人間はなぜキスをするのですか。生物学的な説明がつく行為なのでしょうか。それとも心理学的になら説明がつくのでしょうか。
また、キスは人類が一般的に行っている行為なのでしょうか。

無粋な質問ですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

脳生理学的なお話をします。

唇は、感覚器(外部認識センサー)として、もっとも微細に発達しているのです。触感を確かめる際に、私たち類人猿は、手を感触器官として日常的に使っているために、手こそが感覚器として発達しているのではと考えがちですが、違うのです。
赤ちゃんを観察してください。何でも口に入れてしまいますよね。実は脳と直結した感覚器として、物体の堅さや形状、質感、温度などを確認しているのです。
手は、保持機能が発達した器官で、日常的に使うため感覚器の役割を果たしているに過ぎないというわけです。
では、実験してみましょう。楊枝の先端にペン・インクなどを塗付してください。
実験1/目をつぶって手のひらに楊枝を押しつけて、いちど放し、再び同じ場所をイメージして押しつけます。目を開けましょう。どうですか。位置は正しいですか?
実験2/目をつぶって今度は、唇に同様の実験をしてください。位置はどうですか。
種明かしをすると、唇の方がヒット率が高いはずです。
このように繊細なセンサーである唇は、脳の感覚を司る部分と結びついています。
やっと「キス」のお話をしますが、肉親への愛情や友愛、あるいは恋愛感情の確認行動として、唇を合わせるのは、脳への繊細でダイレクトな感覚刺激を、双方が伝達することになります。
これが人類が太古から、キスを続けていた理由です。
日本では「キス」という行為に「うまくち」などという言葉を充てていたようですが、人前でキスをすることは、社会的にタブーではあったようです。でも、密会では交わしていたようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただきありがとうございます。
簡単に言うと「唇は感じやすいから気持ちいい」という理由なんですね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/17 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「人類」は生物学的には弱いものでしょうか(絶滅人類の考察で)

現生人類(ホモ・サピエンス)は繁栄を極めていますが、過去の人類はすべて絶滅しました。特に兄弟ともいえるような優秀なハンターであったネアンデルタール人が消えてからは、まったく一人っきりで地球上に生きている種です。
そこで考えたのですが、このすべて過去の人類(猿人、旧人)が絶滅してしまったのは、生物として弱かったからなのでしょうか。それとも十分成功できる種だったが、現生人類がはびこって淘汰してしまったのでいなくなったのでしょうか。もし前者なら、現生人類だけが今までの人類とは違う特別に強い人類であると言う事になり、後者なら他の人類には問題がないが、現生人類だけがなにか生態系破壊の怪物のような存在だったようです。実際のところ、「人類」種というのは、どう考えたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

意味的には両方でしょう。
生物的に弱かったと言うことと、ホモサピエンスとの繁栄競争で淘汰された。というのは同義です。

まぁ、そのホモサピエンスでさえ、生物的な弱さを克服するために、進化しています。
たとえば血液型。元々はO型のみでO型の抗体を偽装するウイルスを識別するために、A型やB型の抗体を持つ血液型が生まれたと言われています。
単純な血液でさえ、1/4に分類でき、リスク分散を計っているわけです。
事実、O型は梅毒に強かったりします。アメリカ原住民の大半はO型ですし、梅毒も風土病ですから、他の血液型の人類を梅毒が駆逐したとも言えます。

気候変化、環境変化、ウイルス等、どれか一つに対応できなくても、種は絶滅します。
ただし、いったん生き残ると、後は爆発的に増加します。

身近な例では大腸菌で、バンコマイシン耐性菌などが居ますが、耐性菌以外は死にます。すると、餌が余ります。すると耐性菌は爆発的に増殖します。同じ事が、歴史上繰り返されているはずです。

なので、ホモサピエンスが生き残ったのは様々な複合要因でしょうね。

Q人類は生物学的には絶滅しかかっているでしょうか

絶滅しかかっている動物というのは、その種を減じて、一種類しか残っていないという状況にあると思うのです。例えば象なんかは、昔は多系統がいましたが、今は2種類だけです。これは絶滅危機動物ですよね?
では、人類も、かつては多系統いたのにいまは一種類だけです。これはすなわち、生物学的には絶滅危機種であると言うことでしょうか?

