HYトリビュートに加藤ミリヤなど有名アーティストがコラボ

 § 1 ヒトの定義から入ります。

 その昔 土地を囲ってここはおれのものだと宣言したと想定してみた場合 人間ということに関して前提とするべき公理に ふたつあると思います。

  (α) 主戦論を採るヒト:奪い合い・競争としての社会交通

  (ω) 非戦論を採るヒト:ユヅリアヒ。奴隷の状態にさえ甘んじる。
        したがって競争し奪い合う交通人は 社会というヤシロ
       の神棚(お二階)に祀っておく。(国ゆづり)

 § 2 ここから《権力》が生じますが これにもふたつの型があると見ます。

  (あ) 第一次の権力関係:
       ユヅリアヒの人間どうしにおいて――ということは ごく
      ふつうに自然本性としてのヒトどうしの間においても―― 
      まなざしを相手に上からそそぐ者とそしてこれを受ける者
      とに分かれる場合。

       この場合には そのまなざしの上下関係が 互いにみと
      めあっている自生的な性格のものと
       そして一方が《アース(接地)役》を務めるかたちとなるよ
      うにそれが必ずしもよいことだとは思われない人為的・人
      工的な性格のものとがある。

  (い) 第二次の権力関係:
       第一次の《自生的な性格のもの》からにせよ《人工的な性
      格のもの》からにせよ そのまなざしの上下関係を社会制度
      として固定させようとして出来たもの。

       身分関係。世襲制度。 

       特には 社会を《市民スサノヲと公民アマテラス》との二階
      建ての構造として固定する国家における身分制度としての
      社会力学的な交通関係としての構造。
       (その中で一階と二階とのあいだで流動性が保証されて 
      いる社会のあり方も 現実的ではある)。

 § 3 階級ということ

  (α)の主戦論を採るヒトが築く(い)の第二次の権力関係は 明らかに社会階級の関係として二階建てを成り立たせている。ヒトが品(クラス)ないし課税対象物として分けられる。

  (ω)の非戦論を採るヒトが築く同じく(い)の第二次の権力関係は そのような階級関係を包み込んだ二階建てに成ると捉えられる。言いかえると 非戦論によって服従の関係をえらんだそのことが すでにヒトの品による区分を飲んだかたちとなっている。

  ぎゃくに言えば そこで身分制が強固にかたちづくられそれに即した圧力が加えられたとしても もともとそのような社会力学は織り込み済みである。
  ゆえに――そうとうきびしいことだけれど―― そのお二階のえらいさんよ 気の済むまでご自由におやりなさい そのあと人間にお成りなさいと心のどこかで言っている。

  (α)の主戦論派にもとづく階級関係においては その新しい階級と古いのとのあいだで回転(レヲ゛リューション)が演じられる。


 § 4 世界史的存在としての《一人ひとりとしてのわたし》

 経済行為の形式ないしその社会的な制度として 資本主義は――あらゆるモノ・コトを商品として巻き込み その商品をつうじて交通するというよそよそしい形でではありながら 世界中のすべての人びとをやはり巻き込み一面ではその一様な形式による互いの交通を遠慮なく普遍的に行なわせるゆえに―― ヒトを世界史的な存在とした。

 この資本主義――第一次の勤勉と第二次のガリ勉とから成る――の世界史的な展開の中で 階級の回転が行き着くところまで行き着き(つまり もはや堂々巡りであると分かったところまで行き着き)
 社会の神だなに祀られたお二階さんの王様ごっこがやはり行き着くところまで行き着くなら(――つまり もはや人民よユヅルことはこれ以上してくれるな われもユヅル側になってみたいわいと言い始めたなら――) (α)主戦論および(ω)非戦論それぞれの形式に別れつつ自己形成してきたホモ・サピエンスは その潜在能力を全部出し切ったと言える地点に来るのではないか?

 しかも 階級支配体制やお二階さんごっこ体制といったそれぞれの思想に真っ向から対立する民主制というかたちをすでに採っている。

 このふるいニンゲンは ほろびる。と思われます。

 前史を終えて後史に入ると見てよいのか?
 そう見るのが ふさわしいのかどうか?

 ご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (60件中1~10件)

こんにちはです。




☆☆☆
 第一次の《自生的な性格のもの》からにせよ《人工的な性
      格のもの》からにせよ そのまなざしの上下関係を社会制度
      として固定させようとして出来たもの。

       身分関係。世襲制度。
 
=====
身分関係はとにかく、
第一次の権力関係における《自生的な性格のもの》だけからは『世襲制度』は成立しえないのではないか?
譲り合い社会から自然発生した《まなざし・視点の上下関係》は、原理的には、あくまで個人的・当人的なものであるはずであり、一代かぎりのはずである。
いや、《人工的な性格のもの》ともあるから、世襲制度は成立しうるのか....

さして、重要ではないのですが、
『(その中で一階と二階とのあいだで流動性が保証されている社会のあり方も 現実的ではある)』
にも関係するので、すこし重箱の隅つつき!!


~~~~
この理論にしたがうと、日本の神話にある
 『天孫降臨』
はどう位置づけられることになるのだろうか?
権力・支配階級、この場合は「天皇家」の支配正統性(正当性?)のため、という《きな臭い》話でなく、
物語としてです。
《アース(接地)役》、あるいは、《一階》と《お二階》を結ぶ回線機器やルータみたいなものですか。
それとも、《一階》内にできた、新たなお二階、《中二階》みたいなものなのですか。



☆☆☆
 § 3 階級ということ

  (α)の主戦論を採るヒトが築く(い)の第二次の権力関係は 明らかに社会階級の関係として二階建てを成り立たせている。ヒトが品(クラス)ないし課税対象物として分けられる。

===
《クラス》は《サブクラス》へ、《サブクラス》はまたその《サブクラス》へと、さらに分化してゆくのでは?
そして、社会は、あたかも自己発生的のごとくに、あたかも官僚組織のような、細かく細分化された階層的構造を持つのでは?

クラス⇔サブクラスの関係は効率的。増え過ぎると、無駄が多くなったり、非効率になるのですけれど。
人ではなく、あたかも、その社会自身が意志を持ったかのように、その社会自身の意志のために、効率化・合目的化のためにそうなってしまうということもあるのでは?
それが人間の理性のなせる業なのかどうかは、分かりませんけれども。

プロレタリアート独裁のはずの旧ソ連は、誕生後まもなく、ソ連共産党という強固な官僚組織を作り上げた。
(ω)型はともかくとして、(α)型の人は、被支配⇔支配の構造が心地よいらしく、二階にもすぐに強固な官僚組織のようなものをいくつも作ってしまう。
もっとも、旧ソ連時代の共産党は、(α)型、(ω)型のどちらかは生まれた組織なのかは、意見がわかれると思いますが....

にしても、
(α)型の人は、SM両方の気質を強く持ち合わせる、ほんと~に、複雑な性分のお人たちだ。



~~~~
 ぎゃくに言えば そこで身分制が強固にかたちづくられそれに即した圧力が加えられたとしても もともとそのような社会力学は織り込み済みである。
  ゆえに――そうとうきびしいことだけれど―― そのお二階のえらいさんよ 気の済むまでご自由におやりなさい そのあと人間にお成りなさいと心のどこかで言っている。

====
(ω)型、さりとて、支配されるのを好まない、《ねむりねこ》としてもらっては、
  (α)型の人が人間になっていただけるのは、たいへんありがたいことなのですけれども、
今のままの状態で、一階にのこのこ降りてこられても困ります。
大きくパラダイム転換をしていただかないと。
被支配⇔支配、強~いSM具有の性格のままでは、ちょっと。
人間になるのが無理ならば、せめて《飼い猫》くらいはなっていただかないと。
ほら、飼い猫は、猫と人、どちらが《主》か《従》か、わからないでしょう。


☆☆☆
 前史を終えて後史に入ると見てよいのか?

====
ここにおける《前史》《後史》の意味がよく分かりません。
これは、
 ★(α)主戦論および(ω)非戦論それぞれの形式に別れつつ自己形成してきたホモ・サピエンスは 
     その潜在能力を全部出し切ったと言える地点に来るのではないか?
をターニングポイントとして、それ以前を《前史》、それ以後を《後史》と見ているのですか?

この見方に立って、話を続けます。

経済システムとしての資本主義が、現在、行き詰まりを見せているのは事実でしょう。
すくなくとも、現行の資本主義のシステムは構造疲労しているように思えます。
 見えざる神の手、消費と供給による価格調整作用
こんなものは、とうの昔に破綻しているでしょう。
しかも、誰もが期待する「永遠に続く経済成長」「経済成長の持続可能な社会」など、あるはずがない。
現在の資本主義システムは、大量生産・大量消費が原則。世界人口の増加。なのに、自然資源は有限。環境破壊。加速する地球温暖化。
どう考えても、この先、(物質的に)バラ色の未来が待っているとは、僕には思えない。
「...人類がその潜在能力を全部出し切った」
かどうかは別にして、現在がターニングポイントであることは確かでしょう。
人類として、大きなパラダイム転換が必要な時期に差し掛かっているのでは、と考えています。

東洋の《知足》や日本の《もったいない》という考え方などは、その候補になりうるのでは、と生意気にも思っております。


☆☆☆
しかも 階級支配体制やお二階さんごっこ体制といったそれぞれの思想に真っ向から対立する民主制というかたちをすでに採っている。

====
権力の正当化のために、権力者や支配者は、《神さま》が必要なんですよ。
で、選挙の時だけ、下々の有権者は神に祭りあげられる。
終わってしまえば、下々のものは再び民草(たみくさ)に逆戻り。
なので、間接民主主義というのは、あらての《王権神授説》なのでは、と思ってみたりしまして。

《民意》《有権者の選択》は、かつての《神の思し召し》や《神の御意志》みたいな、最強のキーワードでしょう。
この呪文を唱えられたら、どんな道理も引っ込み、無理が通ってしまう。

天の《神さま》がいなくなった今の時代、
支配者や権力者にとって、(間接)民主主義は必要じゃないのですか。
一見矛盾しているようだけれど、実は理にかなっているシステムなのではと.....

なので、
《このふるいニンゲン》は、意外にしぶとく生き残るのではないですか。
少なくとも、下々の民草の意識が大きく変わらないかぎりは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんばんは ねむりねこさん。ご回答をありがとうございます。

 あちゃぁ。だいぶやられました。もっと早く虫干ししておかねばならなかったようです。

 ★ ~~~
 身分関係はとにかく、
 第一次の権力関係における《自生的な性格のもの》だけからは『世襲制度』は成立しえないのではないか?
 ~~~~~
 ☆ 言わばスサノヲどうしだけであれば 社会は平屋建て一階にとどまるでしょうから 世襲制にまでは到らない。家族の内における財産の相続まででしょうか。
 なんで《自生的な性格のもの》をここに書き入れたのでしょう? 


 ★ ~~~~
 この理論にしたがうと、日本の神話にある
 『天孫降臨』
 はどう位置づけられることになるのだろうか?
 権力・支配階級、この場合は「天皇家」の支配正統性(正当性?)のため、という《きな臭い》話でなく、
物語としてです。
 ~~~~~~ 
 ☆ これは 《くにゆづり》型の中に入りましょうか。もっとも 服属の要求をする側は 競争・侵略の要素を持つでしょうが。

 言いかえると 天孫降臨の前と後とで 《くにゆづり》が重ねて述べられているということではないでしょうか?
 神話としての国ゆづりは オホクニヌシがおこない 人代では ニギハヤヒ(およびナガスネビコ)がおこなった。どちらも戦争を部分的にでも実際にまじえているようですが。
 

 
 ★ ~~~~
 《クラス》は《サブクラス》へ、《サブクラス》はまたその《サブクラス》へと、さらに分化してゆくのでは?
 そして、社会は、あたかも自己発生的のごとくに、あたかも官僚組織のような、細かく細分化された階層的構造を持つのでは?
 ~~~~~
 ☆ これは そうなのでしょうね。
 これは 統治者の階級であり階層でもあるその A 階層と 被統治者の S 階層といった二階建て構造があり そしてそれとはあたかも別に A 階層にはその統治者階級(つまり別格のサブクラス)とそれに従属する武士の階級(サブクラス)や あるいは S 階層において農民と工商民とに分かれたサブクラスでしょうか? ちょっと自信がありませんが。



 ★ ~~~
 ・・・
 もっとも、旧ソ連時代の共産党は、(α)型、(ω)型のどちらから生まれた組織なのかは、意見がわかれると思いますが....

 にしても、
(α)型の人は、SM両方の気質を強く持ち合わせる、ほんと~に、複雑な性分のお人たちだ。
 ~~~~~
 ☆ ほんと~に。



 ★ ~~~~
 (ω)型、さりとて、支配されるのを好まない、《ねむりねこ》としてもらっては、
  (α)型の人が人間になっていただけるのは、たいへんありがたいことなのですけれども、
 今のままの状態で、一階にのこのこ降りてこられても困ります。
 大きくパラダイム転換をしていただかないと。
 被支配⇔支配、強~いSM具有の性格のままでは、ちょっと。
 人間になるのが無理ならば、せめて《飼い猫》くらいはなっていただかないと。
 ほら、飼い猫は、猫と人、どちらが《主》か《従》か、わからないでしょう。
 ~~~~~~~
 ☆ 《パラダイム転換》を 余計にソフィスティケートさせますと 《アマクダリ》にあたって むかしのアマアガリにおけるその
 ★ 被支配⇔支配、強~いSM具有の性格
 ☆ を《やましい》と感じたかつての時点にまでさかのぼってもらって あたらしい人へと衣替えしてもらいたい。となります。ぜひとも――お互いなのでしょうが 特に A 階層の人びとには――《にんげん》になってもらわねば。




 ★ ここにおける《前史》《後史》の意味がよく分かりません。
 ☆ ええ。これは、
 ☆☆(α)主戦論および(ω)非戦論それぞれの形式に別れつつ自己形成してきたホモ・サピエンスは その潜在能力を全部出し切ったと言える
 ☆ かどうかにかかっているかと考えました。《全部出し切ったか?》
 あるいは 経済制度としても政治(共同自治)制度としても あらゆる可能性を試してみたか?

 ★ ~~~~
 「...人類がその潜在能力を全部出し切った」
 かどうかは別にして、現在がターニングポイントであることは確かでしょう。
 人類として、大きなパラダイム転換が必要な時期に差し掛かっているのでは、と考えています。

 東洋の《知足》や日本の《もったいない》という考え方などは、その候補になりうるのでは、と生意気にも思っております。
 ~~~~~~~



 そろそろアマテラス公民たちは もう統治者の地位はこりごりだ マツリゴトはじゅうぶん堪能した だから飽きた ゆづる側にまわりたいと言わないかなぁと思いましたが まだまだ性根は廃れていませんか?
 民主制をも自分たちの都合のよいように利用するというわけですか? すなわち: 
 ★ ~~~~
 権力の正当化のために、権力者や支配者は、《神さま》が必要なんですよ。
 で、選挙の時だけ、下々の有権者は神に祭りあげられる。
 終わってしまえば、下々のものは再び民草(たみくさ)に逆戻り。
 なので、間接民主主義というのは、あらての《王権神授説》なのでは、と思ってみたりしまして。

 《民意》《有権者の選択》は、かつての《神の思し召し》や《神の御意志》みたいな、最強のキーワードでしょう。
 この呪文を唱えられたら、どんな道理も引っ込み、無理が通ってしまう。

 天の《神さま》がいなくなった今の時代、
 支配者や権力者にとって、(間接)民主主義は必要じゃないのですか。
 一見矛盾しているようだけれど、実は理にかなっているシステムなのではと.....

 なので、
 《このふるいニンゲン》は、意外にしぶとく生き残るのではないですか。
 少なくとも、下々の民草の意識が大きく変わらないかぎりは。
 ~~~~~~
 ☆ 道遠し。かな。

お礼日時:2012/09/04 23:38

動乱の暴風圏が歴史の海岸線に上陸しつつあるの…!?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E4%BF%A1% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 まだ開いているのですが あなたの投稿にはもう答える気がしません。

お礼日時:2012/10/02 13:21

封建時代は…!!?


http://www.pokemon.co.jp/ex/ranse/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 身分制またその世襲制をいやというほど――つまりは 主従ないし君臣の関係が 西欧のごとく二君にまみゆということをせず あたかも一体であるかのごとく そして生まれつきの職業や身分が固定したかたちにおいて――徹底的に展開した時期ではないかと。

お礼日時:2012/10/02 00:55

(たとえ畏敬の対象への認識が組織的に失念されていましょうとも、)


そろそろ、前史の見張りの当番が交代する頃合いを迎えるのでしょうか?
http://www.slideshare.net/MAXIMUM.PRO/slide-502267
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ★ 組織的に失念
 ☆ ですか。情報を出さない。隠す。出そうになったらもみ消す。のでしょうか。

 ★ 見張りの当番
 ☆ 考えてみたら 誰もがそれぞれ自分で《見張り》になるというべきかも知れません。

 でも
 ★ 前史の見張りの当番
 ☆ が特別に専門的につとめることも――つまりみなに代わってではなく みなも見張りになっているその上に 特別の当番がつとめることも―― ありかも知れません。

 ただし この当番はもとより《見張り》をすること自体 なかなかうまく行かないのかも分かりません。

 ★ 頃合い
 ☆ はどうでしょう? 誰でもそうだと思った人が提案してみればよい。そういうかたちにしましょうか。

お礼日時:2012/09/30 12:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 前史から後史へという主題は 小さなものごとにまであり得ますが ここでは じんるいの歴史全体を二分する場合を言おうとしています。

 これまでは ホモ・サピエンスの時代であった。
 これからは あたらしいヒト・ヒトとでも言うような時代になろうかというようなです。

 むろん粗い見方ですので 何かおそわるところがあればと思っています。


 技術革新がどうでもよいという意味ではなく。

お礼日時:2012/09/30 06:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 気持ちわるくなります。

お礼日時:2012/09/30 06:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ええ。精神の緑野は 広大でしょうね。
 
 原野あり密林あり。・・・

お礼日時:2012/09/30 01:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

?

お礼日時:2012/09/29 21:34

新時代は技術革新と共に、…。


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7722769.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 わたしは詳しくないので だまって期待しています。

お礼日時:2012/09/29 13:15

見張りの者達の前史を黒船のアンパンマンが終えて、ベストア…!?


http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%9B%BD%E9%9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ★ 見張りの者達の前史
 ☆ たぶんここでの前史・後史は じんるい全体にとってのです。むろん個人にとってのそれらもあり そのことが基礎ではありましょうが。
 きわめて乱暴は見通しを捉えようかという問いです。

 ★ 黒船のアンパンマン
 ☆ 具体的にどういうものでしょう?

お礼日時:2012/09/29 07:18
1  2  3  4  5  6 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング