佐藤大輔の「皇国の守護者」という本を
最近買いそろえたのですが新刊が長い間出ていないようなのですが
作者は亡くなっているのですか?
続きが気になって仕方ありません
いったいどうなっているのですしょうか??

A 回答 (1件)

別に亡くなったという話は無いようです。


ただし、続きが出ることを期待しない方がいいですよ。

作者についてはウィキペディアをお読みなさい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4% …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新刊文庫・コミックスの発売日が知りたい。

是非、『目黒係数』の高い方に教えていただきたいのですが(^^;)

継続して買っている文庫やコミックスの新刊って、
発売はどの方法で調べていらっしゃいますか?

各社のHPをたまに見るのですが、点数が多かったりして
探しづらいのです。
以前はなじみの書店で『TOHAN週報』にくっついてくる
新刊リストを見せて貰って取り置きを頼んだりしてたのですが
廃業しちゃったので、それも出来なくなりました。

私は、こんな方法をしてるってのがありましたら
教えて下さい。よろしくです。

Aベストアンサー

私は下記サイトで調べています。
新書はないですが、文庫とコミックの発売予定の一覧が出ています。

参考URL:http://www.taiyosha.co.jp/index.html

Qライトノベル 新刊情報

ライトノベルの新刊情報サイトを教えてください・・・
お気に入りに登録しておいたんですが、間違えて消去してしまいました。自分でも検索をして調べてみたのですが、見つからなかったので教えてください。
どう言うサイトかというと
・複数のライトノベルの発売情報を出版社ごとに見ることが出来る
・すでに発売しているライトノベルは写真付きで載っていて、写真をクリックするとアマゾン等の通販サイトにリンクしている。
・去年の10月頃にサイト移転している。
・発売の2・3ヶ月前にタイトルだけ載っている

これらの条件を満たしているサイトをご存知の方は教えてください・・・

Aベストアンサー

ラノベの杜じゃないでしょうか。
検索すればヒットしますので、検索先からお確かめください。

Q新刊本は何故文庫で出ないのでしょうか?

単行本(ハードカバー)は値段が高いので文庫本になってから買ってます。
待ちきれない時は、図書館で探したりします。
文庫本を先に出してくれたら安く手軽に楽しめるのに、といつも思います。

漫画はコミックが売れたら、愛蔵版が出ます。

小説なども文庫サイズで出して、売れたらハードカバーで刷り直しとはならないのでしょうか?

(一部、文庫で出る本もある事は知ってます。全部そうなってくれたらいいのに。。。)

Aベストアンサー

No.3です。

>付加価値は、殿堂入りした本だ、というのは通用しませんか。

しませんねえ。No.2の回答者さんが書かれている、

>そもそも文庫本が一番初めに出た当時は、時代を超えて通用するような作品を、読者に安価で提供することが、出版社の使命だと、新しく出版する意義を文庫本自体に説明してあったように思います。

とある様に、元々「殿堂入りした本」が、文庫化されていたのです。この事は、例えば岩波文庫の奥付けページ裏にある「読書子に寄す―岩波文庫発刊に際して―」を読んで頂くと判ります。

>新刊は堅く練れてない感じがあります。
>時間が経った文庫の方が読みやすい気がします。

それは、

「先ず単行本・ハードカバーで発売された数多の作品の内、長く読まれ親しまれてきたものだけが、そのまま時代を越えて読み継がれるべき作品として認められ、文庫化される」

からこそ、でしょう。

>解説や後書きも楽しみです。
これは、単行本・ハードカバーでもありますよね。ただ、「文庫版解説・後書き」と「付加価値」を付けて文庫化しているものもありますが。


又、「文庫が安くて手軽に読める」理由としては、No.4の回答者さんが書かれている、

>校正費用や組版費用など、本を出すために必要な固定でかかるお金が文庫本に載るので、並の部数のものだと2.5倍くらいの値段になりますが、買ってくれます?
>固定費の部分がすでに償却した作品が出ることになります。

という事情があるのです。「最初から文庫」なら、「単行本・ハードカバーと大差ない価格」になる事もあり得るのですよ。


>玉石混交の新刊のなかから本を選ぶのに、なかなか冒険が出来ません。

どの新聞でも、日曜日には読書面があります。書籍の紹介に数枚割いています。その書評を参考にするのも一つです。

又、年期を積むと、「嗅ぎ分ける能力」が身に付きますよ。
元々自分が好きなジャンルのものは勿論、新たなジャンル・作家のものでも、嗅ぎ分けられる様になります。


個人的には、「煽り文句が派手なもの」「目に煩い印象を与える宣伝広告」「宣伝広告に、読者の感想を使っているもの」「TVの情報番組やバラエティ・ワイドショー的番組で取り上げたもの」は、「直ぐ様手にとる必要のない本」に分類しています。(私としては、その判断で大抵「当たり」です)


これからも沢山読んで、本を選び獲る感性を磨いて下さいね。

No.3です。

>付加価値は、殿堂入りした本だ、というのは通用しませんか。

しませんねえ。No.2の回答者さんが書かれている、

>そもそも文庫本が一番初めに出た当時は、時代を超えて通用するような作品を、読者に安価で提供することが、出版社の使命だと、新しく出版する意義を文庫本自体に説明してあったように思います。

とある様に、元々「殿堂入りした本」が、文庫化されていたのです。この事は、例えば岩波文庫の奥付けページ裏にある「読書子に寄す―岩波文庫発刊に際して―」を読んで頂くと判...続きを読む

Q寝る間も惜しいほど面白い本を教えて下さい

こんにちは。最近なかなか面白い本に出会えないので質問します。私の好みは、恋愛とミステリーです。これまでのベスト3は、恋愛中毒(山本文緒)、OUT(桐野夏生)、 慟哭(貫井徳郎)などです。あとは、宮部みゆきと唯川恵の作品は全部読んでいます。
苦手なのは、ホラー(心霊系など)やSFっぽい非現実的なものと、外国小説です。
これはおすすめ!というのがあったらぜひぜひ教えてださい。
面白い本に出会うと、電車に乗っている時間も短く感じ、仕事中もトイレでこっそり読みたくなりますよね…。

Aベストアンサー

こんばんは。

本を読み出すと、眠れなくなりますよね。

つい先日も朝まで読んでしまい、30分だけ布団にもぐりこんで出勤しました。

「貫井 徳郎」さんの作品がベスト3に入っているのはうれしいですね。

私は「貫井 徳郎」さんの作品が大好きです。
先程の、朝まで読んでしまったのも「追憶のかけら」という「貫井 徳郎」さんの小説です。

一度、読まれてみてはいかがでしょう。

QSF文庫を扱う古本屋

ハヤカワ文庫、創元推理文庫などで、新刊では既に手に入らない作品を幾つか探しています。都内でSF文庫を数多く扱う古書店があれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは^^
ネット古書店でもよければ、「ミステリ専門古書店」さんがオススメです。
主にミステリ小説を扱っていて、ハヤカワや創元推理文庫の取り扱いも多いですよ。(名の通りミステリ専門なので)
私はこちらでマイナーな作家さん(失礼)の絶版本を入手しました(笑)

静岡で営業されています。送料340円均一、4500円以上で無料。
店長さんの日記なども本がお好きなら面白いかと思います。

参考URL:http://www.mbbox.com/

Qだんご三兄弟を作詞した佐藤雅彦さんについて

だんご三兄弟の詞の内容は、実に良くできたものだと感心しています。
作詞をされた佐藤雅彦さんは、他に著書もあると聞いています。
そこで、佐藤さんのプロフィール、特にご本人の兄弟構成に興味を持ちました。
ご長男なのか、次男なのか、はたまた三男なのか・・・。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら押していただきたいと思います。

Aベストアンサー

手元に「佐藤雅彦全仕事」(1996年マドラ出版)があります。
インタビュー”「佐藤雅彦」ができるまで”の冒頭で、
「姉が一人です。」
と語ってらっしゃいます。長男で末っ子ですね(笑)

上記の本は「だんご3兄弟」より前に出されたもので、出版社は「広告批評」を出しているところです。
湖池屋(ポリンキーなど)、NEC(バザールでござーる など)、サントリー(”モルツ、モルツ、モルツ、モルツ♪”など)などなど、佐藤さんの才能あふれる面白いCM満載です。
できることなら、いつか「だんご」などを含めた第2版(かなうならビデオつき)を出してほしいです。

Q『ビーンズ文庫』と『角川つばさ文庫』の違いは?

先日『ビーンズ文庫』のシリーズ(現在18冊(新刊含む)刊行)をオークションで15冊セットで(残りの3冊は新品を書店で)購入しました。
購入した後に『角川つばさ文庫』で出し直しされてるのを知りました。

ビーンズ文庫の方では未だシリーズは続いています。
「つばさ文庫」で出し直しされる意図はなんなのでしょうか?
大きく違いがあるならそっちを購入した方がよかったのかなぁ…と少し不安になってきました。

オークションなので正規の値段で買うよりは安かったとはいえ、数千円はしましたし、送料も文庫1冊分の値段になりました。
つばさ文庫の新装版を買うべきか買わざるべきかで悩んでいます。

皆様のご意見お聞かせ下さいm(__)m

Aベストアンサー

「身代わり伯爵シリーズ」のことですよね?
つばさ文庫側は、現在の最新刊で刊行終了とのことです。
つばさ文庫は、児童向けの文庫ですので、漢字をあまりつかわなくしたり、表現をわかりやすくしているのではないかと思います。

