「教えて!ピックアップ」リリース!

ウールは水で洗ったり、アイロンの蒸気をあてたりしていいのですか?

A 回答 (3件)

基本的には、どんな生地でも水通しをして地直しをした方が良いです。


何故かというと、水通しをしなかった場合、もし出来上がった服が雨にでも濡れた場合、縮んでしまうことがあるからです。ですから、そうならないようあらかじめ濡れて縮むような生地は、縮ませてしまってから縫うほうが良いのです。

私の場合、ポリエステルやコットンは直接水に浸してしまい、脱水をかけず広げて干します。コットンは、半乾きの状態でアイロンで整えます。
ウールやその他の上質な生地は、きりふきで水をかけ、生地に十分に水が浸透するまでビニールなどでくるみ、その後アイロンを完全に乾くまでかけます。

ただし、水通しに注意しなければならないものもあります。
ふくれ織り・起毛素材・光沢のあるもの・ラメの入っているもの・一部のシルクなどです。
ふくれがつぶれたり、光沢がなくなってしまったり、シルクにはアイロンの跡がついたりしてしまいます。心配なときには、生地の端の方に霧吹きで水をかけ、アイロンをかけてチェックしてから行って下さい。

一般的なウールであれば、普通に水をかけたり(洗うことはしない)、蒸気をあてても大丈夫です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。感謝いたします。

お礼日時:2012/09/23 11:18

基本ウール地は水に通さず、生地全体に霧吹きして、デリケートな素材の場合はあて布をして、スチームアイロンかけます。



が私はあて布するのが面倒なので、生地の裏からアイロン地直しします。


ウール生地が厚めだったり、作った後の縮みが心配な場合は、生地の表裏両方に霧吹きするといいです。

生地に霧吹きしてるので、スチームなしでアイロンしても大丈夫ですが、焦げ変色防止の為、少量スチームだしたほうがいいと思います。

地直しのアイロンだけで完全に生地を乾かさなくてokです。
アイロン地直し後干して、乾いてから使って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。感謝いたします。ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/23 11:17

アイロンの蒸気は大丈夫ですが、水通しはしないほうがいいと思います(縮絨する)。


普通は生地に水を霧吹きして、ビニールなどで密閉して数時間おき、水分を生地に含ませてから、アイロンなどを使わず地直しをします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2012/09/23 11:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング