はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

潰瘍性大腸炎の血便はいつ頃まで続くのでしょうか?
先週の金曜から下痢と39度の高熱があり、日曜日に血便(また肛門から赤黒色の出血少量)があり内視鏡検査を受けました・

先生がいうには直腸は血管も見えてるし 直腸の炎症は酷くないけど奥(上)の方にいくと炎症が酷いといわれ、高度~軽度でいうなら中等度といわれました。
それから2日はジュースを飲むように、消化に負担のかからない食事をしてました。
検査後(火曜日)から2日間は下痢も血便もなく、1度固形便がでましたが・・その時だけ白い粘膜が付着してました。(少量
潰瘍性大腸炎であったら、血便はもっと持続するのですか?;
先生には潰瘍性大腸炎の疑いは10パーセントといわれましたが、結果が来週まで分からないので不安です;;

また、今ちょっと煮豆や玄米粥を食べていますが・・屁が少々においます;この食事はだめなのでしょうか? また、かぼちゃや根菜類を圧力鍋で柔らかく煮て食べてますが駄目なのでしょうか?><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

潰瘍性大腸炎の特徴は、便意が一日のうちで何度もあるのと、血便、もしくは軟便、激しい腹痛などです。


多少違うかな?と言う部分もあるので、お医者さんは「10パーセント」と仰ったのかもしれないですね。

重度の潰瘍性大腸炎ならば、入院後即点滴と絶食です。
固形食は食べられません。
特に注意は無かったわけですから、アルコールや刺激物を摂取するのを控えるくらいで、あとは個人判断で良いと思います。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潰瘍性大腸炎について(出血の原因)

先日、受診して「潰瘍性大腸炎」と診断されました。
特に強い痛みなどはないですが、大腸の半分くらいがただれているような状態です。
ところで、現在も毎日出血が続いているのですが、この血はただれた大腸壁から流れているものなのでしょうか?血の出所を知りたいです。
また、同じ病気で、治らずに10年近く出血が続いているという方もいるようです。
毎日血が出るとなるとかなり気になりますが、この病気については、長く付き合わなければならないということで、生活に支障が出ないのであれば、そういった状態が続くこともやむを得ないのでしょうか?私自身も現在、あまり症状に現れておらず、不思議な感じです。
難病ということで、謎が多いのかもしれませんが、経験者の方やご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂ければありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎の患者です。
血は大腸内壁の潰瘍から出ます。ようするに腸の中が怪我をしてるので、血が出てるんです。直腸付近で出血すれば鮮血、もっと上の方で出血すれば黒っぽい血になります。

下痢はなさっていますか?基本的には炎症がでていると下痢をするのですが(私は炎症がでていてもあまり下痢にならない方ですが)、大抵の方は精神的に辛いのは血便、肉体的に辛いのは下痢とおっしゃることが多いように思います。
あと、あまり下痢をしていると肛門が切れ、痔の状態になって出血することもあります(この場合は鮮血です)
大腸の半分位がただれていたとのことですから、すぐには出血は止まらないと思いますが、もし心配でしたら痔になっていないか見ていただくのもいいかと思います。

特定疾患の金額は生計を主となさっていらっしゃる方の収入(それと生計を主としている人が患者本人か)で変わります。ですから質問者様の状況はわかりませんが、5500円でも別におかしくはないですよ。
通院で一ヶ月の限度額を超えることはあまりないですが(大腸内視鏡をした時か白血球除去をした時位)、院外処方の潰瘍性大腸炎に関するお薬は無料(…微妙な言い回しなんですが)になります。ペンタサやプレドニンなどが無料になります。潰瘍性大腸炎に関係ない病気の薬(風邪薬とか)などは通常通りの負担です。
入院の時は高額医療費よりかなり安くなりますので、本当に助かりますよ。

ヨーグルトですが、確かに腸にはいいんですが人によって逆に下痢をしてしまう方もいます(ヨーグルトは乳糖が分解されているのであまりないのですが)。なので、ご自分に合わないと思ったらやめた方がいいです。
食事制限はしなさいという先生と、しなくていいという先生がいます。
食事制限なんかしたら逆にストレスがたまる!という人は何でも食べちゃった方がいい場合もありますし…
最後は悪い言い方ですが自分の身体で試すしかないです(これは食べて大丈夫だけど、こっちは次の日下痢したとか…)

体調のいい時はわりと何でも食べても大丈夫だったりしますが、調子の悪い時は油モノとか辛いものとか「普通の人でもお腹の調子悪かったら食べないよな」と思うものはやめて、消化のいい物にした方がいいかと思います。

ペンタサは潰瘍などを治療する効果もあるんですが、基本的には緩解維持(調子のいい時を緩解、症状が出てきた時を再燃と言います。治らない病気なので、再発とは言いません)の為に飲むお薬です。
お薬が嫌いというお気持ちはわかりますが、主治医の先生の指示通りに飲み続けてください。
潰瘍性大腸炎は風邪とは違うので、放っておいたら自然に治るということはまずありません。適切なタイミングで適切な治療をしないと、どんどん悪化して結局長く入院することになったり、最悪手術となることもあります。

10年全く再燃しない人もいますし、1年以上ずっと再燃が続く人もいる、本当に個人差の激しい病気です。
私も発症してから2年ほどよくなったり、悪くなったりを繰り返していましたが、最近ようやく落ち着いてきて、海外旅行なんかもしています。
上手く付き合えるようになれば病気にかかる前とほとんど変わらない生活ができるようになりますよ(感覚をつかむまで時間がかかるかもしれませんが)

#1の方もおっしゃっていますが、何においても「無理をしない」「気にしすぎない」が本当に大切だと思います。調子が悪かったら、無理せず早めに受診するように心がけた方が、結局は重症化させないですむ方法かなあと思います。

潰瘍性大腸炎の患者です。
血は大腸内壁の潰瘍から出ます。ようするに腸の中が怪我をしてるので、血が出てるんです。直腸付近で出血すれば鮮血、もっと上の方で出血すれば黒っぽい血になります。

下痢はなさっていますか?基本的には炎症がでていると下痢をするのですが(私は炎症がでていてもあまり下痢にならない方ですが)、大抵の方は精神的に辛いのは血便、肉体的に辛いのは下痢とおっしゃることが多いように思います。
あと、あまり下痢をしていると肛門が切れ、痔の状態になって出血することもありま...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎は、どの程度の症状から入院になるのでしょうか?

現在、潰瘍性大腸炎に悩まされています。

以前症状がでたときは、半年ペンタサだけを飲んでたら症状がまったくなくなったのですが、
再熱した今、半年以上ペンタサを飲んでも症状がなくなりません。毎日朝が特にひどく、日中もよくトイレにかけこみます。

ネットでいろいろみてみると入院する人が多いみたいですが、みなさんどの程度の症状で入院しているのでしょうか?
長く薬でなおらないのであれば、いっそのこと入院して早く直してもらいたい気もするのですが。。

私の医者はとても慎重な先生でステロイド系はだしたくないようです。ペンタサだけで様子をみています。以前はそれで治ったのですが、
今回はなかなか治ってくれません。

どのくらいの症状で入院になるのか教えてください。

Aベストアンサー

少量のステロイドでも効果があるかもしれませんが、原則としては、ある程度の量から始めます。少量で効果がなかった場合、それだけ時間がかかりますし、投与量も増えるからです。
病院については都内のことはよくわかりませんが、mask21さんの紹介している所の他、東大や慶応大も有名です。ただ今の状態であれば、特殊な治療は必要なさそうなので、ある程度大きな病院であれば大丈夫だと思います。

Q潰瘍性大腸炎でガスがたまります。

私は潰瘍性大腸炎で、便秘タイプです。
便が出にくく、さらにガスがたまってお腹がパンパンでとても苦しいです。
今は、ヨーグルト(低脂肪)やお粥、うどんなどをよく食べています。以前はパンをよく食べていたのですが、
ある本に、パンに含まれているイースト菌がお腹の中で膨らんでガスを発生することもあると書いてあったので今は控えてます。パンはあまりよくないのでしょうか?
ガスがたまって困っているかたで、何かいいアドバイスがありましたら教えてください。
ガスの出し方とかもあれば助かります。

Aベストアンサー

私も潰瘍性大腸炎の便秘タイプです。
この病気の場合は通常の人とも腸の状態が違うと思いますし、あまり一般の方と同じ方法を取られると憎悪することおあるかもしれないので、まずは主治医に相談するのがよいと思います。便が出にくいといったときは、カマ(酸化マグネ)などを処方されました。コレで便は柔らかくなります。私も普段からガスが溜まり易いです。でも、便をためると余計に酷くなりますし、硬い便の場合は潰瘍をこすって余計にひどくなるといわれました。症状の度合いの程度にもよりますが、便秘のタイプでは繊維は積極的にとっても構わないといわれました。ただ、その中でも水溶性食物繊維がいいそうです。不溶性は余計に潰瘍をきづつけます。水溶性だと、りんご、もも、バナナがいいといわれています。私も毎日りんご、モモを食べるようにしています。
通常この病気で便秘になることは少ないので戸惑うことは多いと思いますが、まずは主治医と相談しましょう。あなたの腸の状態もしらないままで私が軽はずみなことをいうのも危険ですので、先生に話してみれば必ずいい方法をだしてくれるでしょう。
私も不安ではじめは何かと先生に相談しまくりでした。。でも大切なことですし、恥ずかしくもないことです。
お互い長い病気との付き合いになりますが、がんばりましょうね。

私も潰瘍性大腸炎の便秘タイプです。
この病気の場合は通常の人とも腸の状態が違うと思いますし、あまり一般の方と同じ方法を取られると憎悪することおあるかもしれないので、まずは主治医に相談するのがよいと思います。便が出にくいといったときは、カマ(酸化マグネ)などを処方されました。コレで便は柔らかくなります。私も普段からガスが溜まり易いです。でも、便をためると余計に酷くなりますし、硬い便の場合は潰瘍をこすって余計にひどくなるといわれました。症状の度合いの程度にもよりますが、便秘の...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎の便秘タイプ

私は便秘気味で半年前から下血があったので、病院で切痔だろうと言われて病院で痔薬をもらっていました。しかし、なかなか良くならずおかしいなと思っていたら粘膜のようなものが出てきたので痔ではないかもしれないと思い、別の総合病院で内視鏡検査を受けたところ潰瘍性大腸炎と診断されました。内視鏡検査をする三日前から緊張してしまったのか下痢になり熱も出て一般的な潰瘍性大腸炎の症状になりました。その後は一度も下痢をせずどちらかと言うと便秘です。医者から食事制限は全くされてなくバナナなど食物繊維をとった方がよいみたいです。まれに、便秘のタイプの人がいるということを知りました。私は肉食だったので肉はやめて野菜と魚を食べるようになりましたが、ホームページなどに載っている食事制限はかえって便秘になるので合いません。私の場合は便秘が原因のなので出血部分に擦れるのか、なかなか血便が止まりません。私のように便秘のタイプの方で緩解期を迎えた方がいらっしゃいましたらどのような食生活をしているのか参考に教えてください。

Aベストアンサー

私は潰瘍性大腸炎患者です。
診断されてから8年になります。ヒドイ時はIVHで絶食です。
実は昨年から便秘と下痢を繰り返してます。
自分は「良くなってきてる証拠だ」と喜んでましたが
私を担当してるドクターは「潰瘍性大腸炎で便秘なんてありえない。聞いた事が無い」と信じてくれません。下痢より便秘の時のほうが辛いです。
再燃と緩解期を繰り返してる間に腸が狭くなり、動きも悪くなり腸の動きも悪くなってるため、すぐに詰まります。なので先生は納得されてませんが、頼み込んで下剤を出してもらってます。浣腸も常備して…。

さて前置きが長くなってしまいました。
食事の件ですが、難しいですよね。
私はとてもおなかの調子が悪い時は消化に良いパンやうどんを食べるようにして、
調子が良くなってきたら根菜など、余り繊維が多くない物を食べます。白菜やキャベツも食べ、少しずつ野菜を増やしていきます。
結構調子が良い時は繊維の多い野菜も食べます。
でもその内、また調子が悪くなりますと、柔らかい物を食べます。
肉は絶対食べません。焼肉大好きだった私は、それはそれは辛い事です。
でも食べたら後が辛い(おなかに激痛)ので、それを思い出すと辛くて食べたくなくなりました。
novnovさんはホームページ等の食事制限が合わない、と書かれてますが、便秘の様でしたら、お肉はこれからも食べない方が良いと、私は思います。

少し良くなってきた時が「何を食べようか」一番考えます。
余り消化にいい物を食べ続けてたら詰まるし、繊維を食べても大丈夫かな?と思って食べてみたら排便時に強烈に痛くなったり。

下痢が1日10回以上出る辛さと便秘になって、いくら頑張っても便が出ない時の辛さを比べると、私は下痢の方が10倍楽なので、普段から詰まるのを防ぐために「カマグ(マグニット錠)」を貰って、1錠は便秘予防に飲んでます。

私も食事は余り気にしないでいい、と当初は聞かされましたが、
ダンダンそれでは自分がしんどくなってきたので、
色々調べたり、自分で試したりして「これは大丈夫、これは後がしんどいな」等と考えて今に至ります。

ヨーグルトは腸に良い、とされて入院中も毎日夕食に付いてましたが、自分で実験してみた結果、乳製品は止めました。牛乳も、です。
腸の具合がいい時に少しだけ食べます。
コーヒー、緑茶を止めて、紅茶を飲むようにしてます。
炭酸飲料は絶対飲みません。スグぐるぐるします。
あ、でも便秘気味でしたら、飲んでもいいかも。
食事でコントロールするのは限界があると思うんです。
腸の動きも悪くなってるでしょうし。
担当のドクターに軽い下剤を貰って飲まれるのも一つの案だと思います。
お互い、病気とずっと付き合っていかないといけませんね。がんばりましょう。

私は潰瘍性大腸炎患者です。
診断されてから8年になります。ヒドイ時はIVHで絶食です。
実は昨年から便秘と下痢を繰り返してます。
自分は「良くなってきてる証拠だ」と喜んでましたが
私を担当してるドクターは「潰瘍性大腸炎で便秘なんてありえない。聞いた事が無い」と信じてくれません。下痢より便秘の時のほうが辛いです。
再燃と緩解期を繰り返してる間に腸が狭くなり、動きも悪くなり腸の動きも悪くなってるため、すぐに詰まります。なので先生は納得されてませんが、頼み込んで下剤を出してもらって...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎の食事。

先日潰瘍性大腸炎と診断されました。

食事について教えていただきたいのです。

現在の症状は腹痛や下痢などはなく血便のみです。
お医者さんにはっきり聞いてはいないのですがおそらく軽度だと思います。
(先の方にだけ炎症がある、と説明をうけています。)
現在ペンタサ1日9錠を服用。
薬のおかげなのか検査前はほぼ毎回あった血便がなくなりつつあるように思います。

ネットや本なのでいろいろ勉強したのですが、
自分に会う食事を探す、とよく見かけます。

私の場合、腹痛も下痢もなくその食品が自分にあうのかどうなのか判断ができません。
今は気にしすぎるあまり鶏肉(ささみのみ)・うどん・そうめん・豆腐・じゃがいも・大根など、
本で見かけた食べてもよいとされるものばかり食べています。
ですが、少々ストレスを感じてしまっています。

私のような症状の場合どれぐらい食事制限するのが好ましいのでしょうか?
本によると潰瘍性大腸炎はあまり食事制限する必要もないと書いてるものがほとんどでしたがどうなのでしょうか。

どうか教えていただけますよう
お願いいたします。

先日潰瘍性大腸炎と診断されました。

食事について教えていただきたいのです。

現在の症状は腹痛や下痢などはなく血便のみです。
お医者さんにはっきり聞いてはいないのですがおそらく軽度だと思います。
(先の方にだけ炎症がある、と説明をうけています。)
現在ペンタサ1日9錠を服用。
薬のおかげなのか検査前はほぼ毎回あった血便がなくなりつつあるように思います。

ネットや本なのでいろいろ勉強したのですが、
自分に会う食事を探す、とよく見かけます。

私の場合、腹痛も下痢もなくそ...続きを読む

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎の患者です。

まずはペンタサで血便が治まりつつあるとのこと、良かったですね。ペンタサは炎症を抑えるだけではなく、再燃防止の効果もあります。良くなったからといって止めずに、お医者様の指示通りに飲み続けて下さいね(今は想像できないかもしれませんが、良くなると飲むのが面倒になってきたりするんです…)。

食事ですが、お医者様によってとる立場が異なります。
食事制限はした方がいいという先生もいますし、全く必要ないという方もいらっしゃいます。
食べないことでストレスになる位ならなんでも食べたほうがいいという先生もいます。
私の今の主治医は食事制限必要ない派ですが、前の先生は入院中に食事指導を受けさせるような食事制限派でした(どちらが正しいとは一概に言えないとは思いますが)。

私はかなり食事制限をしているほうですが、基本は「次の日にお腹が痛くなるか、下痢をするか」を目安にしています。
私も質問者様と同じく下痢や腹痛はほとんどないのですが、さすがにカレー(幼児用の辛くないものですが)やベーコンを食べた翌日はお腹の調子が良くなく、それ以来食べないようにしています。

コンビニにいってもお菓子がない…とてもその気持ち良くわかります。
私はお菓子を食べる時は脂質を見ながら買っているのですが、少しならチョコレートもケーキも食べちゃってます。

多量に食べないように、例えばケーキなら一口で後はゼリーにするとか、和菓子にするとか。
おっとっとやカッパえびせんなどは大きいパックではなく、小袋(5連になっているもの)を買うようにして食べる量を抑えています。
これだと食べたい気持ちを我慢しなくていいし、あまりお腹にも負担がかからないかなあと思っています。

バターやオイルを使わないお菓子の本などの市販の調理本を見ながら、手作りするのも楽しいですよ。結構色々な種類のお菓子があって、作るのも楽しめます。

質問者様の今の状況を拝見する限り(素人目ですが)活動期だから食べちゃいけないという程ではないかなあと私は思います。
例えば三食中一食はお肉を食べてみるとか。肉は油が少なくて済むテフロンのフライパンで焼いたり、レンジやオーブンを使うと油を抑えて調理できます。
ちなみに鶏肉の脂質はささみ→胸肉→もも肉の順に多いです。皮をはがすと随分ヘルシーになりますよ。

ちなみにごぼうに関しては繊維が硬く、腸を傷つける可能性があるので、緩解期でもあまり多くは食べない方がいいと思いますよ。
食物繊維を摂るならりんごやバナナ、桃などの果物の方がいいかと思います。


私も食事制限の話を初めて聞いた時はとても悲しく、どうしようかと途方に暮れましたが、発症から2年半たった今はだいぶ慣れ、海外旅行に出かけるまでになりました(海外でも食事制限はしていましたが)。
時間が経てば上手く自分でコントロールすることも出来るようになりますよ。焦らずに、少しずつ頑張ってみて下さいね。

潰瘍性大腸炎の患者です。

まずはペンタサで血便が治まりつつあるとのこと、良かったですね。ペンタサは炎症を抑えるだけではなく、再燃防止の効果もあります。良くなったからといって止めずに、お医者様の指示通りに飲み続けて下さいね(今は想像できないかもしれませんが、良くなると飲むのが面倒になってきたりするんです…)。

食事ですが、お医者様によってとる立場が異なります。
食事制限はした方がいいという先生もいますし、全く必要ないという方もいらっしゃいます。
食べないことでストレスにな...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎

現在、便とは別に粘液だけでる(たまに粘液に血がまじる)症状があり、潰瘍性大腸炎を疑っております。
しかし、粘液(茶色~透明)が出るのは1~2日で止まり、便の状態も普通で腹痛もありません。
その後、数日~10日くらいすると、また同じように粘液や粘血便が出て、またすぐにおさまるという状態を2度繰り返しております。
最初に粘血便が出たときは、腹痛を伴う下痢も併発したので、医者へ行きましたが、ビオフェルミンとクラビットですぐにおさまりました。
その後も、下痢腹痛は伴わないものの上記のような症状があるので、診察に行きましたが、ビオフェルミンを出されるだけで、潰瘍性大腸炎はまれだから大丈夫だよ!などと言われます・・・。
そこで、アドバイスを頂きたいのですが・・・
・潰瘍性大腸炎だとしたら、ビオフェルミンなどで症状がおさまるのでしょうか?
・数日おきに粘液が出るのですが、これは潰瘍性大腸炎の初期症状なのでしょうか?
(この後、急に悪化したりするのでしょうか?近いうちに半月程度の海外出張があるので、悪化が心配なのですが、ビオフェルミンだけ持っていけばやり過ごせるでしょうか・・・)
・最後に、現在不妊治療中で、体外受精を計画しておりますが、妊娠は難しいのでしょうか・・・?

どうぞ宜しくお願い致します。

現在、便とは別に粘液だけでる(たまに粘液に血がまじる)症状があり、潰瘍性大腸炎を疑っております。
しかし、粘液(茶色~透明)が出るのは1~2日で止まり、便の状態も普通で腹痛もありません。
その後、数日~10日くらいすると、また同じように粘液や粘血便が出て、またすぐにおさまるという状態を2度繰り返しております。
最初に粘血便が出たときは、腹痛を伴う下痢も併発したので、医者へ行きましたが、ビオフェルミンとクラビットですぐにおさまりました。
その後も、下痢腹痛は伴わないものの上...続きを読む

Aベストアンサー

ビオフェルミンで治まってよかったですね。

潰瘍性大腸炎で整腸剤だけ飲んでいる方もおられますよ。
この病気の8割の人は軽症だと聞いたことがあります。
軽症の方は憎悪の対処を心配されるよりも、あまり深く考え込まない方が憎悪を回避できます。
軽症から重症になるにしても時間が掛かりますので半月ほどのお仕事(・・・のストレス)ならさほど心配ないと思われます。
どうぞ、お仕事では疲れ無いように配慮されてください。疲労は憎悪を招きます。

数日おきに粘液が出る程度で潰瘍性大腸の初期症状と断定できるかどうかの質問は
専門家でない為私には分かりません。

Q彼が潰瘍性大腸炎で入院

こんにちは。
大好きな彼が潰瘍性大腸炎で入院してしまいました。
知識のなかった私は(腸に潰瘍かあ、ふーん)って思っていたのですが、色々なサイトをみるうちに、この病気がいかに大変な病気であるか、治療にはすごく時間がかかり、食生活もすごく気をつけなくてはならない等々、驚いています。
彼が入院して1ケ月、今は絶食状態のようです。お見舞に行ければいいのですが、訳あって病院には行けないんです。
最初のうちはこっそり携帯からメールもくれたのですが、気が滅入っているのでしょうか、連絡も途絶えがちです(涙)
同じ症状で入院された方、他の病気でも長期入院された方、教えて下さい。
入院して時はどんな事を考え、どんな気持ちでしたか?
私からのメールが、彼を傷つけたり、気が重くなったら、一層ストレスがたまってしまいそうで、最近は当り障りのない話などをメールしてるのですが。
どうぞよろしくお願い致します。
状況も分らず、待ってるだけも辛いです。

Aベストアンサー

再度失礼します、anythingです。

>絶食はされたことありますか

ありました。一番長くて2ヶ月間です。(去年4.5月です)
1ヶ月はIVH(肩の血管にチューブを入れて栄養剤を24時間投与し続ける)をしながら全くの絶食で、
後の1ヶ月はIVHを続けながらおもゆやスープなど固形物は取らず流動食で少しづつ胃をならしながら
腸の様子を見て、すごく時間を掛けて食事をアップしていきます。
5ヶ月の入院中は普通食は食べられませんでした。
消化の悪いもの、脂っこい物、肉はずっと食べれません。

>よろしかったら日々、どんな治療をしていたか教えて頂けると有難いのですが

この病気は特別な治療って余り無いんですね。
とにかく絶食して腸を休めます。
物を食べたら、腸が消化する為に動くので、腸の壁に潰瘍、炎症が沢山あって腹痛を起したり
出血を起したりするので、ひどい時は腸を動かさないように何も食べず、

ひたすら炎症が治まるまで時間が過ぎるのを待つだけなんです。忍耐がいります。

お薬は主に炎症を抑えるサラゾピリン系の薬、ステロイドを使います。
あと先生によっては整腸剤やビオフェルミン系のお薬を飲みます。(腸に善玉菌を増やす為)

ステロイドも飲む方と、お尻から浣腸の様にして入れる液体の注腸用とあります。

初めはステロイドを一日12錠でした。
大量投与して少しづつ様子を見ながら減らしていくんですが、
このステロイドはご存知かもしれないですが
普通の薬と違って、止めるのにとても時間がかかります。

風邪とかなら「治った」でスグ止める事が出来ますが
これは元々体で創るホルモンを外から無理矢理免疫を高める為大量に使うので、
止める時にとても慎重にならないといけませんので、厄介です。

脂肪が付き易くなるから顔もパンパンにはって(ムーンフェイス)体もとっても太り易くなります。
食欲もめちゃめちゃ出て、食べてはいけないけど食べたい、という気持ちの葛藤が凄い辛いです。

もう一つ、透析に似た治療法で、両腕に針をさし、片腕から血液を出して機械に通して、
増えた白血球(炎症を起すのはこの白血球が増えてるから、という説もあります)
をもう片方に戻すという白血球除去処置と言う物もあります。

私が入院したのは、普通の総合病院と、保健医療の効かない自費治療の病院と、二つ行ってました。
去年の入院(5ヶ月)は自費治療の所です。

私はいずれをやってみてもステロイドの離脱が出来なくて、
保険の利かない自費治療の病院にわらをもすがる思いで昨年行きました。

荒療法でしたが、無理矢理ステロイドを減らしてきました。(現在1錠)

この病気はまだ研究中で、厚生省の難病に指定されてます。
原因もはっきりと判ってません。
一つに極度のストレスを感じた時に(受験、離婚など)発症するといわれてます。
主に今までは欧米で起こってた病気ですが、最近日本にも増えて来た、という事は
食生活の変化もあるかもしれませんね。

ちなみに私も反省して、今は本来の日本人の食事に戻してます。
今後、一生(中には良くなってる人もいるそうです)
ストレスを感じないように、
心身共にゆったりとリラックスした生活を送っていく努力をしていかなければなりません。

仕事で過度にストレスを感じていれば、職場を変える必要もあるでしょうし、今の生活を見直して、
悩みを解決していき、出来るだけゆったりと暮らせる環境が必要です。

私事になり恐縮ですが、私はこの病気を発症した時は、離婚した時です。
結婚して3ヶ月、言われも無い理由でいきなり離婚調停を申し込まれて
相手に振り回されたので、心身共にくたくたになってしまって…。

そのせいで会社も解雇され、今だに療養してます。
個人差もあるから、なんともなく普段の生活を送れる人もいますが、
大体が神経が細かくてクヨクヨ考えてしまうケースが多いようです。
(私も…です。なので現在性格と生活改造中です。)
そういう個人の性格を見直して改善する努力をしていかないと
薬や治療だけに頼っていては治らないと思います。

彼がどうすればゆったりとした生活を送ることが出来るのか、悩んでいるとしたら何が根本的にあるのか。
考えていく必要もあるかもしれないですね。

再度失礼します、anythingです。

>絶食はされたことありますか

ありました。一番長くて2ヶ月間です。(去年4.5月です)
1ヶ月はIVH(肩の血管にチューブを入れて栄養剤を24時間投与し続ける)をしながら全くの絶食で、
後の1ヶ月はIVHを続けながらおもゆやスープなど固形物は取らず流動食で少しづつ胃をならしながら
腸の様子を見て、すごく時間を掛けて食事をアップしていきます。
5ヶ月の入院中は普通食は食べられませんでした。
消化の悪いもの、脂っこい物、肉はずっと食べれません...続きを読む

Q肛門からの出血・便に粘液がついてましたががんでしょうか?

48歳の女性です。
4日くらい便秘のあと硬い便がでたときにペーパーに血がついてました。肛門の痛みもありましたので切れ痔と思ってました。
その次の日に排便したときに、便は普通の硬さでしたが鮮血が出て
ペーパーには赤い粘膜のようなものが付いてましたので直腸がんではないかと心配してます。下痢や便秘の繰り返しなどはありません。4日便秘になったのもめずらしいくらいです。切れて少しの出血は時々ありましたが今回のように便器が赤くなるほどと粘膜を見たのは始めてです。
そのときも肛門がひりひり痛くなりましたがすぐに治まりました。
痔なのか、がんなのか?心配なのでいろんなご意見をお聞かせください。恥ずかしいのでなるべく病院には行きたくはないのですが行くとすれば内科でしょうか?

Aベストアンサー

「便に血がついた」というのは大腸肛門科を受診する患者さんの最も多い訴えです。一番多い相談は「赤い血便が出た。痔だろうか?それとも?」というものです。
便と混ざっていない鮮血がでた場合は痔からの出血の頻度が多いのですが直腸からの出血 の可能性もあります。

基本的にこの両者を区別することは困難です。

日本人の3人に一人が痔持ちです。当然、痔持ちの方が直腸の病気にもなるというのも、めずらしくないことです。痔があって、便の表面に 血が付着している「痔だろう・・・」と決め付けるのは危険なことです

血便をともなう大腸炎はいろいろあります。腸の血行不良によるもの(虚血性大腸炎、最近増加中です!)、ばい菌によるもの(O-157や赤痢)、風邪で飲んだ抗生物質による副作用によるもの、炎症性腸疾患などです。
大腸炎は正確な診断がなされて治療がおこなわれれば必ずよくなります。 診断が間違う、あるいは遅れた場合はたいへんです。例えば抗生物質による副作用による大腸炎なのに抗生物質の投与を続ければ死亡することもあります。下血をおこすような大腸炎は専門医が診察にあたるのが理想です。
痛みも熱も無い血便の原因としてはけいしつが最も多いものです。けいしつ出血は原則として安静のみで治ります。不要な投薬、手術をさけるためにまず、正確な診断が重要です。

けいしつとは
http://daichou.com/div.htm

大腸がんの詳しいURLも、貼って置きます。
早急に、受診してくださいね。お大事になさってください。
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/daicho/worry/post_1.html
 

参考URL:http://daichou.com/

「便に血がついた」というのは大腸肛門科を受診する患者さんの最も多い訴えです。一番多い相談は「赤い血便が出た。痔だろうか?それとも?」というものです。
便と混ざっていない鮮血がでた場合は痔からの出血の頻度が多いのですが直腸からの出血 の可能性もあります。

基本的にこの両者を区別することは困難です。

日本人の3人に一人が痔持ちです。当然、痔持ちの方が直腸の病気にもなるというのも、めずらしくないことです。痔があって、便の表面に 血が付着している「痔だろう・・・」と決め付けるの...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎でも運動できますか?

宜しくお願いします。
今年の4月頃、潰瘍性大腸炎と診断され6月に3週間近く入院しました。
退院当初は薬の影響で体が浮腫んで歩くと転んでしまうので通院位しか外出しておらず、異常な食欲も手伝って今は病気以前より太ってしまいました。
なので最近流行っているコアリズムに挑戦しようと思ったのですが、この病気はどれ位の運動をしても大丈夫なのか色々調べてもわからなかったのでこちらに投稿させて貰いました。

因みに今は出血はあるものの、普通にしていれば大丈夫です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎の患者です。

他の回答者様はいろいろおっしゃっているようですが、潰瘍性大腸炎は基本的に完治しない病気です。
白血球が間違って自分の大腸を攻撃するので、大腸に潰瘍ができるのですが、原因はストレスや食生活などから遺伝的なものなど様々な要因が絡み合って発症すると言われています。

病気を克服したとか、完治したとか色々な本や体験談がありますが(がんなどでも色々な本が出ているのと一緒です)、一度発症したっきり何十年も再燃しない方もいますし、慢性持続のようにずっと活動期が続く方もいます。
数年、数十年再燃しなかっただけで完治とはいえないのがこの病気です。数十年症状が出なくて、治ったと思い込んでいたらいきなり再燃して(しかも急激に悪化)、そのまま手術になったなんて方もいらっしゃいますからね(怖がらせてしまったらごめんなさい)。

いずれにせよいまだ研究中の病気であることに変わりはありません。あくまで対処療法ですが、薬の投与で炎症を抑えることができます。
結局大腸を治すのは自分の治癒力なので、炎症がひどくなると炎症を抑える薬を使い、腸に負担をかけないように絶食したりして、腸を回復に専念させるんです。

難病といわれているものは原因がわからないものは多いですが(だから難病なんですが)、完治させられなくてもそれを抑えて普通の生活をすることはできます。
少なくとも私は薬を飲むことで、完全には治らず、以前と同じほどにはならないまでも普通に生活することが出来るようになりました。

風邪と違って放っておいたらどんどん悪化します。でも早い段階で適切な治療を受ければ悪化を最小限に食い止めることが出来ます。
まだ発症されて間もないということですが、時間がたてばきっとうまく自分の身体と付き合えるようになりますよ。

ペンタサに関しては再燃を防ぐ効果があるお薬ですから、症状が良くなっても先生の指示通りに飲み続けたほうがいいと思います。


かなり本題とはずれてしまいましたが、運動に関しては主治医の先生に相談されるのが一番かと思います。
軽い運動はストレス解消にも、健康のためにもいいと思いますが、何となくそのコアリズムというものは(詳しくはわからないですが)おなかに負担がかかりそうな気がします…
まだ出血もありあまり外出もされていないということなので、簡単なストレッチなどあまり身体に負担がかからないような運動をされた方がいいんじゃないかと思います。

食欲ですが、今ステロイドは使っていらっしゃいますか?ステロイドの副作用で食欲旺盛になることがあります。
私もステロネマを使っていた時期は本当に食欲がすさまじく、家族にストップをかけてもらわないといつまでも食べ続けてしまうような状態でした。

もし副作用による食欲であれば、ステロイドが切れれば徐々に食欲も収まりますので、いつまでもそのままの食欲ということはないですよ。

厚生労働省の難病に関する情報が集まっているサイトのアドレスを載せておきます。潰瘍性大腸炎のページがありますので、ご参考になさって下さい。

こういう病気になると当事者でない方から「野菜を食べないからなるんだ」とか「親からの遺伝だ」とか本当に心無いことを言われることもあります。
原因の分からない病気ですから、あまり気にせずに受け流すのもひとつかと思います。

ストレスはそもそも消化器官に良くないですからね。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/009.htm

潰瘍性大腸炎の患者です。

他の回答者様はいろいろおっしゃっているようですが、潰瘍性大腸炎は基本的に完治しない病気です。
白血球が間違って自分の大腸を攻撃するので、大腸に潰瘍ができるのですが、原因はストレスや食生活などから遺伝的なものなど様々な要因が絡み合って発症すると言われています。

病気を克服したとか、完治したとか色々な本や体験談がありますが(がんなどでも色々な本が出ているのと一緒です)、一度発症したっきり何十年も再燃しない方もいますし、慢性持続のようにずっと活動期...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎を患っているご家族をお持ちの方はいらっしゃいますか?

潰瘍性大腸炎を患っているご家族をお持ちの方はいらっしゃいますか?


今年に入って、夫が潰瘍性大腸炎であることが分かりました。
以前から少し症状は出ていたようなのですが…以前に痔と診断された事があり、本人はずっと痔だと思っていたようです。

幸いな事に軽度のようですが…お薬を処方され服用するもなかなか下血(粘血便)の症状がおさまらず、先日、薬が変更となり、現在、様子をみている所です。

突然の難しい病気の発覚に夫の両親、私の両親も動揺、本人に色々言うとやはり気にするので、私が窓口となり、現状を伝えていますが…私自身も知識がないので、限界があります。
ネットで調べてみても症状は、人それぞれ違うようだし…

我が家は、結婚3年目でまだ子供がなく、妊娠を希望しています。
夫も今後の経過が分からないので、症状が軽いうちにと考えているようです。
現在は、軽度で下血以外の症状は出ていないようなので、お医者様に伝えて、副作用の少ないお薬を処方してもらっています。
(ペンタサからアサコールに変更になりました。)
旦那様が同じように潰瘍性大腸炎で、発症後、妊娠された方のお話を伺えると嬉しいです。

また最近、実家の両親等、「夫が痩せた(顔がホッソリしたみたいです。私は毎日見ているせいか気づきませんでした。)」と言われ、気になっているのですが…やはりこの病気になると痩せるものでしょうか?
アルコールを飲まなくなったり、油ものを控えめにしたり、食生活は変わりつつありますが下血の影響が大きいのかなと心配です。

夫は、20代後半で営業の仕事に就き、多忙な生活(帰宅は、早くても21時、平均して22時以降)を送っています。
性格も楽観的とはいえず、仕事柄、ストレスも多く、気分の浮き沈みが激しいように感じます。


妻として病気の事も心配ですし、何かできる事はないかな~と常日頃考えているのですが…周囲に同じような病気を抱えている人もおらず、情報も入ってきません。

病気の事を悲観しても始まらないので、隣にいる私くらいは前向きにと考えています。
日々の生活で、何かできる事があれば、アドバイスいただけると嬉しいです。
また夫は現在、個人病院で診ていただいているのですが、私の両親は、大学病院の受診を勧めてきます。
軽度でも大学病院に受診した方が良いのでしょうか?
私は以前、事務員として大学病院に勤めていたのですが経験上…軽度だと結局、個人病院に出されてしまうような気がします。
現在、診ていただいている先生は、夫も仕事上のお付き合いがあり、信頼しても良いのではと考えていますが…皆様は、個人病院、大学病院、どのような病院を受診されていますか?


経験談やアドバイス、伺えると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

潰瘍性大腸炎を患っているご家族をお持ちの方はいらっしゃいますか?


今年に入って、夫が潰瘍性大腸炎であることが分かりました。
以前から少し症状は出ていたようなのですが…以前に痔と診断された事があり、本人はずっと痔だと思っていたようです。

幸いな事に軽度のようですが…お薬を処方され服用するもなかなか下血(粘血便)の症状がおさまらず、先日、薬が変更となり、現在、様子をみている所です。

突然の難しい病気の発覚に夫の両親、私の両親も動揺、本人に色々言うとやはり気にするので、私が窓...続きを読む

Aベストアンサー

まず食生活ですが、潰瘍性大腸炎の場合の禁忌としては「油もの」を控えたいところです。
まったく駄目、というわけではありません。
必要以上に摂らないほうがいい、ということです。
アルコール類は少量ならばかまわないはずです。
また体重の減少は現れやすいです。
腸が十分に栄養を吸収できないままに、流れていってしまうので、栄養分は不足しがちになります。

気をつけておくことですが、食物のほかには
・すい臓の疾患に気をつけること。
急性膵炎を併発しやすいので、仕事の無理を控えること、ストレスを溜めずらい状況に自分をおくようにすることです。
急性膵炎は時に劇症化し、時には死亡する事もある怖い病気です。
油ものの過剰摂取に気をつけたい理由の一端はここにあります。
・腰痛が出ることがあります。
これは排便の回数が過剰になりやすいためです。
排便が過剰だと、腰痛になりやすくなります。
・精神的に自分を追い込まない・まわりも過剰反応をしないこと。
確かに非常に印象的というか、未来を悲観したくなる状態になりやすいのですが、潰瘍性大腸炎の一番の薬は「精神的安定」です。
ご承知かもしれませんが「ペンタサ」…メサラジンは「対症的治療」として用いられる薬で、潰瘍そのものに効く薬ではありません。
基本的には、人体に最初から備わっている「自己治癒能力」で潰瘍は収束していくのです。
自己治癒能力を阻害する最大要因は「ストレス」ですから、本人も、また周囲の人も「まぁ、そういうこともあるよ、大丈夫だよ」というくらいの「平然さ」を心がけたいのです。
難しいことかもしれませんが、ある意味「達観」していただきたい。
それが病気と戦う上での、ひとつの「コツ」なのですから。

治療法についてですが、私の場合は薬自体が「未完成」だったということもあって、止む無く副作用の強かった「サルゾピリン」という薬を服用していました。
現在の「ペンタサ」は、それよりも効果の高い薬ですし、安全なはずですので大丈夫だと思います。
私の場合は「効果が薄く、副作用が強い」という薬は途中でやめてしまいまして、東洋医学に頼り、症状の緩和に努めながら日常生活を送ってきました。
具体的には自分自身で鍼を打ち、灸をすえ、温灸で温めて緩和したのです。
それでも症状そのものが止まるわけではないので難渋はしましたが、しかし何よりも「心の支え」として、鍼灸は貴重でした。
環境がよかったのが一因です。
そういう意味ではラッキーだったといえるでしょう。

私も大学病院は反対です。
特効薬・治療法が確立していない以上、病院の種類で治癒に差が出るということは考えづらいです。
闘病の期間が長い病気ではありますし、治癒ではなくて「寛解」…再び発病する可能性が高い病気なので「精神的基盤」がしっかりしているかどうかが、闘病中の患者にとっては最大の「薬」であると思います。

子供さん、良いじゃないですか?。
生きる糧、というものがあるのと無いのとでは、本当に違ってくる部分というのはあると思いますよ?。
私は賛成です。

まず食生活ですが、潰瘍性大腸炎の場合の禁忌としては「油もの」を控えたいところです。
まったく駄目、というわけではありません。
必要以上に摂らないほうがいい、ということです。
アルコール類は少量ならばかまわないはずです。
また体重の減少は現れやすいです。
腸が十分に栄養を吸収できないままに、流れていってしまうので、栄養分は不足しがちになります。

気をつけておくことですが、食物のほかには
・すい臓の疾患に気をつけること。
急性膵炎を併発しやすいので、仕事の無理を控えること、...続きを読む


人気Q&Aランキング