「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

プログラム作成のため干潮時刻・満潮時刻を計算で求めたいのですが、計算式や計算方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2の方の参考資料は太平洋の外海の場合です。



湾や入り江、瀬戸内海では時間遅れを考慮しなければなりません。
また入江が深く長いと振動の共振現象も加味しなければならず
複雑な回路解析のプログラムが役に立つこともあります。
回路に置き換えると地形によっては非常に複雑な非現実的な回路にモデル化する必要があります。
湾の奥では数時間の遅れは普通です。
海釣りしてるから実感です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/21 07:13

以下をご参照ください。


http://tide736.net/doc/?page=3
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/09/21 07:13

地形で変るので、無理です。


例えば、単純に考えれば大潮の日の満潮は月の南中と同じと考えそうですが、極端なところでは月が東や西にあるころになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/07 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧暦の日付から満潮干潮の時刻を計算する方法

たしか旧暦の日付から満潮干潮の時刻を計算する方法があったのですが、失念してしまいました。
教えてもらえませんか。

昔から私の父は、海に魚釣りに行くとき、旧暦の載っている自宅のカレンダーを見て、「ああ、今日は3日かじゃあ、〇時に今日は魚釣りに行くわ。」と言っていました。「どうやって計算するの?」という不思議そうな私に「2、・・・8、・・・」とかけたりたしたりして「こうやってだいたいの潮の時間がわかるんだよ。」と教えてくれました。
先人の知恵の深さにこどもながら感心していたのですが、何年も使わないうちに忘れてしまいました。
5年ほど前にふと思い出してネットで検索したときには、たった一個だけその情報があったのですが、今日見ると見つけられません。
「2・8時計」とか「2・8計算」だったような気がするんですが、
どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

下記サイトの最後の方に

8・9計算法
http://www.kentoushi.com/home/culture/old_calendar/old_calendar.htm

Q日の出 日の入りの時刻を求める計算式

日の出 日の入りの時刻を求める計算式

日の出 日の入りの時刻を求める計算式的なものってありますか?
出来るだけ簡単な式が良いです。
数式に緯度、経度、標高、日付を代入して時刻を求められる式を知りたいです。


分かりづらい文章ですが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学生が計算するには、三角関数がネックになります・・

既に他の方も書かれていますが、表などを参照せず、任意の地点の
日の出・入りを計算するのは、三角関数の使用が必須になります。

だたし、東京の日の出・入りの時刻を別の情報から参照して
任意の地点の日の出・入りの時刻を計算する程度なら、三角関数を
使用しないでも可能です。(精度は落ちますが・・)

理科年表(本屋で探してください)平成22年だと、暦43ページに
「各地の太陽、月の出入、南中推算表」があり、簡単な計算方法が
載っています。
#東京の日の出・入りの時刻も載っています


東京の時刻をToとすれば、任意の地点のTは

出 :T=To+M-N*n
南中:T=To+M
入り:T=To+M+N*n

Mは第一表(東経120度~東経159度により異なる値)を参照
Nは第二表(北緯20度~北緯50度により異なる値)を参照
nは第三表(東京の(入時刻-出時刻)/2 により異なる値)を参照

注:理科年表ではその年の日の出・入りしか載っていませんが、
  年による差異はせいぜい数分なので、上記の方法では気にする
  必要はありません。

中学生が計算するには、三角関数がネックになります・・

既に他の方も書かれていますが、表などを参照せず、任意の地点の
日の出・入りを計算するのは、三角関数の使用が必須になります。

だたし、東京の日の出・入りの時刻を別の情報から参照して
任意の地点の日の出・入りの時刻を計算する程度なら、三角関数を
使用しないでも可能です。(精度は落ちますが・・)

理科年表(本屋で探してください)平成22年だと、暦43ページに
「各地の太陽、月の出入、南中推算表」があり、簡単な計算方法が
載っています。...続きを読む

Q腕時計のタイドグラフってどれくらい当てになりますか

誤差ってどの程度なんでしょうか?
また購入後、年数がたつほど誤差が大きくなるものでしょうか?

Aベストアンサー

釣りカテで以前にも回答したことがあるのですが、全く役に立ちません。

釣りと共に時計も大好きなので若い頃からタイドグラフ付きの時計をいくつもしてきましたが

SEIKOフィッシングマスター(激レア:ヤフオクで思わぬ高額で売れて、以来ヤフオク依存症)
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/187018865

G-SOCK ガルフマン イルクジモデル
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b155301886

これ以外にG-SOCKのフィッシャーマン イルクジモデルもしていましたが、おおよその時間でも
分かれば良いのですが、最初にどこを基準港に設定するかによって、同じ県内でも県北と県南で
2時間近くの時間差があったり、隣の県まで遠征したら全然潮位が違ったりと、ほとんど役に立ちませんでした。

最も役に立つのはヤフー天気の釣り情報で、風速や(風速は実際よりやや数値が甘め)干満時間以外に
何と言っても潮位まで表示されているので、釣行場所によってこれだけ下げるのなら釣りにならないや
あそこの地磯に渡れるなど、その日の釣りの組み立て方まで大体出来ます。

これならスマホでぱっと見ることも出来ますし、前日に釣行場所の潮位や時間をしっかり見ておけば
その場所に行って頻繁にタイドグラフなど見ることなど自体、普通しませんから優れた天気の
ページを見るのが一番ですよ。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/tsuri/

釣りカテで以前にも回答したことがあるのですが、全く役に立ちません。

釣りと共に時計も大好きなので若い頃からタイドグラフ付きの時計をいくつもしてきましたが

SEIKOフィッシングマスター(激レア:ヤフオクで思わぬ高額で売れて、以来ヤフオク依存症)
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/187018865

G-SOCK ガルフマン イルクジモデル
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b155301886

これ以外にG-SOCKのフィッシャーマン イルクジモデルもしていましたが、おおよその時間でも
分...続きを読む

Q汐の満ち引き

海の水が満ち引きするのは、太陽と月の引力が関係するっていうのはわかるんですが、大潮の時どうして太陽や月が正中する0時、12時頃に干潮のピークなんでしょう?
普通に考えると、0時、12時頃は満潮のハズ。時間のズレがあったとしても、まるっきり6時間合わないってのが長年の不思議なんです。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

海水の干満を引き起こす力を起潮力といい,これは確かに天体が南中したとき(地球の裏側も含めて)に最大になります。
新月・満月のときは,両者が一致するので,正午ごろと深夜ごろに最大となるのは,お考えのとおりです。

ところで,太陽の起潮力は月によるそれの半分程度ですので,単純化して言えば,潮の干満の時刻は月の日周運動で決まるといってよいでしょう。
太陽からの起潮力は,潮位に対してはかなり影響を与えますが,満潮・干潮の時刻に対しては,多少時刻のずれをもたらすだけで,月が引き起こす満潮なり干潮なりを打消して新たな満潮・干潮を作り出すほどのものではありません。
したがって,ご質問の時刻のずれは太陽の影響とはいえません。

ではなぜずれるかというと,月が南中したからといって,海水は瞬時に持ち上がるわけではありません。
海水自体の粘性もありますし,海水と海底との摩擦もあります。
さらには,海底の地形による影響もあります。
それらの影響が複雑に絡み合って,実際の満潮時刻は,月の南中時刻よりも数時間遅れることになります。
この遅れを「平均高潮間隔」といい,場所によって大体決まっています。
日本付近ですと,たとえば北海道沿岸は3時間程度。
太平洋沿岸は,関東沿岸で4~5時間程度,西に行くとやや大きくなり,紀伊半島~九州では6時間程度。
九州の西海岸は8から9時間程度。瀬戸内海には11時間程度のところもあります。
したがって,「月が正中する0時,12時頃に干潮になる」のは「平均高潮間隔が6時間程度だから」。
なぜ6時間かというと,それは地形その他の影響で,お住まいの近くの海水がたまたまそういう動きをしているからに過ぎません。
よその地域では違ったずれ方をしているわけです。

地球の自転周期が(恒星を基準にすると)24時間よりも約3分56秒短いのは確かですし,公転周期が365.242194日であるのも確かですが,それと平均高潮間隔とは全く関係ありません。
だいいち,自転・公転周期は地球のどこにいても同じなのに対し,平均高潮間隔が港ごとに少しずつ違った値を取るわけですから。

なお,前に同様の質問に回答したことがあります。よろしかったらそちらもご覧いただければ幸いです。
「満月の正午になぜ干潮?」(No.43380)

また,平均高潮間隔の値は(今のところ)理論的に求めることはできず(できたとしても,世界中の海底のデータを式で表すような,想像を絶する複雑な式になりそうです),検潮所がこれまで観測してきた実際の潮位の変化のデータから経験的に求めています。
くわしくは,「世界の潮汐データ」(No.93052)をご覧ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=43380,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=93052

海水の干満を引き起こす力を起潮力といい,これは確かに天体が南中したとき(地球の裏側も含めて)に最大になります。
新月・満月のときは,両者が一致するので,正午ごろと深夜ごろに最大となるのは,お考えのとおりです。

ところで,太陽の起潮力は月によるそれの半分程度ですので,単純化して言えば,潮の干満の時刻は月の日周運動で決まるといってよいでしょう。
太陽からの起潮力は,潮位に対してはかなり影響を与えますが,満潮・干潮の時刻に対しては,多少時刻のずれをもたらすだけで,月が引き起こ...続きを読む

Qエクセル 時刻の計算(小数の計算) ファイルにより計算結果が異なる

時間の計算を15分単位で切下げるためFLOOR関数を使っています。
まったく同じ時間、関数なのにファイルにより計算結果が異なるので困っています。

具体例は

2016/8/04 18:00:00 に対し floor関数で15分単位で切り下げた場合、

Aのファイルは 2016/8/4 18:00:00
Bのファイルは 2016/8/4 17:45:00となります。

計算過程を確認したところ、
Aのファイルは FLOOR(42586.75, 0.010416667) = 42586.75
Bのファイルは FLOOR(42586.75, 0.010416667) = 42586.73958

と全く同じ関数、引数なのに、ファィルにより計算結果がことなっています。(同じPCです)

※上の42586.75 は2016/8/4 18:00:00のシリアル値
  0.010416667は 0:15:00 と入力したセルをC5と参照したところ表示された値です。
  
業務で使うため、計算結果がことなる理由を把握したいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

時間の計算を15分単位で切下げるためFLOOR関数を使っています。
まったく同じ時間、関数なのにファイルにより計算結果が異なるので困っています。

具体例は

2016/8/04 18:00:00 に対し floor関数で15分単位で切り下げた場合、

Aのファイルは 2016/8/4 18:00:00
Bのファイルは 2016/8/4 17:45:00となります。

計算過程を確認したところ、
Aのファイルは FLOOR(42586.75, 0.010416667) = 42586.75
Bのファイルは FLOOR(42586.75, 0.010416667) = 42586.73958

と全く同じ関数、引...続きを読む

Aベストアンサー

あまり、大勢の人があれこれ違うことを言ってもしょうがない話ですが、この現象を、浮動小数点(丸め)誤差といいます。

ある意味では、時間丸め誤差といっても過言ではないのは、一般の浮動小数点誤差にはない現象が含まれます。

この浮動小数点誤差は、簡単にいえば、Excelは、2進で計算されているからということになるのですが、ベテランの人でも、なかなか気が付きにくい話なのです。

対策自体は、すでに出ている内容ですが、
一体、どうしてこうなったか、それが問題ですよね。

・2016/8/4 18:00:00 この表示されている日付時間はどうやって作ったか?
ドラッグコピーなどで作りませんでしたか?

時間の元の数字というのは、10進からすると無限小数でできていて、それをExcelでは時間表示で人間に分かるように、時間・分・秒で表示されます。その時に丸めているのですが、これを「時間丸め」といって、浮動小数点丸め誤差とは若干違う問題が含まれています。

おそらく、単独で入力したときには、間違いは出ないはずです。ところが、ドラッグコピー(フィルハンドルでドラックして連続した数字を出すこと)したり、時間値の無限小数を足し算・引き算を含め四則演算(今回のFLOOR関数も含めます)をすると、誤差が生じてしまいます。

元の数値の"18:00:00" は、若干数字が足りなくても、18:00:00と出てしまうのです。だから、[割り切れない数値]の時間値をドラッグコピーしてはいけないのです。

割り切れる数(0.5=30分,0.25=15分)

なお、日付は、整数ですから、問題は発生しません。

それでも、ドラッグコピーをしなくては大変だという時もあります。

画像でも分かるかとは思いますが、
=DATEVALUE("2016/8/4")+TIME(8,1*(ROW(A1)-1),0)
こんな数式を考えてみました。

他にも、値をコピーして、上書きにした後に、区切り位置で、改めて数値にする方法など、さまざまです。

もちろん、単独の場合は、皆様のご指摘の通り、時間文字列に、TIMEVALUE関数 や、"8:00"*1 でも、時間の数値になります。

プログラミングでは、整数法や小数点固定法(文字列にして数値に戻す)などがありますが、Microsoftでは、ROUND関数を勧めているような気がします。桁数は、必要に応じてですが、私は、昔の経験値で時間に対しては、小数点6桁を丸めるようにしています。

B4:
2016/8/4 08:02:00

=ROUND(B4,5) 42586.334720000000000  01:59.8  足りません。
=ROUND(B4,6) 42586.334722000000000  01:20.0

と差が出てしまいますが、今回のFLOOR関数では、その問題は出ません。

添付画像では、1分ごとで、1時間中に、正しいのは2つしかありません。後は、全部違ってしまいました。

何かのお役に立てれば幸いです。

あまり、大勢の人があれこれ違うことを言ってもしょうがない話ですが、この現象を、浮動小数点(丸め)誤差といいます。

ある意味では、時間丸め誤差といっても過言ではないのは、一般の浮動小数点誤差にはない現象が含まれます。

この浮動小数点誤差は、簡単にいえば、Excelは、2進で計算されているからということになるのですが、ベテランの人でも、なかなか気が付きにくい話なのです。

対策自体は、すでに出ている内容ですが、
一体、どうしてこうなったか、それが問題ですよね。

・2016/8/4 18:00:00 ...続きを読む

Q世界の潮汐データ

どこかのサイトに緯度経度を入力すると世界の潮汐データを推算してくれる
とこってありませんでしょうか?いろいろ探しましたがなかなか無いので困ってます。

Aベストアンサー

まず,潮汐データを「緯度・経度」だけから求める(つまり潮汐のデータを緯度・経度の関数として表す)のは不可能であることをお断りしておかなくてはなりません。(理由は後述)

「地点名を指定すると,潮汐の推算値やグラフが表示されるサイト」ならあります。
○WWW Tide and Current Predictor(参考URL1つめ)
サウスキャロライナ大学のサイト内にあります。計算地点には日本近海も多数含まれています。
デフォルトでは,今日と明日の満潮・干潮・日出没の時刻が表示されるようになっていますが,変更可能です。潮位のグラフ表示もできます。
ここで使われているソフトをWindows用に移植したものが,ここ
○WXTide32(参考URL2つめ)
にあります。私はまだ使ってみていませんが,全世界の約9800ヶ所について,2038年までの値が計算できるそうです。なお,サイト,ソフトとも当然ながら英語です。

また,日本付近なら,ここはどうでしょうか。
○海上保安庁・潮汐推算データ
http://www.jhd.go.jp/cue/ENGAN/real_time_tide/htm/kck_main2.htm
から入って,「潮汐推算データ」を選ぶと,全国71ヶ所の潮汐曲線が表示されます。
○潮時表
全国各地の潮位の変化,日出没・月出没などを計算・表示してくれる,多機能なソフトウェア。http://www.twin.ne.jp/~sakamaki/ からダウンロードできます(シェアウェアです)。
また,気象庁や海上保安庁からも,全国の各地点の潮汐推算値を表にしたものが本として毎年発売されています。

さて,気象庁などが計算している潮汐の予測値は,もちろん一定の数式を用いて計算するのですが,その式の中に「潮汐定数」という一連の値が登場します。この値は,それぞれの地点に固有のもので,検潮所の過去の観測データから経験的に算出しています。(経験的といっても,「ベテラン職員のヤマカン」などではなく,潮位の変化をフーリエ解析して求めています)

たとえば,満潮・干潮の潮位差はどれほどか。1日に何回満潮があるか。月が真南(場所によっては真北)に来てから,満潮になるまで何時間何分かかるか(これを「平均高潮間隔」という)。これらの値が,月齢(厳密には太陽-地球-月の角度)によってどう変わるか。などなど,潮位の変化に関わるパラメータは多種多様であり,しかもそれらは海底の地形や,海水と海底との摩擦などの影響を複雑に受けるため,緯度・経度などの値から演繹的に求めることはなかなかできず,結局検潮所の過去のデータから経験的に求めるしかないのです。

仮に平均高潮間隔だけでも世界中で一定の値(ゼロでなくてもよい)だったなら,月の位置だけから,満潮・干潮の時刻が計算できますので,経度だけ(緯度は不要)で求まったのですが。

気象庁や海上保安庁が発行している,潮汐の推算地を掲載した表には,全国各地の潮汐定数が載っていますが,これはあくまでもその地点での値でしかないので,載っていない地点については何も言えないのです(近い場所ならある程度推測がきくでしょうが)。

「理科年表」を見ると,東京に関しては毎日の満潮・干潮時刻が1年分掲載されており,その下に全国16ヶ所の「平均改正数」,つまり東京と何時間何分ずれるかという数値が書かれています。しかし,これを用いて計算した値は「地方により,また時によりその誤差が相当に大きくなる場合がある」と注意書きがあります。
この欄を見ると,高松は東京より平均1時間10分遅れるとなっています。なるほど,高松は東京より西だから遅れるのだな,と思っていると,高松と経度にして1度も違わない高知は,なんと東京より6時間20分遅れることになっています。潮の満ち引きが波のように(潮浪という)四国をぐるりとまわる格好になっているのです。

というわけで,その地点の潮汐定数が分からないと潮汐の推算地は求まらないということになります。

ついでに,No.2の回答のページを見ても,潮汐計算はできないようです。
ベルギー王立天文台が潮汐の計算をしていることを示しているだけです。もしかしたら,同サイトを作っている国立環境研究所には資料が来ているのかもしれませんが,少なくともウェブ上ではみあたりませんでした。

参考URL:http://tbone.biol.sc.edu/tide/sitesel.html,http://www.wxtide32.com/

まず,潮汐データを「緯度・経度」だけから求める(つまり潮汐のデータを緯度・経度の関数として表す)のは不可能であることをお断りしておかなくてはなりません。(理由は後述)

「地点名を指定すると,潮汐の推算値やグラフが表示されるサイト」ならあります。
○WWW Tide and Current Predictor(参考URL1つめ)
サウスキャロライナ大学のサイト内にあります。計算地点には日本近海も多数含まれています。
デフォルトでは,今日と明日の満潮・干潮・日出没の時刻が表示されるようになっていますが,変更可...続きを読む

Q干潮時の潮位に差があるのはなぜ

潮位表を見て疑問に思ったのですが、大きく潮が引き、その次に潮が引くときは引き方が小さいのはなぜなのですか。
例えば今日の潮位を見ると、横須賀で00:30 49 12:48 62 で13差があります。満潮では06:32 188に18:32 184で2しか差ありません。
月が南中したときの高さが関係しているのかと思いましたが、それなら満潮時の差が大きくなるのではないかと思うのですがどうでしょうか。
これはという答えがみつかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私からも少し補足しておきます。

確かに,おっしゃるような現象が起こっているようにみえる日もあります。しかし,逆のときもあります。
たとえば,10月29日の東京・羽田の潮位は,
満潮 3:44 170cm
干潮 9:33 66cm
満潮 16:05 193cm
干潮 22:07 62cm
となっており,満潮の差に比べると,干潮の差はわずかです。また,満潮・干潮の両方にそれなりの差が出る日もあります。(数値は「潮時表」というソフトで算出しました)
海上保安庁水路部のページでは,1日分のデータしか出ませんので,気付きにくいのですが,もし潮位表(気象庁や海上保安庁から本になって出ている。海上保安庁の本の題名は「潮汐表」)を見る機会があれば,「大きく潮が引き、その次に潮が引くときは引き方が小さい」という現象が,他の日付ではどうなっているか,確かめてみると面白いでしょう。

一般に,1日2回ある満潮の潮位,また干潮の潮位は,等しくならないのが普通で,この現象を「日潮不等」といいます。
その原因は主として地軸の傾きです。つまり,地球の公転軌道と赤道面が23.4°傾いているわけで,これを地球上からみると,太陽の通り道(黄道)が赤道と23.4°傾いていることになります。
月の公転軌道も大まかには太陽と同じとみることができます(1.5°ぐらい違う)。
さて,地球は1日1回自転していますが,これを地上で見ると,月が(太陽も)1日1回上って沈むように見えます。これを日周運動といいます。
ところが,前述の傾きのため,月はいつでも赤道の真上にあるわけではありません。ときには,北緯25度あたりまで来ます(つまり,小笠原で月を見ると頭のほぼ真上にみえる)。
起潮力が最大になるのは,月に面した側と,その反対側ですので,もし月が沖縄の真上にあれば,沖縄近海と,その反対側の南半球,つまりブラジル沖の南大西洋で,潮位を高める力が最大になります。
(実際には,起潮力の大小だけで潮位が決まるわけではありませんし,満潮の時刻も月が南中してすぐというわけではありませんが,うんと単純化して説明しています。)

半日後。月は反対側の,北緯(南緯ではない!)25度の地点の真上に来ます。このとき起潮力が最大になるのは,北大西洋とオーストラリアあたりになります。
したがって,このとき小笠原の海が受ける力は,半日前の満潮時に比べると多少小さくなっています。

これが日潮不等の起きる基本原則です。これに太陽による起潮力が加わると,太陽と月の南中時刻(正確に言うと位相)にはずれがありますので,両者の影響が時には強め合ったり打ち消し合ったりして,満潮と干潮の一方に日潮不等が強く現れることがあるわけです。
実際にはさらに,海水と海底との摩擦,地形の影響,気温や気圧の変動などが加わり,潮位の変化はより複雑になります。

私からも少し補足しておきます。

確かに,おっしゃるような現象が起こっているようにみえる日もあります。しかし,逆のときもあります。
たとえば,10月29日の東京・羽田の潮位は,
満潮 3:44 170cm
干潮 9:33 66cm
満潮 16:05 193cm
干潮 22:07 62cm
となっており,満潮の差に比べると,干潮の差はわずかです。また,満潮・干潮の両方にそれなりの差が出る日もあります。(数値は「潮時表」というソフトで算出しました)
海上保安庁水路部のページでは,1日分のデータしか...続きを読む

Q潮汐の計算や早見表

潮汐の計算方法がわかりやすく掲載されているページ
もしくは、潮汐を計算してくれる早見表のようなものはないでしょうか?
日本に限らず色々な場所に行くので定数さえわかれば、すぐに一日の潮位がだいたいどんなもんかわかるような方法があると便利なのですが?

Aベストアンサー

計算方法と言ってもかなり難しいのではないでしょうか。

関東だけでも芝浦と横浜では時差がでます。日本全国でも時差の表がかなり要りますので海外までも計算するとなると・・・

カ○オのGショック(タイドグラフ付き)なら全世界の主要都市(海岸)のタイドグラフの設定が可能です。

説明書が手元にないので(無くしたので)はっきりいえませんが緯度・経度と説明書の表にある調整数値を入力すれば時計のグラフが設定したその都市の干満潮を示します。

また最初からプリセットされた商品もあるみたいです。

http://watch-tanaka2.sub.jp/page220.htm

Qword置換で改行は置換できますか?

word置換で改行は置換できますか?

 一斉にEnterでの改行されている部分を置換する方法はないでしょうか?
 あればよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

検索と置換画面の「置換」タブ画面で [オプション] を選択し、右下にある「あいまい検索」のチェックを外します。
検索する文字列にカーソルを置いて、[特殊文字] ボタン → 段落記号(P) を選択すると、検索する文字列に 「^p」が入力されます。(直接キー入力してもOKです)

置換後の文字列に置換する文字列、特殊文字を入力して置換をしますが、何も指定しないで、「置換」または「すべて置換」を行うと、改行が削除されます。

特殊文字の一覧項目の「段落記号」は[Enter]による改行で、[Shift]+[Enter]による改行は、「任意指定の行区切り(L)」です。
 

Q1000本のワインがあって、1つは毒入りです。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければなりません(理由はAに書きます)
しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。

ゆえに10時より後には飲めません。


A、もし10時以内に飲んだ場合
死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。
一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時
二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。
つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。


ゆえに1人1本しか検査できません。

従って1000本には1000人必要です。





こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです…

先生にだされた問題だとか。


どうして10本になるのでしょうか?


困ってます。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければ...続きを読む

Aベストアンサー

ついでに書いておこうかな(^^)
2進数                 10進数
 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1   1番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0   2番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1   3番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0   4番目のワイン
 ・・・【中略】・・・
 1 1 1 1 1 0 0 1 1 1  999番目のワイン
 1 1 1 1 1 0 1 0 0 0 1,000番目のワイン
奴隷は上に1があればそれを飲む
 A B C D E F G H I J  10人


人気Q&Aランキング