出産前後の痔にはご注意!

またお世話になります…。

高回転時に、アクセル開度を一定にしているのに回転が落ちてしまったり、落ちた後に上がらず小刻みに上下したりしています。

この前に同じような質問をさせていただいて、バッテリーレスなのでバッテリーをつけろという回答を頂きましたが、この度不具合の様子の動画を撮ったので他に何か改善のアドバイスがあればお願いしたいです。

自分としては高回転でガソリンが不足しているのではと思っていたので、油面の調整をしました。H寸法の規定値は自分の車種の場合20-22mmとなっていて、ビフォーはオーバーフローを恐れてか22mmにしていましたが、今回21mmに変えました。ですが動画のように不具合は直っていません。

この点、油面調整に関して疑問があったのですが、調べたところ、H寸法を測るときはキャブは逆さにしたらバルブのスプリングが押されてしまい正確に測れないので横向きにしてバルブがちょうど触れるところで測る、とありました。
しかし実際にやってみると横向きにしてもバルブは触れずにいたので、逆さにして測りました。そーっと逆さにしていったらバルブのスプリングも押されることはなかったのでこの方法でもいいやと思ったのですが、何か問題はありますか?というか、逆さにしてもバルブのスプリングが押されないのは異常ですか?

繰り返しになりますが、とりあえず動画が症状を一番具体的に説明していると思いますので、診断・アドバイス等ありましたらどうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

高回転でガソリンが不足していると判断する(した)


主な理由を3つ挙げてください。
あと、バッテリーレス化が適切に行われているか
どうかも情報がまったくないです。

なぜこんなことを聞くかと言えば、油面高調整実施し
空ぶかし動画添付しているから、そもそも勘違いがあるか
整備経験が浅い、電装に詳しくないと推測できるからです。

経験では、たとえ高回転でガソリン供給不足でも
短時間の空ぶかしでは回る。が、実走行では連続して
不足気味になるから息継ぎします。
じゃ、疑わしいのは何ですか?ということ。
一度、原点に戻ることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…。

そういえば実走行では、アクセル全開に近い状態で6速でも8000回転手前までは問題の症状なく回りました。

おっしゃっている点は、

・そのような状況でガソリンが足りているということは、動画のようにニュートラルでアクセル半回転ぐらいの程度だったら8000回転以上でもガソリンが足りなくなるはずはない(前者の状況のガソリン消費量は後者の状況のガソリン消費量よりも断然多いはず(?)なので。)(間違っていたらすみません)

・そもそもガソリン供給不足でも他の要素(電装系など)が問題なければ動画の状況だったらちゃんと上まで回るはず

・油面高が十分か否かは実走行テスト(とりわけ最高速域)で判断すべし

といったところでしょうか。

そうしてみるとガソリン供給の問題ではなくてまず第一に電装系の問題の可能性が濃厚になってきました。
中古購入時からバッテリーレスでして、当方知識もないので適切かどうかもわからないです。(ちなみに記しておきますと、TZR125のバッテリー(12V5Ah)の代わりにコンデンサ(16V,10000μFと書いてあります)が接続されていました。)

とにかく、まずはバッテリーをつけることにします。

ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2012/09/18 00:58

実走行時にも起きますか?


リミッター(レブリミッター)が作動しているときの状況に見えるのですが。
点火カットしている状況に酷似しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何速でも同じように起こります。
レッドゾーンが10500回転からなので8000でレブリミッターではないと思いますが、
点火カットしている状況に似ているとのことなので電装系に問題があるのかもしれないですね。

ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2012/09/18 00:11

> ちなみに、そんなわけでガソリンが足りなくなるような要素はなくしたつもりなのですが…。



だったらなおの事、空ぶかしで高回転が2~3秒も維持出来ないのが『ガソリン供給不足』とは言えないんじゃ?
(ご自身のやった事と分析が矛盾してるよ)

細かい話しだけれど、バッテリーレスでYPVSの動作確認ってどうやったのですか?

まぁ、それは置いといても…他レスにある点火系も怪しい感じですね。
バッテリーと新しいCDIが必要かな?

…余裕があったらレギュレータも予備があった方がいいかな…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

説明不足ですみません。
自分なりにはガソリン供給不足となる要素をなくしたつもりですが、もしまだ他にも「こういった原因でも高回転で供給不足になることがある」といったことがあれば指摘していただきたく思い、念のため補足しておきました。(燃料系が大丈夫そうであれば、とりあえず不具合の原因を電装系など他の原因に絞ることができますが、逆にそうでなければいくら電装系など他の原因を直したところで不具合は直らないと思うので…。)

YPVSは、エンジン停止時は他のバイクのバッテリーを一時的につないでキーオン時の動作確認をし、バッテリーレスの状態ではエンジンをかけて吹かしながら横からYPVSのプーリーを見て動くのを確認しました。

電装系に原因が絞られたとして、バッテリー化で調子がよくなればいいのですが、バッテリーレスの影響でおっしゃるようにCDIやレギュレータも要交換となれば…やっかいですね^^;

お礼日時:2012/09/17 00:21

CDI等の点火系かな?高回転で失火しているのでは。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

動画のような症状で、やはり電気系統の原因というものも考えられるのでしょうか?
確かに電気系統では「バッテリーレスである」という不安要素があるのですが…うーんやはりバッテリーを積まない事には始まらないのかもしれないですね…。

お礼日時:2012/09/16 23:12

>自分としては高回転でガソリンが不足しているのではと思っていたので…



ただの一時的な空ぶかしで『ガソリンが不足』してエンジン回転が不安定になる訳は無いので、他の原因でしょう。

これって、RZですか?
だとしたら、排気デバイス(YPVS)のお掃除(カーボン除去)はしましたか?

この回答への補足

ちなみに、そんなわけでガソリンが足りなくなるような要素はなくしたつもりなのですが…。(タンクからキャブへの供給OK、質問文に書いたように油面OK、ジェット詰まりOK)

補足日時:2012/09/16 22:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

一旦1万回転ぐらいまで回ってから落ち、その後は8千回転が上限のような感じですので、
考えとしては、最初にアイドリングから吹かし始めたときは1万まで「一時的に」届くものの、そこからはそもそもガソリンが最大で8千回転分の量しか供給されず、当然回転も8千回転までしか回らない…という風に考えたのですが、どうなんでしょう?ありえないですかね?

車種はTZR125で、YPVSの清掃・動作確認済みです。

お礼日時:2012/09/16 22:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンが上まで回りません(2ST 50cc)

 調子があまり良くないというホンダのCRM50(AD13)を譲ってもらいました。
 アイドリング、ニュートラル時での空吹かし等は、調子が良い感じなのですが、動き始めるとエンジンがキチンと上のほうまで回りません。(タコメーターは付いてないので、速度計の横のシフト範囲で言うと半分ぐらいで頭打ちで、フルスロットルだと失火してるようで多量の白煙が出るだけでそこから上に回りません。)最高速は40km前後で頭打ちになり、(2種登録してます)上りはおろか、下り坂などでも一定の回転数を越えると回転数を落として失速していきます。
 また、この状態で走行中にアクセルオフをすると、まるでエンジンがかかっていないように静かになり、そのままオフにしているとエンジンが止まってしまいます。
プラグを新品に替えたり、前オーナーが通勤オンリーのおじさんだった為、給排気の詰まりも考えてサイレンサー、マフラーは取外してクリーナー&灯油で洗浄、キャブにもクリーナーをかけてみました。(作業的には、エンジンに付いたままですが)・・・が症状は代わりません。 メインジェット等が詰まってるのでしょうか?(スローは生きていて・・・だと考えらそうです。)
 また、点火がCDIの型なのでそちらも疑っているのですがアイドリングではOKで実走時に失火すると言う事はありえるのでしょうか?
 既知の事だとは思いますが、CRM50は、NSR50,NS-1等同系列エンジンですので、そちらでこの症状に詳しい方のアドバイスもお願いいたします。 ちなみに車両は97年式のキャリアー以外ノーマルですが、2万キロ以上走っています。

