【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

 よく弥生時代の日本人の服装として、貫頭衣が図鑑に載せられたり、博物館に展示されています。
 そこでふと疑問に思ったのですが、その下にはなにを着けていたのでしょう。女性ならまだしも、男性は何もなしだといろいろと不都合があると思うのですが。
 エジプトなんかだとふんどしみたいなものを穿いてますよね。日本人はどうしていたのでしょう。

 下らない質問かとは思いましたが、調べてもわからないというか何をあたれば良いのかわからなかったので、ご存じの方がいらしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ざっと調べてみましたが、魏志倭人伝の頃は麻を織った布を身体につけているだけで、男性は布状のものを巻きつけているだけ、女性は貫頭衣を着ているだけで、下着らしきものはつけていなかったようです。



しかし、古事記が編纂されることになると、男性はふんどし状の下着をつけ、女性は裳という下着(アンダーウエアというより、服の一番下という感じ)をつけていたようですが、いずれにしてもこれらの下着を身に着けられるのは高貴な人だけで、それが戦国時代まで続きました。

江戸時代になると木綿を国産できるようになり、布の価格が下がって、ふんどしも庶民化しましたし、手ぬぐいなども現れました。

日本人の誰もが下着をつけるようになったのは、江戸時代からのようです。

さて、女性の場合は日本書紀にふんどしをしている記述がるそうですが、基本的には「畚褌」と呼ばれる、前垂れのないタイプのようでした。この下着は裳の下に来ていたようですが、戦国時代にそれまでの装束(十二単のような宮中装束)が廃れてくると、畚褌も廃れ腰巻に変わるようになったようです。

しかし生理日には畚褌を用いたり、ふんどしを用いたりしてその間に布や縄などの吸い取り用具をいれ、処理をしていたようです。
これも江戸時代になると、布が一般的になりますので、現在の布ナプキンの形に変わっていったようです。

女性のふんどしも一般的だったようですが、どちらかというと生理用品の意味合いが強いようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 古代の一般的な日本人は下着を着けなかったのですね。現代人の常識からすると、男性はぶらぶらして邪魔なんじゃないかと思うのですが、慣れればそれほど気にならないのかもしれません。
 たしかに麻のふんどしというのはあまり装着感がよくないような気もしますね。

 それにしても、麻の着物ではいくら重ね着をしても結構冬は寒そうな気がするのですが、これも慣れれば大丈夫になるのでしょうか。下着の話ではありませんが、ご回答を読みながら気になってしまいました。

 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/12 22:19

当時は下着なんてものは無く何もつけてなかった


弥生人から聞いたので間違いないです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 なるほど、弥生人から聞いたのならまちがいありませんね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/12 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子作りの行為後の処理

子作りのためにエッチをし、その際は生中だしですが、射精した後はすぐ抜いてしまっていいのですか?それとも少し入れたままの方がいいのでしょうか?

また、中に出したあとそのままにしておくと中から流れ出してきますが、そのままティッシュで拭くだけでいいのでしょうか?
シャワーとかで中まで洗ったらその分妊娠確率は下がってしまいますよね?


先日、結婚しこれから子作りをしようと思いますが友人にも親にも聞けずに困ってます。
ご存知のかた教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

えっと?あなたは男性でしょうか?女性?

行為の後、すぐに抜かれてもいいですよ。

射精の時は、男性は奥につけずに、ちょっと離れ加減で射精してください。
行為後は普通に抜かれて、女性は仰向けで寝たまま、軽く拭かれてから
腰を上げてください。

下半身が逆立ち状態というか、全身逆立ちでなく、両手で腰を高く上げて逆さ状態にします。
そのまま5~10分で結構です。

そのまま立たずに寝てください。出てきた液は女性のと精液であって精子ではなく、
精子は混ざっていますが、お役御免の精子です。

良く行為後にバタバタ歩いたり、シャワーを浴びられる方もおられますが、
NGです。

これは迷信でもなんでもなくちゃんとした根拠があります。

精子は、射精されて20分~1時間で子宮へたどり着きますが
動きがノロいので、精液と一緒に子宮へ行くのを助けてやります。
ほとんどはお役御免精子ですが、難関をくぐるには数が必要なのです。

14回ほどの妊娠がありますが、やはり腰を上げるだけでだいぶん違いますよ。

Q抱きしめたときに勃起したあそこが当たったら

自分には、今、付き合って3ヶ月になる彼女がいます。
まだ、肉体関係はありません。
よく、キスはよくするのですが、そのとき
あそこは思いっきり勃起しています。
キスしているとき、彼女がかわいくてかわいくて、
ぎゅっと抱きしめたくなるのですが、
もしそうすると、勃起したあそこが彼女のおなかに
あたりそうなので、抱きしめられずにいます。
女の子は、まだえっちしていない彼氏に
抱きしめられたときに、勃起したあそこがあたるのは
嫌ですか?
抱きしめるときは、勃起していることがバレないように、
ちょっと腰をひいてだきしめるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

gaugau-hoさんの彼女の立場と全く同じ経験を過去にしましたよ~。
まだエッチしてない時で、キスのときに・・・という。
その時の気持ちは、なんかうれしくて、なんかちょっとはずかしいって感じでした。
(へんな話ですが)あとでその感覚を思い出しちゃったりしましたけど・・・
でも決してイヤな気分はしなかったですよ★
むしろ嬉しい、そして、そんな彼がなんかかわいいって感じです。
安心して、ぎゅーーって抱きしめてあげてください!
ちなみに私はそのことについて、口に出して触れてほしくはないです。なんか私もはずかしいから。

Q性器を何故恥ずかしいと感じるのでしょうか?

腰蓑やふんどし、パンツなど、性器を隠すものをまとうのは、人類の全てに共通する風習のようです。

なぜ人間は性器を恥ずかしいと感じるのでしょうか?

チャタレー夫人で有名な、DHローレンスは、「排泄器官に近いから、恥ずかしいと感じる」、排泄器官を恥ずかしいものと感じるのが始まりだ!と言っていますが、これはどうも納得できません。

いろいろの考え、学説などを教えてください。

Aベストアンサー

>親や社会が何故「恥ずかしいもの」として教えるのか?

性器を誇示するのは、ある類人猿には見られる行為です。

また、一部の草食動物もわざと異性に見せ付けるような行為をします。

反対に、人類だけが性器を物で隠します。

上記の動物は、性器を誇示すると、そのまま性交に移ります。

人間の場合、社会が複雑になった結果、子どもを育てるのに一定の能力が必要になり「誰でも性交して子どもを作られては社会が困る」となったのではないでしょうか?

だからこそ「性器=はずかしい」として、むやみに性的な興奮を起こさせないようにしたのかと。ある一定の年齢層が、若者の露出された服装に「拒否感」を持つのも、その表れでは?

私見です。

Q三国志の時代の下着

三国志の頃の下着ってどんなものかご存知ないでしょうか?
調べたんですが全然…
できれば文章だけでなく絵とかで、イメージをつかみたいのですが…
漫画の資料にするので…

お願いいたします!

Aベストアンサー

No.2です。補足です。

三国志時代のものでなくてもOKなら、タイトルを失念したのですが中国の昔の性がらみの風俗や習慣を紹介した本が参考になると思います。
主に宋代以降~明清代がメインなのですが、今で言うH本の挿絵が載っていて、男女の下着姿や着替えシーンが見られます。
(私は近所の図書館の民間風俗や慣習のコーナーで見かけました)

あとは明朝の小説「金瓶梅」とか、濡れ場の多い作品の挿絵は下着姿の出る率が高めなので(^^;)要チェックです。

Qパンツが見えていた訳

サザエさんに登場するワカメちゃん・その他友人を見ると、スカートからカボチャパンツを覗かせています。
今だと、いくら子供だからとパンツをスカートから覗かせる子供は居ません。

伯母に聞くと自分もパンツをスカートから出していたと言うのですが、理由を聞いても「分からない」の一言でした。

一体なぜパンツを見せていたのでしょうか?

Aベストアンサー

あの時代はパンツが見えるくらいの短い丈のスカートが子供らしくて可愛いとされていたのですよ。
ひざ上くらいの長いスカートをはいた子について「あれは子供らしくなくて、野暮ったい」と母が言っていたのを覚えています。
昭和30年代の庶民の感覚はそういうものでした。

Q昔の女性は生理のとき何をつかっていたのでしょうか?

7、8年前からずっと気になっていたことがあります。

昔の女性は生理のときはどうしていたのでしょうか?今でこそ、ナプキンという便利なものがありますが
昔は布を使っていたのでしょうか?
さらに、布が開発される前は・・・?

自分なりに色々と調べたのですが、
7年間探しても、私の探している答えが見つかりません・・。

昔の人々の生活に詳しい方がいたらぜひ教えてください。
お答えしずらい質問かもしれませんし、カテゴリーが違うかもしれません。すみません(>_<)

Aベストアンサー

昭和31年に初潮を迎えました。
その頃はナプキンなどなく、脱脂綿をチリ紙に包んで、自分で作っていました。
チリ紙も、やわらかいものはよれてしまうので、固い、達磨紙というものを使いました。
ところがこのダルマ紙、吸水性が悪くて、横から漏れてしまうのです。
スカートを汚さないよう、苦労したことを覚えています。
14歳のころ、「アンネナプキン」が発売されました。
一個10円以上はしたと思います。あのころの収入や物価から考えると大変高価なもので、発売されても2年ほどは買ってはもらえませんでした。

生理用のショーツも、体にフィットしたものはなく、シーツを汚してしまうこともしょっちゅうでした。
戦後10年経ってもそんな状態でしたから、もっと前の人たちは大変だったと思います。

親戚のおばさんは戦後、満州から引き揚げてきたのですが、帰国のため線路沿いを毎日毎日、歩いたそうです。
ソ連兵から身を守るため、頭をボウズ狩りにして男に見せかけ、集団で逃げたのだそうです。
100人くらい固まって行動したらしいのですが、おしっこなど、場所をさがしていると置いていかれるので、歩きながら、垂れ流しだったと話していました。
「生理はどうしたの?」と私が聞いたら、笑って、「女の人で生理のある人なんていなかった。恐怖感と栄養失調で、みんな、とまってしまっていた」と言いました。

話が脱線しましたね。
ごめんなさい。

昭和31年に初潮を迎えました。
その頃はナプキンなどなく、脱脂綿をチリ紙に包んで、自分で作っていました。
チリ紙も、やわらかいものはよれてしまうので、固い、達磨紙というものを使いました。
ところがこのダルマ紙、吸水性が悪くて、横から漏れてしまうのです。
スカートを汚さないよう、苦労したことを覚えています。
14歳のころ、「アンネナプキン」が発売されました。
一個10円以上はしたと思います。あのころの収入や物価から考えると大変高価なもので、発売されても2年ほどは買ってはもらえません...続きを読む

Q今日私たちが性器の部分を隠す理由・・

大抵私たちは性器をあらわにすることを、恥ずかしいと思い隠したり下着をつけて隠し(覆う)ますが、世界のどこかには今日の私たちみたいな理由以外で性器の部分を隠したり覆ったりする人たちはいる(いた)んですか?卑猥な質問ですいません!真面目に質問しています。

Aベストアンサー

こんにちは。
はっきりと、危険な動物を防ぐ為という目的で、女性器を固い板のような物で隠す人達がいます。

アマゾン川等、熱帯の大河流域などで、肉食魚の「カンディル」という魚が住んでる地域に暮らす人達です。

カンディルという魚は、なまずの親類のようで、ウナギを短くしたような魚で、川に落ちた動物の体表の穴から突入して中の組織を食いちぎって食べます。

しかも、穴の中に進入してしまうと、背ビレの刺がひっかかり、切り開いて取り出さないと取れないのだそうです。

体の内部に進入して内部から食べるので、ピラニアより恐ろしいと言われる魚です。

女性が川で洗濯をしていると、特に生理中の場合はその血の臭いを嗅ぎ付けて水面から跳ね上がり、女性の膣の中に飛びこんでお腹の中を食い荒して殺してしまいます。
また、川で用を足してる時なども襲われるそうです。


その為、そういう地域では、女性器に三角形の土器や木の板などを当てて、膣や肛門、尿道などに飛びこまれないようにしています。

Q古代中国の服装について

古代中国(三国時代や唐代)の人々は、どのような服装、髪型で生活していたのでしょうか??一般庶民、身分の高い人、男女、それぞれで知りたいです。
またこのようなことについて詳しいサイトなどあったら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

とりあえず、総論でとなりますが・・・

基本的に、現在の日本人が中国で思い浮かべる髪型の、辮髪については、あれは歴史的にはまったく中国のものではなく、清代に強要された、北方の満州族(女真族)の髪型です。
伝統的な中国の髪型は、冠をかぶる都合で、結わない長髪、まあいまの女性のストレートヘア程度と考えていただければと思います。
身分によっても多少差はあるのでしょうが、全体的には長髪であると考えて差し支えないと思います。
ただ、例外的に、春秋時代の資料ですが、中国東南部(呉越あたり)にすむ、漁業を生業とする海の民族は、髪を短く刈りそろえ、刺青をいれる風習があったとされます。
某ゲームメーカーの三国無双なるゲームをやったことがあるかは知りませんが、あれのゲーム内の姿でいうと、一般的な髪型は周喩などの髪型で、海の民族については甘寧がそのまま当てはまります。

服装については、参考に見つけたURLを乗せておきますが、古代(春秋、戦国)における服装は、少なくとも貴族(ただ、この貴族というのは、現代とだいぶニュアンスがことなります。ほとんど、軍役と猫の額程度の領地を持っている程度で、数もたくさんいました。戦国時代では、彼らが軍の中核です)はスカートの形をしたゆったりとしたもので、筒袖のような形はしていなかったと考えられます。
そのため、中国では春秋時代にいたるまで馬は戦車を引くためのものでしかなかったようです(着流しのような服装では、馬に乗るのは難しいのです)。戦も、戦車の上に3人乗って、それを馬に引かせるという方法でした。

しかし、戦国時代にはいって、趙という北方騎馬民族と国境を接している国に、改革的な王(武霊王)が現れ、この軍隊の服装を騎馬民族系の筒袖に変えて、騎馬隊を編成しました。胡服騎射です。これは、遊牧騎馬民族が世界最強であった源である、乗馬、騎射(馬に乗ったまま弓を射る)を行えるように訓練した部隊で、中国においては画期的な無敵軍団でした。ただ、これの結成において彼は貴族たちを必死に説得したようで、なかなか困難な道のりだったようです。

詳しい書籍については、こういったものもあるようです
http://www.hakuteisha.co.jp/new_pages/books/588-6.html

参考URL:http://china168.web.infoseek.co.jp/fukurekisi.html,http://www.ato-shoten.co.jp/ato-osusume/osu021.html

とりあえず、総論でとなりますが・・・

基本的に、現在の日本人が中国で思い浮かべる髪型の、辮髪については、あれは歴史的にはまったく中国のものではなく、清代に強要された、北方の満州族(女真族)の髪型です。
伝統的な中国の髪型は、冠をかぶる都合で、結わない長髪、まあいまの女性のストレートヘア程度と考えていただければと思います。
身分によっても多少差はあるのでしょうが、全体的には長髪であると考えて差し支えないと思います。
ただ、例外的に、春秋時代の資料ですが、中国東南部(呉越あ...続きを読む

Q男性下着について

なんとも恥ずかしい話題で申し訳ないのですが…。
男性下着(パンツ)について質問します。
男性下着には、大きくブリーフとトランクスがあります。日本において、一昔前まではブリーフが主流だったようですが、現在ではトランクスが主流のようです。
外国では、概してブリーフが主流のようです。
逆の傾向です。
いつごろ、どんなきっかけで、日本はトランクスが主流になっていったのでしょうか。
また、ブリーフに逆転の可能性はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

男性下着の流行は、その上に着るズボンの形にも影響されるのではないでしょうか。一昔前にブリーフが流行ったきっかけはピッタリジーンズが人気になったこととどこかで読みました。服装がゆったりしたものが好まれ出すと、下着の方もフィット感のないトランクスに移行したのだと思います。でも、最近はまた若者のズボンも細身のものが流行り出し、これに合わせてブリーフにする人も増えているのでは。ブリーフは形が出やすいと言いますが、これは下着姿の時のことで、上にぴったりしたズボンをはいた時はトランクスの方が中身の形が出やすいですよね。なので、ブリーフに逆転の可能性はあるのではないでしょうか。ボクサーブリーフの普及はその前兆の様に思います。

Qえっ本当?!!柔道着(男子)の下はノーパン?

コレ本当ですか???
私が世間知らずだから騙されているの?

Aベストアンサー

下着に関しての規定は男子に関してはありません。
慣習としてTシャツなど、上半身はダメですが、下半身はパンツをはいてもよかったと思います。
少なくとも、私が出場した試合(高校の予選会)でパンツを脱がされた事はありません。
ただ柔道着の下は、元々はももひきや下袴、半袴と呼ばれる下着だったのですが、袴を脱ぐことにより袴の代わりとして利用し、徐々に下着からズボンのように変化してきて、現在の柔道着や空手着になりました。
こうした経緯から、下着の重ね着になるのでみっともないと思われる柔道家もいるのかも知れませんね。

女子は規定があり、
講道館柔道試合審判規定第2条
「女子は上衣の下に半袖、丸首のシャツ(白色)を着用する」。

国際柔道連盟の規定第3条
「女子の場合は、上衣の下に次の何れかを着用しなければならない。(1)相当な丈夫さがあり、下ばきの中に入る十分な長さのある白、又は白に近い半袖無地のレオタード」とあります。


人気Q&Aランキング