gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

「執拗」、「確執」の「執」は「シツ」と、
「執着」、「執念」、「妄執」の「執」は「シュウ」と、
それぞれ読みますよね。

ところで、「固執」の読みは、「コシツ」も「コシュウ」もアリだけど、本来の読み方はドッチですか?

ちなみに、
1.角川国語辞典で「こしゅう」の読みで「固執」を引くと「→こしつ」と載っています。
2.明解国語表記辞典では「こしつ」で「固執」が登場し、「こしゅう」では登場しません。
3.新明解国語辞典では『「こしゅう」は「こしつ」の老人語』となっています。びっくり!
これらを纏めると(?)、本来は「コシュウ」だったが現代では(若者は?)「コシツ」と読むと?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3です。



>「コシュウ」が「明治中期から」出ている「コシツ」よりも先に「老人語」になっちゃったと。
>新明解国語の誤謬でしょうか?

もちろん明解に言えば「誤謬」です。←オイオイ。

「放送用語ハンドブック」では「「こしつ」を採り、「こしゅう」は原則として使わない」とした当のNHK自身がこの「老人語」説明をわざわざとりあげているほどです。
NHK「ことばの研究 『美男子(びだんし)』が多いのはどの地域?」
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/kot …
その本文(adobe)の「1.3.1固執」の項参照
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/rep …

この主張の根拠と思わしきものでは、彼の文化庁国語課の担当官や審議会委員たちの議事録での「漢語・漢字に関する問題」の「「固執」は「コシツ」か「コシュウ」か」において、「「こしつ」・「こしゅう」のどちらが正しく、どちらが誤りとは言うことはできないが、「こしゅう」は伝統的ではあっても多少古めかしい感じがあり、現代の口言葉としては、「こしつ」であると言ってよいであろう。」とまとめています。

>「本来の読み方」が「古くから存在する読み方」とするならば、「コシツ」が固執の本来の読み方なのでしょうか?

1.「執」の読みの多様性と、持たせた意味の違い
#2さんの回答のように、本来は呉音・漢音とも「シフ(シュウ)」です。
ただし、「礼記」や「中庸」での「擇善而固執之者也」のように、「善を擇(えら)んで固(かた)くこれを執(と)る者なり」として、「固」は修飾語で「執」が動詞として、今日的意味での熟語ではありません。

まず、平安中期の「延喜式・式部上」では「執政(しっせい)」という呼称が現れています。
「執(シフ)」のサ変動詞化した「執す」が、果たして促音便化した「しっす」なのか、促音便化しない「しふす」のままなのか、「しゅす」と記された例においても両者の判別は難しいとされています。
(参考:「古語大辞典」小学館)

これが「執心・執着」の意味をもった「執(シフ(しゅう))」のまま、名詞として平安期には使われています。
「何事にも執(シフ)は留めじ思ふ世なれ」(「源氏物語・横笛」)
形容動詞としても使われています。
「執なるものの師どもを、ここかしこに尋ねて侍りしなり」(「源氏物語・花宴」)

また同時期に「しゅす」に関わる「執筆(しゅひつ)」という言い方もあります。
「左大弁在衡朝臣執筆(しゅひつ)のため、…」(「九歴・天慶七年九月」)

この間の事情については次の記載を採ります。
「取りもつ義より轉じ我國にては單にシフといひて、深く心に留めて守り忘れぬ義に用ふ。執着心。執念の「執」なり」(「大字典」講談社)
つまり、執政など、取り持つ意味ではない場合、そのまま「執(しゅう)」と読むのだと、執着心のように。

2.漢熟語「固執」の発生時期
明治22年5月刊行の「言海」には載っていません。「日本大辞書」「ことばの泉」にもなく、明治41年の「ことばの泉 補遺」での採録(読みは「コシツ」のみ)が早い方だと目されています。
ここから唯一1888(明治21)年に現れているという「漢英対照いろは辞典」が問題となりますが、その内容は未見の為不明です。
一つの推測で英語の"insistence"の訳語に「執拗(しつよう)」とともに「固執(こしつ)」という、「執(シツ)」を揃えた表現を行っているのではないか、これはまた、その後、心理学用語などとしても「こしつ」として訳されたものではないか。そしてこれで学んだ学生たちの成長し社会で活躍する10~20年後といった形で、その後の新聞・雑誌などを通して読み・言い方に影響を及ぼしたのではないか知らん、と。
そう考えると、漱石が「コシフ」と遣いながら、同時期の新聞小説では「コシツ」となっている背景も何となく忍ばれるものと。

このためにも、まずは「漢英対照いろは辞典」での扱い方を実際に確認したいものです。

3.老人説
以上からして、平安の昔から2乃至3種の読み方が存在したと言えども、音便を入れない「しゅう」と読むのが呉音・漢音に適合し、かつ「深く心に留めて守り忘れぬ義に用ふ」に叶うのではないかと思われます。
ただし、この意味では既に、「固持・固守・堅持・護持」といった十分に熟した語彙があったにもかかわらず、英語の和訳において「執拗」と共に「固執」が改めて「こしつ」読みで創作された可能性もあり得ます。

明治後期から普及をみたこの「こしつ」が、戦後、その本来の読みとしての「こしゅう」とも読み直す動きがあったのではないでしょうか。しかしその後、改めて英語辞書などでの「口言葉」としての「こしつ」を良しとする世代が育つにつれ、先の戦後期世代を指して「老人語/多少古めかしい感じ」としているのではないでしょうか。

この回答への補足

本日(2012/09/21)、図書館で他の辞書における記載状況を調べたので、私自身の備忘録として記しておきます。
日本国語辞典[第二版](小学館)
 →【固執(こしつ)】の補注:かつては「こしゅう」が一般的であった。
明鏡国語辞典[第二版](大修館書店)
 →【固執(こしつ)】:「こしゅう」の慣用読みだが、今日では「こしつ」が一般的。

補足日時:2012/09/22 00:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

》 その本文(adobe)の「1.3.1固執」の項参照
の箇処でご紹介いただいた資料には感激いたしました!
ちなみに、同資料の 37頁に、私がたまたま目にした“新明解の老人語”のことも記載されていますね。
同ページの説明文「国が示す基準としても、どちらが標準的であるかを明示するのは困難」を念頭におくことにします。

この度は誠にありがとうございました。

お礼日時:2012/09/21 12:19

#3・6です。



高橋五郎 著「いろは辞典 : 漢英対照」(明21.5)を確認しました。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/902745
本書の768頁に次のように載っています。
「こしつ[する] 固執、かたくとる、いぢはる To fold fast, to insist on.」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/21 12:37

    #2です。

やり直しです。

>> 1。  私には貴方のご説明が難解に過ぎました

    申し訳ありません。やり直します。次は、下記にこの問題が要約されている部分です。

「唇内入声」は唇を使った発音で、「ジフ」「キフ」「シフ」 「エフ」「タフ」と書きましたが、これは旧 仮名遣いで「現代仮名遣い」なら「ジュウ」 「キュウ」「シュウ」「ヨウ」「トウ」となります。

 「舌内入声」は舌を歯茎のあたりに付けて発音しますが、「-チ」となる場合と「-ツ」 となる場合がありますが、両方あるものもあります。「一」は「イチ」と「イツ」、「質」 は「シチ」と「シツ」、「別」は「ベチ」と「ベツ」などです。
 「喉内入声」は喉の前の方で発音し、「-ク」 の場合と「-キ」の両方があります。

 この「入声」が日本語の中で、もっとも問題があり、特に「唇内入声」の「十」「塔」「執」「合」「雑」など一部のものは二つの形「ジュウ」と「ジッ」、「トウ」と「タッ」、「シュウ」と「シッ」、「ゴウ」と「ガッ」、「ゾウ」と「ザッ」のように両様のの形で現れることがあります。

 たとえば、普通「ジュウ」と読むのに「十本」「十手」は「ジッポン」「ジッテ」となります。同様に「塔頭」は「タッチュウ」となり、「執念」は(シュウネン)となるのに「執行」「執筆」は「シッコウ」「シッピツ」 となります。「合」は「合併」(ガッペイ) となるが、順序を変えると「併合」(ヘイゴウ)です。   
    http://cocologjun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09 …

(以下は僕の解説です)    
    中国では終わりに p、t、k がつく文字があり、これらは入声(ニッショウ)と呼ばれます。北京などの北方方言では無くなりましたが、広東語、客家語、など中国南部では残っています。

     p で終わるのを「唇内入声」、t で終わるのを「舌内入声」、k で終わるのを「喉内入声」と言います。ご質問は、唇内入声の「執」に、なぜ「舌内入声」の読み(すなわち「シツ」があるのか,と言うことです。

    簡単に架空の例でご説明申し上げますと、 tep、 tet、 tek のような音が日本に入ってきた、「さあどうする?」となり、一つの解決法は「てう」「てつ」「てく」ともう一字くっつける、方法、もう一つは「で」で三つを表しちまえ,と言う方法です。

     この後者だと唇内と舌内の区別が無くなります。このため本来「しう」>「しゅう」と進むべきものが、「しつ」の方にも紛れ込んだ、と言うことです。


>>2。  「シュウ」を「本来の読み方」とする根拠を示していただいた、と理解しておきます。

    おっしゃる通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/21 12:38

    #2です。

補足です。

>>「出生届」における「シュッセイ届」「シュッショウ届」と同類問題かな、とも思っています。

    「執」の二つの読み方は日本に入ってからできたのですが、「生」を「セイ」と読んだり「「ショウ」と読んだりするのは、日本に入る前からです。

    「ショウ」は、呉音で、中国南部から仏教の僧侶が伝えたもので古い発音です。
    「セイ」は、漢音で、中国北部から、呉音よりも後から伝わった発音です。下記などをご覧ください。   
    http://www.geocities.co.jp/collegeLife-Labo/6084 …

     他にも「正」を「ショウ」(正月)と読む時は呉音、「セイ」(正義)と読む時は漢音です。
     明、星、京、丁、平、霊、兵、をみょう、じょう、きょう、ちょう、ひょう、りょう、ひょう、と読めば呉音。
     めい、せい、けい、てい、へい、れい、へい、と読めば漢音です。
    • good
    • 0

わが国の辞典類での読みの経緯を纏めてみました。


明治中期から昭和初期を通して、「こしつ」読みが主で、「こしゅう」が主見出しとして現れるのは昭和期に入ってからと見れます。
漱石でさえ論説文と新聞小説で読みが変わっているのは、結局音読みでは「こしゅう」だが、世間的に「こしつ」であることにもあえて固執しないということでしょうか。

1.1888(明治21)年 
コシツ…主見出し(「漢英対照いろは辞典」)
2.1908(明治41)年
コシツ…主見出し(「ことばの泉 補遣」)
3.1922(大正11)年
コシツ…主見出し(「言泉 改修版」)
コシフ…空見出し
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/969160
(1495頁と1497頁)
4.1919(大正8)年
コシフ…空見出し(「大日本国語辞典」)
5.1935(昭和10)年
コシュー…主見出し(「大辭典」)
コシツ…空見出し

一方、作家の方から見ると、
1.こしゅう
「融通のきかぬ一本調子の趣味に固執(こしゅう)して、」(夏目漱石「作物の批評」1907(明治40)年)
「彼らはいずれも自己の性向、世界観に絶対に固執(こしゅう)していて、」(中島敦「悟浄出世」1942(昭和17)年)
2.こしつ
「たしかに頭の上で大きな音がしたのだと固執(こしつ)した。」(夏目漱石「門」1910(明治43)年)

この回答への補足

》 明治中期から昭和初期を通して、「こしつ」読みが主で、「こしゅう」
》 が主見出しとして現れるのは昭和期に入ってからと見れます

このことだけを見ると、私の質問文の「3.」と矛盾しているようですね。
つまり、「昭和期に入ってから」現れる「コシュウ」が「明治中期から」出ている「コシツ」よりも先に「老人語」になっちゃったと。新明解国語の誤謬でしょうか?

それから、…
「本来の読み方」が「古くから存在する読み方」とするならば、「コシツ」が固執の本来の読み方なのでしょうか?

補足日時:2012/09/20 15:30
    • good
    • 0

ところで、「固執」の読みは、「コシツ」も「コシュウ」もアリだけど、本来の読み方はドッチですか?



    コシュウです。

    もともと中国の上古音や中古音では *tiep のように再構成されています。このおしまいの [p] は、日本に入ってきた時は「う」の仮名で書き表されました。

    「しう」と書かれたものは「しゅう」と発音され、「執着」、「執念」、「妄執」は、その正当な流れを示しています。

   ただおしまいの p がゼロ表記の場合もあり「し」だけが書かれる場合がありました。そのため同じくゼロ表記だった t を書かない「し」と混同された時があります。

    このため本来 iet で終わる漢字と一時的な混流が起こります。「執拗」、「確執」、「執事」などが産まれたのは、このためです。

    同じ iep に終わる文字には「入」「十」などがああり、 入学「にゅうがく」、と入声「にっしょう」、十分「じゅうぶん」と、十手「じって」の2種の読みが見られるのはそのためです。

    他の p に終わる例には「立」があり、設立「せつりつ」、建立「こんりゅう」の2種があります。

    僕は多くの場合、現代の日本語では、若者語、老人語 の区別ではなく、語彙で(例えば設立は「せつりつ」と読み、建立は「こんりゅう」と読むと言う風に)決まっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私には貴方のご説明が難解に過ぎましたが、「シュウ」を「本来の読み方」とする根拠を示していただいた、と理解しておきます。何だか気分がスッキリしています(^_^)

》 多くの場合、・・・語彙で(例えば設立は「せつりつ」と読み、建立は
》 「こんりゅう」と読むと言う風に)決まっていると思います
私もそのように理解しておりましたが、「固執」の読み方の元祖と使い分け(があれば、それ)を知りたくて質問しました。

「出生届」における「シュッセイ届」「シュッショウ届」と同類問題かな、とも思っています。

コメント、誠にありがとうございました。

お礼日時:2012/09/19 09:45

ご明察!


本来は「こしゅう」です。
これが長い間使われるうちに「こしつ」の方が一般に定着しました。
まあ、「執」の字自体が「しつ」と「しゅう」のふたとおりの読みがありますからねぇ・・・

よく似た例では、遺言があります。
法令用語では「いごん」ですが、一般的には「ゆいごん」ですね。

シチュエーションによって使い分けるものとそうでないものもあります。
時と場合を考えて使うとよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

》 まあ、「執」の字自体が「しつ」と「しゅう」のふたとおりの読みがありますからねぇ
そのために質問した次第です。
改めて現代漢語例解辞典(小学館)を引いてみると、「シュウ」は呉音/漢音だけど、「シツ」は慣用音と載っていました。
今やダントツに慣用音が多く、“本来読み”を含む言葉は次のものしか思い浮かびません。
  愛執、異執、意執、我執、偏執、妄執
  執心、執着、執念

コメント、誠にありがとうございました。

お礼日時:2012/09/19 09:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q"Can you celebrate?"ってどういう意味??

安室奈美恵さんの「Can you celebrate?」
という曲がありますが、そもそもこの英語はどういう意味ですか?
(誰が誰に対して言っている言葉なのでしょう・・・)
「Will you celebrate our marriage??」
とかならわかるのですが、celebrateが自動詞ではおかしいと思うのですが・・

Aベストアンサー

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。

結論を言うと、「Can you celebrate?」は微妙なところだと思います。「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。

慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Qなぜ施策を「せさく」と読むのですか?

仕事の関係で行政官のかたとお話する機会が多いのですが、
かなり多くの方が「施策」を「しさく」ではなく「せさく」と言っているように思います。

いわゆる「間違った日本語」らしいのですが、日本語のプロたる行政官の方が間違っているというのが不思議で、なんらかの意図があるのかと勘ぐっています。

歴史的経緯など、なにかご存知の方がいらしたら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

「しさく」と言った場合、「施策」と「試作」のどちらの意か、文の流れによっては判断が難しかったりします。よりわかりやすく「せさく」と読む流れが出来ました。
No.1さんが、施行を「しこう」と読まず「せこう」と読むことを嘆いていますが、法律専門家の多くは「せこう」と読みます。これも「しこう」と読む熟語が多いため、わかりやすくするためにわざと「せこう」と読むところから始まったという話です。

これらの読みは、辞書にも載っていますし、現代では旧来の読みと同等に、正しいとされています。
同じようなものでは、
重複→ちょうふく・じゅうふく
固執→こしゅう・こしつ
などがあります。

言語学の専門家がこんな事を言っていました。
「言葉は時代によって進化する。変わらない言葉は死語である。」


人気Q&Aランキング