ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

重傷とは、全治なん週間以降を指すのでしょう?

そもそも全治とはどこまでの状態でしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E9%87%8D%E4%BD%93/ …

重傷
命には別状は無いが、後に障害が残る可能性があるものを含む程度の怪我を意味する。
全治1ヶ月以上。単純な骨折なども、報道では「重傷」と表現されることが多い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「報道」が曖昧かついい加減ですよね。

お礼日時:2012/09/09 21:52

重体及び重症はNo.1の方が書き込まれている内容です。



>そもそも全治とはどこまでの状態でしょう?

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/zentikanti.htm

全治とは医師が治療を要する期間の事で

完治は医師の治療も終わりその後通常の生活の戻れるまでの期間です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはりマスコミは大袈裟だと判断しました。

お礼日時:2012/09/09 22:09

総務省消防庁の区分によると


「重症とは、傷病の程度が3週間以上の入院を必要とするもの。」
http://www.fdma.go.jp/html/data/kyukyu11gaiyo.html

全治については、医師法を含め定義した法令はないようです。
大辞林によると
「病気やけがなどが完全に治ること。全快。ぜんじ。」
大辞泉によると
「病気やけがなどが完全に治ること。ぜんじ。」
どちらも同じようなことが書かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

それでも3週間以上ですか・・・
「報道」に疑問を持ちました。

お礼日時:2012/09/09 22:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング