ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

「たもかく」という会社が株主を募集しています。
この会社には珍しい株主優待があります。
会社の株式の現時点での取引価格を手軽に調べる方法が分かる方がおりましたら教えていただけないでしょうか。

たもかく株式会社(http://www.tamokaku.com/index.php)は、独創的な取り組みをする面白い会社だと思います。
ウィキペディアでたもかくを検索したところ、歴史のある会社のようです。また、この会社は【珍百景No.1319】「意外なものと交換できる古本屋さん」で紹介されました。

株主優待として、保有している約40万坪の山林に入って山菜などを取る権利や、一般客の宿泊お断りの別荘ともいえる宿泊施設に回数無制限で宿泊することができる権利があるようです。

非上場会社なので、株式を売りたいときに売れない可能性がある問題はありますが、会社が発行しているまぐまぐのメールマガジンの週刊たもかくで時々取引情報が表示されるので、それを見たところ一定数の取引はあるようです。

株式の価格は会社が募集している新規株式と既存株主が売主になっているものと価格が大きく異なるようです。 新規株式の方が3倍程度高いのではないかと思います。

既存株主の株式の売り注文は会社で受け付けていて、新しく株式を購入したい人が、会社に株式購入検討のための資料送付の問い合わせをすると、まず、3倍程度高い新規株式の購入を勧められるようですが、それを断って既存株主の売却希望価格を聞くと株価を教えてくれて会社経由で取引ができるようです。

会社に問い合わせたところ、週刊たもかくには、取引の一部しか掲載されていないようなので、リアルタイムの価格はわかりません。

ちょくちょく会社に既存株主の売却希望価格を照会するのは手間と電話代がかかります。

インターネットでリアルタイムに近い形で、売却希望価格を知る方法はないものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すみません書き間違えです。



株式会社一社でも、は証券会社(私設市場を持つ)を指します。
この私設市場も独自審査が要りますし、売買は自分で判断するものです。

例として、「フェイスブックが上場日から買える云々」は、
係わる海外証券を取り扱いできる日本の証券会社のネット取引だからの話です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

気配値が載っているサイトはないようですね。
週刊たもかくを参考にしながら,最安値の株式価格を電話で聞いて調べるのが近道ですね。

補足日時:2012/10/04 21:14
    • good
    • 0

非公開株式を扱うというのは市場自体が無く、個別取引という事です。


上場されていなければ、市場の収入源である、それを通報する機能にも載りません。
たとえ株式会社一社でも「私設市場での売買委託」がなされていれば、
そこのインターネット取引に気配値を出したり売買確定もできますけれど。

元の会社サイトは一切見ず、関連検索もせず回答で申し訳ありません。
質問自体があまりに元会社のいいなりで長い文章なので、
元の会社が、実質支配な他社に「夢でもいいから記事書いて売れや」と
仕掛けられて、それを買わされるリスクが無いとも言えません。

投資するのに不安があれば、興信所に有料で企業調査させてもかまいません。
信頼性は明言できませんが事業実態をも確認しての客観情報が得られます。
東京商工リサーチ、帝国データバンクは主に上場会社相手で総覧出版物など
や、倒産速報を出してますが、同じ「調査会社」にあたります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

しかし,元の会社サイトは一切見ず,関連検索もせずに回答はしないでください。

非上場株式であってもグリーンシート等のように私設市場はあります。
非上場会社の株式の取引は証券会社を通した取引か,または株式発行会社を経由しての取引,私人間の間での相対取引になると思います。

個人が趣味で売買の気配値のデータベースを作っていれば,参考にしたいと思って投稿しました。

補足日時:2012/10/04 21:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング