ダリセンソール1を10時間弱鳴らしました。

取説には100時間のエージングと書いてあるのですが

音は断然良くなるのでしょうか?

10時間弱鳴らして最初よりはよくなったような気もしなくもないこともない・・・気が・・・

誰でもわかる違いなのか日頃聴いてないとわからない違いなのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

久々の回答ですね。

満を持して かな?
No.8の回答者のお話は、よくわかります。
しかし、それはウォーミングアップと言わなければならないものです。
人でも物でも、アンチエイジング(エイジングの反対語)の為にウォーミングアップは必要です。
競技に臨むアスリートたちも必ずウォーミングアップしてコンディションを整えます。スピーカーやアンプだって電源を入れた瞬間からいきなりフルパワーを出させれば故障する事だってあります。
しかし、ウォーミングアップは100時間もするものではありませんね。ベストコンディションを通り越して、逆に疲れます。

そもそも、経年劣化とか加齢を意味するエイジングという言葉を、別の意味に使おうというオーディオ界の不思議用語(道理を通さない無理な言葉)の代表的な一つだと思いますよ。
    • good
    • 0

30年前に中古で購入したTannoy MonitorGold を時々聞きます。

私のお宝スピーカーですが、たまにしか聞かないせいかかけ始めはもごもごした変な音です。
古くなったせいでこのスピーカーもお陀仏かと思わせますが、これがエージングの正体だろうという自説をもったので、OKWaveにはよくお世話になっていることもあり、わざわざIDを取って、回答?投稿します。

楽器でもうまい人が常に引いていないといい音がしないと聞きます。下手な人に触らせると音が悪くなるというのはもったいぶっている訳でなく、無理な振動のために楽器の微細構造に歪が生じるのでしょう。
人間も運動していないと体が硬くなりますね。準備運動をすると体が滑らかに動く気がします。車でもそうです。スピーカーも同じでしょう。エージングとは、物にしなりを持たせることで、動かし始めはもちろん、常に動かしていないとしなやかな動きは維持されないということだと思います。何時間使ったからエージング終了というものでは無い気がします。

そして人間のエージングと同じく、年とともにだんだん体が硬くなり、いずれ おだぶつ。若いうちは尖がってますよ。
大事に、そして適度で好みに合った運動をさせてあげていると いつまでも元気に好みの音を聞かせてくれるのでしょう。

(以上 最近、年のせいか、人も万物も皆同じという、仏教思想を持つようになった爺さんより)
    • good
    • 0

No.5です。


>錯覚ですか( ̄ー ̄)
いいえ、慣れです。
スピーカーも慣れますが、人の慣れのほうがはるかに大きいのです。

『音は断然良くなる』かどうかは、あなたの慣れ次第。
    • good
    • 0

>誰でもわかる違いなのか日頃聴いてないとわからない違いなのか教えてください。


その人の記憶力の違いによるものが一番大きいです。
オーディオが華やかしき頃は、
「左右SPの+-を逆相異に繋いで、座布団に伏せて1週間鳴らし続ける」なんてことを。
殆ど音は出ませんから、近所迷惑にならずにエージングが出来ましたので。
でも、実施する前と後で全く違う音が出ている訳ではなく、
明確に前の音質を記憶していなければ、プラシーボ効果の範疇と言えると思います。

いずれにしても、エージング前の状態に戻せるものではないので
さして気にしなくても良いかと。

音に関する記憶力抜群の来客人が、購入直後に一度訊いて、
暫らくしてから再訪して同じ曲を聴いた時に
「ヴィオラの伸びが良くなってるね。」と言うことはあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかる人はわかるのですね( *`ω´)

お礼日時:2012/09/03 13:18

すでに、回答が出ていますので、スピーカーのエイジングについては省略します。



で、スピーカーとあなたの耳(本当は脳の働きを含めた聴感)を比べると、変化が大きいのは耳のほうです。
また、スピーカーは物体なので成長しませんが、聴感は学習により成長します。