Q図を学べる本&勉強法がわかる本

今、図と勉強法に興味があります。どなたか良い書籍を教えてください。
本を読んで図にしたりしたいです。図はどうも私には一番わかりがいいのです。勉強法は全く知りませんが、どうやら効率の良い方法があると先生が言っていました。
図のほうですが、できたらあなた様が知る一番優れた図を教えてほしいです。よろしくお願いいたしますw

Aベストアンサー

フローチャートの描いてあるよい本はわかりませんが、フローチャート(流れ図)は横でも下でも斜めでもいいのです。

本で心理クイズみたいなものアンケートで図を使っているように横に伸びるものもあれば下でも斜めでもいいのです。
その現象や事柄に対して因果関係があれば線を引けばいいのです。

例えば、
スタート(文章を書きたい)

すべてのプログラム
↓        ↓
アクセサリ  マイクロソフト
↓        ↓
メモ帳     ワード
     ↓
    文章を書く

上のようにフローチャート図を使うとこのようになります。
文章を書くソフトもさまざまなものがありますのでソフトが増えれば選択肢が増える。
しかし、文章を書くということでは一緒なので本題から脱線していない。

ようは自分に手順や効果・手段などがわかりやすければ横に三段でも五段でも下に二段・三段でもかまいません。
図を各事柄の起こりうる現象が複数あるなら図は複数に枝分かれします。

まずは、栄養学でも運動生理学でも人間工学でも学習してさまざまな現象や効果などを知ることが大切です。
起こる現象や効果・やりたいことの手順などを知らねばフローチャート図はできません。

フローチャート図は手順(流れ)なので現状→目的までの
手順や道のりなどを自分が理解していれば自然と線を引き因果関係を見つけることができます。

試しにkagami333の身近なことでトレーナになりたいということなので、それを図にしてみてください。
今の現状をスタートにして、トレーナーというゴールを設定して、その間に何をしなければならないのとか必要な資格は何なのかをまず、紙に書いていき、それを自分ができそうな順番に書いていきトレーナというゴールに結びつければフローチャート図の完成です。

私は工学部のに二回生ですが、文系も理系も同じだと思います。
文系は、物語を読んで起承転結を結びつけたり、作家の当時の背景を基に伝えたいことや目的を導き出すのなどが得意だったりしますが、それは理系でも同じです。
ただそれが文章であらわすか?図で表すかの違いだと思います。

本を探して、図の描き方を勉強するより、まずは栄養学など必要な分野を勉強し、知識をつければ後は、トレーナーとして、選手からの要求・理想など目的を定めたら自然とそれに合ったコースや指導法などが頭の中に出るはずですのでそれを、線を引いて図にしていけばいいのです。

フローチャートの描いてあるよい本はわかりませんが、フローチャート(流れ図)は横でも下でも斜めでもいいのです。

本で心理クイズみたいなものアンケートで図を使っているように横に伸びるものもあれば下でも斜めでもいいのです。
その現象や事柄に対して因果関係があれば線を引けばいいのです。

例えば、
スタート(文章を書きたい)

すべてのプログラム
↓        ↓
アクセサリ  マイクロソフト
↓        ↓
メモ帳     ワード
     ↓
    文章を書く

上のよ...続きを読む

Q新刊予定表をネットで入手できないでしょうか

いつも行く本屋さんが月末で閉店なのです。
会社の隣にあって、それは重宝してましたが、これからは車で行くしかない大型店舗で買うことになります。
今までは会社の昼休みに新刊予定表を見てメモしてカウンターに届けておけば良かったのですが、車で予定表を見に行くのも面倒です。
ネットで文庫とコミックの来月の新刊予定表って入手できないものでしょうか。

Aベストアンサー

以前、同様の質問をして教えてもらったサイトです。
とても重宝しています。

参考URL:https://www.honya-town.co.jp/satellite/index.html

Q九龍城探訪以外の本で良い本ありませんか?

私は最近、九龍城に興味がわきてきて本屋で、九龍城を知るには最適と紹介された「九龍城探訪・魔窟で暮らす人々」という本を読みました。
しかし、九龍城を外側から撮った写真が少なかったので、外側から九龍城を撮った写真がカラーで載っている写真集があったら教えてください。
お手数ですが、お願いします。

Aベストアンサー

大図解九龍城
九龍城探検隊 イラストです

最期の九龍城砦 完全版
中村 晋太郎 (著) モノクロです

九龍城砦
宮本 隆司 モノクロです

カラー写真で印象的のものは残念ながら記憶にありません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000080709/249-4285113-5915514


人気Q&Aランキング

おすすめ情報