VICS、FM多重、D-GSPといったものがカタログによく出てきますが、今ひとつ理解できません。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずVICSについてですが、これはVICSセンターという所でまとめられた


道路交通情報を、リアルタイム(実際には多少の遅延があります)に
配信し、カーナビなどの車載端末に文字や図形として表示するシステム
の事です。ちなみに「Vehicle Information and Communication System」
の略です。

FM多重というのは、VICSの配信(伝送)形式の1つで、ラジオのFM放送
(確かNHK系列だったと思います)の電波に、文字通り多重して送信する
もののことを言います。従って、NHKの放送エリア外では受信することが
できませんし、電波の届かない所(トンネル内など)でも受信することが
できません。VICSの配信形式には他に、光ビーコン方式と電波ビーコン
方式があります。ビーコン方式では道路に沿って送信機が設置されている
ために、そういった送信機がない所では受信ができませんし、当然受信機
を接続していなければ利用できません。しかし伝送速度が速いため、より
リアルタイムに近い情報を仕入れることができます。

D-GPSというのはGPSの位置情報の誤差を補正するための仕組みです。
予め測量などで位置情報(緯度経度)がわかっている地上の基地局で
まずGPSを使った位置情報を取り出し、そして正確な位置情報と比較
することでGPSの「誤差」を算出し、それを配信する仕組みのことです。
近年はGPSも誤差が非常に小さくなっているため、D-GPSの意義は
薄れています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。カーナビを付けていますが、訳が分かっていなかったので勉強になりました。

お礼日時:2001/05/21 22:05

FM多重は広域情報のため、進行方向の詳しい情報がわかる


電波、光ビーコンに比べ一部表示されない区間などはありますが
VICSレベルには関係なくFM多重だけでVICSレベル1,2,3すべて対応できます。

また、渋滞回避コース選択などは、レベル2,3に対応させると使えるのではなく、
電波、光ビーコンによって可能となります。

VICSの提供地域は首都圏以外にも広がっており現在は、
四国全域と山梨、九州と東北および日本海に面した大部分の県、
北海道の半分ぐらい、以外ではサービスを行っています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。カーナビを付けていますが、訳が分かっていなかったので勉強になりました。

お礼日時:2001/05/21 22:06

VICSはレベルが3つあり。

そのうちのレベル1がFM多重ですね。FMの文字放送での情報です。
レベル2が高速道路上などにある簡易地図方の情報が表示されるもの。
レベル3がカーナビの地図上に渋滞情報が重なって表示されるものです。
レベル3に対応させると、渋滞回避コース選択などが可能になってきます。
ただし、レベル2、3に関しては電波、光ビーコンからの情報を受信する必要があり、それらの提供は首都圏がメインですね。

参考URL:http://www.vics.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カーナビを付けていますが、訳が分かっていなかったので勉強になりました。ブックマークに追加いたしました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/21 22:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関越トンネル VS アクアトンネル

日本の道路トンネルでも最長クラスの関越トンネルと東京湾アクアトンネル。もちろん長さは関越トンネルの方が上ですが、アクアトンネルも規模では関越トンネルに匹敵すると思います。

そこで、長さ以外で比較するなら皆さんはどちらに軍配を上げますか?

まず、私は…アクアトンネルです!
理由は…関越、アクア共に通りましたが、とにかく入っていく時の感じが凄いです。海底トンネルですので下り坂なのですが、何か別世界に入っていく感じです。(関越トンネルは横カーブです)内部も関越トンネルより広く、走り応えがあります。出口近くになると徐々に上り坂になり、現実に戻る?みたいです。これは関越トンネルでは味わえませんね。

Aベストアンサー

別世界に入っていくという感じでいえば、全くの余談ですが、奥只見スキー場に通じる「奥只見シルバーライン」のトンネルは圧巻です。
何といってもトンネルの中で霧が出るし、素掘りだし、登っているのか下っているのか分からないままの状態が延々と続きます。
怖いです。

