【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

自家製の梅酒、5年間未開封なのですが飲めますか?
飲めるとしたら何年ぐらい保存できますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考にしてください



まず、空気に触れてはいけないのはすべての酒において同様ですが・・・
まず、冷暗所、できればワインの保存所であるカーヴとか、それに順ずるところがあればいいのですが・・・気温が常に20度以下は、結構難しいと思います・・
ただ、焼酎の場合は常温でも大丈夫だそうなので、低温にこだわる必要はあまりないらしいです。
なお、冷蔵庫は、温度が一定しない、震動があるなどのため、あまりよろしくないそうです。

お酒なのでワインの保存に近いと思います(ただしワインほどデリケートではないです)。まず、ワインのような口の細いビンに入れて空気と接する面を可能な限り減らします(もちろん丁寧にいれること。空気と混ざると一気に酸化します。ワインを飲む時に意図的に空気を含ませるのですが、そうすると質が一気に変わるのです)。
ただし、頻繁に開けるようでなければ、いわゆる梅酒製作用の、口の広いものになみなみと入れておけば、それほど酸化は進まないはずです。
これはペットボトルの炭酸飲料と同様です。あれって開けて飲んで保存しておいても、2/3くらいまでならばそれほど気が抜けないのですが、半分過ぎると急に気が抜けます。それと同じです。空気が入っている量が違いますので、飲料の入っている量が少ないと酸化しやすいのです。まあ、炭酸の場合は、放出される空気が多いためなのですが・・・

あと、ワインのような細いものに入れるとすれば、ワイン保存用の、空気抜きや、窒素ガスをいれるのもよいと思います(参考URLを参照。窒素ガスをいれるのは一番下にあります。高いですけど)。

基本的に焼酎なんかは、「未開封」ならば10年は軽く持ちます(ワインだって15%程度ですが、30年もの、とかありますよね)。梅酒とかは10年寝かせると味がこなれるとも言います(ただし保存状態によっては、10年が限界になるらしいです)。
ただし、これはマトモに作ったもののみでして、保存料とかに頼っている酒は、これが変質して持たない場合があります(実際には逆で、持たないから保存料を入れるのです。まあ、アルコールは殺菌作用があるため、大丈夫とは思うのですけどねえ・・・)。
もっとも、今回は度数が20%越えないとのことなので、さすがに100年とかは無理だと思います。
泡盛(40%程度)とか、強化ワインならば、100年以上簡単にもつのですけどね・・・

さて、こういったことをするにしても、一番重要なのは、保存場所ですかね。床下など、温度変化が少ない場所でかまわないらしいのですが、いざとなったらワインセラーに放り込むのもよいかと。日本酒もワインも焼酎も、だいたい最良の保存方法は変わらないはずです。

なお、もう一つ厳禁なのは光です。あたると変質します(暗所でも涼しいところでもなく、冷暗所とするのはそのため。あと、ビンはワインのような色ガラスのほうがよいです。透明なものは光を遮断してくれませんので最悪)。
そのため、ワインセラーとかにしても見栄えがするために結構人気があるガラス張りよりは、中身が見えない物のほうが、保存としてはよいはずです。
あと、冷蔵庫の問題点である、震動が無いやつ、つまり無震動となっているものがよろしいかと。
もっとも、ワインよりは焼酎のほうが強靭なので、ある程度は床下とかでも大丈夫、とのことです(常温保存となっていますから、もしかしたら最適温度帯が違うのかもしれません・・・)。
あと、ワインがコルクが乾くと困るので寝かせるのに対し、焼酎は立てて保存すべきとなっています

http://www.alulu.com/kosaku/tp10_45.html

http://umaiosake110.seesaa.net/category/1106153. …
長くなりましたが・・上のURLともども参考にしていただければ幸いです

参考URL:http://www.wineac.co.jp/shopping/saver/index.html
    • good
    • 0

自家製果実酒でよく言われることは、


・アルコール濃度35度以上…腐敗防止、薄いと加えた糖分によるカビ繁殖の元
・日の当たらない冷暗所…紫外線による変化防止、お酒や飲料品一般
・寝かせるほど味がまろやかになる…時間がたつほど、と言う意味
未開封であればもっと先になる程味が楽しみ、と言うところでしょう。次世代まで保存したら、もったいなくてなおさら飲みずらくなります。早く飲みましょう、と言われるゆえんです。
5年間未開封はうらやましい限りです。ぜひ、お味のご報告を!!

このあたりはワインと一緒です。
しかし、一旦開封して量が減って、変わりに新鮮な空気と入れ替わると、酸化が進むようです。開封後は空気の量を最小にして空気と接触面積の少ない入れ物とすれば更に長持ちします。熟成途中の実の取り出し後等注意すべき点です。
ワインボトルを横に保存するのは、一般的にワインのふたはコルクなので乾くと空気が出入りするため、濡らして空気の出入りを防ぐためと言われています。また、飲みかけのワインボトルを保存する場合は空気との接触面積が広がらないように立てて保存し、長くても両日中に飲みきるべきと言われていますが、これは味の劣化(酸化進行)のためで、飲んで危険と言うことは言われていません。しかしあまりにも長期間の飲みかけ保存は想定していないところでの注意事項で、ワインはアルコール濃度が低いので腐敗や雑菌繁殖の危険性はあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお酒って賞味期限が書いてないですよね??

今日和☆
先日、ビン入りのお酒(芋焼酎(海童)と 杏露酒)
を買って呑み始めて気付いたんですが、賞味期限って
あるのでしょうか??
未開封ならともかく… 開栓後だと無期限ではない
ですよね??

こういう状態になってしまったら呑まない方がいい
とかの見極め方とか 何ヶ月以内とかあれば
教えて下さい。

Aベストアンサー

直射日光下でなければほぼ無いと考えていいです。何年も寝かせると芋焼酎の香りが薄くなることは考えられます。芋の場合は強い風味が逆に売りになるのであまり貯蔵熟成をしませんが、寝かせたほうが価値の出る他の焼酎(沖縄の泡盛など)は基本的にカメやタンクの中で空気に触れながら熟成します。ですから開封後でもよほど環境が悪くなければ劣化はしません。

杏露酒の場合は糖度が高く、1の方の仰る梅酒と同じような状況でやはりすぐに劣化するような性質のものではありません。

酒類で賞味期限表示があるのはビールや発泡酒ぐらいなんです。実は。
開けたら早く飲まなくてはいけないのは一般的に日本酒、ワイン、ビール・発泡酒類、果実系リキュール、缶リキュールぐらいです。他は長持ちします。

Q梅酒の賞味期限

アルコール飲料に賞味期限は設けられていないようですが、一般的な梅酒は開封してからどれくらいの期間、美味しく飲めるものなのでしょうか?
なかなか入手が困難な梅酒など、できるだけ長期間保存しておきたいのですが…。
また保存場所はどのような所がベストですか?

ちなみに焼酎ベースでアルコール度数15~20%の梅酒です。

Aベストアンサー

まず、空気に触れてはいけないのはすべての酒において同様ですが・・・
まず、冷暗所、できればワインの保存所であるカーヴとか、それに順ずるところがあればいいのですが・・・気温が常に20度以下は、結構難しいと思います・・
ただ、焼酎の場合は常温でも大丈夫だそうなので、低温にこだわる必要はあまりないらしいです。
なお、冷蔵庫は、温度が一定しない、震動があるなどのため、あまりよろしくないそうです。

お酒なのでワインの保存に近いと思います(ただしワインほどデリケートではないです)。まず、ワインのような口の細いビンに入れて空気と接する面を可能な限り減らします(もちろん丁寧にいれること。空気と混ざると一気に酸化します。ワインを飲む時に意図的に空気を含ませるのですが、そうすると質が一気に変わるのです)。
ただし、頻繁に開けるようでなければ、いわゆる梅酒製作用の、口の広いものになみなみと入れておけば、それほど酸化は進まないはずです。
これはペットボトルの炭酸飲料と同様です。あれって開けて飲んで保存しておいても、2/3くらいまでならばそれほど気が抜けないのですが、半分過ぎると急に気が抜けます。それと同じです。空気が入っている量が違いますので、飲料の入っている量が少ないと酸化しやすいのです。まあ、炭酸の場合は、放出される空気が多いためなのですが・・・

あと、ワインのような細いものに入れるとすれば、ワイン保存用の、空気抜きや、窒素ガスをいれるのもよいと思います(参考URLを参照。窒素ガスをいれるのは一番下にあります。高いですけど)。

基本的に焼酎なんかは、「未開封」ならば10年は軽く持ちます(ワインだって15%程度ですが、30年もの、とかありますよね)。梅酒とかは10年寝かせると味がこなれるとも言います(ただし保存状態によっては、10年が限界になるらしいです)。
ただし、これはマトモに作ったもののみでして、保存料とかに頼っている酒は、これが変質して持たない場合があります(実際には逆で、持たないから保存料を入れるのです。まあ、アルコールは殺菌作用があるため、大丈夫とは思うのですけどねえ・・・)。
もっとも、今回は度数が20%越えないとのことなので、さすがに100年とかは無理だと思います。
泡盛(40%程度)とか、強化ワインならば、100年以上簡単にもつのですけどね・・・

さて、こういったことをするにしても、一番重要なのは、保存場所ですかね。床下など、温度変化が少ない場所でかまわないらしいのですが、いざとなったらワインセラーに放り込むのもよいかと。日本酒もワインも焼酎も、だいたい最良の保存方法は変わらないはずです。

なお、もう一つ厳禁なのは光です。あたると変質します(暗所でも涼しいところでもなく、冷暗所とするのはそのため。あと、ビンはワインのような色ガラスのほうがよいです。透明なものは光を遮断してくれませんので最悪)。
そのため、ワインセラーとかにしても見栄えがするために結構人気があるガラス張りよりは、中身が見えない物のほうが、保存としてはよいはずです。
あと、冷蔵庫の問題点である、震動が無いやつ、つまり無震動となっているものがよろしいかと。
もっとも、ワインよりは焼酎のほうが強靭なので、ある程度は床下とかでも大丈夫、とのことです(常温保存となっていますから、もしかしたら最適温度帯が違うのかもしれません・・・)。
あと、ワインがコルクが乾くと困るので寝かせるのに対し、焼酎は立てて保存すべきとなっています

http://www.alulu.com/kosaku/tp10_45.html

http://umaiosake110.seesaa.net/category/1106153.html
長くなりましたが・・上のURLともども参考にしていただければ幸いです

参考URL:http://www.wineac.co.jp/shopping/saver/index.html

まず、空気に触れてはいけないのはすべての酒において同様ですが・・・
まず、冷暗所、できればワインの保存所であるカーヴとか、それに順ずるところがあればいいのですが・・・気温が常に20度以下は、結構難しいと思います・・
ただ、焼酎の場合は常温でも大丈夫だそうなので、低温にこだわる必要はあまりないらしいです。
なお、冷蔵庫は、温度が一定しない、震動があるなどのため、あまりよろしくないそうです。

お酒なのでワインの保存に近いと思います(ただしワインほどデリケートではないです)。ま...続きを読む

Q梅を取り出さなかった10年以上の梅酒、飲めますか。

10年以上(記憶も定かでない)も前に漬け込んだ梅酒が出てきました。梅を取り出さなかった(ここが問題)ため、飲めるかどうか気にしています。何方か経験の有る方のアドバイスをお願いします。
(1)ブランデーと氷砂糖で漬け込んだ。
(2)ふたを開けるのに相当力が必要だったため、空気には触れていないと思われる(密閉されていた)。
(3)流しの下の冷(?)暗所に保存。
(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
(6)臭いは普通。特にくさい臭い等は無く梅酒の臭い。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
折角見つけたので是非飲みたいと思っているのですが...。

Aベストアンサー

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
梅の実を長く入れすぎた時に良く出る苦味があります。
もしくはヘタを取り損ねていると、それがエグミの元にもなります。
いずれにしても梅の方は味的に食用には向かないと思います。

これ以上の酸化防止に、一升瓶など遮光の保存瓶に移し変えましょう。
10年物の場合は、底の方に澱が溜まっている可能性があります。
そっと移し、出来ればガーゼ+コーヒーフィルターで漉すと良いでしょう。
漉す事で、エグミが取れる場合も多いです。
【漉し方】
※まず上澄みを先に他の瓶に移し、濁ってる部分だけ漉すようにしましょう。
100均で売っている大判ガーゼと、味噌漉しを用意します。
3枚以上重ね味噌漉しを覆うようにセットし、空気が混ざらないようゆっくり流しいれます。
ある程度目詰まりするようになったら、新しいガーゼに替えます。
ガーゼで荒い澱が除けたら、コーヒーフィルターです。ドリッパーにセットしやはりゆっくり流します。
目詰まりで液が出なくなったらこまめに取り替えます。
最初からコーヒーフィルターでやると、目詰まりばかりおこし、何時間もかかりますのでご注意ください。

アルコール感はまだかなり残っていますか?もしかしてかなり飛んでいませんか?
アルコールが飛んでいるとやはり酸化しやすいのでこれも手入れが必要です。
アルコールの回復には、新梅酒の追加が一番良いです。
もしも今年梅酒を漬けていれば、それをたっぷり足してください。1:1ぐらいまで大丈夫です。
新梅酒が無い場合は、漬けた酒と同等の酒を追加します。
1.8リットルで漬けているなら750mlほど足してみてください。

せっかくの10年梅酒、是非美味しく飲んでくださいね!

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味...続きを読む

Qお酒の賞味期限

以前買った梅酒を冷蔵庫で見つけました。もう飲めないだろうと思って賞味期限を確認しようとしたら、記載されていませんでした。確かビールには賞味期限があったと思うのですが、梅酒に賞味期限がないのはなぜでしょうか?(私の見落とし??)

Aベストアンサー

消費期限は、3年以上保存可能なものなら、表示しなくてよいはず。

賞味期限も同様?味の保障期間なので、なんともいえませんが。
でも、焼酎やリキュール類には、消費・賞味期限の表示されていないものもあります。

開封後であれば、におい・なめてみて刺激がないのであれればいけますよ。
梅酒は、時間がたてばたつほど、美味しいですから。

Q焼酎や梅酒の賞味期限について

 お酒を家で飲んで余った焼酎や梅酒を、その後ほとんど飲まず、料理にも使わず常温で保存してますが、どれ位もつのでしょうか?日本酒等もありますが、特に賞味期限は明記されておらず、気になってます。

 お店のカウンター近くでボトルキープをしている所も多いですし、ワインは開栓後に専用の空気抜きキャップ(?)見たいな物が普及されていますが、未開封なら何年も寝かせますし、どうなのでしょう?教えて下さい。

Aベストアンサー

1番の方のおっしゃるとおり。

特に、焼酎の原酒やウイスキーなどはアルコール度数が高いので(焼酎の原酒で35度くらい。ウイスキーで40度前後)
人間の寿命よりずっと長くもちます。

ふつうの焼酎は、20度や25度に薄めているものがほとんどですが、それでも清酒やワインより度数が高いです。梅酒は漬ける時にそれなりの度数のホワイトリカーやブランデーでつけ込みますので、数年程度ならゼンゼン大丈夫です。

Q梅酒の賞味期限

賞味期限から数ヶ月たった、未開封の紙パック入りの梅酒があるんですが、梅酒というのは腐るものなんでしょうか?

Aベストアンサー

紙パックの内側に、アルミが貼り付けてあれば全く問題ありません!未開封であれば殺菌効果は薄れていないでしょう。

しかし、紙+ビニールやプラスチック加工であれば殺菌効果は薄れているので中身の確認が必要です。

これは、カビ・沈殿物の腐敗ですね!

アルコール自体が腐敗防止になっていますので、それほど過敏にならなくても大丈夫ですけどね・・・・・


人気Q&Aランキング