最新閲覧日:

卵黄はコレステロールが多いので当然上げると何かに書いてありましたが、
卵油の広告では上げないと書いてあります。
はたして実際はどうなのでしょうか?人によっても違うのでしょうか?

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「卵油 Q&A」
このページによると、主な成分は「レシチン」・「ビタミンE」のようですね。
さらに
http://www3.ocn.ne.jp/~yaejima/hiroba/tega0811.h …
(お昼のワイドショーで「卵・卵油の効用を」)
「レシチン」は「LDL」に影響するようですね。

さらに
http://www.suga.gr.jp/haru/diary/words/7.html
(低分子のレシチン)
このページによると「レシチン」は
・コレステロール値の低下
・コレステロールの分解・排泄の促進作用
があるようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ran-yu.co.jp/newhp/ranyu-q-a.htm
    • good
    • 0

卵黄は、以前はコレステロールが多いので、食べ過ぎると動脈硬化症の要因になると言われてましたが、卵黄のレチシンには脂肪を乳化させる作用があり、血中コレステロール値を正常に保つようです。


健康な人ならば気にする必要はありません。
    • good
    • 0

私の持っている本(手作りジュースの作り方)によると、


「卵油には血中コレステロールを押さえる働きのある、
 リノール酸が含まれている」と書かれています。
心臓病や、心身疲労からくる動悸・息切れに即効性があるようです。
(どのように効くかは書かれていませんね…。)
また、禿げや痔の対策として、塗布して使うことができるとも書かれています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