皆様はじめまして 一週間ほど前、僕の親友が恐喝罪で逮捕されました。数人で一人を取り囲み脅したとのことです。手も口も出してないし、ただついて行っただけときいていたので、すぐ出れると甘く考えていたのですが、接見禁止がついて家族にも会えない状況です。身内びいきではないのですが、本当にいいやつでただ野球が好きなお人よしです。今回も商売がらみで口車に乗せられて騙されたところもあるようで、お互い話しが食い違ったりして拘留が長引いているそうです。せめて家族に接見だけでもと弁護士にお願いしていますが、まだかないません。その弁護士を信じるしかないのですが、何も出来ない自分が情けなく少しでも情報を得れればと思い質問させてもらいました。皆様のお力をお貸し頂ければ有難く思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あなたの気持ちはよくわかります。


あなたの気持ちとは裏腹に、もし親友が犯罪行為に荷担していたとしても、あなたの気持ちがわかれば深く反省するでしょう。
またあなたの思っているような方なら2度と同じ過ちは繰り返さずそんな連中との関係は立つでしょう。
早く出してあげることより、出てきてから友人としてどうすべきかを考えるときだと思います。

今の日本の警察、検察、裁判所はまるでマニュアル通りに事を進めていきます。
私の友人で結局誤認逮捕だったのですが、拘留期限いっぱいまで代用監獄(拘置所でなく警察署の中の留置所)に入れられ、朝から晩まで取り調べ、最期まで接見禁止で結局不起訴になった者がいますが、裁判になって無実判決を受けた方がはるかに良いと怒ってました。
その友人の場合、無実を証言してくれる方が海外に出張しており、拘留期限1日前に帰国し証言したためでした。

友人として何かしてほしいことがあれば弁護士さんを通してお話があるでしょうから、ここは最初に書いたように出てきてからのことを考えてあげましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真摯なアドバイス誠に有難うございました。
昨日も彼の家族と話してきたのですが、拘留期限いっぱいまで入れられることが確定したそうです。保釈がまた延び奥さんもだいぶん参っていましたがmickmamaさんはじめ皆様のご意見頂き、僕も少し手助けできそうです。
話しを聞けば聞くほど本人の甘さが引き起こした事件です。他から見ればそんなうまい話し無いに決まってるのになんで信じたのか、本当情けない話です。
本人も深く反省してると思いますし、無くしたものの大きさに彼がへこたれぬよう叱咤激励し支えて行きたいと思います。
お返事本当に有難うございました。

お礼日時:2001/05/17 03:28

あなたは、とても純粋でやさしいかたなのですね。


でも、倫理の観念で見方をかえましょう。

たとえば、電車である人がある人に脅かされているとします。
まわりの人は黙っているとします。
はたして、それは良いことなのでしょうか?

けっして良いことでは無いのです。
ただし、この場合は周りの方からみれば、当人の脅している人に脅威があるはずです。
それが、周りの人を弁護する理屈になるわけです。

だから、あなたのお友達がなんらかの方法で脅かされて、ついていっていたのだとすると、
逆に被害者となるわけです。

そうすれば、解放されることも近いでしょう。
もしそうでないとすれば、お友達も犯罪者そのものなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真摯なご意見誠に有難うございました。
確かにkeeさんの言われるとおり彼はその場に居合わせたわけだから、間に入って止めるべきでした。でもその中に脅威のある人間がいたため、彼は止める勇気がなかったのです。言い訳になると思いますが、自分も同じ立場にいたとすると止めることができたかどうか・・・
でもそのような人間と付き合ったこと自体彼の過ちです。
色々な方のご意見伺い被害者の立場にたつ見方ができました。被害者の方から見ると脅した人間と同罪なのです。彼がその事に気づいていなければ僕がわからせようとおもいます。

お礼日時:2001/05/19 04:18

 逮捕拘留に足る事実があってムショの中にいるなら、手だては、犯罪を行った本人が、素直にお縄につき、取り調べをしている警察官から、こいつは本当に反省をしているな、と思わせる行動をとる以外、長引くだけです。