で、100時間も同じスピーカーに付き合っていると、耳が慣れて行く間に、そのスピーカーを通じてより多くの情報を得る訓練ができます。
そうなると、初めてそのスピーカーに出会ったときよりも音を楽しめるように成っています。
なにかスポーツとかで、初めて挑戦するときよりも、100時間練習した後では体がコツをつかんで自然とうまくできるようになっている。というのと同じと考えて良いでしょう。

よく、無人で鳴らしっぱなしにする人がいますが、それでは耳ができていませんので、スピーカーを100時間老化(エージング)させたに過ぎません。

最初は、好みの範囲で構いませんので、できるだけ多種の音楽を聴きながら、このスピーカーとどんな付き合いができるのか考えてみてください。100時間も聞けば、だいたい折り合いがついて、楽しめるようになる筈です。もし、100時間経っても好きになれないようなら、余程相性が悪いですので、別の製品を探した方が良いということになります。

部屋の音についても同じことが言えるのですが、部屋はスピーカーのように簡単に買い換える訳には行きません。初めて入居した時に、なんとなく居心地の悪いと感じた部屋も、何日かすると気にならなくなっている。順応性とかと簡単に言われますが、人の感覚がうまくフィルターを作ってくれる訳です。自分の部屋の匂いは気にならないって良く言いますよね、それも同じ。人にはそのような能力が備わっている。その能力を育てる事が重要なのです。
もちろん、限度を超えていれば引越しするほか無いですね。
部屋の音響とスピーカー特性の相乗効果で限度を超える場合も有ります。
その順応のタイムリミットが100時間だと、取説が言っている。そう思えば良いでしょう。

oooo342さんの文章に、この製品に対する不満があるように感じましたので、ネガティブだった場合の対応も書いておきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

錯覚ですか( ̄ー ̄)

お礼日時:2012/09/03 13:17

エージングってのは、新しい革靴を買ったときのようなものです。


最初は固くてあちこちが当たるけど、そのうちに履き癖がついて曲がるところが曲がるようになったりして履きやすくなります。
動くものというのは、大なり小なりそういうところがあるので、最初のうちはそういうことがあるかもしれないよ、と言っているのです。
ただ今のもので、そう大きく音が変わるものは無いのではないかと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!!!!!!!!!!!!

お礼日時:2012/09/03 13:17

>> 誰でもわかる違いなのか日頃聴いてないとわからない違いなのか教えてください。

//

答えから言うと、「毎日聞いているから、分からない」が正解です。

たとえば、「昨日の朝ご飯に食べた目玉焼きの味」を正確に思い出せる人は、世界中を探しても両手で数えられるくらいでしょう。人間の記憶というのは、そのくらいテキトーなのです。そうでなければ脳の処理能力をすぐに超えてしまうから、と聞きます。

それと同じで、「昨日聞いたこのスピーカーの音」を正確に思い出せる人も、ほとんどいません。まして、10日前の音など絶対に思い出せません。「オレは思い出せる」と言う人は、勝手にそう思い込んでいる(あるいは自慢したいために偉そうなことを言っている)だけです。

しかし、変わるか変わらないかで言えば、確実に変わります。エージング(は「老化」というニュアンスが強く、英語圏ではふつう "Burn-In" や "Break-In" という言葉を使います)の前後で機械を使って測定すれば、数値的には、聞く人が聞けば分かる程度の違いが生じるのです。

従って、「まっさらのスピーカー」と「100時間バーンインしたスピーカー」を横に並べて同時に聞き比べれば、分かる人には分かる程度の違いはある、と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~!

お礼日時:2012/09/03 13:16

強い日射しの下から日陰に飛び込むと一瞬「暗いな」と思うものの、あっという間に慣れてしまって「暗いな」などとは思わなくなるでしょう?



上記のような急激な変化に対してはその変化が判ることもあるのですが、Speaker の場合は徐々に変化して行きますので、鳴らし始めた時の音の感覚を覚えていないことには変化に気付かないものです。

2 枚の写真や絵を見せて「何処が違うでしょうか?」みたいな Quiz で随分と時間をかけて精査してみても違いが判らなかったなんてことがよくあるように Speaker の音質変化を聴き取れる人など滅多にいません。・・・聴きとれた人は 2 枚の写真や絵の異なる部分に初めから注目していた運の良い人だけです(汗)。・・・新品の Speaker と長期間 Aging された Speaker とを並べて聴く較べれば判る人も少なからず出てくるでしょうが・・・。

ちなみに Aging とは「老化」のことですので、私はこの言葉を「慣らし運転」には使いたくありません。

慣らし運転は Burn-In と言います・・・火入れですね、

Burn In は一定時間通電して初期不良を起こさないかどうかを Check する用語ですが、駆動部品を一定時間動かしてみて「バリを取る」というか「埃や初期の硬さを取る」みたいな使い方もされる用語です。

Speaker の場合は「凝り固まっていた硬さを取る初期運転」に当たるのでしょうが「凝り固まっている部分」は Diaphragm (振動板) と Edge や Center Cap とを貼りあわせている接着剤とか Voice Coil に繫がっている Cable とかでしょうから Burn In によって音質に劇的な変化を生じるようなものではない筈です・・・生じるようであれば不良品です(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バーンインですか(・∀・)

お礼日時:2012/09/03 13:16

はじめまして♪



「エージング」という言葉に対する詳しい事はオーディオカテゴリーで長く詳しい先輩方にオマカセします。

そもそも、スピーカー等の振動に関するオーディオ機器は有る程度鳴らしてと言う馴しは多少の差こそ有りますが影響は有るモノです。

しかし、それも非常に微妙な音の変化に敏感な人にとっては見違えるように変わったと言うでしょうし、大半の封通の人には気付かないと言う部分です。


まぁ、それでも半年とか数年で、購入当初より耳に馴染んだのか、柔軟な音、聴きやすく成ったかな?と言う程度でもわりと多くの人がそのような感覚で感じ取っている可能性は有ると思われます。

基本定な個性とかそういう部分は変わりません。非常に微妙な部分をどう感じるか、それをどう表現するか。自分で感じないなら全てムダとは言いませんが、少しずつ、少しづつ改善の可能性が有れば、大きな変化は無いので気付かないうちに良い状況が普段の音と言う感覚に成るのでしょう。

ヘタに気にしていれば、再生している音楽、「もっと良い音が」と、音楽に浸って楽しむ事が半減しますね。

まぁ、私なんかはいろいろ違うサウンドでの体験が好きなので、イジリ過ぎ、音楽聴か無い音キチとまで言われた事も有るのですが、人それぞれ。オーディオってそういう個人の趣味でしょ? と割り切って楽しんでいます(笑)

経験から、「エージング」と言って、無理な動作を含む強制的な駆動は、早期劣化にかなり近い。
普通に聴いて、100時間なら1日1時間で100日、春からなら晩秋から初冬まで(最終的に1年後)ですね。普通に使った方が私個人としては良いと思いますが、あくまで個人の感想ですのでいろんな意見も有るでしょう。

初期エージングと言うか鳴らし?馴し? おおむね購入当初から数時間の状況はかなり音も変化するケースはあります、しれ以降は徐々に徐々に、ほんの少し。気付かない方が多い位だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

お礼日時:2012/09/03 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q携帯電話で音楽を聞く際、SONYのスピーカー『SRS-X11』でBluetoothを繋いでいます。同

携帯電話で音楽を聞く際、SONYのスピーカー『SRS-X11』でBluetoothを繋いでいます。同じくSONYのスピーカー『RSR-X1』ももっているのですが、この二つのスピーカーを一緒に使って『ステレオ感覚』Bluetoothで繋げることは可能でしょうか?ひとつの携帯の音源をBluetoothで二つの別型のスピーカーに繋げて音楽を聴きたいということです。同型の2個使いが出来ることは知っています。ただ、私の持っているのは別型なので。。

Aベストアンサー

SRS-X1のぺアリング登録数が上限を超えそうならば無理ですが
試しにスマホとSRS-X11に次いでSRS-X1もペアリングしてみたらどうですか?
登録上限を超えていなければ同時使用は可能です。

しかしながら、もともとがモノラル再生に的を絞ったワイヤレススピーカーです。
それを二台同時に鳴らしても「ステレオ」にはなりません。
「ステレオ感覚」と書いておられるのでその辺はご承知のことと思われますが
同じ音域を違うスピーカーで同時に鳴らすと酷い音になることはあっても良い音にはなりませんのでご留意ください。

Qスピーカーのエージングについて

つい最近スピーカーを買ったんですが低音があんまりでません。エージングをすれば音がかわるといいますが低域を速く増したい場合低音重視の音楽をガンガンならせば早く低域が強くなりますか?

Aベストアンサー

>低音をガンガン出したら....
音は変わります。軽く音が出せるようになるので。

ただし、必要時間は10時間ぐらいです。
これで変わらなければ他に原因があります。

スーパーウーハーを買うとか、イコライザで足すとか
しないとダメかもしれません。

QBluetoothのイヤホンと、PCスピーカー

Bluetoothのイヤホンと、PCスピーカーの同時使用は、出来るのでしょうか。
コントロールパネルからサウンド設定で、Bluetoothを選択すると、ノートPCのスピーカーから音が聞こえなくなるので、同時使用はできないのかなと思ったのですが。

Aベストアンサー

>Bluetoothのイヤホンと、PCスピーカーの同時使用は、出来るのでしょうか
再生するアプリケーションを別にして、それぞれの再生デバイスを設定すれば可能です
コントロールパネルからサウンド設定では一つしか選択できないので無理ですよ。

Qカートリッジ(針)+ヘッドシェルの「エージング」?

 最近、アナログ・プレイヤーのカートリッジ(針)+ヘッドシェルを新品のものにしたところ、低音は迫力があって良くなったのですが、女性ボーカルなどの中音がおとなしくなりすぎて、かなりショックをうけています。

 具体的には、次のようなものです。
(旧)オーディオ・テクニカ AT120E+LS-12
(新)SUMIKO      Pearl+HS-12

 上記のような現象は、カートリッジ(針)+ヘッドシェルの「個性」として受け止めるべきなのでしょうか?
 それとも、カートリッジ(針)+ヘッドシェルにも、「エージング」が必要であり、もう少し様子をみるべきなのでしょうか?

 私は、最近、アナログの良さに目覚めた、「アナログ初心者」です。先輩の皆様がた、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もちろん、エージングによって音質は変化してきますから2~3ヶ月くらい様子を見て、それでも気に入る音質にならないのなら、カートリッジ固有の音質だと思ってください。
デジタルに比べて、カートリッジやカセットデッキなどのアナログ機器、特にカートリッジは、メーカーや型番によってがらりと音質が変わってしまうことがあるので、購入前に信頼できる店員さんに自分の好みの音質を説明して、アドバイスを受けるのが一番良いでしょう。

QBluetoothスピーカーから音が出ません

PCとスピーカーをBluetooth接続して音楽を聞きたいのですが音が出ません。なにかヒントを頂ければと思います。

---機種-----------
■PC:FMV LIFEBOOK AH56/M
   ・Windows10にバージョンアップ済み
   ・Bluetooth内蔵4.0+HS
   

■スピーカー:JBL OnBeat Awake
       ・Bluetooth 2.1+EDR

---状態-----------
FMVのサウンド設定ではJBLが認識されていて、
音量レベルも上下に動いているが音が出ない。※画像参照

FMVとJBL双方のボリュームを上下させても音は出ず。
Bluetooth接続をオフすると、PCのスピーカーから音が鳴り出す状況です。

ちなみにですが、
◎iPhone→JBL
◎Androidタブレット→JBL
は、Bluetoothで問題なく音が出力できます。

×FMV→iPhone
接続は出来るがファイル交換できず

◎FMV→タブレット
ファイル交換可能


よろしくお願いいたします。

PCとスピーカーをBluetooth接続して音楽を聞きたいのですが音が出ません。なにかヒントを頂ければと思います。

---機種-----------
■PC:FMV LIFEBOOK AH56/M
   ・Windows10にバージョンアップ済み
   ・Bluetooth内蔵4.0+HS
   

■スピーカー:JBL OnBeat Awake
       ・Bluetooth 2.1+EDR

---状態-----------
FMVのサウンド設定ではJBLが認識されていて、
音量レベルも上下に動いているが音が出ない。※画像参照

FMVとJBL双方のボリュームを上下させても音は出ず。
Bluetoo...続きを読む

Aベストアンサー

他に考えられるポイントとしては

Bluetooth機器は基本的に1対1での運用を前提として考えられているので

「マルチポイント」に非対応である可能性が疑われます

マルチポイント非対応モデルならiPhoneや

Androidタブレットの登録情報を削除し

JBLスピーカとPC以外の機器が

Bluetoothの電波(2.4GHz帯)を発しない環境下で

接続テストしてみる という案が上げられます

無線LAN(IEEE 802.11 b/g/n)は 同周波数帯で邪魔する筆頭ですから

当然、Wi-FiをOFFにする事も忘れずに検証してください

Q取説のダウンロード

少し前の機種なのですが、ONKYOのコンポ「FR-V3」の取説をどこかからダウンロードできないでしょうか?
もしダメなら、類似機種のものでも良いのですが。

Aベストアンサー

ONKYOの公式サイトにありましたよ、ただその型番では見つかりませんでした。リンク先を参照してみてください。

参考URL:http://www.jp.onkyo.com/download/index.htm

Qbluetoothのポータブルスピーカーで、イヤホンを接続できるものを探しています。

カラビナかストラップがつけられる、bluetoothのポータブルスピーカーで、
イヤホンを接続できるものを探しています。
通常はスピーカーのみを使用し、周りの音がうるさいときは、スピーカーにイヤホンを接続して聞きたいです。パソコンの音(DVDや動画)を家の中や庭で移動しながら聞くためです。

bluetoothの小型スピーカーは、普通はスマホにスピーカーをつなげて聞くものなので、イヤホンが接続できるものはあまりないようです。

ひとつ、TDK Life on RecordのTREK Micro A12
https://www.tdk-media.jp/audio/speaker/a12.html
というのをみつけたので、これが候補なのですが、
2014年の発売なのでbluetoothが2.1で、充電池のON/OFFスイッチがカバー内にあるので
いちいち開けるのが面倒そうなこと、連続稼働が6時間なのがいまいちです。

なるべく安くて(2000円~4000円位)丈夫で長持ちなものを希望しており、音質にはこだわりません。

どなたかご存知ありませんか?

カラビナかストラップがつけられる、bluetoothのポータブルスピーカーで、
イヤホンを接続できるものを探しています。
通常はスピーカーのみを使用し、周りの音がうるさいときは、スピーカーにイヤホンを接続して聞きたいです。パソコンの音(DVDや動画)を家の中や庭で移動しながら聞くためです。

bluetoothの小型スピーカーは、普通はスマホにスピーカーをつなげて聞くものなので、イヤホンが接続できるものはあまりないようです。

ひとつ、TDK Life on RecordのTREK Micro A12
https://www.tdk-media.j...続きを読む

Aベストアンサー

TDK Life on RecordのTREK Micro A12も出力はヘッドホン端子ではなくAUX OUT端子なのでイヤホンは接続できない(最悪の場合イヤホンを壊します)です。

bluetoothスピーカーは基本的に置いて使う事しか考えられていないので、お考えの用途(移動しながら聞く)にはそもそも向かない(TREK Micro A12はかなり特殊な商品です)です(それに安価なもの程機能はありませんし)。
移動しながら聞く事を前提としている商品にはbluetoothイヤホンがあるし、そもそも(OSを問わずに)スマホのbluetoothはほとんどがClass2なので10mと離れずに通信が切れてしまいます(Wi-Fiより切れやすいです)。

Qエージングについて

新品のアンプ類やスピーカーケーブルやRCAピンケーブル、光デジタルケーブルなどのケーブル類もエージングが起こるのですか?スピーカーと違って動く部品が無いので気になりました。

Aベストアンサー

 私はケーブルの仕事を30年程してきましたが、ケーブルに関しては導体(通常は銅線)は太い導体から必要な線の太さに伸線という工程を経て銅線が得られます。この工程は無理やり銅線を引き伸ばしますので、加工歪が銅線に残ります。この歪を取るために加熱をしますが、通称アニール処理といわれます。
 銅線によってはアニール処理をしないで使用する場合があります。例えばPCOCCやLC-OFCと言われる導体がその一例です。
 又、ケーブルの製造時には撚り合せたり、巻いたり、把状にしたり、と色々な加工がされますので、アニールした導体でもケーブルの製造工程中に歪が加わります。
 ですからこの残留歪を取るために、ケーブルの場合にはオーディオ機器にセットしてしばらくエージングが必要です。
 私が設計したケーブルでも、機器にセットした直後と、1週間後では明らかに音は違っています。
 その意味では雑誌等に掲載されたケーブルの音質評価がエージングを考慮して行われたものか疑問です。多分、多くの製品を評価する時間の制約でエージングの効果までは見られてないでしょう。どこで落ち着いたかはずっと聞いていなければ分かりませんから・・

 私はケーブルの仕事を30年程してきましたが、ケーブルに関しては導体(通常は銅線)は太い導体から必要な線の太さに伸線という工程を経て銅線が得られます。この工程は無理やり銅線を引き伸ばしますので、加工歪が銅線に残ります。この歪を取るために加熱をしますが、通称アニール処理といわれます。
 銅線によってはアニール処理をしないで使用する場合があります。例えばPCOCCやLC-OFCと言われる導体がその一例です。
 又、ケーブルの製造時には撚り合せたり、巻いたり、把状にしたり、と色...続きを読む

QBluetooth スピーカーフォン

W54Sを使用しています。
Bluetoothで会話したいために先日購入しました。

スピーカーフォンを使いたいと考えています。
調べてみたところ、スピーカーフォンは機種が少ないし、
情報も少ないので、どれが良いかわかりずらい。

高い買い物なので接続できないとなったら、もったいないし・・・
ソニーエリクソンでも、以前「HCB-100 」というスピーカーフォンを発売していたようですが、探しても販売ルートがわかりませんでした。
(発売中止?)

そこで、W54Sに接続できるスピーカーフォン、
もしくは、Bluetooth Ver.2.0(+EDR準拠?)で接続できるスピーカーフォンを教えていただけないでしょうか。
(スカイプもできれば、なお可)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。

>Jabraがおすすめというのは、どうしてですか?

世界トップブランドという事と、デザインが好きです。

>どこの国のメーカーですか?

デンマークのGNという会社のブランドです。

>Ver.2.0で使えますか?

通話で使う分には、1.2 2.0でも気にする必要は無いです。 

>auで、スピーカーモードってあるんですか?

auという事ではなく、端末の仕様ですね、スピーカーモードが無い端末はほとんど無いと思います。
W54SのマニュアルをDLして確認しました。
P61の「相手の声をスピーカーで聞く」に書いてあります。

>いずれスカイプやるようになれば、持ってても損ではないし、

スピーカーフォンは通話だけしか出来ませんが、Bluetoothステレオヘッドセットなら通話と音楽、ワンセグをステレオで楽しむ事が出来ます。
ワンセグを聞く場合「SCMS-T方式」に対応していることが必要ですけど。
Bluetoothステレオヘッドセットなら↓かな
http://www.jp.sonystyle.com/Qnavi/Main/av_009001_list1.html

No.2です。

>Jabraがおすすめというのは、どうしてですか?

世界トップブランドという事と、デザインが好きです。

>どこの国のメーカーですか?

デンマークのGNという会社のブランドです。

>Ver.2.0で使えますか?

通話で使う分には、1.2 2.0でも気にする必要は無いです。 

>auで、スピーカーモードってあるんですか?

auという事ではなく、端末の仕様ですね、スピーカーモードが無い端末はほとんど無いと思います。
W54SのマニュアルをDLして確認しました。
P61の「相手の声をスピ...続きを読む

Qスピーカーのエージング

今度スピーカーを買おうと思っていますが、レビューなどに必ず「エージング」をすれば段々いい音になると書かれていましたので、調べてみたら色々な方法があるようですね。

例えば、一日中、TVのザーザー音を流し続けるとか、低音側だけ?接続して鳴らし続けるとか(これはちょっと曖昧)・・・
できれば一度配線を終えたら、繋ぎ変えたり、TVを一日中つけていたりしたくないのですが・・・・

実際のところ、一度アンプと接続したらボリュームをある程度絞って色々なCDや映画DVDを視聴を1ヶ月くらい毎日2時間くらい続けるといった方法ではダメなんでしょうか?

単に適当な音源を聞くだけでもエージングになるようでしたら何か注意点があったら教えてください。
例えば最初は聞こえないくらい小さなボリュームで聞くべきとか、色々なジャンルの音を聞いたほうがいいとか、1ヶ月くらいは大音量で聞かないほうがいいとか・・・

上記の質問を含めて、よい方法があったら何でもいいのでぜひ教えてください。(根本的な勘違いをしていそうで怖いです)

Aベストアンサー

>(根本的な勘違いをしていそうで怖いです)

そうです!根本的に情報に振り回されています。
エージング(年をとる、こなれる、劣化する、熟成する...)とは
普通に使っていれば、自然に起きる現象です。
どんな品物にも、買って使い始めた瞬間からこのエージングが
始まります。エージングに失敗する、というのは変な方法や
物(バーイングCD)を使って慌てて結果を出そうとするからです。
スピーカーからそんなノイズを出して、何が楽しいですか。
スピーカーでこれから、ノイズだらけの音を聴くのですか?

音楽を聴くためにシステムを用意したのですから、普通に
聴いていれば良いだけなのです。
そして、エージングを楽しむのです。音の変化を楽しむのです。
これがエージングで、小さな音でも、大きな音でも良いのです。
そうすると、あなた好みの音になっていくのです。
だから同じ機器を使っても、使う人によって、音はかわるのです。

下手にエージングをすると、失敗するから、これを使えとか
これを買いなさい、というのは、本当に間違いです!
そしていかに長い期間に渡って、良い状態を保つようにするかです。
後は劣化していきます。この劣化が外国製品はゆっくりで、
国産は急激です。初期性能はあまり良くなくても、エージング後は
外国製品(もちろん定評のあるメーカーの)のほうが、劣化が
ゆっくり進みます。つまり、長く使えるということになります。

良いエージングを、どうぞ!

>(根本的な勘違いをしていそうで怖いです)

そうです!根本的に情報に振り回されています。
エージング(年をとる、こなれる、劣化する、熟成する...)とは
普通に使っていれば、自然に起きる現象です。
どんな品物にも、買って使い始めた瞬間からこのエージングが
始まります。エージングに失敗する、というのは変な方法や
物(バーイングCD)を使って慌てて結果を出そうとするからです。
スピーカーからそんなノイズを出して、何が楽しいですか。
スピーカーでこれから、ノイズだらけの音を聴くの...続きを読む


人気Q&Aランキング