いつも教えてGooを拝見させて頂き、いろいろと助かっております。
大変申し訳無いのですが、今回は質問をさせていただきたいと思います。

Facebookに投稿したら自動的に同じ投稿内容がgoogle+ への投稿されるような
仕組みはあるのでしょうか?

いろいろインターネットを調べてみたのですが、
google+ からFacebookは多数発見したのですが、
逆は全くと言っていいほど見つからなかったのです。

希望の方法は
-PCでFacebookにログインして投稿する形式を希望しています。
 (ブラウザのChromeのエクステンション機能から投稿は除外させてください。すみません。)
-Facebookのアプリでgoogle+に自動投稿したいです。掲載内容は、文字、リンク、写真。
 (Facebookのアプリがなければ、自分でFacebookアプリを開発すれば実現できるものでしょうか)
-Facebookの投稿の後、文言の修正は行いません。単に投稿とgoogle+への自動連携が出来れば構いません。

ご存知の方がいらっしゃれば、お時間あるときにご教授いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず、あまりスマートな手段ではないですが、こういう方法があります。



Google+と直接、連携できるサービスを利用する。
写真ならばPicasa、ブログならばBlogger。
これらを更新することによっても、+のフィードの方も変化します。

あとは、Facebookの方からこれらのサービスに連携できるサービスがあれば良いわけです。
例えば、IFTTTというサービス。
FacebookやEvernoteなどの様々なサービスのアクションに対して、別サービスのアクションを発生させることができるサービスです。
これを使うことができませんか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の読み方:漢字1字で「公頁」は何と読むでしょうか?

漢字の読み方について教えて下さい。漢字1字で「公頁」は何と読むでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショウ(音読み)。頌春とか、年賀状にかく。
意味は、ほめる。たたえる。(このように訓ずることあり)

Qfacebook twitter google+

facebookとtwitterとgoogle+に入っています。
facebookとtwitterは更新していますが、google+は全く更新していません。
どの様な使い分けをしていますか?
ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

「Google+」は「Facebook」と同じSNSですが、実名登録が基本でリアル社会の人間関係を持ち込んでいる比較的クローズドで結び付きが強い「Facebook」に比べ、「Google+」は人間関係のつながりが薄く一方通行の関係が多いSNSです。

GoogleのSNSだけあって、Googleでの検索に引っかかりやすく、「Google+」にログインしていない人でも(アカウントがなくても)、公開設定にしていれば日記などを読むことができます。(Facebookは、基本的にはアカウントがないと読めない)

「Google+」は、どちらかというと、個人が情報を発信するブログに近い性質と、相手を気軽にフォローできるTwitterの性質を持ち合わせていると思います。

「Google+」がウリとしているのは、2011年12月から始めたAKB48プロジェクトで、48グループのメンバーのほとんどが「Google+」で日記や画像、動画を公開していますが、それをフォローする(サークルに入れるという言い方をする)ファンらが、日記などにコメントしたり、「+1」ボタン(いいねボタンみたいなもの)を押したりしています。

かといって、メンバーがファンをフォローするわけではないので、一方通行の情報の流れができています。

そんなところから、ブログやTwitterに近く、日記などを検索しやすい、ユーザー同士の関係が希薄なSNSというふうに認識しています。

「Google+」は「Facebook」と同じSNSですが、実名登録が基本でリアル社会の人間関係を持ち込んでいる比較的クローズドで結び付きが強い「Facebook」に比べ、「Google+」は人間関係のつながりが薄く一方通行の関係が多いSNSです。

GoogleのSNSだけあって、Googleでの検索に引っかかりやすく、「Google+」にログインしていない人でも(アカウントがなくても)、公開設定にしていれば日記などを読むことができます。(Facebookは、基本的にはアカウントがないと読めない)

「Google+」は、どちらかというと、個人が...続きを読む

Q部首:音読み・訓読みとは別の作り方で考案された名称

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮名と関係がある

冖 → わかんむり
宀 → うかんむり
殳 → るまた
禾 → のぎ
釆 → のごめ

2)形と関係がある

丨 → ぼう、たてぼう
亅 → はねぼう;かぎ

3)仮名とも形とも関係がある

丿 → の;はらいぼう

4)他の部首の名称が影響を与えた

冫 → にすい
頁 → おおがい

5)他の部首の名称が影響を与え、区別するためにも作られた

酉 → ひよみのとり
隹 → ふるとり

上記のものはいつ・どこで・誰によって考案されたでしょうか。また、どんな過程によって・どの時点でその名称が定着したでしょうか。詳しい方、是非、教えて下さい。

部首の名称において、通常の音読みあるいは訓読みが使われているもの

力 → ちから
瓦 → かわら
臼 → うす
鼓 → つづみ

十 → ジュウ
寸 → スン
臣 → シン
龍 → リュウ

や音読み・訓読み両方が使われているもの

比 → ヒ;ならびひ;くらべる
用 → ヨウ;もちいる
走 → そうにょう;はしる
辛 → シン;からい
門 → モン;もんがまえ、かどがまえ

があります。

本質問では、音読み・訓読みとも関係なく作られた部首の名称について聞きたいと思います。

一応、五つの名称タイプを紹介させてもらいます。

1)仮...続きを読む

Aベストアンサー

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が作られ、篇が構成され、篇目すなわち部首であったから、篇とは部首全部について適合しうる語であった。また「片」の字も用いたのであって部は篇と同意で、したがって部首字が篇(また片、偏とも書かれた)とも呼ばれた。」
「日常的に多く見る漢字の偏旁冠脚の場合は通俗的なものを必要としたので、ほぼ一般に弘通した名があったが、部首字すべてに通俗の呼び名が行われたものとは認めがたい。部首名のまとまった資料は『運歩色葉集』、キリシタン版『落葉集』(小玉篇)、江戸時代に入っては、『節用集』末書などに付録されたものがある……」


  『新撰字鏡』(しんせんじきょう)昌住撰、900年成立。漢字を160の部にわけ、漢字で発音と意義を示すが、和訓も少なくない。最古の漢和辞典といわれる。
  『運歩色葉集』(うんぽいろはしゅう)16世紀半ばの成立。「色葉集」(語を頭音に従ってイロハ分けしただけの国語辞典)の一つ。
  『落葉集』(らくようしゅう)日本イエズス会のコレジヨで、1598年成立。「落葉集」(漢語の最初の漢字の音でイロハ分けした漢語字典120頁)・「色葉字集」(和語を頭音でイロハ分けした国語字典44頁)・「小玉篇」(漢字を140の部首で分けた漢字字典34頁)の三部構成。

『節用集』末書の二つを参看しました。

『(増廣字便)倭節用集悉改袋(やまとせつようしうしつかいふくろ)』1776 「篇冠構尽(へんかふりかまへつくし)」 135部首 
『大全早引節用集』天保年間 1840頃 「編冠構字尽(へんかむりかまへじつくし)」 98部首

近代の漢和辞典

榮田猛猪『(縮約)大字典』1920(大11) 「部首名称」 137部首
諸橋轍次『大漢和辞典』1955~60(昭30-35)では部首字(とその異体字)に読みを「国訓」として入れたものがあります。その数およそ110

 「部首のよみ」を全部そろえるようになったのは、ごく近年になってからのことのようです。

               1955     1920   1840       1776     1598
力    ちから     ちから    ちから   ちから      ──     ちから
      ──     ちからづくり ──    ──      ちからつくり
瓦    かわら      ──    ──    ──      かはら    かはら
臼    うす       ──    ──    ──       うす 
鼓    つづみ     
十    ジュウ      
寸    スン       ──    ──     ──      すんつくり   すん
臣    シン       
龍    リュウ       
比    ヒ         
     ならびひ      
     くらべる      
用    ヨウ        
     もちいる     
走    そうにょう   そうねう   そうねう    さうねう    そうにう    そうにう
     はしる       
辛    シン       
     からい      
門    モン       
     もんがまえ    ──    もんがまへ
     かどがまえ  かどがまへ  かどがまへ  かどがまへ   かどかまへ  かどがまひ
冖   わかんむり   わかんむり  わかんむり  へきかぶり   ひらかふり  ひらかむり
宀   うかんむり うかんむり   うかんむり  うかぶり     うかふり   うかむり
殳   るまた るまた     るまた    るまた    つはものつくり  るまた
    ──        ほこづくり
禾   のぎ のぎ      
    ──        のぎへん    のぎへん  のぎへん    のぎへん  のぎへん
釆   のごめ のごめへん   のごめへん  
丨   ぼう      
     たてぼう     ──     ──    てつちう 
亅    はねぼう    
     かぎ      
丿   の         ──      ──     へつへん
     はらいぼう  
冫   にすい にすゐ     にすゐ    にすい    にすい    にすい
頁   おおがい おほがひ   ──     ──      おほがひ
酉   ひよみのとり  ひよみのとり  ひよみのとり ひよみのとり ひよみ   ひよみのとり
     とりへん     とりへん    とりへん
隹   ふるとり ふるとり     ふるとり    ふるとり    ふるとり  ふるとり

『国語学大辞典』1980年9月の「部首」の項(山田俊雄氏執筆)には次のように書かれています。

「部首をなす字が、すべて、そのままの形で実用面に多く出現するわけではなく、その字音・字訓が広く知らているとはかぎらないので、部首の名称についても音よみ、訓よみ、形によるよみなどさまざまである。」
「『新撰字鏡』では連火・三水点・之遶、立心の語も見えていて、部首の呼び名が、いわゆる偏旁冠脚の呼び名の現在のものに、近い形に動いていたことが知られる。」
「古くは部立て・篇立ての意味で、部が...続きを読む

QGoogle+で自分だけ見られるように設定したコレクションに投稿したURLを沢山の人と共同で使ってい

Google+で自分だけ見られるように設定したコレクションに投稿したURLを沢山の人と共同で使っているGoogleドキュメントやドライブで自分以外が開くことはできますか?
やはりURLを他の人がクリックするとそのページに飛ばなかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

共有設定すれば、仰ることが可能です。

Q頁(おおがい) の部首の意味    (中学生です)

金曜日に国語の授業で「額などに使われる頁(おおがい)の部首の意味を調べてくるように」と宿題が出ました。
家の漢和辞典で調べても、「にんべん」や「さんずいへん」などは、例として書いてあるのですが、やはり、頁はありません。
次の授業が火曜日ですので、ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これじゃ、納得できませんか?
http://meiko.web.infoseek.co.jp/busyu/tukuri.htm

参考URL:http://meiko.web.infoseek.co.jp/busyu/tukuri.htm

Q【Googleアカウントを本名で登録したら、GoogleMapのコメント機能に投稿する投稿者名が本名

【Googleアカウントを本名で登録したら、GoogleMapのコメント機能に投稿する投稿者名が本名になる】


本名をハンドルネームに変える方法を教えてください。


あとAmazonレビューもAmazonアカウントを本名で登録しているので本名になるのもハンドルネームに変えたい。

あとアップルアカウントも本名なのでApp Storeのレビューも本名になるのをハンドルネームに変えたい。

どうすれば良いか教えてください。

Aベストアンサー

https://support.google.com/accounts/answer/6304920?visit_id=1-636277461940806624-1884126214&p=infosharing&hl=ja&rd=1

他のユーザーと共有する情報を選択する
1:他のユーザーに表示される自分についての情報を編集するには、[基本情報] ページに移動します。

[基本情報] をクリックすれば、名前を変更する画面がありますよ。名前はそうそう変わるものではないので、年に変更できる回数に制限がありますので注意してください。

QAccessのレポートでグループごとに改頁とページ数のクリア

こんにちは。Access2000を使用しています。
支店毎の商品別売り上げ表を作成したいので、
レポートで「支店コード」と「商品コード」を
グループ化しました。
支店が変わったら改頁するよう、「支店コードフッター」
に改頁コントロールを挿入しました。ここで以下の
問題とカスタマイズをおこないたいのです。
***********************************************
1.最後の「支店コードフッター」を出力した後で、
改頁されてしまい、不要な紙(ページヘッダーと
ページフッターだけ)が出力される。
2.ページフッターにページ番号([Page])を出力して
いるが、支店が変わったら(ページフッターを出力
したら)クリアーして「1ページ」から出力したい。
***********************************************
以上の2点を解消する策をどなたかよろしくお願い
いたします。