 警察が、なんだかだと理由を付けて「接見禁止」を貫くのは、
1.犯罪者に余計な知恵をつけさせない(法律においても)。
2.まだ捕まっていない犯罪者同士が、しゃべりあって証拠隠滅をはからないよう
  にする
3.早く書類を作成して検察庁にまわしたい
4.犯罪者であることを厳しく反省させるため、あえて一人にする
というような理由に基づくものです。
 私はなんであれ、事実として警察にしょっ引かれた、ということは、とてつもなくゆゆしき事態だ、と思っておりますので、今後の反省も含め、辛いでしょうが、ここは「人間として」厳しく反省の日々をおくる以外ない、と思う方が、彼の将来にプラスになると判断します。
 これがゆすられた逆の立場でしたら、「殺されると思った、一生ムショから出てきて欲しくない」と思うに違いないのですから。

 
    • good
    • 0

残念ながら現在の日本の刑事手続きでは,極めて例外的に処分保留で解放されたり,裁判所が勾留を取り消したりしないかぎり,起訴前の勾留からの開放手段はありません。



接見禁止決定については,不服を申し立てるか,限定された一部の者との接見のみを許可するよう一部解除決定を請求することができます。

但し,これらが認められるかは捜査の進展状況等諸般の事情にも左右されますし,何よりただの友人であるあなたには申立権限はありませんから,本人が信頼して選任した弁護人をあなたも信頼するしかないですよ。

この回答への補足

貴重なご意見誠に有難うございました。
そのような権利がある事を家族に伝え弁護士に相談したところ、たぶん無理(接見禁止が解けること)だろうといわれたそうです。wakkyさんのいわれるように弁護士を信頼するしかないのですが、例えば上申書や嘆願書を提出してもほとんど意味無いよと言ったり、それでも家族にとっては何かしてやりたいわけですよ。
確かに法律の世界ではそうかもしれません。身内が逮捕されて初めてしることばかりです。自分の無力さも知りました。でももう少し家族の心情を考えて言って頂ければ・・・
wakkyさんのような専門家からのご意見一市民にとって本当に心強いものです。 
理想と現実は違うでしょうが、これからも頑張ってください。

補足日時:2001/05/19 03:29
    • good
    • 0

見方を変えてみましょうか。



少なくともお友達は、犯罪現場に居合わせていて、それを止めなかったし、同じグループであるかぎり見ているだけとしても立派な犯罪行為です。
その点について深く反省すべきです。
良い人かどうかと犯罪行為に荷担した(見ているだけでも立派に荷担した行為です)かどうかは別の問題になります。

この接見禁止で拘留されている期間はあなたのお友達にとってよい反省する時間となるでしょう。
今後そういうグループとはつきあわないように気をつけるようにするためにね。
たとえお人好しであっても、そんな風につきあうと言うことは、良くないことだと気がつく良い機会だと私は思います。

では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逮捕されて取り調べ中の弁護士との接見

昔(1960年代)の刑事事件を調べたのですが、
逮捕されて取り調べ期間(22日)間に、弁護士との接見は2度、合計17分しかありませんでした。
あまりにも少ないのを疑問に思っていたのですが、友人が言うには、「取調べ期間は弁護士が接見を求めても断られるし、時間も勝手に打ち切られる」そうです。
ですが、被疑者には弁護士と自由に接見する権利があると思います。
法律ではどうなっているのでしょうか?
また法律と実際とでは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>法律ではどうなっているのでしょうか?

 憲法第34条は、弁護人依頼権、具体的には弁護人による援助を受ける機会をもつ権利が保障されていますが、これを受けて刑事訴訟法第39条第1項は、弁護人との接見交通権を保障していますが、これは被疑者・被告人の権利であることはもちろんですが、弁護人の固有の権利でもあると解されています。
 このように接見交通の自由が保障されていますが、法は制限を認めています。(刑事訴訟法第39条第3項)すなわち、検察官等は捜査のために必要があるとき、被疑者との接見交通については、日時、場所及び時間を指定することができます。
 まず、「捜査の必要があるとき」とはどのような場合なのか争いになることが多いです。近時の最高裁判所の判例では、接見等を認めると取調の中断等により捜査に顕著な支障が生じる場合(現に取調や検証している最中でなくても、間近に取調等をする予定が確実であって、予定通りに取調等の開始をすることができない場合も含まれる)としています。

>友人が言うには、「取調べ期間は弁護士が接見を求めても断られるし、時間も勝手に打ち切られる」そうです。
 確かに接見の日時が指定されることはありますが、指定された時間を超えない限り、接見中に勝手に打ち切られるということはないでしょう。

>また法律と実際とでは違うのでしょうか?

 従来の実務では、一般的指定という方法で接見指定がなされることがありました。一般的指定というのは、検察官が監獄等の長宛に一般的指定書(接見の日時は、追って発する指定書のとおりに指定する旨の内容のもの)を交付しておき、接見を希望する弁護人に対しては、日時、場所、時間を指定した具体的指定書(俗に面会切符)を交付するという方法です。つまり、一般的指定がなされると具体的指定書を弁護人が持参しない限り、接見をすることができないので、接見の自由を不当に害する制度であり、違法とする多くの裁判例があります。
 現在では、一般的指定制度は廃止され、かわりに通知書(日時、場所、時間を指定することがあるので通知するという内容)を留置業務の管理者に交付しておき、接見を希望する弁護人と協議の上、捜査の必要があれば、口頭、電話、ファクシミリ等で指定するという方法になっています。

>法律ではどうなっているのでしょうか?

 憲法第34条は、弁護人依頼権、具体的には弁護人による援助を受ける機会をもつ権利が保障されていますが、これを受けて刑事訴訟法第39条第1項は、弁護人との接見交通権を保障していますが、これは被疑者・被告人の権利であることはもちろんですが、弁護人の固有の権利でもあると解されています。
 このように接見交通の自由が保障されていますが、法は制限を認めています。(刑事訴訟法第39条第3項)すなわち、検察官等は捜査のために必要があるとき、被疑者...続きを読む

Q留置所の接見禁止について教えてください

3週間前に彼が過剰金利でガサが入り、今は留置所にいます。

1週間たって出てこなかったので面会に行きました。
1日1人しか面会できないみたいで、「午前中に1人面会きてるから出来ないんだわ~差し入れはあるかい?」といわれて帰りました。

3週間たっても出てこないので先日行ってきました。
すると、「彼女かい?会えないんだわ~」といわれたので、差し入れだけして帰ってきました。

手紙を出しても返事はきません。
家族なら会えるんですか?
3週間たって不安になってきてしまいました。
彼とはケンカしてる時に連れていかれてしまったので。
もしかしたら、面会拒否されているのかな?と思っています。
面会拒否を警察の方がやさしく言ってくれたのかな?とか色々考えてしまって。待っててといってくれたらいつまでも待てるのに、なにもないので恐くてしょうがないんです。

こんな経験は初めてで、警察に行くと緊張してしまって詳しく聞けないままいつも帰ってきてしまいます。

すみませんが、詳しく教えていただけるとありがたいです。

宜しくお願いします。

3週間前に彼が過剰金利でガサが入り、今は留置所にいます。

1週間たって出てこなかったので面会に行きました。
1日1人しか面会できないみたいで、「午前中に1人面会きてるから出来ないんだわ~差し入れはあるかい?」といわれて帰りました。

3週間たっても出てこないので先日行ってきました。
すると、「彼女かい?会えないんだわ~」といわれたので、差し入れだけして帰ってきました。

手紙を出しても返事はきません。
家族なら会えるんですか?
3週間たって不安になってきてしまいました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 大切な人と連絡が取れなくて,さぞかし不安なことと思います。

 結論から言えば,彼氏さんから面会拒否されているのではなく,裁判所によって接見禁止がかかっているのだと思います。

 現在の彼氏さんは,逮捕に引き続く勾留(こうりゅう)という身柄拘束を受けています。
 すでに起訴されているのかどうか,質問内容からは分かりませんが,いずれにせよ,勾留中の人(※起訴されていなければ「被疑者」,起訴後は「被告人」といいます。)は,会いたい人に自由に会えるわけではありません。
 被疑者・被告人は,弁護人とは自由に接見できます(刑事訴訟法39条1項)。しかし,裁判所は,弁護人以外の人について,証拠隠滅などのおそれがあると判断する場合には,接見を禁止することができます(刑事訴訟法81条)。これは,家族であるかないかとは関係ありません。
 特に起訴前は,警察が証拠固めをする必要があるので,被疑者が,外部の人を通じて証拠となるものを処分させることがないように,裁判所に接見禁止をかけてもらうのです。

 逮捕されてから3週間になるのなら,彼氏さんは,まだ起訴されていないとしても,あと数日中に起訴されると思います。そうしたら,接見禁止も解かれる可能性があります。
 もう少し待ってみてください。

   
【刑事訴訟法】
第80条 勾留されている被告人は、第39条第1項に規定する者以外の者と、法令の範囲内で、接見し、又は書類若しくは物の授受をすることができる。勾引状により刑事施設に留置されている被告人も、同様である。

第81条 裁判所は、逃亡し又は罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な埋由があるときは、検察官の請求により又は職権で、勾留されている被告人と第39条第1項に規定する者以外の者との接見を禁じ、又はこれと授受すべき書類その他の物を検閲し、その授受を禁じ、若しくはこれを差し押えることができる。但し、糧食の授受を禁じ、又はこれを差し押えることはできない。 

第39条 身体の拘束を受けている被告人又は被疑者は、弁護人又は弁護人を選任することができる者の依頼により弁護人となろうとする者(弁護士でない者にあつては、第31条第2項の許可があつた後に限る。)と立会人なくして接見し、又は書類若しくは物の授受をすることができる。
2,3(略) 

 大切な人と連絡が取れなくて,さぞかし不安なことと思います。

 結論から言えば,彼氏さんから面会拒否されているのではなく,裁判所によって接見禁止がかかっているのだと思います。

 現在の彼氏さんは,逮捕に引き続く勾留(こうりゅう)という身柄拘束を受けています。
 すでに起訴されているのかどうか,質問内容からは分かりませんが,いずれにせよ,勾留中の人(※起訴されていなければ「被疑者」,起訴後は「被告人」といいます。)は,会いたい人に自由に会えるわけではありません。
 被疑者・...続きを読む

Q接見禁止とそれを破ったとき

少々前置きが長くなることをお許し下さい。。。

先々週、約1年間交際した女性から突然別れを告げられました。
実は彼女も私も其々既婚者でお互い離婚をしたら結婚しようと約束していました。
彼女はご主人から長年にわたってモラハラを受け続けた結果、解離性健忘、パニック障害、うつ病等複数の精神疾患を持つことになってしまい、障害者認定まで受けるようになってしまいました。そのため日頃の家事は介護ヘルパーがつかなくてならない状態だったのですが、私と交際を始めてからは多少の波はあるものの、かなり良くなっていきました。もちろん私の影響だけではなく、彼女自身の努力ももちろんですが・・・。

そういう経緯を元に彼女は別居・離婚を決意し、ついに別居生活を始め、離婚調停申立てをしました。
彼女自身が言っていました。こうして別居できるようになったのもYouyouさんのおかげだよ・・・って。

そんな彼女が別れを切り出して来たのです。前日までは毎晩メールで「愛してる」って言ってた彼女が・・・
確かに直近で私が彼女に少しキツいことを言ったのは事実ですが、そんなことが理由で急に別れよう、って信じられず、その後何度もメールをしましたが、全く応じてもらえず、電話も応じてもらえず、で彼女の住む部屋を訪れ、インターホンを鳴らしても応じてくれませんでした。

彼女は以前にも一度、私との行違いで自殺を図ろうとしたことがありました。そのことは彼女からの自殺を図ろうとしている光景を写メで送ってきてわかったことでした。
私は自宅で妻といて、このことで妻にバレるのが怖かったので、Web110番で警察に通報し、駆けつけてもらうことで一命を取り留めました。

そんな経緯があるため、今回もまさか?と思い、警察を呼びました。
すぐに警官は駆けつけ、早速彼女宅のインターホンを鳴らすとすぐに彼女は出てきました。
その後、私と男性警官、彼女と女性警官、あとから別の男性警官も彼女の事情聴取に加わりました。

その後彼女と私を面会させ、彼女の事情聴取を行った警官から「彼女はあなたと二度と会いたくない、と言っています。もう二度と会わないで下さい。携帯から彼女のアドレス、メール、写真等を全て削除してください。そして警察にその旨を誓約書に書いて提出してください」と言われました。

しかし、私はその誓約書を納得の上で書いたわけではありませんが、これは命令なので仕方なしに書きました。

で、非常に前置きが長くなったのですが、彼女はその場は確かにそのようなことを言ったかもしれませんが、先に言ったとおり、彼女は精神疾患を患っており、彼女の本意ではなかった可能性もあります。
そこで彼女ともう一度会って話をしてみたい、と思うのですが、それを彼女が同意すれば問題は何もないのでしょうが、もし、彼女が警察に通報すると接見禁止に反する行為をしたことになってしまいます。

その場合、これは即ストーカー行為とみなされて逮捕されてしまうのでしょうか?

あと、これは少し考えにくい行為だとは思いますが・・・

例えば彼女に何らかの形で連絡を取ります。
彼女は外でなら会ってもいい、と言ったとします。
で、待ち合わせ場所で待ち合わせをします。
彼女が約束どおり現れます。
ところがその背後に警官がいます。
彼女は警官に「彼が私を追い回している人です!」と告げたとします。
こういった場合もストーカー行為とみなされ、即逮捕になるのでしょうか?

以上、ご教示よろしくお願い致します。

少々前置きが長くなることをお許し下さい。。。

先々週、約1年間交際した女性から突然別れを告げられました。
実は彼女も私も其々既婚者でお互い離婚をしたら結婚しようと約束していました。
彼女はご主人から長年にわたってモラハラを受け続けた結果、解離性健忘、パニック障害、うつ病等複数の精神疾患を持つことになってしまい、障害者認定まで受けるようになってしまいました。そのため日頃の家事は介護ヘルパーがつかなくてならない状態だったのですが、私と交際を始めてからは多少の波はあるものの、か...続きを読む

Aベストアンサー

警察が介入していますからストーカー規制法にひっかるでしょう。

彼女が同意していたとしてもその同意が本人の本意でないと言いきれないから。

あなたも言ってるじゃないですか。
『彼女は精神疾患を患っており、彼女の本意ではなかった可能性もあります』

それを言い訳にすれば警察だって
彼女の本意で同意したと言えないとなりませんか?


>私は誓約書に書いたことを無視して、メール、電話、ファクス、訪問を繰り返しました。

これで十分、ストーカー規制法で言う「つきまとい行為」に当たります。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/stoka/stoka.htm

Q接見禁止の手紙について!!!

逮捕されて20日勾留の後、再逮捕でまた10日勾留になり接見禁止です。最初の20日の間に彼宛てに手紙を送っていました(接見禁止でもその時には本人には渡らないのを聞いていましたが接見禁止がとれるとその時に渡す事も聞いていたので)で再逮捕された日に留置課から電話があり、「いつも手紙送ってくれてるよね、再逮捕の前に前までの手紙は本人に渡したよ。でもまた接見禁止ついたから手紙送ってもらっても彼にはわたせないんだょ。ほんとだったら貴女に送り返さないと行けないから、手紙は送らないでね。」と言われました。 接見禁止でも留置所の方で保管?してくれて、接禁がとれてから、本人に渡るんじゃないのでしょうか?最初の20日の場合は何も言われなかったのに、再逮捕になってから、突然、そんな電話してくるのが意味不明なんですが…もう送らない方がいいのでしょうか?弁護士とも頻繁に連絡取ってるんですが、再逮捕の前でも「前の20日間の時の手紙、再逮捕の前に本人に渡ってますからね」だけしか言われなかったし…もし、留置所にわたしが手紙を書いてるのがダメだったら、弁護士も「手紙は送らない方がいいですよ」とかいいますよね…ただ、後でまとめてでも彼に手紙が届けばと思い送っていたのですが…