 調子があまり良くないというホンダのCRM50(AD13)を譲ってもらいました。
 アイドリング、ニュートラル時での空吹かし等は、調子が良い感じなのですが、動き始めるとエンジンがキチンと上のほうまで回りません。(タコメーターは付いてないので、速度計の横のシフト範囲で言うと半分ぐらいで頭打ちで、フルスロットルだと失火してるようで多量の白煙が出るだけでそこから上に回りません。)最高速は40km前後で頭打ちになり、(2種登録してます)上りはおろか、下り坂などでも一定の回転数を越えると回転数...続きを読む

Aベストアンサー

文面を読めば読むほど排気系です。
排気音が静かでないですか?
ただ、他に可能性もあるので、簡単なチェックをまずどうぞ。
チャンバー、サイレンサーをセットした状態で、片側から息を思い切り吹く。かなり口をすぼめた状態と同じ位、肺に抵抗がある(文面だとマクドナルドのストロー位かも)なら詰まり。
汚いとか、口が黒くなるのが気にならない人におすすめ。
チャンバーをはずしたついでに、EXポートも目視チェック。粗悪オイルや低速多用でカーボンの壁がシリンダー側に出来ていることがあります。

以下、適当に読んでください。
チャンバーは内部は2重構造になっています。高周波音を抑えるためにグラスウールがメッシュ板で貼り付けてあります。燃やすのは、通路が狭くなっているところのカーボン落としだけでなく、ここのタールも燃やしてくれます。昔は古タイヤや焚き火に数時間投げ込んでいましたが、なかなか最近はできません。トーチも焼却炉もいいかも。
家庭用コンロで2時間も位置をずらしつつ焼くとそこそこいい感じになります。目安は両端から白い煙(オイルの気化したものです。燃えます!)が出なくなるまで。家のなかでやると、半日くっさーい世界に悩まされるので注意。
サイレンサーのグラスウールは焼くことで繊維が確実に劣化します。純正で交換パーツが出ているものが多いですのチェックを。
チャンバー内部は前述の通り、見た目と違います。要するに外観イコールのレーシングマシンと別物です。後部はパイプと小部屋に別れたもので、サイレンサーはずしたのに通りが悪いぞ??ということも有です。
焼いた後も、中のカーボンに注意を。ようするに炭(スミ)です。
火種が残っていれば、一晩おいても熱いままです。エアでカーボン飛ばそうと思えば、徐々にチャンバーが赤熱しますよ。火事にならないように。
では、まずトランペットの演奏を。

文面を読めば読むほど排気系です。
排気音が静かでないですか?
ただ、他に可能性もあるので、簡単なチェックをまずどうぞ。
チャンバー、サイレンサーをセットした状態で、片側から息を思い切り吹く。かなり口をすぼめた状態と同じ位、肺に抵抗がある(文面だとマクドナルドのストロー位かも)なら詰まり。
汚いとか、口が黒くなるのが気にならない人におすすめ。
チャンバーをはずしたついでに、EXポートも目視チェック。粗悪オイルや低速多用でカーボンの壁がシリンダー側に出来ていることがあります。

...続きを読む

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Q2スト エンジン吹け等が不調です

いつもお世話になってます。

TZR125をオークションで購入しメンテしながら乗っていますが、エンジンの不調が直りません。吸排気系はノーマルですが、バッテリーレス仕様です。

問題はアイドリング、中回転、高回転の3点にありまして、

まずアイドリングですが、正常なアイドリング回転数は1350rpmとマニュアルにあるのですが、アイドリングスクリューを全閉にしても2000rpm弱(1800rpmあたり)でアイドリングしてしまっています。
この場合、エアスクリューを調整してアイドリングを下げた方がいいのでしょうか?エアスクリューの調整方法を見ると、「回転が一番高くなるように調整する」とあるので、回転数を下げる側に調整するのはどうなの?と悩んでいます。他になにか原因があればそっちをどうにかすればいいのですが。

次に中回転ですが、低回転から回転を上げていくと4500-5000rpmあたりに壁があるかのように吹け上がりが悪くなってしまいます。しばらく粘っていると突破できるのですが突破するまでけっこう時間がかかり、上り坂ではまず突破できません。(その時はシフトダウンせざるを得ない)
その回転域の直前も直後も調子はいいのですが、問題の回転域だけあからさまに調子が悪いです。擬音表現すると、
(低回転~4500)ビィーーーーー…
(4500~5000)ビボビボボビボ…
(5000~)ビィーーーーイイイイ!(パワーバンド)
という感じです。ボコツキというやつでしょうか。ジェットニードルクリップを一段上げてみましたが、良くなった感じはしませんでした。(ニードルクリップ上から4段目(指定)→3段目に変更、それより上は試していません。試すべきでしょうか?)

最後に高回転ですが、上記のとおり5000回転を超えたあたりからは調子いいのですが、8000回転を超えたあたりで回転が止まってしまいます。
たまに超えて10000近くまでいけることもありますがキープすることはできず、スロットルを開けてても閉じたかのようになってエンブレがかかります。
ガソリンが足りてない感じでしたので、タンクコック~キャブ間についていたフィルターを取っ払ってまっすぐなホースにしましたが、変わりませんでした。
他には、タンク&タンクキャップ&タンクコック(先端にフィルター付き)の清掃、キャブの清掃(ジェット類の穴OK)、フロートのH寸法確認などもしました。排気系は原因ではないと思いますがypvsの清掃&調整をしました。あと最初の方にも書きましたがバッテリーレスです。

走行時のタコメーター車載カメラで映像をとっていればそれだけで簡潔に済みましたが、ことばでできるだけ詳しく説明したかったので長文になってしまいました。

どうか問題解決のアドバイスをよろしくお願いしますm(_ _)m

いつもお世話になってます。

TZR125をオークションで購入しメンテしながら乗っていますが、エンジンの不調が直りません。吸排気系はノーマルですが、バッテリーレス仕様です。

問題はアイドリング、中回転、高回転の3点にありまして、

まずアイドリングですが、正常なアイドリング回転数は1350rpmとマニュアルにあるのですが、アイドリングスクリューを全閉にしても2000rpm弱(1800rpmあたり)でアイドリングしてしまっています。
この場合、エアスクリューを調整してアイドリングを下げた方がいいのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

よく通っているバイク屋がよく言う事ですが
「調子悪いならまずはノーマルに戻せ」と、、、、
ですのでバッテリーを付けてみて
アイドリングなどもYSPでノーマルに調整してもらってみて
プラグなどもノーマル仕様にしてみてまずは
乗ってみて様子をみてさらに調節と言う感じでしょう

とにかく、自分だけで試行錯誤せずにバイク屋に足を運び
パーツの交換ですね。

Qエンジンが吹けあがらないんですが・・・

ホンダのR&P(マフラーとパワーフィルターを換えてます)なのですがエンジンはキック何発かでかかりアイドリングも続きます。でも、アクセルを半分位あけたるとボコボコいってエンストしそうになります。発進時は順調なんですがアクセルを開けていくとエンストしそうになりまともに走りません。キャブは分解して洗浄しました。プラグは良い色だとおもいます。いろんなホームページ等で調べているのですが点火時期やタペットクリアランスなんかも関係しているのでしょうか??タンクに入っているガソリンが一年くらい前の物なんですが関係ありますか??どなたか詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガソリンタンクの中の水が錆びを呼んだのでは?
今まで修理したバイクでガソリンタンクが錆びついて吹けないバイクがありました。
ガソリン抜いたら中が錆びだらけでストレーナーまで詰まり、かなり苦労した覚えがあります。
根気良く清掃してください。
マフラーを変えたときに、始めは吹けていたのですか?
部品を変えた時は不具合が出る場合があるので、ジェットやパイロットスクリューなど見なおしてください。

Q正しいエアースクリューのセッティング

NS-1に乗っています。

どなたか正しいエアースクリューのセッティング方法を教えてください。
サイトによって違うので、こちらで質問しました。

どなたか詳しく教えてください><;

Aベストアンサー

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 1400±100rpm )

3、エアスクリューをゆっくりと左右に回して、エンジン回転の最も高くなる位置にする。

4.再度スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転にする。

軽くスナッピングを行い、繋がりやアイドリング回転に変動がないことを確認する。

変動が見られる場合は2~4を繰り返す。


参考資料:ホンダNSR50/80サービスマニュアル
------------------------------------------------------------------------------------

2サイクルの場合、そもそもアイドリングが安定していない為、
実際のところエアスクリューを回してみても、
なかなかエンジン回転数の変動が分かり難いと思います。

同様に、「回してもエンジン回転数の変動が分からない」という場合には、
とりあえず標準戻し回転数に合わせておけば、大きな不都合も無いと思われます。

回転数の変化があった場合でも、それが標準戻し回転数から大きく外れてしまう場合には、
他に問題がある事が考えられます。
ANo.1 さん、が書かれているように、標準戻し回転数±1/4 の範囲で調整してみて下さい。

また、NSRとNS-1は基本的に同じエンジンですが、セッティングの違いや
バイクの年式等により調整値が変わっている場合があります。

万全を期すのであれば、
ホンダの客相へ年式や車体番号を伝えて、
「規定アイドリング回転数」と「標準戻し回転数(エアスクリュー)」についての
正確な情報を問い合わせる事をおすすめします。

NS-1と同じエンジンである、NSR50の調整方法を記しますので参考にして下さい。
(ホンダが公表している調整方法です)

------------------------------------------------------------------------------------
調整はエンジン暖気終了後に行う。

1、エアスクリューを軽く閉めこんだ状態より標準戻し回転数1回転だけ戻す。
  (標準戻し回転数1回転はNSR50の参考値)

2、スロットルストップスクリューを回して、規定のアイドリング回転数にする。
  (NSR50の参考値は 14...続きを読む

Q2stバイクかぶりの原因について教えてください。

最近、kdx250srが かぶります。
症状としては、
•1速が加速しません。
回転があがらない、ごぼつく 。
3速くらいから元気良くなってきます。
また、指導直後は何速でも、ゴボつき、回転があがらずガス欠のような感じでエンストします。そのあとは一切始動しません。
プラグは濡れ濡れです。
、•止まってる時、アイドリングが低くエンジンが止まります。アクセルをちょっとひねって回転を少しあげてると大丈夫です。
ここ最近こんな感じが続いております。

どノーマル車両なのですが…キャブ類も
少し前までは、1速ですこしゴボつくかなー程度でした。

やっぱり何処か故障しているのですか?


知り合いに相談したら、2次エアーを吸っているかも と言っていました。
2次エアーを吸っていたらこんな症状は出ますか?

エアクリーナーは綺麗です。
チャンバーとしっかり排気していると思います。
インシュレーターには少しヒビがあります。

長くなりましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

かぶりの原因はオイル過多または混合気の濃すぎです。
最近、ということは以前は問題なかった?。
キャブレター、オイルポンプ関係をいじった記憶がなければ、念のためプラグ交換に際し番手(熱価)を間違えていないか?。
キャブのオーバーフローの有無確認、エアスクりリューの戻し量適正か?、キャブの内部は直角に曲がったエアの通路があります(パイロットエア、エアブリーダー用の通路)それが詰まると、外からいくら調整してもダメです、分解掃除が必要です。
ふかせば正常ならチョーク関係は大丈夫かな?。

