出産前後の痔にはご注意!

海軍兵学校の入学の際被差別部落出身で差別はあったのでしょうか?あと卒業し海軍に入ったあと出世に影響はあったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問は私の嫌いな日本海軍についてなので回答を“忌避”していましたが、既回答の中にちょっと看過できない記述があります。




> 幼年学校、士官学校、兵学校の何れも一定の資産を持っているのが条件

> 陸軍士官学校に入るには、中学(旧制中学5年制)卒業が条件です。
>(途中から、中学4年修了で受験可に変更)

> 陸軍士官学校は、その中学校を卒業しなければ受験できません


日本では「陸軍士官学校」(昭和12年=1937年より「陸軍予科士官学校」)受験に関して年齢の制限はあっても受験者の学歴に関する制限はありませんでした。試験問題の難易度が「中学校(旧制)X年修了相当」の学力にふさわしいというだけ。そして身体検査がありました。希少ではあるけれど志願により一般の兵として入営し、厳しい軍隊生活を送りつつ勉学に励み陸軍士官学校を受験(陸軍部内からの受験者は年齢の上限が高めに設定されていた)、合格という驚くべき努力の人たちの例が、比留間弘氏(陸軍士官学校第57期)の著作などで確認できます。

もちろん学歴は不要でも、それ相応の学力を身につけるためには、事実上は “中学校進学など” がほとんどでしょう。しかし実情がそうであったことと、あたかも “制度がそうであった” かのような誤解を生じかねない記述をするのは別問題です。「海軍兵学校」においてもしかり。 

「陸軍幼年学校」も受験資格に学歴は不問。ただし、陸軍幼年学校は相応の学費が必要(戦死・殉職などの軍人の子弟には条件により減免措置あり)なので、それなりの資産がないと入学後に苦労するでしょう。陸軍士官学校は授業料なし、それどころか生徒には給料に似た手当が出ます。また中等教育以上を受けるには経済力が必要であるということも正しいけれど、生家が経済的に苦しい場合に篤志家の援助で進学を可能にした例も無くはありません。ただし、いわゆる被差別部落出身者の中にそういった人物がいたかどうかは残念ながら私には回答できません。

陸軍の話ばかりで質問者にはたいへん申し訳がないですが、陸軍は原則的にシャバの世界よりは平等ということができます。いったん軍隊の中に入ってしまえば、出自や家庭環境よりも “軍隊にとって有用かどうか” に重点をおいて評価がされたため、貧農の子弟などには戦後になって軍隊を肯定的に振り返る者もあったということが、『日本人はどのようにして軍隊を作ったのか』(荒木肇 著 出窓社 2010年)P135-136 にも書かれています。

ただし上記は制度上の話であり、原則論です。人間の行動に関して実際に何が起こったかは何ともいえません。有名なところでは昭和2年=1927年に部落解放運動家の北原泰作が、二等卒として入営したあとで陸軍内部の部落差別を昭和天皇に直訴したという前代未聞の事件があります。海軍に関しては、興味の範囲外なので十分な知識がなくお答えできません。申し訳ありません。
    • good
    • 0

海軍兵学校出れば、兵学校での成績順位が全てで、生まれが お殿様だろうが農民だろうが、皇族以外は関係ありません。

また、そもそも、入試で被差別部落かなど調べませんから。
陸軍の徴兵では、部落差別解消を叫んで天皇直訴事件が、ありましたが、
少数のエリートのムラ社会である兵学校卒士官グループには無縁です。

・被差別部落出身(庄屋とかしてた富農の家)の大学生で学徒出陣で、戦地に赴いた人の手記に、
たまたま親戚の兵学校卒の大尉と出会い故郷の話題で盛り上がったとあるが、
親戚も被差別部落出身なら、わずかだが、そういう人、いたんでしょうね\(^^;)...
    • good
    • 1

被差別部落出身者では入学する人間自体いなかっったと思いますが?



海軍兵学校、陸軍士官学校に入るには、中学(旧制中学5年制)卒業が条件です。
(途中から、中学4年修了で受験可に変更)

あの当時、義務教育は小学校までで、中学校に進学できたのは地域差もありますが小学校卒全体の2割程度です。
あの当時は、小学校を卒業すればいっぱしの労働力と見なされましたので、ほとんどの子供が小卒で「就職」しました。

中学校へ進学できたのは、そんな労働をする必要が無い裕福な家の子供だけ。

海軍兵学校、陸軍士官学校は、その中学校を卒業しなければ受験できませんから、受験できる人間は当然、それなりに裕福な家の出です。
被差別部落とか関係無く、貧乏な家の子供は受験必須条件である中学へ進学出来ないのです。

あの時代、被差別部落出身者で中学まで進学卒業できた子供は、ほとんどいないはずですから、入学資格自体を得られないのですよ。

あと、軍隊では被差別部落出身者と一般人との差は付けてはいけないことになっていました。
一応、同和政策らしきものは戦前もあったのですよ、どこまで徹底されていたかは知りませんが。
    • good
    • 2

そもそも無産階級は入れません


幼年学校、士官学校、兵学校の何れも一定の資産を持っているのが条件です
中学校以上は幼年学校以上にお金がかかります
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Q戦前の大学の難易度

概ね昭和初期の日本の大学の、

東京帝国大学
陸軍大学校
海軍大学校

では最も難関だったのはどれでしょうか?

Aベストアンサー

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校に入学できれば、ほぼ(どこでもいいなら)帝国大学には進学できました。さすがに東大は少々難しかったにせよ、そういうものだったのです。ですから、大学受験での受験地獄はありませんでした。むしろ一番の関門が、高校受験でした。
そして、同じく、中学卒業時に海軍兵学校や陸軍士官学校の受験資格がありました。どこの中学からでも相当な秀才が行ってます。東京帝大も十分射程距離の学生です。

それと、学力だけでない難易度もあります。体格や体力もですが、特に海兵においては、海外に出る機会が多く、欧米先進国の士官に見劣りしないようにという考えが働いたようで、男前が多かったですよ。
男ぶりに自信がないから陸軍にするという人もいるくらいでしたからね。

ということで、海軍兵学校というのは、当時の女学生から絶大な人気がありましたよ。

それでも、東大の法学部は当時の高等文官試験の合格率が高く(高文は単なる公務員試験ではなく色々と特典もありますから)別格だったでしょう。
それが崩れたのは、第2次世界大戦の最中、大学生も徴兵免除がなくなった頃からでしょう。このときは文科は免除なし、理科は免除でした。それで、徴兵逃れに医者になるものが増えたんですよ。帝国大学でなくてもいいと、地方の医科大学の進学者が増えました。(戦前は国民保険制度がないので、かならずしも医者が儲かるとは限らない)

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校...続きを読む

Q海軍兵曹長が帯刀?

はじめまして。
先日、祖母から一枚の写真を見せられました。
そこには旧海軍の第一種軍装に身をつつんだ曽祖父が写っていました。
歳は40くらいでしょうか。階級章は兵曹長でした。

しかし、疑問な点が一つ。その手には軍刀が握られていました。
陸軍では曹長が曹長刀を持ってたりしましたが、海軍の准士官も
そういった慣習があったのですか?
祖母に聞いたところ誰かからの借り物でないことは確かです。

ちなみに曽祖父は大工の棟梁でもあったので技術系の長、もしくは海軍の軍属の可能性もありますでしょうか?
軍属刀なるものはネットで見たことがあります。
しかし、残念ながら祖母は部隊名までは覚えていません。

軍装や当時のことに詳しい方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

「旧海軍の第一種軍装に身をつつんだ曽祖父が写っていました。歳は40くらいでしょうか。階級章は兵曹長でした」ならば、軍刀を持っているのが当たり前です。

海軍では、「下士官兵」と「准士官以上」が明確に区別され、例えば艦長が重要事項を艦内に伝達する時は「准士官以上集合」と指令され、准士官以上が艦長から直接指示を受けるものでした。ですので、一水兵として海軍に入った人が長年苦労して兵曹長に昇進し、准士官となる時はそれはそれは嬉しいものだったそうです。何しろ、メシも風呂も部屋も昇進と同時にまったく別なものになりますから。

海軍将兵の冬の制服(第一種軍装)は3種類でした。
(礼服になると若干違いますが)
1.「兵」いわゆるセーラー服
2.「下士官」今の学生服のようなボタンが外に見える服
3.「准士官以上」ホック止めの「海軍士官の服」。
http://www13.plala.or.jp/gunreibu/gunsoubeya.html
に、「准士官以上」の各種の制服のコスプレが写真入で載っています。
なお、大東亜戦争中には、カーキ色で背広型の「第三種軍装」も多く着用されました。上記のホームページでは省かれています。

「兵曹長」は、下士官ではなく「准士官以上」ですので、軍服は士官と同じ、持ち物も士官と同じ、軍鑑の中での「日常の待遇」も士官と同じです。

※ 兵学校などを出た本当の士官と、兵から昇進した准士官、特務士官では実際はいろいろ違うのですが、「外見」と「日常の待遇」は同じになります。

「短剣」や「軍刀」といった、士官だけが持つものを持ち、食事は士官食、トイレは士官専用、軍鑑からの上陸条件も大幅に緩和される、ほぼ自由に手紙を出せるなど、下士官兵より大幅に待遇が良くなります。

帝国海軍の士官
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E5%AE%98#.E5.B8.9D.E5.9B.BD.E6.B5.B7.E8.BB.8D.E3.81.AE.E5.A3.AB.E5.AE.98

「旧海軍の第一種軍装に身をつつんだ曽祖父が写っていました。歳は40くらいでしょうか。階級章は兵曹長でした」ならば、軍刀を持っているのが当たり前です。

海軍では、「下士官兵」と「准士官以上」が明確に区別され、例えば艦長が重要事項を艦内に伝達する時は「准士官以上集合」と指令され、准士官以上が艦長から直接指示を受けるものでした。ですので、一水兵として海軍に入った人が長年苦労して兵曹長に昇進し、准士官となる時はそれはそれは嬉しいものだったそうです。何しろ、メシも風呂も部屋も昇進と...続きを読む


人気Q&Aランキング