長々とした質問になりましたが、回答お願いします。

逮捕されて20日勾留の後、再逮捕でまた10日勾留になり接見禁止です。最初の20日の間に彼宛てに手紙を送っていました(接見禁止でもその時には本人には渡らないのを聞いていましたが接見禁止がとれるとその時に渡す事も聞いていたので)で再逮捕された日に留置課から電話があり、「いつも手紙送ってくれてるよね、再逮捕の前に前までの手紙は本人に渡したよ。でもまた接見禁止ついたから手紙送ってもらっても彼にはわたせないんだょ。ほんとだったら貴女に送り返さないと行けないから、手紙は送らないでね。」と言わ...続きを読む

Aベストアンサー

○接見禁止については、非常にルーズな運用がなされており、大変問題だと思っています。弁護人にあなたを接見禁止の対象から外すよう接見禁止の一部解除の申し立てをしてもらったらいかがでしょうか。配偶者でないので認めてもらえない可能性もありますが、抗議の意味もこめてこれをやっていかないと実務の改善はありません。
○弁護人に手紙を渡して、弁護士接見の際に読ませてもらう方法もあります。弁護人は証拠隠滅のおそれのある記載がなければ見せてくれるとおもいます。接見禁止の命令は弁護人には及ばないからです。
弁護人のから差し入れてもらうことも可能ですが、これは弁護人の考え方にもよります。
被告人が弁護人に手紙を書き、家族への伝言を依頼することも普通に行われています。
繰り返しになりますが、証拠隠滅のおそれ等の有無については、弁護人が判断します。不穏当なことが書かれていたり、暗号、隠語、外国語などが使われていて弁護人が内容を理解できないようなものは伝達を断られると思います。
弁護人とよく相談してください。
○留置管理がそのように言うのは預かるのが面倒なだけだと思います。まとめて渡すにしても、全部内容を検閲するので面倒くさいんでしょうかね。
○いずれにしても、通信の自由に対する過剰な制約はあらためさせなければいけないと常々感じます。お辛いですがくじけないでください。ではお大事に。

○接見禁止については、非常にルーズな運用がなされており、大変問題だと思っています。弁護人にあなたを接見禁止の対象から外すよう接見禁止の一部解除の申し立てをしてもらったらいかがでしょうか。配偶者でないので認めてもらえない可能性もありますが、抗議の意味もこめてこれをやっていかないと実務の改善はありません。
○弁護人に手紙を渡して、弁護士接見の際に読ませてもらう方法もあります。弁護人は証拠隠滅のおそれのある記載がなければ見せてくれるとおもいます。接見禁止の命令は弁護人には及ばないか...続きを読む

Q接見禁止中の面会一部解除について教えて下さい!

接見禁止中の面会一部解除について教えて下さい!
彼が逮捕されてから 七ヶ月以上過ぎた今も接見禁止が取れず まだ留置所にいます。やっと今、公判準備をしてる様ですが裁判員裁判なので、公判ゎ秋になってしまい接禁が取れるのゎ公判が始まってからになると弁護士ゎ言ってました。私ゎ彼と一緒に逮捕され、彼が主犯格で私ゎ共犯者の中の一人でしたが執行猶予でした。先日、彼の弁護士に頼んで私との面会一部解除をやってもらいましたが、私と彼ゎ内縁関係ですが事件の共犯でもあるのでダメでした。なら、内縁じゃなくて婚姻届けを出し夫婦になっても厳しいでしょうか? どうにか彼と面会出来る方法を教えて下さい。 裁判前に共犯者の私と彼が籍を入れ夫婦になると裁判での彼の情が悪くなりますか? お願いします…教えて下さい。

Aベストアンサー

妻<共犯者
上記になりますから、婚姻しても接見はできません。

起訴されて、公判が決まれば「解除」されます。

> 裁判前に共犯者の私と彼が籍を入れ夫婦になると裁判での彼の情が悪くなりますか? お願いします…教えて下さい。

関係は無いでしょう、
ただし、裁判員裁判で「長期勾留」ですから「薬系」でしょうか・・・長期実刑は覚悟してください。
待ち人は「苦労」があります。
今は、「待てる」と考えているようですが、私もそんな人の相談を多々受けます。
80%前後の人が「離婚」してしまいます。
その理由は、待ち人の「親族」にも影響があるからです。
最近も「獄中結婚」を相談されましたが、結局は出来ませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報