出産前後の痔にはご注意!

私は、個人でデザイン等を請負っておりますが、新規のお客様と取引する際に、前金の場合は、安心できるのですが、売掛にて取引する際には、契約時にどのような点に注意したらよいか悩んでおります。今までに、売掛金を回収できなかった事はないのですが、今後の事もありますので、やり方を見直し、安全に取引できるようにしたいと考えております。取引の際に、初めてのお客様ですと、そのお客様より、どのような情報を聞き出したり、どのような書類を交わすと良いでしょうか。また、こちらで、リサーチ(調査)などを行った方が良いでしょうか。リサーチなどを行なう場合はどのような手段がありますでしょうか。お手数ですがご回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

住所や電話番号はもちろん、相手の取引先金融機関を調べることも良いですね。



あと、いままではどのようなデザイン会社を使っていたかも聞きだせるといいですね。あとでその会社に確認を取れば自分で評価もできます。

将来的には、前払いとして半額もらうとか、一定のルール作りを考えたほうが良いかもしれません。

ただ、個人で経営されているとのことなので、大きな会社からの依頼というわけではありませんよね?だとすると調査は難しくなります。
    • good
    • 0

 取り込み詐欺などに対して書類契約は無意味ですから、ある程度大口の取引(回収失敗で自社が倒産するような)場合には、帝国データバンクや東京商工リサーチなどで企業評価を参考にした方がいいと思います。



 まぁ、一部上場企業もイキナリ倒産するご時勢ですので、調査会社の評価がどれほど役に立つかは疑問の余地もありますが、取り込み詐欺系の会社であればほぼ確実に「評価なし」になっているので、多少は判別可能かと思います。

 「帝国データバンクでの評価が○点以下は掛売しない」ってやっている会社、多いですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般企業における決裁権の設計の仕方について

お世話になります。
一般企業(IT関連/社員数300名程度)で総務スタッフとして働いているものです。

標題の件、ご質問です。

以下のような決裁権の設計が正しいのかどうか助言をいただけないでしょうか。

稟議や各種事務手続きのために、ワークフローで申請をあげるわけですが、
一般職が申請するときは、課長⇒部長まで決裁を通す必要がある申請があるとします。
これを「部長決裁」の申請とします。

ただし、部長が申請をあげるときは、部長⇒その上長(当社の場合は社長)のように、
決裁権者以上の役職が決裁する必要があります。

さて、上記のように部長決裁にもかかわらずそれ以上の上長の決裁を必要とする仕組みはごく一般的なものなのでしょうか。
一般職分に関しては、部長の決裁でOKなのに、部長ご自身が申請を通すときには社長の決裁が必要というのは、決裁権者が二段階あるような気がして、うまく理解や納得をすることができません。
そもそも決裁権って何?と感じます。

また、同じ申請にもかかわらず、部署によっては、部長の次に執行役員や取締役の決裁権限を要する申請も存在します。

私が無知というのもあるとは重々承知の上でご相談です。

以上、よろしくお願いいたします。

お世話になります。
一般企業(IT関連/社員数300名程度)で総務スタッフとして働いているものです。

標題の件、ご質問です。

以下のような決裁権の設計が正しいのかどうか助言をいただけないでしょうか。

稟議や各種事務手続きのために、ワークフローで申請をあげるわけですが、
一般職が申請するときは、課長⇒部長まで決裁を通す必要がある申請があるとします。
これを「部長決裁」の申請とします。

ただし、部長が申請をあげるときは、部長⇒その上長(当社の場合は社長)のように、
決裁権者以上の役職...続きを読む

Aベストアンサー

>どうやらうちの会社は一回当たりの決裁の方式を取っているようですが、この仕組みは一般的な仕組みなのでしょうか?

一般的かどうかは、寡聞にしてデータを見聞きしたことがなく、また推定する材料もないため、分かりません。

>部課毎に予算を組んでいるなら、枠による方式を採用した方が無駄がないように感じます。

何を重視するのかによります。

部門の長に自由裁量を与えつつ責任も持たせることを重視するのであれば、おっしゃるとおりです。他方、指揮命令系統を重視するのであれば、常に上の者が裁量権を持つ制度のほうが妥当します。

ただ、後者の場合、上の者が裁量権を持っているのにも関わらず、権限と表裏一体であるはずの責任を取らず、部門別予算を錦の御旗に掲げて部門の長に責任を取らせることがしばしば見られます。この観点からは、ご質問者さんの認識のほうがよりよいといえます。


人気Q&Aランキング