暖房に使う灯油がポリカンに2つ残って、春を迎えてしまいました。
一般には買った店で引き取ってもらうのでしょうが、なんか悔しいです。
先ほど、ディーゼル車の燃料に使えるかを質問しましたが、止めたほうが
良いという回答を頂きました。
暖房以外に4Lの灯油を利用する何か良いアイデアは無いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

沢山の方が回答なさっているので参考になるか分かりませんが・・・・・石油製品すべての販売会社で働いていますが、灯油は酸化しますよ。

黄色くなりすっぱい匂いもします。そして酸化した灯油をファンヒーターに使うとアウト!ですよ。不完全燃焼を起こして気化筒と言う、灯油を気化して酸素との混合ガスを作る所がタールで真っ黒になり火が付かなくなります。火をつけた瞬間、酸味のある匂いがしたり送風口よりもっわ!と煙が出たら要注意です。気化筒は素人ではばらして直せませんから・・理想的な保管法としては金属の缶に入れて日の当たらない所におくのが一番いいですね。ちなみに色の着いたポリタンクでも酸化しますし、パッキンも石油にやられて硬くなりますので機密性を保てるのは2年が限界です。とくに蓋を強く締め付けているご家庭はすぐに変形します。今年の分は近所に銭湯があればあげちゃうのがいいですよ。銭湯の場合ジェットバーナーを使っていますからほとんどの廃油を燃やせます。喜んでもらってくれますよ。そして来年から金属缶に保管すれば大丈夫!!私のお勧めはクリーニング屋さんに行ってフッ素を使っているところを探して空き缶を貰うのがいいです。フッ素の缶は非常に機密性がいいですから。実は僕の家ではそうしています。20Lの小さいドラム缶みたいの缶です。場所も取らないし上に積み重ねる事ができます。
お役に立てばいいのですが・・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
やっぱり、酸化しますか?
この前のシーズンの始めに前のシーズンの灯油を使い、ファンヒーターをおかしくしました。
その時は、ファンヒーターのクリーニング機能で復旧しましたが・・・。
それまで、このようなことは無かったのですが、この経験で、今回ここで質問をさせて頂きました。
今まで、ファンヒーター内の灯油も抜かずに翌シーズンまで保管していましたが、これも問題でした。
もう少し、メンテナンスをするようにしたいと思います。

お礼日時:2001/05/18 10:34

早朝の30分なら、問題はありません。


それでもご心配なら、何か日除けですれば完璧でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日除けは黒ビニールで良いでしょうか?
却って温度が上がってしまいそうですけれど・・・。

お礼日時:2001/05/18 09:46

日光は早朝の30分位しかあたりません


・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうですね、30分位なら平気です
光が遮断されていれば良いのですから
外気温が30度でも液温は12~15度です
温度的には問題ないですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気温30℃でも、液温は15℃程度ですか。安心しました。
一応、日光を遮るために、黒いビニール袋に入れようかと思うのですが、却って液温は
上がってしまいますよね。ウーーン

お礼日時:2001/05/18 09:44

少量でしたら車のボディの油汚れやピッチ・タール落としのクリーナーとして、あるいは機械部品の洗浄剤としてお使いになれば良い、と思ったのですが、40リットルでは多すぎますね。

流用というのには無理がありますので、保管か引き取り依頼かの二者択一ですね。
古い灯油がダメだと言われる理由は、保管中に水が溜まるからです。これを石油ストーブなどに使うと芯に水がついて灯油の吸い上げに支障が出ます。
ポリタンクの中の空気に含まれる水分が結露して、これが灯油の底に溜まる訳です。
ですから、保管の際には空気のスペースをできるだけ小さくしてやる事と、温度変化の少ない、高温になりにくい保管場所を選ぶ事です。ファンヒーターなどの石油関連機材の保管も同様で、半端な量が機材の中に残ったままの状態での保管が最悪という事です。
金額にして2千円足らずでしょう?保管がうまくいかなかった場合のリスクもあります。素直に購入店で引き取ってもらう方が賢いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もともとみみっちい性質なので、一度買ったものを引き取ってもらうって言うのは
何か悔しいです。

お礼日時:2001/05/17 16:51

補足。


メーカとしては故障の原因になることや安全面などから、「当社のテープをお使いください」などの注意をしますが、設計どおりの性能を発揮しかつ安全な稼動をするためには、ということであり、使えないということではありません。残った灯油を異物が混入しないよう且つ安全に保管して翌年利用するというのは庶民の知恵であり生活の知恵の範疇だと思います。しかし、量が少ない場合は、雨の日など室温が下がった日に燃やしてしまうのも手です。心配の種がなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

黄色く変質すると書いてありますが、酸化するのかと思っていました。
でも、密封出来ていれば大丈夫でしょうか?

お礼日時:2001/05/17 16:49

ご近所で、灯油のボイラー(給湯器)を使っている方がいれば


物々交換、または現金との交換 
という事もできるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風呂屋さんとかは重油ですよね。
ちょっと見つけるのは難しいです。

お礼日時:2001/05/17 16:47

むはは(^^)


2缶ですね
それじゃさっき言った通りに保存して下さい
えっとベランダは駄目ですよ、北側なら良いですけど
夏場は温度が上がります、直射日光あたらなくてもね
下手すると容器割れますよん
ポリ容器の蓋の裏に付いているパッキンが大丈夫なら
室内でも臭いはしません
逆に押し入れなどの方が適当ですね
そそ、おっきいゴミ袋に入れれば尚更良いですよ
引火はしないです、そこまでは液温は上がりません
漏れない事が絶対条件ですからね
パッキンだけは気を付けて下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東向きのベランダにある物置の北側の陰の所に保管しています。
従い、日光は早朝の30分位しかあたりません。
確かに気温は真夏日は30℃を越えますが、このくらいなら、大丈夫なのでしょうか?

お礼日時:2001/05/17 16:45

 個人的にはスタンドに引き取ってもらった方がいいんじゃないかと思います。


 火事なんかになったら危ないですし(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当はそうすべきなんでしょうが……。
ベランダの隅の火気の無いところ(物置の陰)に置いてはいるのですが、外気温で
引火というような事は無いですよね?

お礼日時:2001/05/16 17:29

私も毎年のように少し残ってしまいますが、


保管をちゃんとしておけば来年?(今年の晩秋ですね)
も使えます

灯油の容器に黒いビニール袋をかけて
日の当らない涼しい場所に保管して置けば大丈夫です。

3月のお彼岸を過ぎたらあまり沢山買い置きは
しない方がいいですねその後、内ではガスに変えます。

今年は4月になっても結構寒い日が多かったので
灯油買おうかどうかちょっと考え物でしたね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、4月の寒さのぶり返しで3本買ってしまったのが間違いでした。
女房は1本にしておいた方が良いという意見だったのですが……。
それで、意地でも捨てられない。ハハ

お礼日時:2001/05/16 17:26

我が家でも注意したつもりなのに最後の缶が8割以上あまりました。

機器に残っているのを含めると軽く20リットルを超えます。

蒸発しないよう十分密閉し、階段下の収納所の奥深くに保管しています。これで来シーズンは即利用可能です。匂いが移らないよう注意してください。

この回答への補足

例年余ってしまって、次のシーズンに持ち越していたのですが、この前のシーズン
の始まったとき、ファンヒーターの調子を悪くしてしまいました。(結局クリーニング
操作で直りましたが)
その時、説明書を見たら、古い灯油は使うなと書いてあったので、ちょっと神経質
になってしまいました。

補足日時:2001/05/16 17:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング