「宇宙が膨張している」と言われますが、地球から見ていずれの方向にある銀河も地球から同じ距離にあれば同じ速さで遠ざかっているわけだから、地球は止まっているのではないのですか?それならば、地球は宇宙の中心なのではないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

みなさん正しいことを言われていますが、この件に関する考え方の決め手は次の通りである。



1.宇宙膨張説は観測結果から導き出された理論であり、これが間違いという別な検証がされない限り有効というか、観測結果を説明するのに都合が良い理論です。

2.その観測結果とは全ての宇宙に存在する天体は地球から遠ざかるように移動していて、しかも遠い距離にあればあるほどその移動速度は速いことで、赤方偏移というドップラー効果による天体の発する光が赤い方向にずれる(波長が長くなる)ことより発見されています。 ドップラー効果とは例の救急車がサイレンを鳴らして通り過ぎる際、近づくときより離れるときのほうがサイレンの周波数が下がります。(音が低くなるといっても良い)あれと同じで地球より遠ざかっているので、光の周波数が低い方向にずれる(波長が長くなる)わけで、遠いほどそのずれ方が大きいということです。

3.以上をベースに宇宙は膨張しているとされたわけですがこの前提に立つと、全ての天体の間隔は広がりつつあるわけで、どの天体のうえから観測しても自分のところより他の天体が離れているように見え、あたかも自分の立っている天体が膨張の中心にいるように観測されますが、これはあくまで相対的なものでありどこに中心があるかというと、ないとも言えまたどこであっても宇宙の中心ではないとも言えます。非常に矛盾だらけのように思えますが、宇宙膨張説を解釈するとそのようになります。 当然ながら宇宙の果ても特定できないことになります。

真理はどこにあるのでしょうか? それこそ「神のみぞ知る。」と考えたほうが我々俗物にとって幸せな回答かもしれません。
    • good
    • 0

私も悩んだことがあります。


何回説明されてもわかったようなわからないような・・・。
guiterさんの風船の例が書籍などで最もよく紹介されていて最も分かりやすいので、なんとかこれで納得してください(笑)。

「POPな宇宙論」(佐藤勝彦監修・同文書院発行)
「宇宙のしくみがわかる本」(小尾信彌著 大和書房発行)
「アインシュタインの世界」(平井正則監修・PHP研究所発行)

などが比較的わかりやすく宇宙論について書かれていると思います。wataoさんの年齢はわかりませんが、たとえ中・高生でも十分理解できると思います。

宇宙って不思議の宝庫ですよね。
ロシアに二十数億円払った彼の気持ちはよ~く分かります。1度でいいから宇宙に行ってみたい!
    • good
    • 0

油性ペンか何かでたくさん点をうった風船を考えます。



その風船を膨らませるとある点を中心に見ると
周りの別の点が遠ざかっていくように見えます。
風船がきれいな球形で均等に膨らむのであれば同じ距離の点は同じ速さで遠ざかりますね。
しかし、また別のある点を中心に見るとその点の周りの点が遠ざかっているように見えます。

したがって、ある点に注目すればその点が中心であるかのようにみえますが
どの点が中心ということはいえません。
    • good
    • 0

宇宙が膨張していく方向が問題なんだと思うんですが。


宇宙は、それ自体が大きなブラックホールです。
ゆがんで閉じている。それが膨張するとすると、そのまわりはどうなっているのか。
2次元の世界で考えてみます。
2次元の世界がゆがんで閉じているとすると、それは、まあるい球になります。ちょうど、地球儀のようになったとしましょう。
これが、膨張していくとする。つまり、風船でできた地球儀です。
で、空気を入れていく。地球儀が膨張していくわけです。
そうすると、地球儀上の1点から、すべての点が均等に遠ざかっていきます。
近いところはゆっくり、遠いところは速く。
すると、地球儀上の住民(この場合は2次元の人々ですが)は、
「私のいるところが、地球の中心だ」
と思うでしょう。どこにいても、同じことが起こります。
これと、同じことが(我々の)宇宙でも起こっているんだ、という話を読みました。
ただ、2次元の世界が閉じるためには、3次元の方向にゆがむ必要がある。そして、膨張するためには3次元の中でないと膨張できない。
だから、われわれの宇宙も4次元の方向にゆがんで閉じているんじゃないでしょうか。
膨張している宇宙の外は、もっと大きな宇宙なんかじゃなくて、4次元空間なんだと思います。
じゃあ、4次元空間ってどんなんだ、と聞かれるとよくわからない。
2次元の生物(がいたとして)には、3次元的な「高さ」がまったく理解できないように、われわれにも4次元は理解できないんじゃないか、と思っています。
だから、宇宙の果てもない。
ずっと行くと、(地球を一周するように)また、もとの所に戻ってくると思いますね。
    • good
    • 0

どこを中心として宇宙は膨張しているんだろう……



悩むんですが、地球は「今のところ人間の考える宇宙の中心」なんじゃないでしょうか。

>地球から同じ距離にあれば同じ速さで遠ざかっている
うーん。方向はどうなんでしょう。それが問題です。速さもからんできますが、広がり方に歪みが生じているはずで……歪みが生じているということは、中心というのもどんどんズレていく可能性もあるはずで。

どしろうとのつぶやきでした。
    • good
    • 0

 地球を含めたこの銀河も、やっぱり膨張速度にあわせて動いていることが観測でたしかめられてます。


 速度は……忘れました。時速数百万キロとか、そういう単位だったと思います。
    • good
    • 0

地球に近くにある星から見ると、地球はゆっくり離れていっているように見え


そこも、遠い星は速く遠ざかっているので、自分は中心にいると思っています。

地球から遠い星にいる星にいる人も、地球は近くの星に比べて速く遠ざかっていると思っており、
自分が宇宙の中心にいると思っています。

現在宇宙のはてが見つかっていないので、それぞれの星の考えはそれぞれ正しいです。
    • good
    • 0

> 地球は宇宙の中心なのではないのですか?


中心と考えていいのではないでしょうか。
宇宙のどこでも中心になりうると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何で

地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙、宇宙の外は何でしょう?
僕は’宇宙の宇宙’=’時空’だと思います。
皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>地球の外は太陽系、太陽系の外は銀河系、銀河系の外は宇宙

違います。
「地球は太陽系に属し、太陽系は銀河系に属し、銀河系は局部銀河群という超銀河団に属し、局部銀河群はおとめ座超銀河団に属する」
です。

>>>宇宙の外は何でしょう?

我々の宇宙の外ということは、すなわち、我々の宇宙との関係(因果律)が切れているということです。
我々の宇宙が誕生したとき、同時に無数のほかの宇宙も誕生したというのが、最有力の説です。

こちらは宇宙物理学の権威・佐藤先生(東大)の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
(12、13枚目のスライドを参照)

Q宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---こ

宇宙は何処に属していますか??例えば地球は太陽系-銀河系-宇宙---この宇宙の隣または宇宙が属している処は何というところですか>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>宇宙は何処に属していますか??

宇宙物理学の権威・東大教授の佐藤先生の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
11~14ページ辺りを見てください。
宇宙誕生後の初期段階で「インフレーション」という時期があり、そのときに無数の宇宙が誕生したとされています。
我々の宇宙は、その中の一つです。

我々は、他の宇宙を見ることも触ることも観測することもできません。
もしもそれができるとするならば、そこは我々の宇宙の中です。

>>>宇宙が属している処は何というところですか>>

さー。

>>>宇宙の果てに壁があるとも思えません!!宇宙は膨張しているとしてもその隣は何ですか?

上記の講演資料の2ページ目にある漫画を見てください。
風船の表面が宇宙です。
風船の上では、どこまでもまっすぐ進むと同じところに帰ってきます。
それと同じように、我々の宇宙も、どこまでもまっすぐ進むと同じところに帰ってくる、というようなイメージです。
壁はないのですが、有限です。
そして、「隣」はありません。

こんにちは。

>>>宇宙は何処に属していますか??

宇宙物理学の権威・東大教授の佐藤先生の講演資料です。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/docs/kouen_satou.pdf
11~14ページ辺りを見てください。
宇宙誕生後の初期段階で「インフレーション」という時期があり、そのときに無数の宇宙が誕生したとされています。
我々の宇宙は、その中の一つです。

我々は、他の宇宙を見ることも触ることも観測することもできません。
もしもそれができるとするならば、そこは我々の宇宙の中です。

>>>宇宙が属し...続きを読む

Q宇宙の膨張と、銀河の衝突の矛盾・・。

宇宙の膨張は加速していて、それぞれの銀河は遠ざかっていると聞きましたが、過去にもまた将来も銀河同士の衝突があるのはどう解釈すればいいのでしょうか?お互い遠ざかっているものが衝突するのはどんな場合なのでしょうか??

Aベストアンサー

河が下流に流れているのに、その上のボートが時々ぶつかるのと同じです。

それぞれの銀河の中心が慣性系で静止していたとして、その中心が離れてゆくのが宇宙の膨張です。
実際にはそれぞれの銀河は慣性系で静止していない為に、それぞれのベクトル合成された速度が異なるので衝突が起きます。

Q宇宙の加速膨張上の地球の時間の速度

ニュートンという科学雑誌を読んで疑問に思った一般素人です。宇宙が加速膨張しているのなら、地球の移動スピードもどんどん加速し、地球上の時間の進み具合も加速していると考えるのは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

 物理学的な二つの意味、あるいは考え方で、そういうこととはしないのが通例です。

 一つは、地球を観測する地点だとすれば、地球の固有時間が基準となります。地球での時計は、地球での基準で、遅れも進みもしない時間を示すと考えて、他の場所での、地球との相違を考えます。

 もう一つは相対速度で時間が相手の遅れるというのは、空間を均一で静的とした場合の話であるため、その空間自体が膨張する場合には適用できないということです。

 確かに空間の膨張による後退速度は、ドップラー効果が起きるなど、通常に言う速度の性質はありますが、空間に対する移動という通常の速度の定義は、その空間自体の膨張には適用できません。

 いわば、物差しの上の目盛を横切りながら移動するのが通常の速度とすれば、膨張宇宙の後退速度は、物差しのある目盛の上にいるまま、物差しのほうが伸びて行くということになります。

Q地球・太陽・銀河の中心の整列

2012年に、地球から見て、
銀河の中心と太陽が一直線上に並ぶ(つまり地球・太陽・銀河の中心が一直線上に並ぶ)
と言われている26000年に1度の現象(歳差運動によるもの)は、
英語で Galactic Alignment と言うようですが、
日本語では何と呼ばれているのでしょうか。
お分かりの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

"Planetary Alignment" は惑星直列と訳しますが、その際に銀河の中心と太陽と他の惑星が一列の方向になったとしてもあまり意味はないので日本語は無いと思います。銀河直列じゃ意味も合いませんしね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報