Qキャブレターのフロート油面調整

キャブレターのフロートレベルについて教えて下さい。
キャブはケイヒンpwk28を使ってます。

「オーバーフローした場合、混合気が濃くなる(油面を高くした場合も)」
逆に、「油面を低くした場合は、全体的に混合気が薄くなる」

と、ネットで言われてます。例えばオーバーフローした時は燃料が過剰にキャブに流れ込む?・・・どこから入るのですか?
オーバーフローはpwk28はドレーンキャップ底近くに1箇所とサイドに1箇所オーバーフロー口があります。
ホースでキャッチタンクに取り込んでます。(オーバーフロー燃料を単純に貯めているのでいいのでは、、、)

Aベストアンサー

油面調整は簡単にできる構造にはなっていません。
フロートは片側が1本のピンで保持され、ピンを中心軸にして自由に動きます。
浮き、沈みに応じてピンを中心に回転する動きになります。
フロートとピンの間を支持する金属部分に少し突起があります、フロートの上下運動(実際は回転ですが)に伴い上下します、それでニードルバルブを押しあげ、バルブを閉じます。
油面調整は、このニードルバルブを押し上げる突起を上下に曲げることで調整することになります。
口で言うのは簡単ですが、油面は外から見えません、素人には指南の技化と思います。
オーバーフローは、このニードルバルブの段付き摩耗、異物付着で閉鎖不完全、またはバルブと突起の接触部分が摩耗して押し上げ不十分。
>オーバーフローした場合、混合気が濃くなる
若干認識が異なります、油面が高くならないようにオーバーフローさせているのです。
その意味では
>ホースでキャッチタンクに取り込んでます。(オーバーフロー燃料を単純に貯めているのでいいのでは、、、)
その通りです、問題は程度の問題になります。

Qエンジン始動時に回転数が以上に上がる

スズキのハスラー50(TS50W)を軽レストアしています。

エンジンがかからなかったので、キャブをOHし、エンジンを始動させると、アクセルを全快?にしたみたいに一気に回転数が高くなってしまいます。
慌ててエンジンを切ったのですが、考えられる原因は何でしょうか?

私としては以下の原因を考えたのですがどうでしょうか?
1、スロットケーブルを差し込む時、逆に差し込んだ。
2、スロージェットが逝かれた
3、パワーフィルターに変えているのがいけないのか
4、ギアが一速に入っていた?

ちなみにMT車は初めてです。

Aベストアンサー

こんにちは。恐らく貴方のバイクのキャブレーターは「ピストンバルブ式」のキャブレーターだと思います。ワイヤーで直接スロットルを開いてエンジン回転数を上げるタイプです。

 ピストンバルブ式のスロットルバルブはそのピストンに2つの「溝」があります。一つはスロットルワイヤーを脱着する為の溝、もう一つはアイドリング回転数を決める為の斜めに削ってある溝です。ピストンを外して中をもう一度見てください。その斜めに削ってある溝に丁度入るように突起があるはずです。その突起はねじになっていて、閉めこむと回転数が上がり、緩めると回転数が下がると思います。
 そのねじは点検したのでしょうか?また、脱着するときにそのねじが何回転全閉時から緩めているか?のデーターなどつけましたか?その辺ももう一度点検する必要がありますね。
 あとはチョークの状態ですね。何処まで分解したのか?どんな方法で詰まっていたジェットなどを綺麗にしたのか?解りませんが、私としては、あえて、貴方の中の選択肢を選ぶとするならば、1が一番怪しいかな?・・・2についてはスロージェットが仮に逝かれても結局はアイドリング時の燃料しかコントロールしていないので回転数が上がっても全開みたくはならないはずです。3については、かえって調子が悪くなると思いますよ。低速度域の空気の流速が落ちるわけですから、アイドリングは安定しない方向に行くはずです。4については?です。エンジンを始動させようとするとバイクが動いちゃいますよw(キックが降りないかな?)あんまりMT、などは関係ないと思います。
 根本的にキャブレーターの分解図や整備書をご用意してもう一度やり直すことをお勧めします。プロに任せればあっという間に直しちゃうと思いますが、それをやりたくない気持ちもわからないでもないですが、直すところを見ながら勉強すると言う方法もありますし、そこから更にアドバイスなどもお近くのバイク屋さんに相談することも良いかもしれませんね。

 ご参考までに・・・

こんにちは。恐らく貴方のバイクのキャブレーターは「ピストンバルブ式」のキャブレーターだと思います。ワイヤーで直接スロットルを開いてエンジン回転数を上げるタイプです。

 ピストンバルブ式のスロットルバルブはそのピストンに2つの「溝」があります。一つはスロットルワイヤーを脱着する為の溝、もう一つはアイドリング回転数を決める為の斜めに削ってある溝です。ピストンを外して中をもう一度見てください。その斜めに削ってある溝に丁度入るように突起があるはずです。その突起はねじになっていて...続きを読む

Q2ストの走り方を教えてください!!

最近バイクが届いた免許取立ての超初心者です!!
2ストバイクというのは色々と大変だから最初はやめといたほうがいいよ、と友達に言われていたんですが買ってしまいました!
案の定困っています…
エンジンかけて1~2分くらいアイドリング状態?にしておいてその後に走るのですが、曲がり角とかで減速すると曲がった後にアクセルを回してもそのまま止まってしまいます!!
その後は何回キックしてもかかる気がしない…、その後1~2時間ほっとくと直ります!
バイクに詳しい友達に聞いたところ、だらだら走ってるとそうなるよ、って言われました(笑)
かぶりエンストってとこまでは調べたんですが、かぶらないようにするにはどうゆう走りが理想的なんでしょうか?
2ストに乗ってる先輩方!!教えてください!!

Aベストアンサー

2スト乗りです。
2ストエンジンは始動から完全にエンジンが温まった状態にするまでにコツが必要です。失敗するとプラグがかぶります。
まずエンジンがかかったら、アイドリング状態にしないで右手でスロットルを回し3000RPMくらいをキープするようにしてください。この際チョークを戻しますが、そのタイミングはバイクによって違うので、チョークを戻したり引いたりして御自分のバイクの癖を掴んでください。もしご近所に迷惑がかからない場所であれば水温計が50度になるまでそのまま暖機してください。
住宅街であれば徐行しながら走り出し、近所迷惑ならない場所まで移動した後に暖機をしてください。
暖機完了後はエンジンの調子を見ながら走り出しますが、異常が無いようであればなるべく早く、1速で10000回転までのスロットル全開加速をしてください。このさい始動から暖機中にクランクケースにたまった余分なオイルが燃えるので大量の煙が出ます。一度加速をしてクランクケースがきれいになると、快調に走れるようになります。

私はガンマにもRSにも乗ったことがありませんが、2ストなので通常の走行でもアクセルを開け気味で高回転を保って走行したほうがエンジンの調子は良いでしょう。事故と違反にはくれぐれも気をつけてください。

車をリードするようなすばやい発進には半クラのコツがいります。
クラッチミートは7000rpmで半クラにしてバイクが動き出したら、左手のクラッチの位置はそのままで、右手のスロットル開けてゆきます。バイクスピードが乗ってきたらクラッチを完全につなぎます。そのまま加速したいときはスロットルをさらに開けていきますが、十分にスピードに乗ったと思ったときはクラッチを完全につなぐと同時にスロットルは逆にやや戻します。この辺の感覚は練習で身につけるしかないともいます。

4ストに比べるといろいろ面倒な2ストですが、乗っていて楽しいバイクなので、がんばってベテラン2スト乗りになってください。

2スト乗りです。
2ストエンジンは始動から完全にエンジンが温まった状態にするまでにコツが必要です。失敗するとプラグがかぶります。
まずエンジンがかかったら、アイドリング状態にしないで右手でスロットルを回し3000RPMくらいをキープするようにしてください。この際チョークを戻しますが、そのタイミングはバイクによって違うので、チョークを戻したり引いたりして御自分のバイクの癖を掴んでください。もしご近所に迷惑がかからない場所であれば水温計が50度になるまでそのまま暖機してください。
住...続きを読む

Q2サイクルエンジンの点火不良について

5~6年前に慣らし運転だけして放置しておいた2サイクル単気筒エンジン(単体)を再び使いたいと思っていじっていますが、今のところ動いてくれません。症状は以下の通りですが、どういう点をチェックしたらよいか、ヒントでもお寄せいただければ幸いです。
どのカテゴリが良いか迷ったのですが、多分経験者が多いと思われたのでこちらで質問させていただきます。

症状:
・スパークプラグに火が飛ばない。
 (プラグを外しプラグケーブルとアースを接続してスターターを引いても、プラグにスパークが飛びません)
・プラグ電極にパルス電圧は来ている。
 (オシロスコープで確認しました。ピーク電圧は数十ボルト以上であるのは確かですが、何ボルト出ているかは測定不能。)
・プラグはあまり汚れていなかったが一応掃除はした。
 (手元に2本あるプラグ(BOSCH W5AC,W5BC)のどちらもスパークしません。電極ギャップは目視で約0.5mm。掃除カスはエアで吹きとばしました。)

エンジン仕様:
・型番:ソロ210(ドイツ製?)
・形式:2サイクル単気筒200cc
・燃料:混合ガソリン(現在は50:1にしてある)
・点火方式:マグネトー点火(だと思う)

いずれキャブレターの調整など燃料系統も問題になるかも知れませんが、とにかく今の所はプラグに火が飛ばないので困っています。これは電圧が足りないと言うことでしょうか?
経験者の方、お知恵を貸して下さい。どうぞよろしく。

5~6年前に慣らし運転だけして放置しておいた2サイクル単気筒エンジン(単体)を再び使いたいと思っていじっていますが、今のところ動いてくれません。症状は以下の通りですが、どういう点をチェックしたらよいか、ヒントでもお寄せいただければ幸いです。
どのカテゴリが良いか迷ったのですが、多分経験者が多いと思われたのでこちらで質問させていただきます。

症状:
・スパークプラグに火が飛ばない。
 (プラグを外しプラグケーブルとアースを接続してスターターを引いても、プラグにスパークが飛...続きを読む

Aベストアンサー

まず火花が飛ぶようにするのが先決です。
>これは電圧が足りないと言うことでしょうか?
その通りです。

2次電圧は数万ボルトです。オシロで見ても意味がありません。
イグニションコイル、ハイテンションコード、プラグキャップのいずれかあるいは複数で
リークがある可能性大です。古いパーツですと絶縁が悪く、そうなると交換しか手はないです。
高電圧がかかるパーツは、静電気でカーボンが付きます。古いパーツはマイクロクラックが入り、そこにカーボンが入り込み、リークという構図です。そうなったら清掃しても、まあ無理でしょう。


エンジンがかからないトラブルですか
まず点火系を見ます
つぎに正常な圧縮があるか(この不具合はめったにない)
キャブレターからガソリンがでるかプラグがかぶれば出ているということです。
出なければ、タンク、フィルター、コック、ホース、フロート、ジェット、エアスクリューなどチェックをします
ここまで正常なら乾いたプラグを挿してクランキングを何回かやれば爆発があるはずです。
白煙が出る、あるいはすぐストールならスローの燃調です。
まずはエアクリーナを疑い、排気系をチェックします。スローがOKになったらセカンダリを合わせていきます。
キャブの調整はマニュアルにある初期設定から少しずつ調整していきます。

まず火花が飛ぶようにするのが先決です。
>これは電圧が足りないと言うことでしょうか?
その通りです。

2次電圧は数万ボルトです。オシロで見ても意味がありません。
イグニションコイル、ハイテンションコード、プラグキャップのいずれかあるいは複数で
リークがある可能性大です。古いパーツですと絶縁が悪く、そうなると交換しか手はないです。
高電圧がかかるパーツは、静電気でカーボンが付きます。古いパーツはマイクロクラックが入り、そこにカーボンが入り込み、リークという構図です。そうな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング