地盤がゆるい地域のマンションの購入を考えています。
海から二キロくらい。茅ヶ崎市です。

営業に地盤がゆるいんですよね?と質問するとマンションの下には杭が打ってあるからだいじょうぶ、とのことでした。

この杭があれば、地盤がかたいところに建っているマンションと変わらないのですか?
よくわからないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

地質調査をしている者です。



今も現場からです。

基本的に杭を打っていれば、問題はありません。

耐震設計は、しています。
ですが、設計基準は、昭和63年に変わっていますから、それ以前の建物たど、問題があるかも知れません。
出来れば、免震構造の建物が理想的ですね。
    • good
    • 0

基本的に地盤改良がなされていれば、建物の安全性は確保できていると見て良いでしょう。


問題は地盤の液状化です。建物だけ大丈夫でも周りの地盤が下がればライフライン等、生活に支障が起こります。液状化も考慮した地盤改良がなされているか尋ねてみましょう。
    • good
    • 0

地震で杭が折れる話が出ていますが、


これについても昭和の終わりごろに設計規準が出て、阪神地震以降、それに従って設計するのが一般化していますから、今では心配ありません。
これについても、杭がないものは、はっきりした設計基準がないので、杭が打ってあるほうが安心です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!安心しました!

お礼日時:2012/09/04 13:25

設計された時の理論上強度があるという事でしょう


新耐震設計前の建物強度は平均75%位の強度しかない
一方 何百年前に建てられた建物が震災を乗り越えた

建築物強度がある事とは別に 周囲の地盤が緩いと生活上の問題が起こる
地中埋設せざるを得ない ガス管・上下水道管(電気、弱電)の維持状態
杭の長さににも寄るが 余り長いと 竹馬の上に居る様なものである
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/09/04 13:25

>地盤がかたいところに建っているマンションと変わらないのですか?


変わりはありません、地震の規模により壁や柱などにヒビが入ることはおなじです。

違いは、地盤がゆるいと千葉県浦安市の液状化現象が起きる可能性があり、地震で建物は問題ないが、敷地の地盤沈下や給排水管が断絶されることはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2012/09/04 13:26

きちんと施工された杭ならちょっとましですけどねえ。


何年か前に杭の施工不良の動画がユーチューブにでてましたね。

地震の種類(起き方)だと思いますが杭も折れるというのを聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/09/04 13:26

簡単に言うと,地盤の堅い所まで杭を伸ばしているので,実質的に地盤の良好な場所に建てるのと違いは有りません。


杭が伸びる分だけ、建築費が値上がりするだけです。
建設会社も,地盤調査をしてから設計に取りかかるので,まず心配する事は有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!決断できそうです!!

お礼日時:2012/09/04 13:26

>この杭があれば、地盤がかたいところに建っているマンションと変わらないのですか?


ちゃんとした設計に基づいて杭が打ってあれば、変わらないです。
むしろ、地盤が固いからといって杭を打ってない物より、沈下の被害(壁にひびが入るなど)が起きにくいです。
マンションというからには5階建て以上はあると思いますが、普通、そういうものには杭を打ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2012/09/04 13:27

杭の下や周りが緩めば、マンションは傾いたり倒れたり割れます



やめといたほーがいいですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/09/04 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟弱地盤に建設。一緒に沈むか、杭打つか・・・。

軟弱地盤に家を建てます。
昔塩田だった場所で現状は畑です。お隣は家と田んぼ。後ろはハイツです。前は道路で道を挟んで住居アリ。
ある意味、地盤調査の必要ないぐらいの絶対的な軟弱地面とわかってはいるのですが主人の実家近くであること。駅近くで生活便利。これから先近くに建物が建ってもずっと日当たり良好であること。土地の価格など考慮のうえ決めました。
予定地より500メートルほど離れた場所に主人の実家がありますが、20年前に杭は打たずベタ基礎で建設。土地と一緒に沈んでいってます。
20年前、主人の実家と同時期に杭を打った家や工場が近所にあるのですが家屋は沈まず配管が丸見えでちぎれ、建物と地面の間に人が潜れるほど隙間が出来てます。お手上げ状態でそのままにしてありますが外見がとっても悪いです。
主人の家はとりあえず何もなく建っていますが、大型トラックなど通過しますと物凄い振動です。
先日予定地の近くに家が建つのを見かけたのですが一軒は杭を打ち一軒はベタ基礎でした。
主人はベタ基礎でよいのではないかと思っていますが、私はなんとなく地震や水没を想像してしまい杭打ったほうが良いのではと思っています。
皆さんならどちらを選びますか?

軟弱地盤に家を建てます。
昔塩田だった場所で現状は畑です。お隣は家と田んぼ。後ろはハイツです。前は道路で道を挟んで住居アリ。
ある意味、地盤調査の必要ないぐらいの絶対的な軟弱地面とわかってはいるのですが主人の実家近くであること。駅近くで生活便利。これから先近くに建物が建ってもずっと日当たり良好であること。土地の価格など考慮のうえ決めました。
予定地より500メートルほど離れた場所に主人の実家がありますが、20年前に杭は打たずベタ基礎で建設。土地と一緒に沈んでいってます。
20...続きを読む

Aベストアンサー

>知り合いの地盤調査の人に調査を依頼するなら一万円ぐらいかかる
簡易調査です。これでは地質などがどうなっているのかまではわかりません。
でも1万円とはかなり安いですね。
簡易調査のスウェーデン式サウンディングだと数点測定して5~6万円です。

本格的な調査である、ボーリング(別名:標準貫入試験)ですと詳細なデータが得られますが、1点25万円前後は掛かります。

希望の土地の周辺のボーリングデータがないか、役所(建築指導課)で探してみて下さい。
閲覧しか出来ないと思いますが、過去に調査記録があれば見せてくれます。

とはいえ、知識がないと何のことやらですが、、、、

参考URLは地盤調査会社のHPで詳しく色んな地盤の話が載っていますから、勉強のとっかかりとしては良いと思いますよ。

参考URL:http://www.jiban.co.jp/gyoumu/chousa/tyosa03.htm

Q自宅の前へ7階建分譲マンション60戸が建つ。

何か中止させる方法は有りませんか?
私の家は大阪府茨木市に有り第1種住居専用地域で建蔽率50%容積率100%で、2階建です。
前の敷地は大手上場会社の寮で第1種中高層住居専用地域で建蔽率60%容積率200%です。
今まで、計画説明会も2回開かれ、反対をしてきましたが、事業主は頑として計画を押し薦める方向です。
今までに行ってきた、事柄を下記に列記します。
1、事業主社長に対し、戸建(2~3階建)の分譲住宅に計画を変更する旨の要望書を提出
2、茨木市 都市整備部 審査指導課に対し500名以上の反対者署名一覧表を提出済
3、茨木市長に対し事業主に戸建に計画を変更する旨の請願書を提出
4、茨木市長に対し建築許可の不認可の申立書を提出
5、茨木市に対し「地区計画制度」の見直し、を依頼
6、日本共産党 茨木市議会議員に計画を戸建てに変更する旨依頼
7、公明党 茨木市議会議員に計画を戸建に変更する旨依頼
等々です。
事業主からの13項目からの要望書の回答は全て拒否でした。
茨木市からの回答5は却下で、共産党、公明党からは市役所に500名以上の署名があるのに何とかならんのか?それ以外は事業主に報告し、検討しているとの事。
何か?計画をマンションの7階建では無く、戸建てに変更してもらう良い知恵が有りませんかね!皆様、宜しくお願いします。

何か中止させる方法は有りませんか?
私の家は大阪府茨木市に有り第1種住居専用地域で建蔽率50%容積率100%で、2階建です。
前の敷地は大手上場会社の寮で第1種中高層住居専用地域で建蔽率60%容積率200%です。
今まで、計画説明会も2回開かれ、反対をしてきましたが、事業主は頑として計画を押し薦める方向です。
今までに行ってきた、事柄を下記に列記します。
1、事業主社長に対し、戸建(2~3階建)の分譲住宅に計画を変更する旨の要望書を提出
2、茨木市 都市整備部 審査指導課に対し500名以上の反対者署名...続きを読む

Aベストアンサー

建物を建てる場合、自分が住むための家でしたら生活環境を重視しますが
このような利潤追求型の建物の場合はレンタブ比が重視されます。
つまり、いかに敷地を有効利用し、無駄を無くすかです.
容積率200%の敷地であれば200%使い切らなければ利潤は出ません。

多分反対されている方々は日影の事を心配されていると思うのですが、その点からアドバイスさせていただきます。
日影の影響が特に問題となるのは建物は幅が広い建物になります。特に隣接している建物は影響をまともに受けるでしょう。
逆に建物の高さは高いけれど建物幅が狭い建物は周辺への影響も少なくて済みます。建物が7階建てなら7×3=21mも離れれば日影の時間は1~2時間程度でしょう。
建物の幅が狭ければ日影の通貨する時間も短くて済むからです。

今回の建物は容積率200%との事ですから200%÷7=28%となり、建蔽率はかなり低い状態です。
建物の規模にもよりますが、敷地環境としては通風の点からも採光の点からも問題は少ないと思います。
逆に3階建てにされたら200%÷3=66%となり、日影的にも通風的にも悪くなるでしょう。
先ほども述べましたように敷地に空きの無い状態の方が問題が多いのです。

ちなみに建築コストは3階建てより7階建ての方が高く付きますから普通であれば3階建てで設計するでしょう。
私なら3階建てより7階建ての方が近隣に配慮した設計だと思います。

建物を建てる場合、自分が住むための家でしたら生活環境を重視しますが
このような利潤追求型の建物の場合はレンタブ比が重視されます。
つまり、いかに敷地を有効利用し、無駄を無くすかです.
容積率200%の敷地であれば200%使い切らなければ利潤は出ません。

多分反対されている方々は日影の事を心配されていると思うのですが、その点からアドバイスさせていただきます。
日影の影響が特に問題となるのは建物は幅が広い建物になります。特に隣接している建物は影響をまともに受けるでしょう。
逆に建物の高さ...続きを読む

Q迷っているうちに狙っていた物件が先に決まってしまいました。8階建のマンションなのですが、マンション

迷っているうちに狙っていた物件が先に決まってしまいました。
8階建のマンションなのですが、マンションの空きというのは頻繁に出るものですか?
何とも言えないのは分かっていますが、傾向が分かれば教えて欲しいです。
数ヶ月待てばたいてい空きが出るものなら待ちたいのです( ; ; )

Aベストアンサー

築年数が新しいと空きません。
学校が近いと空きません。
マンション激戦区だと空きます。
空きの多いマンションは危険です。

Q土地25坪。2階建にするか3階建か?3階建は価値が下がる?

25坪の土地に家を建てます。
今のままの間取りで建てると、駐車スペースが2台分。
1階に14畳のLDK、風呂、トイレ、洗面スペース。
2階に6畳が2部屋と、5.5畳が一部屋。それぞれにクローゼットと一つはウォークインクローゼットです。
それぞれの部屋を広くして部屋数を減らして、3階建にした方が良いのではと思うのですが、不動産屋さんや母などは『3階建ては止めたほうが良い』と口を揃えて言います。理由は、売るときに売りにくいと言うことと、階段がキツイ。とのことでした。
階段がキツイのは良いとして、本当に3階建にしたら次に売るときに売りにくくなるのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

本当に売りにくくなるかどうかはわからないのですが、
3階建てには結構問題があるようです。

まず、3Fには水道水があがりにくくなります。
また、階段によるデッドスペースが出るので、
広さも単純に5割増にはなりません。
階段を上がるのも大変です。

そして、一番の問題、それは耐久性でしょう。
2階建てが3階建てになるから、強度を5割増 って,考えて施工している工務店が多いようなのですが、実際は風による基部へ掛かる力は倍になります。地震も同じです。
(モーメントを計算してみるとすぐにわかります。
 屋根を無視すると3倍!)
このため、最初は良いけれど....と、なってしまうのです。

軽量鉄骨を使うと耐久性は向上しますが、軽量鉄骨はねじれを生じるので、家がフラフラとしている感じになります。この揺れも2Fに比べて3Fでは倍、もしくはそれ以上になります。
(床面の地面からの距離が倍になる為、倍になり、更に鉄骨のねじれ分が足される)
以前、軽量鉄骨のアパートの3Fに住んでいて経験しました。

Qマンションの基礎杭に使う鋼材の品質が心配なのですが

都内で来年3月に完成となる5階建新築マンションの購入を検討しています。ちょっと予算オーバーなのですが、駅近で間取りもよく、本気で購入を考えており、今日再度建築現場を見に行きましたところ、基礎杭をちょうど打ち込み終わったところでした。
ところが、そこでその打ち込まれているH型の鋼材がかなり古く質の悪いものに見え、大丈夫なのかと心配になりました。具体的には、鋼材が錆びている、少し反り返ったように曲がっている、Hの淵が歪んでいる、先端が少し欠けているといったものです。標準的な基礎杭ってこんなものなのでしょうか?安全性に問題ないのでしょうか?
ちなみに他の近くのマンション建築現場を見たところ、錆びてはいましたが欠けても歪んでもいないまっすぐの基礎杭が打たれていました。
どなたか、基礎杭につかう鋼材の品質のあり方及び安全性・耐久性との関係教えていただけませんでしょうか。来週の月曜日に一割手付を払って、火曜日に契約することになっています。気になるのは基礎杭だけです。どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

構造体の基礎杭ではなくて、仮設の土留め用の親杭のことではないでしょうか?

基礎工事の掘削をする前に、外周の土が崩れて来ないように仮設の「土留め」工事を行います。その際に土圧を受け止めるために土留め壁の柱を兼ねて、H型鋼を土の中に打ち込む工法をとることが多いのですが、これを見間違えたのではないでしょうか。
これの材料は、仮設用で何回も使ったり、そのまま埋め込んでしまったりしますから、あなたが見たような形状のものが一般です。

心配であれば、工事をしている人に確認するか、1~2週間してもう一度工事現場を見てみることです。

それよりも、こんなことを気にしていたら、工事期間中、毎日自分の目で工事現場を見ていないと心配でマンションなど買えませんね。

販売会社や、施工(工事をする)会社の実績を調べて、信用するほうが現実的ですよ・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報