ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

現在シリコン性の調理器具の安全性について疑問を持っております。
最近OXOのシリコン耐熱へら(耐熱温度315度)を購入しました。
しかしながらこの「耐熱」という言葉、正式な定義ってどういう意味なんでしょうか?
「315度まで器具から絶対に物質が溶解しません」という意味なのでしょうか?それとも??
ペットボトル飲料などでは常温でも微量ながらプラスチック或いは添加剤や可塑剤が飲料中に溶解していると言います。
器具のシリコン素材は純度100%のシリコンなのでしょうか?ペットボトル同様に添加剤や可塑剤が含まれているのでしょうか?
最近、ルクエやらMEYERの電子レンジ圧力鍋なんかが持て囃されてますが、どこの消費者団体や研究機関も警告等を行っていないのでしょうか?安全であれば買いたいと考えております。小さい子どもも居ますのでぜひご教示願いますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1です。

訂正します。
1行目、以上は異常の誤りです。
失礼いたしました。
    • good
    • 1

耐熱の定義は著しい以上・変形を伴う温度の-10度とされており、試験方法も明確に定められております。



>>ペットボトル飲料などでは常温でも微量ながらプラスチック或いは添加剤や可塑剤が飲料中に溶解していると言います。

製造中に事故などない限りは考えられません。

>>器具のシリコン素材は純度100%のシリコンなのでしょうか

それはメーカにお尋ねになってください。耐薬性を高める目的で添加剤が使用されることもありますが、台所用品だとふつう使用されないと思いますが。

>>ペットボトル同様に添加剤や可塑剤が含まれているのでしょうか?

通常、飲料容器、食品容器などに使用される際、添加剤は使用されません。いったいどこからそんな話を。。。PETに限らず医療用器具など特殊な環境下で使用される樹脂には必要に応じて可塑剤が使用されます。

シリコーンは燃焼させた場合有毒ガスなどは発生しないとされています。また難燃焼性を高めるために添加剤が使用されていたとしても白金化合物ですのでご心配なく。通常使用可で
は問題になりません。

ただよく中国製土鍋から鉛が。。。とかいう話がありますが、そういう劣悪な環境下で作られたものがないとも言い切れませんが、普通は大丈夫なはずです。

ちなみにPET(ポリエチレンテレフタレート)も燃焼させてもダイオキシン類は発生しませんし、レトルト食品のアルミ袋の素材にも使われているので熱を加えた時も有害物質の心配はありません。

ご参考までに。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Q身体にいい鍋

現在、主にアルミの鍋3種と、鉄のフライパンを使って料理をしています。
でも、有害物質の話などを聞き、健康に影響が出ない素材でできた鍋に買い替えようと思っています。
どんな鍋がよいのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もお鍋の安全性に関心をもち、いろいろ調べたことがあります。

下にアルミに関するURLを貼っておきます。
市販のお鍋は、アルミが溶出しないようアルマイト加工されていますが、タワシでこすると
取れてしまいますよね。
私は、アルミの表面をステンレス等で覆ったものを除き、すべて捨てました。
アルミにテフロンで加工したフライパンは使っています。テフロンがはげないうちに
買い替えれば問題がないと思います。
なお、テフロンは非常に安定な物質なので、剥がれたのを食べてしまってもそのまま
排出されるから、問題ないそうです。
ついでですが、お鍋やアルミ缶から溶出するアルミよりも、一部の膨張剤に入っている
アルミのほうが量の点ではるかに問題だそうです。ヨーロッパでは、ワッフルをたくさん
食べる人はボケる確率が高いとか・・・
ついでですが、一時問題になった、鎮痛剤や胃薬のアルミは、現在はほとんどの薬から
除かれているので大丈夫だそうです。これは薬剤師さんに聞きました。

アルミ業界のHPには「アルツハイマーとの関連性は立証されていない」と書かれていましたが、
安全性も立証されていないなら、使わないにこしたことありませんよね。

鉄のフライパンやお鍋は、鉄分が溶出するので、健康にいいんじゃないでしょうか。

ホーローははげない限り安全性が高いそうです。
陶器は、かなり低い温度で焼いたお皿などは、釉薬の鉛分が溶けるそうですが、
土鍋は耐熱性を高めるため高温で焼いてあるので、問題ないそうです。
また、陶磁器の土はアルミナ(酸化アルミニウム)が主体ですが、高温で焼成するので
溶出しないとのことです(二つ目のURL)。

有害物質とは別の話ですが、全面強化ガラスの蓋やお皿は、ちょっとでも欠けたら捨てたほうが
いいみたいですね。非常に丈夫なかわり、小さな傷ができるとそれが突然大きくなって、
粉々になる事故もあるそうです(3つ目のURL)。

・・・まとまりなく長々と書いてしまいました。
ちなみに、我が家では現在のところ、ステンレスとテフロン加工の鍋とフライパン・土鍋・
鉄の中華鍋・超耐熱磁器(冷凍庫からレンジへ直行可能)の両手鍋・・・を使っています。

http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/alumi.html

http://www1.jca.apc.org/kyusyoku/syokki/data10.html

http://www.anzen.metro.tokyo.jp/f_house.html

私もお鍋の安全性に関心をもち、いろいろ調べたことがあります。

下にアルミに関するURLを貼っておきます。
市販のお鍋は、アルミが溶出しないようアルマイト加工されていますが、タワシでこすると
取れてしまいますよね。
私は、アルミの表面をステンレス等で覆ったものを除き、すべて捨てました。
アルミにテフロンで加工したフライパンは使っています。テフロンがはげないうちに
買い替えれば問題がないと思います。
なお、テフロンは非常に安定な物質なので、剥がれたのを食べてしまってもそのま...続きを読む

Qステンレス製品は避けたほうがいいって本当ですか?

金属アレルギーパッチテストで亜鉛、ニッケルに陽性でした。

2chで、金属アレルギーの人はニッケルが塗装されているのでステンレス製品は使わないほうが良いと書き込みがありました。最近 ケトル・コーヒードリッパー・鍋を買いましたが、全てステンレスです。使えないとしたら痛手です。
最悪、お湯を沸かすだけでもニッケルは溶け出すのでしょうか?

Aベストアンサー

ステンレスにもよります。
一番安いSUS306 , 18-8 ステン。
SUS 316がたしかモリブデン入り。表面を酸化モリブデンのまくか゛おおっています。私が関係するような「食品用ステンレス容器」というと多くの場合316です。
家庭用は材質を見ないで買っているのでわかりません。

ステンレスによっては.表面にニッケルがあまりのっていない製品があります。

ステンレスは.小さなキズがあると.その付近の金属の塊がボロっと外れて落ちます。この表面がニッケルだったはず(記憶があいまい。クロムかもしれません)。「溶け出す」わけではありません。表面をニッケルで覆っている金属の塊(せいぜい直径0.?mm)程度がおちてきて.これに触るとニッケルが解け出るでしょう。

ステンレスタンクで酢漬けをつくると.18-8ステンでは比較的早く期緑色のニッケルが溶けてきます。モリブデンがはいっていると「ある程度」とけません。

多分2ちゃんねるの内容は低価格な18-8ステンのことと思います。

ただし.包丁で傷つける・タワシでゴシゴシ.のようなことをすると表面を覆っている酸化モリブデンの膜・サンカクロムの膜が剥がれ落ちます。つまりニッケルが溶け出します。

ステンレスにもよります。
一番安いSUS306 , 18-8 ステン。
SUS 316がたしかモリブデン入り。表面を酸化モリブデンのまくか゛おおっています。私が関係するような「食品用ステンレス容器」というと多くの場合316です。
家庭用は材質を見ないで買っているのでわかりません。

ステンレスによっては.表面にニッケルがあまりのっていない製品があります。

ステンレスは.小さなキズがあると.その付近の金属の塊がボロっと外れて落ちます。この表面がニッケルだったはず(記憶があいまい。クロムかもしれません)...続きを読む

Q100円均一の食器の安全性は?

うちの食器は、ほぼ100%、100円均一の食器なのですが、最近、中国製品の安全性への疑問から、買い換えたいと思うようになりました。
土鍋の釉薬から鉛が検出されると聞いて、食器などは大丈夫だと思っていたので、大変ショックです。
下記の製品の中で、買い替えを早急に検討したほうがよいものは、どれでしょうか。

・電子レンジでも使えるプラスティック製品
・ガラスコップ
・食器
・はし
・ステンレススプーンなど

Aベストアンサー

・電子レンジでも使えるプラスティック製品
溶ける可能性があり、見た目溶けていなくても、
少しずつ・・・。
まぁ、電子レンジに、プラスチックの容器を入れること自体、
例え国産でも、冒険と言えば冒険。

・ガラスコップ
鉛を使う可能性があります。
でも、少し前までは、
国内にも、鉛の水道管、いたるところにありました。
質問者もそれで育っているはず。

・食器
これが何を指すか判りません。

・はし
割り箸かな、割り箸だと、防腐剤くらいは残留しているかも。
外食にも、「MY箸」、必須ですね。

・ステンレススプーン
ステンレスで無い場合が多い。
これは、100均で、ステンレス製品を
買おうとする方が、間違っている!
安物は、大体錆びます。ステンレスではないです。

まぁ、あまり気にしてもしょうがないレベルかと思います。

先の方も述べられていますが、
「安いから100均で買う」
「どうでも良いから100均で買う」
のであれば、それを、
「こだわって、デパートで、一流品を買って、一生使う」
に切り替えていくそのものが大変なんでしょう、きっと。

私も別に大金持ちではありませんが、
一つ一つ、気に入ったものを買って、
「消耗品」と呼ばれるものをなるべく買わないようにしています。
当然、100倍くらい高いものもありますが、
100倍長い間使う気持ちで、気に入るまで買いませんし、
買ったら大事に使います。

「買い換える」というのは、大変ですね。
土鍋の例が引かれていましたが、
「(危険な)土鍋を使わない」
と言う選択肢も考慮してください。

早く、安心して使える品質になってくれると良いですね!!

・電子レンジでも使えるプラスティック製品
溶ける可能性があり、見た目溶けていなくても、
少しずつ・・・。
まぁ、電子レンジに、プラスチックの容器を入れること自体、
例え国産でも、冒険と言えば冒険。

・ガラスコップ
鉛を使う可能性があります。
でも、少し前までは、
国内にも、鉛の水道管、いたるところにありました。
質問者もそれで育っているはず。

・食器
これが何を指すか判りません。

・はし
割り箸かな、割り箸だと、防腐剤くらいは残留しているかも。
外食にも、「MY箸」...続きを読む

Qプラスチック製のフライ返しが溶けて一部食べてしまいました

先ほど、中華鍋でチャーハンを作った時に、
金属製のものではなく、テフロン用?のフライ返し(黒いプラスチックのようなもの)をうっかり使ってしまいました。

チャーハンを食べている時に、一部ごはんが焦げたようなものがあったのですが、特に違和感もなく食べてしまいました。その後、洗う時に、フライ返しの先端が一部溶けて変形していることに気づき、「もしかして、さっき食べたのは・・・」と不安になって、今に至ります。

体内で有毒物質が出て中毒になったらどうしよう・・とか考えてしまいます。
そのまま排泄されると良いのですが・・。


あほな質問で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは本当のご飯のおこげだと思いますが・・・

私も経験がありますが、樹脂製のフライ返しやお玉は確かに高熱に弱いので、中華なべの熱で変形(先が融けてしまう)しますが、それはあくまでも形が変っただけであって、「その部分が取れて料理の中に入ってしまった」という確立は非常に少ないと思いますよ。

万一、体内に入っていたとしても、明日の朝には水に流されていく事でしょう。。。

Qシリコン素材の型焼き器の安全性

お世話にになります。
先日、友達がシリコン製の型焼き器でパンを焼き
おすそ分けしてくれたんですが、ひょいとその型を裏返して見たら"中国製"でしかも型焼き器も"赤"...
「なんかホントに大丈夫なのかなぁ~?」「変な成分溶け出してないよなかなぁ~?」
と気になってしまってはっきり言ってパンの味も楽しめませんでした。
でも友達はシリコン製の型は大絶賛!
私も一度は使ってみようかと思ったんですがイマイチ安全面で不安です。

*まぁこのケースは中国産+赤色だったので余計???だったのですが..

シリコンって350度とか400度とかの高温にも耐えられるような素材なんですか?

Aベストアンサー

> シリコンって350度とか400度とかの高温にも耐えられるような素材なんですか?
素材としては大丈夫ですよ。
シリコンは、融点1410℃、沸点2600℃です。
400℃くらいではビクともしません。
以上より、回答として、正規のシリコン素材は400℃でも問題ありません。

ただ、ご質問の趣旨を読み取ると、、、、
その素材が、シリコン以外のセラミックでもステンレスでも、中国製であれば不信感は拭えないかも。。。
日本に輸入されている中国製ステンレスの6割が錆びる(つまり規格外品)との報告もあるくらいですから、、、安値のステンレス鍋は危険です。
なので、赤い塗装が何なのか?
シリコンも、何が混ざっているか・・・心配したらきりがありませんです。

Q土鍋、陶器などの釉薬は有害ですか?

 先日、とある通販のカタログを見ていましたら記載されている土鍋の特色として「釉薬に鉛やカドミウムを使用していないので安全です」とありました。
 へえ~と思って見ていたのですが、そうすると土鍋・陶器などの釉薬には鉛やカドミウムを使用しているものもあり、有害ということなのかなとも思いました。
 そのような事も全然知らず買ってきたので疑問に思っています。
 釉薬にそういった有害なもの等が使われている陶器の見分け方などがありましたら教えて下さい。また、上記のものが使われていない陶器や、どういう釉薬なら使用しても問題ないのかなども知りたいです。
 最近土鍋を新調したのですが、頻繁には使用しないほうがいいんでしょうか・・・また近々耐熱陶器(直火・レンジ・オーブントースター・グリル可能なもの)を購入したいと思っているので気になります。
専門的で難しい質問ですが、少しでも分かる方がいらっしゃったらお願いします。
 
 

Aベストアンサー

土鍋にかぎらず釉薬や絵の具に酸化鉛やカドミウム顔料をつかった和食器洋食器は普通にあります。高温で焼いてクリスタルガラス状に固まっていますので、危険な量が溶け出す事はありません。ですから、普通の土鍋ならひんぱんに使用しても問題ありません。

2~3年前の事ですが、ある大手全国チェーンの家具屋さんが販売した外国製土鍋から鉛とカドミウムが溶け出すという事件がありました。これは焼きがあまくて釉薬がじゅうぶん固まっていない粗悪品だったようです。

鉛やカドミウムが溶け出すような粗悪品を販売する事は、食品衛生法違反ですので、めったに出回らないと思いますが、あまりに安いものは避けた方がいいと思います。

鉛カドミウム使用不使用の見分け
http://www.toki-minoyaki.jp/pbcd/pbcd.html
鉛カドミウム使用しない陶磁器開発の取り組み
http://www.mtc.pref.kyoto.lg.jp/inf/cen/pub/pre/cre/no028/3

Q100円ショップの食器

100円ショップ(ダイソーなど)で販売されている、メラミン食器やシリコン製の調理器具などから
基準を超える化学物質や発ガン性物質が発見されるというニュースをよく聞きます。

こういった事はプラスック?やメラミンの製品にのみ起こる事なのでしょうか?

100円ショップで購入したガラスのコップや瀬戸物のお茶碗などを今も使っているのですが、
今後実は有害物質が含まれていた、なんて事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

陶磁器に関しては、基本的には全ての陶磁器には表面に釉薬がかかっています。
生地に釉薬を掛けてだいたい1000度~1200度程で焼成するわけです。

釉薬とは基本的にはガラス質ですので一見安全そうに見えます。

学校の理科の時にも、ガラスは強い酸性やアルカリ性でも溶解しないと習いましたね。

ただ、ご存知のとおり釉薬には様々な色や風合いがあり、そのような効果を得るために実は様々な重金属類が使用されます。
もちろんこれには安全基準がありますが、実際のところ国内外問わずグレーな製品は残念ながら存在するようです。

したがって、ざっくりとした一般論になりますが、色物の釉薬が掛かっている器には酢の物を盛らないほうが無難なんです。
(色がついているものが全部ダメというわけではなく、あくまでも、どうしても気になるならという話ですので。実際問題があるとしても、ほんのごくごく一部です。)
食卓に出る食物のなかで最も高い酸性なのが、酢の物の類だからです。

また、同様の理由で白い器でも、釉薬の上にカラフルな絵がついているもの(上絵)も同じ。

上記の内容は、実は古い器のほうが当てはまります。
なぜなら安全基準やそれに基づく検査が確立する前のものがあるからです。
最近のものはよほど安全かとは思いますが100%ではないでしょう。

あまり神経質になるほどのことは無いと思いますが、酢の物の類にだけは注意してください。

陶磁器に関しては、基本的には全ての陶磁器には表面に釉薬がかかっています。
生地に釉薬を掛けてだいたい1000度~1200度程で焼成するわけです。

釉薬とは基本的にはガラス質ですので一見安全そうに見えます。

学校の理科の時にも、ガラスは強い酸性やアルカリ性でも溶解しないと習いましたね。

ただ、ご存知のとおり釉薬には様々な色や風合いがあり、そのような効果を得るために実は様々な重金属類が使用されます。
もちろんこれには安全基準がありますが、実際のところ国内外問わずグレーな製品は残念ながら...続きを読む

QABS樹脂とABS洗剤の発がん性?問題点?

ABS樹脂とABS洗剤は発がん性など、問題があるのでしょうか?

あと、ABS樹脂のマグカップなどは安全といえるでしょうか?

Aベストアンサー

No4の者です.
熱でスチレンが溶け出しやすくなるのは正しいです.
ただし,スチレンは水には溶けにくく,油やアルコールには非常に溶けやすい
性質を持っています.
よって,マグカップにお湯を入れるケースと,発泡トレイに魚やお惣菜を入れる
ケースと,どちらに多くのスチレンが含まれるか,というのはわかりません.
(お湯の方が多そうな気はします)

こういった「毒性」の議論は,「量」が重要なんです.
有毒物質が出ているかどうか,ではなくて,「どのぐらい出ているか」が
極めて重要で,その方が本質です.
例えば,ダイオキシンでも,普通に生活していれば1日300ピコグラムほど
摂取します.でも,そのレベルなら深刻な問題にはならないですよね.
ABSも同様で,例えば,毎日その容器でお酒をお燗して飲んだりすれば,
スチレン摂取の影響が出るかも知れませんが,
普通に使用している分には,影響はほとんどないと思います.
なお,ABSの場合,ポリスチレンよりもスチレン含有量はかなり少ないと
思います.

もし,不安ならプラスチック製の容器は避けた方がいいかも知れませんね.
ちなみに私のマグカップはチタン製です(笑).
他の人には「大丈夫」と言いながら,言行不一致で申し訳ありません.

No4の者です.
熱でスチレンが溶け出しやすくなるのは正しいです.
ただし,スチレンは水には溶けにくく,油やアルコールには非常に溶けやすい
性質を持っています.
よって,マグカップにお湯を入れるケースと,発泡トレイに魚やお惣菜を入れる
ケースと,どちらに多くのスチレンが含まれるか,というのはわかりません.
(お湯の方が多そうな気はします)

こういった「毒性」の議論は,「量」が重要なんです.
有毒物質が出ているかどうか,ではなくて,「どのぐらい出ているか」が
極めて重要で,そ...続きを読む

Qティファールのフライパンを傷つけないフライ返しってありますか

 フライパンで炒め物をしている時にちょっと味見を…とスプーンですくったところ、少し傷ついてしまいました。どうも金属製の調理器具はダメみたいですね。
 ナイロン製のフライ返しを使っていますが、直火や、強火で調理したわけでもないのに、使った初日からナイロンが溶けたような感じで、フライパンにあたる部分がめくれてきたりしました。しかしこれしか今のところ使えるのがない…と仕方なく使っていますが、めくれたナイロンが料理に入ったりしないか心配です。(食べたくないじゃないですか?)
 しかし金属製の調理器具だとフライパンの表面が傷つくし… ティファールのフライパンを使うのに適したフライ返し等のお勧めを教えてくれませんか?

Aベストアンサー

違うメーカーのフライパンを使用中同じような(プラスティックぽっぃ物だと溶けるようで、金属製では傷つく)経験をしていまいた。
今は、木製を使用しています。

木製だと重量感がないことと、炒め物等だと、ひっつきやすいことが難点ですが、あまりにも、こびり付いたときには、木製なので、時々包丁等で削ったりして対処しています。


人気Q&Aランキング