Aベストアンサー

一種類しか存在しない種族だろうと、複数の環境に適応出来る生物というのは、絶滅が近いとは言えないです。
一種族しかいない生物が絶滅が危惧される理由に関しては、ある特定の環境になったら一気に死滅してしまう可能性が高い場合が基本です。

では、人類が絶滅する場合どれくらいの環境変化が必要かを考えた場合、
温暖化しても氷河期を迎えても、シェルターを作ったり生態系操作したり特殊な都市でも造ったりして、おそらく生き延びてしまうでしょう。
案外それくらい強い力を持ってます。
絶望的なウィルスが誕生しても、ありとあらゆる手段を使えばたぶん生き延びてしまうでしょう。
それ以上の危機が来れば自分の周りの生物を根絶やしにしてでも、人類が生きる為に必要な生活環境にしてしまうくらいの力はあります(有史はまさにそれ。繁栄する為に他生物を根絶やしにしてる)

ちなみに街角で見かける猫がいますよね。
あれも細かく分類すれば数十から百くらい種類がいるはずですが、その猫のほとんどがイエネコに分類される猫だったりします。
で、そのイエネコも毛色や尻尾、耳などが少しずつ違うだけで、ほとんど単一の種族と言えるくらい遺伝子的には近いです。(交配出来るというのはそれだけ近い種族で無ければいけない)
その単一に限りなく近い猫は世界中にいるのです。それこそ砂漠から万年雪が存在する地域にまでいます。
これだけ世界中に広まって対応してしまった生物が何らかの環境変化だけで絶滅する可能性があるとは言えませんし、猫が絶滅するような事象というのもかなり限られているでしょう。
そして猫も絶望的なウィルスの危機に襲われても、人間が対処し生かし続けてしまいます。


ちなみに人とは言え、肌の色だけで亜種と言う分け方も出来ますし、ミトコンドリアDNAの細かい分類をして日本系亜種とか中華系亜種とか分ける事も出来ますよ。
別に分ける必要も無いし、倫理的な問題になると困るから別の分け方をしてるだけ。

一種類しか存在しない種族だろうと、複数の環境に適応出来る生物というのは、絶滅が近いとは言えないです。
一種族しかいない生物が絶滅が危惧される理由に関しては、ある特定の環境になったら一気に死滅してしまう可能性が高い場合が基本です。

では、人類が絶滅する場合どれくらいの環境変化が必要かを考えた場合、
温暖化しても氷河期を迎えても、シェルターを作ったり生態系操作したり特殊な都市でも造ったりして、おそらく生き延びてしまうでしょう。
案外それくらい強い力を持ってます。
絶望的なウ...続きを読む

Q人間の生物学的な見地からの「キス」とは?

 人間の生物的見地からの「キス」とは何か?。
 何なんでしょうか?。

Aベストアンサー

大人のコンソメを見ませんでしたか?人類がまだ狩猟生活をしていた頃。男が狩に行っている間、女が浮気をしていないか確かめたのがキスのはじまりといわれている。また口は弱点の一つで、お互いそれをさらけ出し、触れ合わせるのが愛のはじまり(生物学的ではないですが)。
以上、テレビからの知識なので参考までとして下さい。正確な回答があることお祈りしてます。

Q鶏が地震の恐怖のためか大きな卵を産んだ<生物学的説明をしてください

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000045-san-soci

鶏が地震の恐怖のためか大きな卵を産んだということですが、これは前代未聞のことなのでしょうか?少なくともわたしにとってはそうです。歴史文献などでこういった記述はありますか?生物学者にとっても前代未聞ですか?ただの偶然か、生物学的に理にかなっているのでしょうか?統計学的に、ありうる閾値付近のデータ?

Aベストアンサー

自然にあるケースと思います。養鶏農家の方ならそれほど不思議とは思わないはずなのですが…最も一般の方には販売しないですから知らないだけと思います。

鶏卵で大きなものには,複卵と二重卵があります。複卵は二黄卵とも呼ばれ二個の卵が一個の殻に収まったものです。雛鳥に多く,極めて普通の現象です。

何日か卵を産まなかったと言いますから,今回のケースは二重卵なのではと思います。二重卵は普通の卵がストレス等で生み出されずに輸卵管を逆に進み,次に排卵された卵がそれをさらに包み込むものでこれは巨大なものです。どちらかわかりませんがどちらにしましても新聞に載るほどのことではないのではと思いますし,このニュースを配信した人が鶏卵農家に聞けば配信はしなかったでしょうね。

Q人口増加率が、先進国は低く発展途上国は高くなっているのを、生物学的に説明できますか?

一般的な傾向として、先進国の人口増加率は低く発展途上国は高くなっています。
(国の政策の結果、人口増加率の改善に成功している先進国もありますが・・・)
イスラエルでは、恵まれた生活をしているユダヤ人より、国内にいる生活水準の低いアラブ人の人口増加率が高いため、近い将来、人口の逆転が起きることが問題となっています。

単純に考えると、生活の不安がない生活水準の高い環境の方が、子孫を育て人口を増やすのには好都合に思えますが、実際はそうなっていません。
これは生物学的に説明できるのでしょうか。
それとも、他に社会学的な説明などが必要な事柄なのでしょうか

Aベストアンサー

ヒトが子供を持つ欲求を(ある程度は)持っているのは進化の産物ですよね。ところが進化のプロセスは「現在ある物をわずかに変更する」ように働きます。その変更されたメカニズムが以前の物より相対的に良く出来ているときに、その性質は広まるわけですから、完全なシステムができる可能性は小さいです。例えば甘い物を好む性質は発達したけど、甘い物を摂りすぎることを抑制するシステムが進化しなかったのはその好例です。進化のプロセスは完全な性質や特徴を作るのではなく、「脳という器官を通して間接的に生物の生態に影響する」と言う点は重要です。

子供を持つことに関しても、性欲や性交に伴う快楽、労働力としての子供の重要性は進化的にもたらされた物ですが、私たちの行動を直接引き起こすのは(進化のプロセスではなく)脳ですから、現代人が子育ての大変さを理解して、子供を持つ苦労を背負いたくないと判断することはあり得るわけですね。

生活環境の変化や社会的なプレッシャーの変化といった社会学レベルと、個人の欲求などの個人レベルの視点(心理学)、そして神経的、生理的、進化的といった生物学レベルの視点は一貫性がなければなりません。特に社会学者の中には生物学的要因と社会学的要因を区別したがる方、生物学的説明お断り!な方が少なくないのですが、そもそも切り分けることはできないのです。(E.O.ウィルソンなんて人は切り分けに反対し、社会学も心理学もヒトという生物の現象を扱うのだから生物学の一部だと主張して社会学者から叩かれていましたが、ウィルソンの「統合すべし」という主張は重要です)

ヒトが子供を持つ欲求を(ある程度は)持っているのは進化の産物ですよね。ところが進化のプロセスは「現在ある物をわずかに変更する」ように働きます。その変更されたメカニズムが以前の物より相対的に良く出来ているときに、その性質は広まるわけですから、完全なシステムができる可能性は小さいです。例えば甘い物を好む性質は発達したけど、甘い物を摂りすぎることを抑制するシステムが進化しなかったのはその好例です。進化のプロセスは完全な性質や特徴を作るのではなく、「脳という器官を通して間接的に生...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報