(なお、「拘留」は、刑罰として、刑事施設に拘禁することです.音は同じですが、意味が異なりますのでご注意を)
2.実刑になるかどうかは、それぞれの犯罪の事情によるわけですから、裁判所の判断次第、というのはそのとおりでしょう. 殺人でも執行猶予がつく場合は相当あります. 
 被告が全面否認しているということだと、検察の立証が不十分で、被告がその犯罪を犯したと確信するのに疑問が残るようであれば、無罪ということもあり得ます.一方、裁判所が有罪と判断した場合には、反省がない(=再犯のおそれ)ということで、実刑になる可能性もあります.

 ちなみに、最初は認めていて、起訴されて否認に転じることも、珍しくはないでしょう. 有名なところでは、村上ファンドの事件も、村上氏は、起訴前の段階では認めていましたが、裁判では全面的に争ってますよね.

 ご質問の内容から、この先の展開を見通すのは、不可能でしょう. よしんば、事件の内容まで詳しく書いていただいたとしても、検察側の立証状況とそれに対する被告側の反証まで詳しく書くことは無理ですから、やはり淡々と裁判の行方を見守るしかできないと考えた方がいいです.

1.20日程度というのは、逮捕をした場合の被疑者の拘束期間の制限から来るものです(逮捕してから勾留請求まで最大で72時間、勾留が原則10日+延長1回で最大20日).勾留期間中に起訴するためには、この期間内に基本的な捜査を終えて起訴する必要がありますが、勾留の必要がない事案であれば、起訴するに足る証拠が集まった時点で起訴することになります.
 具体的な事案が分かりませんが、それほど重大な事件ではなく、逃亡や証拠隠滅の恐れもないのでしょうね.
(なお、「拘留」は、刑罰として、刑事施設に拘禁...続きを読む

Q友人が告訴されそうです。

友人が勤務先の会社で不法行為をした為に懲戒解雇になりました。
その会社は友人を業務上横領で顧問弁護士と相談の上、告訴をする方針です。
もし告訴された場合、告訴状はどこに出されるのでしょうか。

その会社の所在地にある警察署、不法行為をした者の住所がある警察署が考えられますが
このほかは考えられるところはどこになりますか。

会社が告訴状を警察に提出する時は郵送によるものなのでしょうか。
弁護士または会社の代表者が直接警察署へ赴いて告訴状を提出するものなのでしょうか。

告訴状が提出された場合、不法行為をした者がそれを確認する方法はあるのでしょうか。
警察に問い合わせたら回答してくれるものでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1)告訴状はどこに出される?→→会社を管轄している地方裁判所でしょう。
2)どこの警察署?→→会社を管轄してる警察署(交番除く)に限定されます。
3)告訴状は郵送による?→→顧問弁護士が告訴状等を作成し、警察を経由して又は、直接に裁判所へ提出します。
4)不法行為したものが確認する方法は?警察に逮捕されるか、訴状が自宅宛郵送されてきます。それか、自宅等から任意出頭の形から始まり、警察署内で逮捕、拘留から留置場行きも。警察では回答しません。警察へ出頭してからは、友人側の弁護士(依頼した場合のみ)だけしか、面会も連絡も取れません。


人気Q&Aランキング