Aベストアンサー

>1.
支店コードフッターに改頁コントロールではなく並べ替え/グループ化の設定で支店コードのグループプロパティで同一ページ印刷でグループ全体を選択して対応できないでしょうか。
>2.
支店コードヘッダーのプロパティでフォーマット時のイベントに
Me.page = 1
を設定してください。
Private Sub グループヘッダー0_Format(Cancel As Integer, FormatCount As Integer)
Me.Page = 1 'ここに設定。
End Sub
支店コードが変わるとページが1に戻ります。

QGoogle +とGoogle ドライブについて

Google + と Google ドライブについて、詳しい方、教えてください。
私のやりたいことは、スマートフォン(iphone)で撮影した写真を自宅のPCに自動で同期させフォルダー毎に分け保存や整理したいのです。保存できれば、iphone内の写真データを削除して容量を保持したいのです。撮影した写真の保存する場所を指定できれば、いいのですが。
Google +とGoogle ドライブで同じようなことができそうですが、違いがよくわかりません。
うまく説明できてませんが、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

ちなみに、iCloudは元々、iPhoneを開発したAppleが自社の製品のユーザーのためだけに提供しているサービスです。
だから、対象となるパソコンもMacだけでした。
Macならばなにもせずとも、iCloudを使えます。
(もちろん、利用するための設定は必要ですよ(笑))
それ以外のパソコンを使っているユーザーはiCloudコントロールパネルをインストールしなければ対応できません。
あなたが使っているのは、Macじゃないでしょう?
MacじゃないならばiCloudじゃなきゃ駄目だと言えません。
どうせ、アプリをiPhoneにも母艦にもインストールしなければならないのならばDropboxの方が使い勝手が良いです。
なお、私はMacユーザーなのでメインはiCloudを使っていますが、写真のバックアップ用としてDropboxを使っています。

Q「同掲書」の読み方

 論文などを書いていると「同掲書,55頁」などという記載をよくするのですが、この「同掲書」を一発変換したいのですが、恥ずかしながら読み方がわからず、一発変換できません。
 「どうけいしょ」なのではないか、と思っていたのですが、変換できないので、「同じ」+「掲げる」+「書」と打ってから、文字を削っております。
 ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

たぶんラテン語の op. cit. のことだと思いますが、これは英語で言えば
in the work cited
つまり、
「(先ほど)引用した本の中に」
というほどの意味です。
辞書を引いていただければおわかりのように、「前掲書」「同書」「引用書」と訳されるのが普通です。

おそらく「同掲書」というのは「前掲書」と「同書」が混交してできたことばだと思われます。
したがって、辞書にない、あるいは変換されない、というのは、ある意味、当然のことと言えます。

ただこれだけ広まってしまいますと、今更どうしようもないという気もするのですが、それはともかく、変換できない、というのはIMEに単語登録するしかないのではないでしょうか?

(単語登録の仕方については、「MS IME 単語登録」とか「ATOK 単語登録」などで検索してください。)

Qgoogle+

標準サイズの写真のアップロードが無料で無制限ということで、使い始めましたが、気が付くと保存容量が残り少なくなっていました。写真はすべて指定の標準サイズです。
このような問題でお悩みの方、もしくは解決された方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願い致します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>気が付くと保存容量が残り少なくなっていました。写真はすべて指定の標準サイズです。

アップした写真が標準サイズ以下であっても、[写真]見出しの下にある[写真をフル サイズでアップロードする]チェックボックスがオンになっていると、使用容量としてカウントされ、保存容量が減ります。

無制限に使えるのは、上記のチェックをオフにして「標準サイズを超える画像をアップしたら、自動的に標準サイズにされる状態にした時だけ」です。

とは言え、上記のチェックは「オンのまま」で構いません。

オンにしたまま「空き容量がゼロになる」と、アップする時に自動的に標準サイズに変換されて、無制限に保存できます。

つまり「気にしないで、今のまま、どんどん写真をアップロードしていて構わない」です。

表示上、空き容量がゼロって言われますが、空きがゼロなら、自動的にすべて「標準サイズに変換されて保存」されます。

なので「自分で標準サイズに小さくする必要は無い」です。

アップしようとした写真が標準より大きかったら、勝手に標準サイズに変換されて、容量無制限で保存されますから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報