ANA JCBカードでマイルを貯めています。
ほぼ毎日、小額ですがセブンイレブン、ファミマで買い物をしますが、それらは今まで現金払いでした。月1万円くらいです。(20日×500円)今後は、この分もANAマイルを貯めたいです。

そこでマイルを貯める為の方法を教えて下さい。
Edyは考えていません。
セブンイレブン、ファミマ等のほとんどのコンビニでは、一定額までサインなしでJCBカードが使えるとあります。一方、QUICPayはサインなし、事前チャージ不要とありますが、クレジットカードと何が違うのでしょうか?

コンビニで決済する上で、ANAJCBカード・QUICPayの違いを教えて下さい。
たかだが200円の買い物をするのに、クレジットカードを使うことへの恥ずかしさぐらいしか浮かびません。。また、陸でANAマイルを貯められている方は、コンビニ決済はどうしていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>QUICPayはサインなし、事前チャージ不要とありますが、クレジットカードと何が違うのでしょうか?


代金の支払い方法は後払いなのでクレジットカードと同じです
使用方法が違います
一般的にクレジットカードは店員に渡しますがクイックペイ等のICカードは専用機にかざすだけですみます
スキミング等の不正の防止にもなるし自動販売機でも使える機種が増えています
    • good
    • 4

サインが必要ない。



クレジットカードのポイントが貯まる。

チャージする必要がない。

カードではなくスマートフォンなどのオサイフ携帯だと
財布(またはカード入れ)を出す必要もない。
    • good
    • 2

まさに『200円の買い物』のために


電子マネーは存在していて
クイックペイはたまたま後払いというだけです。

コンビニの店員にとって
エディでもクイックペイでもワオンでもアイディーでも
ポストペイでもプリペイでも
どちらにも違いはありません。

私自身は105円のおにぎりを買うときにも
クイックペイを使っています。

ローソンでスマフォを使って支払い(クイックペイモバイル)すると
モバイルポンタへのポイント加算が一気に終了し便利です。
(クイックペイカードとポンタカードの2枚をかざす必要がない)
私自身の使い方ではありますが
電子化が進み、いろいろと便利になりました。
財布も重くならないし。
    • good
    • 1

支払い方法は1回払いのみ、1回の買い物につき上限が2万円という制限があります。


少額決済が目的のものですから。
http://www.quicpay.jp/faq/index.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報