身内で,下顎骨骨髄炎という病名の診断がありました.

経緯としまして,口腔内(舌?)の癌の治療のため,外科手術(癌の取り除き)をし,
その後,放射線による治療が行われました.

現在,癌の発症は認められませんが,放射線治療で骨髄炎を発症したようです.
調べてみたのですが,放射線の治療で,細胞がダメ―ジを受け,免疫力が低下したためではないかと推測しています.

外科手術の後は,のどにチューブを入れ固形食物の摂取はほとんどなく,チューブによって直接胃に流動性のもの(離乳食みたいなもの?)を点滴みたいに取り入れたみたいです(本人が,噛む飲むを全くしません).
そのため,チューブのところや口元など異臭がします(膿が出ているので定期的に除去).
唾液を飲むことがないために,細菌が繁殖したのだと思います.

現在の主な治療方針が点滴と安静らしいです.
高齢でありますが,今後も含め本人もその他の治療を考えているようです.

分かりずらい説明で申し訳ありませんが,
どなたか治療方針についてアドバイスなど宜しくお願い致します.
少し調べたのですが,口腔外科でこれらの症状を専門的に扱っているようですが,九州(福岡,熊本,長崎)などで骨髄炎を治療している病院などご存じの方がおりましたら,ご教授お願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こういうときにはセカンドオピニオンが良いと思います。


現在の主治医から今後の治療方針や見込みを説明されているのですから,その方針に対して,ほかの口腔外科の医師にアドバイスを求めるのが良いと思います。
主治医にセカンドオピニオン用の診療情報提供書を用意してもらってください。
九州なら最寄りの大学病院,できれば歯学部のあるところが良いですが,そこにセカンドオピニオンについて問い合わせをしてください。
そこでの意見が現状とどう違うかを見極めたうえで,今後の治療をどうしたいかを考えるのがよいと思います。


以下蛇足ですが。

>放射線の治療で,細胞がダメ―ジを受け,免疫力が低下したためではないかと推測しています.
放射線治療により,下顎骨の骨を維持する細胞がダメージを受け,死んでしまい,そこに炎症を起こしたものです。免疫力低下は関係ありません。

>唾液を飲むことがないために,細菌が繁殖したのだと思います.
もともと口の中には細菌が多くいます。その細菌が繁殖したことは間違いないと思いますが,唾液を呑み込むことが主たる原因ではなく,下顎骨の細胞の死んだ部分を培地にして細菌が繁殖しているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
参考にさせて頂きます.

お礼日時:2012/09/18 15:44

大学病院の口腔外科がよろしいかと思いますので



九州大学に有る歯学部、九州大学病院の歯科か(福岡市)

九州歯科大学の病院(北九州市)はいかがですか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.
参考にさせて頂きます.

お礼日時:2012/09/18 15:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 口腔がん<のどの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    口腔がんとはどんな病気か  口のなか全体を口腔といい、ここにできるがんを口腔がんといいます。舌(ぜつ)がん、舌と歯ぐきの間にできる口腔底(こうくうてい)がん、歯肉がん、頬粘膜(きょうねんまく)がん、上あごにできる硬口蓋(こうこうがい)がん、口唇(こうしん)がんがあります。歯肉がんは上顎(じょうがく)にできる上歯肉がんと下顎(かがく)にできる下歯肉がんがあります。  日本では口唇がんは少なく、口腔がんの大部分が...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慢性下顎骨骨髄炎

友人がかかった病気についての質問です。

『慢性下顎骨骨髄炎』という病気にかかり、最悪の場合は手術が必要と言われたそうです。
友人は某市民病院に通っており、そこで手術後の失敗談を病院で聞いて以来、泣いて過ごしています。
少しだけでも力になりたいと思い、ココで質問させて頂きます。
名古屋から岐阜にかけての地域で、この『慢性下顎骨骨髄炎』治療で腕の良いお医者様のいらっしゃる病院をご存知の方はいらっしゃいませんか?
この地域以外でも、この治療を専門にされているような方のいらっしゃる病院をご存知の方は教えて下さい。

現在の友人の状態も併せてお知らせしておきます。
アゴの一部と口の中の腫れとシビレ、抜歯した親知らずの近辺の歯も痛みとシビレ、しかも奥歯は炎症の為1本ダメになりました。
右下の奥から前歯までの症状です。
点滴治療後、今は抗生物質を飲んで抑えてる状態です。

皆サマ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「慢性下顎骨骨髄炎」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?

「病院」に関しては、大学の歯学部の「口腔外科」は名大・岐阜大他に歯科大病院もあるのではないでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.anes.med.tohoku.ac.jp/pain/d22.html

Q下顎骨骨髄炎の術後の症状

11月に 下顎骨骨髄炎の手術をしました。
まだ しびれが 残っています。
そして 手術した所が まだ ときどき ジンジンとするときがあります。
近くの歯も虫歯ではないのですが ジンジンと痛みます。
先生は 「ちゃんと わるいところは とったから 大丈夫 様子をみよう」と
言われました。全身麻酔で手術しました。
術後も こんなふうに痛みが出てくることもあるんですか。
もう コワイです。
術後もCTはとりました。
近くに 液状のかたまりらしきものは あるのが わかりました。
術後にできたようです。
術前には ありませんでした。
しびれは 仕方ないと思っても 少しばかりの痛みがあるのも気になります。
術後は こんな例があるのですか?
また 手術ってことにもなるのですか?
気になって 気になって 仕方ないです。
開口障害もあります。

宜しくお願いします。
何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大変な病気をわずらいましたね。

下顎骨骨髄炎のオペ経験がありませんので、専門家とはいえ「素人に毛の生えた程度」で聞いて下さい。下顎骨骨髄炎は一回だけの手術で完治するケースもありますが、何度か手術を繰り返すことも多いと聞いております。またしびれ、開口障害は程度によりますが避けられないと思います。

辛いでしょうがどうぞお大事にして下さい。

Q歯の神経を抜かれて骨膜炎と骨髄炎の手前と診断されました。

経緯を話します
11月21に歯が痛いとのことでかかりつけの歯科はやすみだったので
近所で診断をしている病院を調べ向かいました。

診断としては、虫歯が神経まで届いているので神経をその日のうちに抜きました。
その際特に抗生物質などをいただいておらず痛み止めのロキソニン、その日のうちから痛みが止まらず、翌日には奥歯の神経を抜いたが前の下の歯茎に白い腫れが出てきており、リンパが腫れ、顎のしたまで腫れていました。

23日に再度病院に向かいました。
診断としては、神経を抜いた歯に関しては問題ないのでりんぱが腫れているので炎症を抑える薬を出しておきますとのこと。
薬を飲んでこれで落ち着くと思い安心するが、炎症がおさまるまでは痛みが続くと認識しており、痛み止めを飲みつつ痛みをこらえつつ寝ました。

激しい痛みを伴い朝目が覚めるとさらに腫れが酷くなっている
さすがにこの腫れと痛みはおかしいと思いかかりつけの病院へ

口のなかを見るなり、すぐに私ではもう処置ができない状況であると言われ
痛みで夜も寝れなかったでしょう?と心配されました。
すぐに紹介状をかいて頂き口腔外科へ

診断内容としては
神経を抜いてはいけない歯(?)の神経を抜いていて本来は隣の歯の虫歯が悪いのに別の歯の神経を抜いてしまい、隣の虫歯から菌が入ってしまい炎症をおこしていると言われました。
半殺し状態だったね。とのこと
骨膜炎と診断され首のしたまで炎症をおこしている。
後一歩遅かったら入院治療になる。経過をみておさまらなきゃ入院とのことで切開手術を行った段階です。

自分なりに色々調べてみたのですが、痛い原因の歯を完全に特定するのは難しいと認識したうえで質問をします。

神経を抜いてはいけない歯の神経を抜いていると言う説明です。
普通だと他の歯も虫歯でそこから菌が入って炎症をおこしているという説明で私も納得するのですが、、神経を抜いてはいけない歯というのは存在するのでしょうか?

この骨膜炎という症状はすぐに察知できなかったのか?
滅茶苦茶痛いと伝えた時に笑われてすぐに診断を終わり薬出しますと終わったのですが、他の虫歯や原因を見つける事はできなかったのか?

下の歯茎に白く腫れていて膿がたまっているのではないか質問をし、膿ではなく炎症をおこしていると言われましたが今現実に切開をし膿を出す処置を行ったのだがこれは間違っていないのか?

経緯を話します
11月21に歯が痛いとのことでかかりつけの歯科はやすみだったので
近所で診断をしている病院を調べ向かいました。

診断としては、虫歯が神経まで届いているので神経をその日のうちに抜きました。
その際特に抗生物質などをいただいておらず痛み止めのロキソニン、その日のうちから痛みが止まらず、翌日には奥歯の神経を抜いたが前の下の歯茎に白い腫れが出てきており、リンパが腫れ、顎のしたまで腫れていました。

23日に再度病院に向かいました。
診断としては、神経を抜いた歯に関して...続きを読む

Aベストアンサー

抜いてはいけない→抜く必要がないのに抜いてはいけない。虫歯の歯ではなく健康な歯を抜歯するのと同じニュアンスでしょう。
神経を抜いたことがありますが、本人がかなり悪い虫歯だと確認できる歯でした。抜歯もしてもらったことがあります。どっちも、処置前の麻酔(痛み止め)だけで、何時間も経過から痛むことは有りませんでした。(個人差はあるみたいです)

はっきりいって、どんでもないヤブ医者に当たったのでは?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報