QVICSのFM多重とビーコン

カーナビの購入を考えていますが、VICSのFM多重とビーコンはどういうもので、どんな役割をするのでしょうか?初歩的な質問かと思いますが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

下記URLを見て下さい。
VICSは簡単に言うと、道路渋滞情報を電波や光で受信し、カーナビ上に表示したり、自動的に迂回路を選択したりします。受信の手段として2つの方法が有ります。

VICSのFM多重:NHK(他局も?)のFM放送の電波に乗せて放送されているディジタル情報を自動受信。広域情報がえられ、地域が変わると放送局を自動選択するものもある。

VICSのビーコン:道路の要所要所に配置されている、ビーコン局から光、又は電波で情報を受信する。局地的、かつ、より詳細な情報が得られる。

参考URL:http://www.pioneer.co.jp/car/rakunavi/map/

Q山陽新幹線のトンネル

山陽新幹線のトンネル
山陽新幹線は読んで字の如く山肌を走りますね。
また、その分トンネルも多いです。
今回の質問はそのトンネルについてです。
山陽新幹線の有名なトンネルはまず全長約16.250kmの兵庫県尼崎市松籟町の住宅街の直下を通る六甲トンネルや全長約10.365kmの兵庫県神戸市から兵庫県西明石市を繋ぐ神戸トンネルや全長約12.426kmの山口県下関市から関門海峡をくぐり福岡県の小倉駅を繋ぐ新下関トンネルなどの三長大トンネルです。
また、それを取り巻く短いトンネルや長いトンネルがたくさんあります。
では、その3つのトンネル含む山陽新幹線にはおよそいくつトンネルがあるのですか?
回答お待ちしております。

Aベストアンサー

過去質問にありました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2524786.html

…で終わりにしようとしたら、肝心のソースのリンク先がなくなっていたので、別のを探してみました。
http://report.jbaudit.go.jp/org/h11/1999-h11-0642-0.htm

最初の方、「(コンクリートの剥落事故及び事故後のJR西日本の対応)」という項目中に、

「このため、JR西日本では、事故後、11年6月から7月の間に山陽新幹線の全トンネル(142トンネル、総延長280km)において、(後略)」
とあります。

QVICS FM多重放送の受信感度について

トヨタ純正HDDナビNHDT-W57を最近中古車を購入するのと同時に取り付けてもらい、使用しています。
オプションのビーコンは付けていません。
VICSはエンジンをかけてすぐに受信されており、どこに出掛けても10分おきぐらいで更新できているので、
普段のFM多重放送の受信感度は良い方だと思うのですが、
ここ最近、雨が降った日(そんなに強い雨ではありません)はほとんどVICSが受信できませんでした。
受信状態を見ると「未受信」になっています。

FM多重放送のVICSはNHKのFM音声に多重化しているとのことですが、
NHKのFMは雨の日でも綺麗な音質で受信できています。

トヨタに確認したところ「FMのVICSは雨の影響は受けにくい」との回答でしたが、
本当にVICSは雨の影響を受けないのでしょうか?
ちなみにFMのVICSは車の上面後方に立っている、普通のラジオアンテナで受信しています。

皆様の経験をお聞かせいただければと思います。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

FM-VICSに関しては、そのとおりです。
FM-NHKを使っていますから、雨の日でもFM-NHKがクリアに受信できていれば、VICSも受信できるはずです。

いつも、VICSを受信するために、FM-NHKを聴いていますか?
運転するとき、何を聞いています?
TVですか?CDですか?AM又はFMラジオですか?

FM-VICSを受信するために、以下の条件が必要です。
・FMラジオを聴き、FM-NHKに合わせる。
又は、
・TV又はCDを聴く。(FMラジオをナビに自由に使わせる。自動でFM-NHKを探して、VICSを受信します)

もし、雨の日だけ、AM又はFMラジオを、FM-NHK以外の局を、聴いてはいませんでしたか?
そのような場合、FM-VICSは受信されません。

Qトンネルから水蒸気?

3年くらい前の夏ごろだと思いましたが、有名な釣りの名所?の小笠池というところにいったときの話です。
小笠池のすぐ南のほうに昔に掘られたトンネルがあります。出入口付近はコンクリートで固められていますが、2、3メートル入ると土がむき出しがむき出しの崩れそうなトンネルです。
その日、妹とその小笠池に行きました。もちろん、トンネルの前を通過しました。そのときはトンネルは、まったくいつもどおり変化がありませんでした。
10分か20分後、池から戻ってきてまたあのトンネルの前を通過しようとしたら、なぜかトンネルから白い霧?のようなものが出てきていました。しばらく、そこで見ていたのですが、ずーっと出ていました。白い霧?らしきものは、ひんやりしていて、トンネルから3メートルくらいのところまでははっきりと見えました。
トンネルから出てきた白い霧?の原因が、わかる人は教えてください?

トンネルについて補足
・小笠池とトンネル入口の間の距離は大体30メートル。
・周りは木に覆われていて、日光はほとんど遮られている。
・トンネルの中には「かまどうま」や「こうもり」、「ヒキガエル」が生息している。
・トンネルの掘られた地層は、昔は海の河口付近であり、5センチくらいの石でできた礫岩の地層
・トンネルは普通乗用車1台が通過できる。
・トンネルは全長約100メートルくらい。
・トンネル内では、水が滴れているところが何箇所かある。

3年くらい前の夏ごろだと思いましたが、有名な釣りの名所?の小笠池というところにいったときの話です。
小笠池のすぐ南のほうに昔に掘られたトンネルがあります。出入口付近はコンクリートで固められていますが、2、3メートル入ると土がむき出しがむき出しの崩れそうなトンネルです。
その日、妹とその小笠池に行きました。もちろん、トンネルの前を通過しました。そのときはトンネルは、まったくいつもどおり変化がありませんでした。
10分か20分後、池から戻ってきてまたあのトンネルの前を通過しようとした...続きを読む

Aベストアンサー

ロケット花火は決定的かもしれませんよ。

空気中に水滴が成長するには核が必要と聞いたことがあります。個体の核があるとその周りに水分がどんどんくっついて大きくなり、霧や雲の様な目に見える程度の水滴になるようです。

今回の場合ではロケット花火の煙が核の役割を果たしたんではないでしょうか?

QVICSの、レベル3でのFM多重放送とビーコンの違い

今、私はVICSについて調べているのですが

http://autos.yahoo.co.jp/docs/special/carnavi2006/info/nazo02.html

このサイトでレベル3の情報は、「FM多重放送とビーコンでは表示内容に若干違いがある。」と説明されています。
その「違い」はどのようなものでどちらの情報が優れているのか、わかる方がいれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

実際使っていますが、ビーコンの情報更新は早く、FM多重の方が情報更新が遅いです。

例えば、FM多重で先方に事故情報があるが、ビーコンでは事故処理は終わっている。現場に着くと事故処理は終わっている.....という感じの場面はよくあります。

FM多重のメリットは遠方の情報(例えば成田周辺にいて、関越道の情報など) が分かります。また、首都高速全体の混み具合とか、反対車線の情報も得られます。

ビーコンは近場の情報は得られるが、遠方の情報は分からないなどあります。

私の場合は、FM多重情報のみ、ビーコン情報のみ、FM多重+ビーコン情報を使い分けています。

Qトンネルのある町

皆さんが住んでいる市町村にはトンネルはありますか?
この場合のトンネルは自然の山を貫くトンネルに限定します。
海底トンネルや地下道、人工物をくぐるものは除きます。
普通の交通路であれば道路、鉄道は問いません(資材置き場や地下施設はダメ)。

わたしの町では道路も鉄道もトンネルはありません。

Aベストアンサー

新潟には行ったことはありますか?
トンネルだらけですよ!(新幹線)

QVICSレベル3 FM多重とビーコンの情報の違い?

サンデードライバーです。せっかくの日曜に渋滞にあうのが嫌で、FM多重レベル3対応のナビを買いました。そこでオプションの光ビーコンについてメーカーのサポートに聞いた所、ビーコンは高速道路などでは独自の渋滞情報を得られるが、それ以外の一般道の情報はFM多重と同じといわれました。それが本当ならば、高速はあまり使用しないので、オプションのビーコン受信機器を買うのはちょっと無駄かなとおもいます。

そこで、FM多重とビーコンでの情報の違いについて教えてください。また使い勝手はどのくらい違いますか。さらにすでにビーコンをお使いの方、ご感想はどうでしょうか。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらのwebページの解説は詳しいです。

「VICS LEVEL3」VICS YUKUN'S HOME
http://www.asahi-net.or.jp/~CG7Y-OONS/index202.htm

過去の質問ですと、

No.787636 質問:VICSの渋滞情報収集の仕組み
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=787636
No.787572 質問:VICSの渋滞情報更新
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=787572

なども参考になるかも。

--
都心にお住まいなら、ビーコンの端末が多いかもしれませんが、地方だとあまり役に立たないかも。
あと、FM多重による受信はアンテナ、地形、ノイズなどの条件が良くないと結構厳しい場合があります。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~CG7Y-OONS/index202.htm

Qトンネル内の排気ガスはどこにいっている?

こんにちは。いつもトンネルを通っていてたまに思うのですが
トンネル(交通量の多いところほど多く)には車の排気ガスがあると思いますが
換気扇などのついていないトンネルの場合、トンネル内の充満した車の排気ガスは
どこにいくのでしょうか?トンネルの出入り口から出て行った場合空気より排気ガスは
重いのでどこかにたまってしまうことはないのでしょうか?
トンネル内の充満した排気ガスは、出入り口だけではなくて
どこかトンネルの途中の穴や換気扇から外にそのまま出されてしまうことも
あるのでしょうか?
どなたか教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

交通量が多く、ある程度長さのあるトンネルの場合には換気装置がついています。

トンネルの出入口に向かってファンを回すタイプもあれば、天井に穴を開けて、地上まで縦のトンネルを掘って外へ強制的に流しているトンネルもあります。

短いトンネルの場合には、自然と空気の流れに合わせて外に流れるようにしています。

交通量の予測などを事前にするので、基本的にはトンネルの中に排気ガスがたまってしまうことはないですね。
それと、これら排気設備は、排気ガスだけでなく、火災時の事も考慮して作られています。
参考URLに絵と写真がでています。

参考にしてみてください。

参考URL:http://panasonic.co.jp/ism/jetfan/what.html

QLEDの色味について CREE XB-DとXR-E

表題の通りなのですが、

・CREE XB-DとXR-Eの色の感じ
 (少し黄色がかった白、少し青みがかった白等)
・2つを比べた時の光の拡散性

上記2種類のルームランプ、どちらかを買おうと思っています。
どちらも相当に明るいのは分かっているのですが、
「白」といっても具体的にどのような感じの白なのか・・・を知りたいです。
もちろん感じ方は人それぞれです、主観で結構です。

実際にこのチップを使っている詳しい方に、是非お聞きしたいです。
もし両方持っている方がいらしたら、是非比較した感想をお聞かせください。

Aベストアンサー

XB-DもXR-Eもチップ選定時に色温度は2,600k~8,300k(XR-Eは10,000k)まで選定できます。
光の拡散性はXB-Dはマルチセルタイプ。XR-Eはシングルダイタイプですがチップ単体での視広角は
XB-Dが115° XR-Eは90°となっています。しかし、セットとして組み込んだ場合どのようなレンズを使うのかで変わってきます。

結論から言えば、LED単体で比較してもなんの意味もないという事で、LEDを組み込んだセットの特性を比較しないといけません。

敢えて言うならば、XR-Eは古い世代のLEDですので発光効率や温度特性、その他諸々のスペックはXB-Dに劣ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報