ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

生前叙勲は現在でも春と秋に行われ内閣府から発表されています。

http://www8.cao.go.jp/shokun/hatsurei/24haru.html

それに対して死亡後の叙位と叙勲は官報に小さく見かけるくらいです。
http://kanpoo.jp/page.cgi/20120830/h05875/0009.p …

歴代の叙位叙勲者がリストアップされたサイトはありますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご覧になった公表されているもの以外、無いと思います。


叙勲手続きは、その殆どがそれぞれの省庁を経由して行われますから、総括的な資料は内閣府でしか情報集約出来ません。
また、死亡叙勲は閣議毎のタイミングで決定され、また生前叙勲者は死亡時に叙位されますから、その情報といちいち突き合わせしなければならないと言う面倒な作業もあります。

今から20年ほど前になりますか、生前叙勲を受けた方々に対して個別に名簿掲載を謳った出版業者のセールスがあり、名簿商法としてちょっとした問題になっていました。
このような背景もあり、また個人情報の扱いが厳しくなってきている昨今ですから、あなたの望むようなものはこれからも無いと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q叙勲の受章資格について教えて下さい。

消防職として41年勤務し定年退官している知人から相談を受けております。。先ごろ、この知人が前勤務先関係者から「危険業務従事者叙勲と言うのがあって貴方は在職中の懲戒歴も無く、職務経歴や功績等の観点からは受章推薦者に該当するが、審査中に交通違反等の処分が露呈すると対象外となり無駄になるので何か心当たりは無いか?」と言うお尋ねが有り知人は、「逮捕されたようなことはもちろん有りませんが、唯一の心当たりは7年前の通勤途上で、通学時間帯のみ進入禁止箇所に誤って進入し、反則金支払いました。」
と告げたところ「交通違反なので受章対象外ですね。」との回答だったそうです。知人は、赤切符の違反は当然ながら前科のつく刑事処分で有ることは理解できるが反則でも対象外になるのかと疑問が解けず私に相談されたのですが私の知識では明快な回答が出せずこまっておりますどなたか教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 7,8年前、高速で50キロ以上オーバーにより罰金12万円(ゴールド免許で若干割引)を科せられました。オービスの証拠なので争う理由もなく、裁判所にも出向きませんでした。罰金刑なので、懲役や禁固刑と同等であり、本籍地の市役所に前科の記録があるはずです。

 数年前、昔風にいうと勲3等の勲章を頂戴しました。当然、賞勲局の前歴調査が行われたはずです。以下WIKIの引用。

「叙勲は、「勲章の授与基準」(2003年(平成15年)5月20日閣議決定)[6]に基づいて行われる。叙勲候補者には年齢満70歳以上であることなどの形式的要件のほか、「国家又は公共に対する功労」の内容や賞罰歴などの調査が行なわれる。この調査は徹底しており、刑罰の有無(道路交通法違反、自動車の保管場所の確保等に関する法律違反による罰金刑を含む。)はもちろん、破産宣告、破産手続開始決定の有無なども市町村長に照会され、選考の資料とされる[12]。」
 
 交通違反による罰金刑の場合は、悪質でなければ3年で受勲資格を回復するようです。ただし、反則金は刑事罰ではないので前科にはなりません。

 なお、受勲資格調書提出以後の違反歴は、こちらから申し出ない限り確認できないようです。そのため、推薦団体から刑事罰をうけていないかどうか確認の問い合わせがありました。

 7,8年前、高速で50キロ以上オーバーにより罰金12万円(ゴールド免許で若干割引)を科せられました。オービスの証拠なので争う理由もなく、裁判所にも出向きませんでした。罰金刑なので、懲役や禁固刑と同等であり、本籍地の市役所に前科の記録があるはずです。

 数年前、昔風にいうと勲3等の勲章を頂戴しました。当然、賞勲局の前歴調査が行われたはずです。以下WIKIの引用。

「叙勲は、「勲章の授与基準」(2003年(平成15年)5月20日閣議決定)[6]に基づいて行われる。叙勲候補者には年齢満70歳以上であ...続きを読む

Q故人の叙勲を受け取るのは喪主ですか?

お世話になります。

先日、父が亡くなりました。
父は生前、国家公務員でして、その後の状況からどうやら叙勲が頂けそうです。
私も夫も全く縁のない世界で、ただ父が生前叙勲を頂けるのを老後の楽しみにしていたので、頂けるのであれば有難く受け取ろうとは思うのです。

ただ、何せ縁のない世界で、いろいろネットで検索していると、叙勲伝達式なるものをすると書いてあります。
私は気楽に郵送されてくるくらいに思っておりましたが、どなたかが届けてくださるものなのでしょうか?
または、どこかに受け取りに行くのでしょうか?

その場合、私の夫が喪主を務めてくれたので、やはり夫が受け取るものなのでしょうか?

本当に縁のない私達なので、どなたかご経験のある方、何でもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

祖父が元教師でしたので、やはり死後叙勲がありましたが、死後叙勲の場合は役所の関係者が勲章や勲記を持って、故人の自宅を訪問して遺族の方に手渡すというパターンもあるようです。

何せ30年近くも昔の話ですので・・・・

Q叙位について

 叙位について教えてください。叙位叙勲と言ったほうがよく耳にしますが、叙勲は大勲位から勲八等(現在は勲八等停止)まで、公益に貢献したことを表彰するために勲章とともに、その証である勲記が下賜されます。
 しかしちょっと分からないのが叙位なんです。正一位から下がちょっと忘れましたが、とにかく位を与えられ、それを証明する位記が下賜されたと思います。
 確か叙位叙勲等の栄典には、いかなる特権も伴わないと法律に書いてあったと思いますが、叙位もそうなのでしょうか?
 死亡者叙勲でよく従五位とか正六位とかをよく目にします。勲章は勲記とともに形で残りますが、叙位って位記だけなのでしょうか?勲記はこの目で見たときがあるのですが、位記は見たことが無く、ことさら不思議なもので質問させていただきました。

Aベストアンサー

 単に格付けだけだと思われます。「~に叙する」と書かれています。具体的には、戦後も、廃止されたはずの「公式令(明治40年勅令第6号)」に準拠された位記の形式がそのまま踏襲されています。すなわち、一位の位記には天皇陛下の親署、御璽を押し、総理大臣が年月日を記入して副署しています。二位以下(従)四位以上の位記には御璽をおし、総理大臣が年月日を記入しています。従四位までは東京に集められ、皇居で渡されます。五位以下の位記には総理大臣の印を押して、総理大臣が年月日を記入しています。公式令の宮内大臣が総理大臣に置き換えただけです。
(公式令)
http://duplex.tripod.co.jp/rei/rm40-6.htm

Q瑞宝単光章って何?

春の叙勲で瑞宝単光章を拝受された人がおりますが
どんな意味だか知りたいのですが、
やさしく教えて下さい。なんて読んだらよいかふりがなもお願い
いたします。その他の勲記勲章の意味が載ってるサイトがありましたら
ご説明よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

読み方は、ずいほうたんこうしょう。
瑞宝章は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方 に送られるそうです。
詳しくは、内閣府のホームページに色々と出ています。
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/

瑞宝単光章は、下記です。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/kun_juyo.html

Q亡くなってから戴く叙勲とは?

亡くなってから戴く叙勲というものがあるのですが、
何故、新聞に載らないのでしょうか?

新聞に載るのは、現在生きている人だけなのですか?

春、秋に戴く叙勲で新聞に載るのは、生きている人だけなのですか?

どなたか詳しい方は・・・?

Aベストアンサー

 春・秋の定例の叙勲は生きている人だけですね。
 亡くなられた方については,その都度,叙位叙勲が行われていて,新聞の片隅に掲載されています。
 先日も新聞の片隅に,故三塚元大蔵大臣に正三位・旭日大綬章が贈られ,故野坂元官房長官に正三位が贈られたと載っていました。なお故野坂元官房長官は生前に勲一等旭日大綬章を受けているとも書いてありました。

Q叙勲者に対してのどんな祝いがいいのか

 先般の叙勲に私の叔父が該当していました。
我が家系で叙勲なんか無縁と思っていましたが、たまたま公務員だったことで、11月5日勲記勲章の伝達後11月12日皇居に参内し、「危険業務従事者叙勲」の栄誉に浴したようです。
 叙勲後に叔父から上記の案内があったのですが、晴天の霹靂のこの事実に対し祝意を顕したいのですが、この場合お祝いとはどのようにするのが社会通念として妥当なのでしょうか。
 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おめでとうございます。

うちの会社の会長も叙勲をいただきました。(いただく、で合ってるのかな・・?(-_-;)

当日から胡蝶蘭&花束&祝電が山のように届いてます。

会社関係ではなく親戚ですので、お祝いの品(花かお菓子か品物か)を持って会いに行かれてはどうでしょう?
年上の親戚ですからあまり高価なものでなくていいと思います。
お祝いの気持ちが大切だと思いますしね(^o^)丿

都合が悪く直接会うのがムリならご自宅に送るのがいいと思います。あと電話でお祝いの言葉を伝えて。
今からですと「お祝いが遅くなってすみません」と付け加えるといいと思います。

あまり参考になるかわかりませんが・・・m(__)m

Q褒章、勲章の受賞には推薦が必要と聞きましたが、実際どうすればいいですか?

うちのおじいちゃんは、自分が永年積んで来た功績に対してまだ天皇陛下からの褒章が来ないことを嘆いて世をはかなんでいます。

そんなのおじいちゃんに来るわけないじゃん!
とばかり思っていたのですが、各種褒章の類は、推薦者が進言することで受章している、ということを最近知りました。
(これは結構愕然としましたが^^;)

おじいちゃんのまだ生きている友人の中にはひとかどのお方もけっこういるみたいなので、「褒章は頼めばもらえる制度の物」なんだったら、こっそり推薦のお願いをして夢を叶えてあげられたらいいな、と思いました。

具体的にはどんな手順で推薦がなされているものでしょうか?

Aベストアンサー

内閣府のHPに叙勲に関する記述がありますのでまずはご覧ください。
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/index.html

さらに、今では一般人も推薦人として候補者にふさわしい人を推薦することが出来ます。
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/ipansuisen/ipansuisen.html
ただし2親等以内の親族からの推薦は出来ません。

周囲に推薦人になっていただけるかお願いした上で、おじい様の功績がたたえるにあたるものでしたら叙勲を受けることが出来るかもしれませんね。

ちなみに一部の東大教授など一部のかたがたは勤続年数が一定を超えると推薦してもらえ、断らない限りはかなりの確率で叙勲を受けるそうです。

Q叙勲のお祝い金の金額を教えて下さい!

この度、兄が叙勲「瑞宝双光章」を受章いたしました。
祝い金は、どの位したらよいか全くわかりませんので教えて下さい。
尚、受章祝賀会の案内をもらいましたので出席する予定です。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。

私もそのような形式の会に招かれたことがありますが、
主催者が家族でない場合には、会費制になっておりました。
また、会費制になっていなくても、
その関係者の中では何となく〇万円という話が回り、
ほぼ皆さま揃えて行き、収支が合うようにするようです。
発起人としては、赤字も困るし、莫大な黒字も困るようです。

今週も知人のある祝賀会に招かれておりますが、
会費1万円となっておりましたので、
自宅の方へ胡蝶蘭をお届けいたしました。
※会場に問い合わせたところ、
実質一人1万以上だそうですが、
不足分はその受賞者が負担するそうです。

質問者さんの場合、会場へは1~2万用意して、
別途お祝い金をご本人様(お兄様)にお渡しするのがよいかと思います。

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む

Q勲記「おさせる」の文法

私の義父が春の叙勲の栄に浴しましたが、その勲記に次のようにあり
その文法的意味がわかりかねましたので、教えてください。
勲記「日本国天皇は(個人名)に
  (勲 章 名) を授与する
   皇居において璽をおさせる」
 この勲記の『おさせる』の文法的意味がわかりかねます。私の考えでは「おさせらる」とあるべきというものです。つまり「おさせる」の「せ」は使役の助動詞であって尊敬の意味はなくて「不敬」ではないかと思いました。

Aベストアンサー

勲記のような公文書においては、天皇の行為に敬語を付けません。
例えば日本国憲法第六条には次のように書かれています。

「天皇は、国会の指名に基づいて、内閣総理大臣を任命する」

お分かりでしょうか、「任命あらせられる」でも「任命される」でもありません。つまりこれと同じ理屈です。その点は大日本帝国憲法においてもまったく変わりません。
<例>
第五条
「天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ」

ちなみに、勲二等以下の勲記は国璽が押印されるだけですが、勲一等以上では天皇の署名が入ります。その文面を見ると、「おさせる」が使役であることは一目瞭然です。

「日本国天皇は○○○○を大勲位に叙し菊花大綬章を授ける 年号○年○月○日皇居においてみずから名を署し璽をおさせる」
(Wikipediaによると、2003年の法改正でこの文面は多少変更されたようです)

これを見ると分かる通り、御名は当然天皇自らが書くので「署し」で、国璽の押捺は他の人に命じるので「おさせる」になるわけです ( ^^


人気Q&Aランキング